デイトレード

勝てる投資家は経済指標を避けている

勝てる投資家は経済指標を避けている
The 勝てる投資家は経済指標を避けている Wall Street Journal 日本版が読み放題

投資をするなら読んでおきたい古典的名著3冊【初心者向けおすすめ本】

今の時代はTwitterやブログ、YouTubeなどでも投資に関する多くの情報を集めることができますし、本屋に行けば投資や資産運用関連の入門書が数多く並んでいるのを目にします。
それらは手軽でわかりやすい反面、(特にインターネット上の情報は)信憑性が定かではなかったり、内容があまり充実していなかったりするものもあります。
そんな玉石混淆の情報から、初心者が有益な情報を見分けるのはとても難しいでしょう。

そこで私がおすすめするのは、投資の「名著」といわれるような本を読むことです。
それらは世界中の投資家たちに長く読み継がれ、その内容に価値があると考えられてきたからこそ名著たり得ます。

そのため この記事では、投資初心者の方でも比較的読みやすく、かつ役に立つ古典的な名著を紹介します。
私自身、学生時代から投資に興味をもち株式投資やFX投資をしていますが、名著といわれる本を何度も読み返すことが、自分の投資成績を伸ばすのに役立ったと感じています。

1.『ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理』バートン・マルキール

本書の主張は「個人投資家にとっては、個々の株式を売買したり、プロのファンド・マネジャーが運用する投資信託に投資するよりも、ただインデックス・ファンドを買ってじっと持っているほうが、遥かによい結果を生む」という一文に尽きます。
これは、「株価が短期的にどの方向に変化するかを予測することは不可能である」というランダム・ウォーク理論に基づく主張です。

個人投資家はおろか、プロのファンド・マネジャーさえインデックス・ファンドを上回る運用結果を残せないというのは、利益を求めて市場で売買を繰り返している多くの人にとって、耳を塞ぎたくなる話かもしれません。
しかし、インデックス・ファンドが最も優れた投資法であるという事実は、私たち個人投資家にとってはむしろ嬉しい話だとも言えます。
なぜなら、インデックス・ファンドにひたすら積立投資をするだけで、プロの大半を上回る運用結果が期待できるからです。

インデックス投資のデメリットを強いて挙げるとすれば、非常に退屈な投資だということです。
著者自身が本書を「ゆっくりと、しかし確実に金持ちになる本」と表現するように、インデックス投資では市場平均と比較して異常に負ける可能性を排除する一方、異常に勝てる可能性も排除してしまいます。
すなわち、一晩にして大金を稼ぎ出すようなことはできないということです。

著者自身もインデックス投資が退屈であることは認めています。
妥協案として、少なくともポートフォリオの一定割合はインデックス・ファンドで運用する上で、いくつかのルールに従って自分の手で優良銘柄を探すのであれば、リスクを抑えることができると述べています。
この点については15章で詳しく触れられているため、インデックス投資の利点を理解した上で個別株にも興味がある方はぜひ読んでみてください。

FXで月5万円勝ちたい人向けの勉強法|初心者が本気で勝てるまでの必須ノウハウ

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行に入行し、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。

  • ✔ FXでお金を稼ぎたい
  • ✔ 勝てる投資家は経済指標を避けている でも、なかなか儲けが増えない
  • ✔ まず何から勉強すれば良いの?

FXは勉強すればするほど勝率が上がる!

FXを始める前は、 「取引していたら毎月何万円かは稼げるだろう」 と思っていても、いざ取引をしてみたらなかなか勝てない。このような状況に悩んではいませんか?

FX以外にも言えることですが、 勉強しないと物事はうまくなりません。 実際にFX取引で勝っている多くのトレーダーは、勉強を重ねて勝率を高めているのです。

最初は負けるものとして始める

まずFXを始める人は「最初は負ける」と肝に命じてください。 「じぶんに限っては勝てるだろう」 だろうと淡い期待をするのは危険です。

FX取引の実績というのは、 数をこなせばこなすほど自身の実力に収束します。 つまり、一定数取引をすると段々とマイナスになってくるケースが多いのです。

しかし、諦めてはなりません。 そこで大事なのが勉強と実践を継続するということです。 勉強を継続し続けた人がFXで勝てるようになります。

初心者が月5万円勝つための勉強法を教えます

実のところ、 FXで勝つための勉強に裏技はありません。 勝てている人は何か裏技にたどり着いたのでは?と感じるかもしれませんが、勝てている人は一般的な手段でコツコツと勉強しているのです。

今回は、 FXで勝率を上げるための勉強方法を解説します 。もちろん、勉強したからといって、毎回勝てるワケではありませんが、勝てる可能性は上がるでしょう。勝てないと悩んでいる人は参考にしてみてください。

【SBI FXトレード体験談】26歳FXトレーダーの正攻法と勉強法を公開

この記事で紹介しているFX会社一覧

DMM FX

外為どっとコム

FXブロードネット

【注目】多くのトレーダーに選ばれている人気&実力お墨付きのFX会社

FXで今より稼ぎたいと思っているけど 「なかなか思うような成果が出ない」 と悩んでいませんか…?

FXの勉強法【1】まずは本を1冊読む

初心者がFXの勉強をするのならば、 まずは本を読みましょう。 高等テクニックや変わった分析方法に触れるのは、この段階ではしなくて良いかもしれません。

まずは初心者向けに書かれた本で勉強してください。このような本は、取引する上で大切な事項が書かれているので、これらをおさえましょう。この 基礎の部分を勘違いしていると、いつまで立っても勝てないので、 しっかりと基礎を固めてください。

ほとんどの人は最初は本でFXを覚えている

またネットの情報よりも、 基礎となる項目が網羅的に漏れなく記載されている書籍 の方が初心者におすすめです。

個人著書より大手出版社の本がおすすめ

また 大手出版の場合は、きちんと内容を吟味して掲載しています。 信頼のある専門家に話を聞き、まとめていることが多いのです。

本でFXを勉強するメリット

  • ■シンプルに分かりやすい
  • ■体系的に知識を身につけられる
  • 勝てる投資家は経済指標を避けている
  • ■普遍的な内容なので取り入れやすい

FXの仕組みは実は簡単。ですが、専門用語が多くてよく分からないという方もいるでしょう。初心者向けの書籍であれば、 シンプルに分かりやすく記載されているので、 スムーズに理解しやすいでしょう。

FXの勉強法【2】動画を見て学ぶ

スキマ時間に動画を視聴して、また別の時間に続きを見るというのも可能です。 スマホさえあれば、通勤電車や空き時間にもみれます。 書籍の持ち運びはかさばるから嫌だ、という方でも、普段から持ち歩いているスマホであれば、すぐに視聴できるでしょう。

チャート付きで解説してくれる動画がオススメ

また動画の場合は、 動いているチャートについても解説できます。 そこは動かないチャートしか乗せることができない書籍と比べて、軍配があがるポイントです。

なぜ米国が中国に貿易戦争を仕掛けたか
― 避けられない対立の長期化 ―

米国は、米中貿易摩擦、ひいては米中貿易戦争の原因を中国が開放性と市場主導というWTOの原則を順守していないことに求め、一種の「中国異質論」を展開している(注1)。このような認識に立って、米国のシェイWTO担当大使は、WTO一般理事会において、「中国モデル」を中心に、次のように中国を批判し、改善を求めている(Shea, Dennis, "Ambassador Shea: China's Trade-Disruptive Economic Model and Implications for the WTO," WTO General Council, Geneva, July 26, 2018)。

中国の台頭を危惧する「中国脅威論」

図 中国と日本の米国に対するGDPの相対的規模の推移

図 中国と日本の米国に対するGDPの相対的規模の推移

実際、ホワイトハウスの首席戦略官兼上級顧問(当時)のスティーブン・バノン氏は、米ニュースサイトThe American Prospectのインタビューで、「(米国か中国の)どちらかが25〜30年の間に覇権を握る。このままではそれは中国になる」と発言し、「われわれが負け続ければ、5〜10年の間に回復不可能な地点に達するだろう」と述べた(Robert Kuttner, "Steve Bannon, Unrepentant," The American Prospect, August 16, 2017)。このような「中国脅威論」は、バノン氏個人の見解というよりも、トランプ政権の中国認識を端的に示しているように思われる。

「関与」から「抑止」へと転換した米国の対中政策

  1. ① 中国における市場開放
    米国は貿易不均衡を理由に、いわゆる「公平な貿易」を提起し、中国に対して米国製品の更なる輸入拡大と市場開放を迫っている。もっとも、米国は貿易赤字問題が決して米中経済関係の中心的問題ではないことを分かっているはずである。それは過剰消費という米国自身の構造問題とドル基軸通貨体制などと深く関連しているからだ。対中貿易赤字を強制的に縮小させたとしても、ほかの貿易相手国に対する赤字がむしろ増え、全体の貿易赤字は減らないだろう。しかし、貿易問題は大衆の関心が高く、ポピュリズム及び極端な民族主義を煽る有効な手段であるため、これを口実にすれば、選挙などにおいても、国民の支持を集めることができる。その上、市場参入を含めた貿易問題を取り上げることは、中国からの競争圧力に晒されているほかの国々からの支持も得やすい。
  2. ② 対中技術移転の抑制
    グローバル・バリューチェーンにおける中国企業の地位は高まり、技術分野や技術集約型産業では中国と米国などの先進工業国家との競争が激しくなる中で、中国に対する「強制的な技術移転」、「技術の窃盗」、「知的財産権の侵害」といった批判の声も大きくなってきた。米国は中国における技術力の向上を警戒し、対中技術移転の抑制を通じて、自国技術の独占性と競争優位性を保とうとしている。まず、米国通商代表部(USTR)は2018年4月3日に対中追加関税の対象リストを発表した際の声明において、「中国製造2025」を含む製造業振興策の恩恵を受けている製品を標的にしたと明言している。また、米国はビザの発給制限や移民制度改革などの方法で、科学技術の分野における中国からの学生や研究者に規制をかけようとしている。
  3. ③ 国際貿易体制改革
    米国は国際貿易体制の再構築を通じて中国に規制をかけようとしている。米国は、中国がWTOを中心とする多国間貿易体制をうまく利用することによって、自国が「大きな不利益」を被ったと訴えており、WTOが中国にとって有利である途上国への優遇措置を改めるべきだと主張している。現に、2018年9月25日に、ニューヨークで開かれた日米欧の通商閣僚会合において、11月にWTO改革の共同提案を行うことが合意された。中国を念頭に、自国の特定産業を優遇する制度を導入した国への罰則などを盛り込む見通しである。
  • 米軍施設・空港・港などに隣接する土地の購入・賃貸・譲渡
  • 重要技術・重要インフラ・機密性の高いデータを持つ米国企業に対する非受動的投資
  • 外国企業が投資する米国企業において、その支配権が外国企業に渡るまたは機密性の高い重要技術・重要インフラ・データなどへの外国企業のアクセスが可能になる権利変更
  • CFIUS審査の迂回を目的とした取引・譲渡・契約

米国が中国と対立しているのは経済の分野にとどまらない。ペンス米副大統領は、2018年10月4日にワシントンのハドソン研究所での演説で、中国の経済政策・制度だけでなく、政治体制、宗教政策、台湾政策、外交政策(一帯一路など)、海洋進出、米国への内政干渉(中でも選挙への介入)についても厳しく批判している("Remarks 勝てる投資家は経済指標を避けている by Vice President Pence on the Administration's Policy Toward China," The Hudson Institute, Washington, D.C., October 4, 2018)。その上、米国の対抗策として、経済の面における関税の引き上げや対米投資規制の強化に加え、軍事力の増強や、インド太平洋の価値を共有する諸国との連携強化を進めるなど、中国と「全面対決」の姿勢を明確に打ち出している。多くのメディアは、この演説を米中冷戦の兆候として捉えている(例えば、Jane Perlez, "Pence's China Speech Seen as Portent of 'New Cold War'," The New York Times, October 5, 2018)。

中国における「タカ派」の主張

貿易戦争の勝利に向けて、中国は次の戦略を使うことができると、もう一人のタカ派である商務部国際経済合作研究院の梅新育研究員が次のように主張している(Mei Xinyu, “Trump Action Demands Strong Response,” China Daily, March 23, 2018)。

マックス・ギュンターの一覧

マネーの公理 スイス銀行家に学ぶ儲けのルール

どんな投資も投機と言い、必勝法などない。儲けるためには、人から教えてもらうのではなく、自分の頭で考える。自分自身との戦い。それを教えてくれる本。
自らの欲望と、取るリスクのバランス。リスクを取るときに発生する様々なバイアスと格闘しながら金を増やさなければならない。どれだけ力を尽くしても勝てない時は勝. 続きを読む てない。一方で地合いがよければ何を買っても勝てる。ある意味、幸運というものをより強く掴むための行動が日々問われているのかもしれない。

マネーの公理 スイス銀行家に学ぶ儲けのルール

マネーの公理 スイス銀行家に学ぶ儲けのルール

一部ご紹介します。
・人生において利益(富や名声)を増やすためには、リスクを取らなければならない。
地球上のいかなる生物も、この非情な法則から逃げることは許されない。
毛虫が蝶に成長するためには、鳥たちがいる場所にも危険を承知で出かけなければならないのが現実なのだ。 勝てる投資家は経済指標を避けている
・給与だけで考えるな。給. 続きを読む 与では決して金持ちにはなれない。
だから多くの人が給与をもらって貧しくなるのだ。
自分のために、何か他の物(投資)を持たなければならない。
・心配は、人生の最大の喜びと切り離すことができない。
傷つくことを恐れていては、恋に落ちることはない。
・金持ちになるまでは集中投資。金持ちになったら分散投資。
・一部の投資家は、逆指値注文を行うことで、事前に小さな損失に備えている。
・すべての経済指標は、人間の行動による相互作用の結果であり、人々が生き残りと生活向上を求めて、絶え間なく努力している結果なのだ。
これらの経済指標が、人々の感情をかきたてる最終結果として、相場は成り立っている。
未来を完全に予想することはできない。全ての予想は「予想外の出来事」が起こるリスクにさらされているのだ。
・人生は思い通りにならない。大人は皆そのことを知っている。
しかし、われわれはチャートを凝視している時、それを忘れてしまいがちだ。
・モノに愛着を感じてはいけない。愛着は人だけに感じるものだ。
モノに愛着を持つと、必要が生じたときに素早く行動する機動力が低下する。
・直感は証明できるのであれば信頼できる。
その直感を証明できるほど、十分に勉強してきたか、常にフォローしてきたか、周辺知識を含めた多くのことをちゃんとわかっているのかを自問することだ。
・神はあなたの身の安全に関心を持っていても、あなたの銀行口座には関心を持っていない。
・自分が見ることのできない将来の計画や契約などするものではない。
それよりも、何かが実際に起こったときに反応すべきだ。
必要な長期資産計画は一つだけだ。それは、金持ちになろうという意志だけである。

マネーの公理 スイス銀行家に学ぶ儲けのルール

マネーの公理 スイス銀行家に学ぶ儲けのルール

マネーの公理 スイス銀行家に学ぶ儲けのルール

マネーの公理 スイス銀行家に学ぶ儲けのルール

投資か投機か、という議論が時々話題になるが、
すべからく投機であると断言しているこの書は読んでいて心地がよい。
読んでいて違和感を覚える部分もあるが、
それを加味しても星五つを躊躇なく付けられる良書。. 続きを読む おすすめ。

【最新】世界最強の運用会社、「今勝てる企業 」を語る

The Wall Street Journal 日本版が読み放題

今すぐ無料トライアル

勝てる投資家は経済指標を避けている

この連載の記事一覧へ

マイニュース

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる