バイナリーオプション

バイナリー オプション ルール

バイナリー オプション ルール
バイナリーオプション取引でインジケーターを使うのはルール的に全く問題はありません。

株価指数バイナリーオプション 取引ルール

権利行使価格は基準となる権利行使価格から上下対称に設定されます。
基準となる権利行使価格は、各回号の注文受付開始1分前の当社の株価指数CFDレートの小数第一位を四捨五入することにより決定されます。
また、何らかの理由により、注文受付予定時刻に権利行使価格を設定できなかった場合、その後権利行使価格が設定され次第、当該回号での注文受付を開始します。なお、権利行使価格が設定されないまま、当該回号の残り時間が2時間未満となった場合、当該回号は中止となります。

  • ※ 重要経済指標の発表をまたぐ回号に関しては、原資産のボラティリティが高くなる可能性があり、お客様・当社双方のリスク管理が困難となること等を総合的に判断し、権利行使価格の値幅・本数を設定します。

2wayプライス

  • ※ 店頭バイナリーオプションのレートは、複数の要素に基づく計算値であり、基本的には相対取引でレートは決定されます。そのため、同一条件の店頭バイナリーオプションであっても、その取引レートが取扱金融商品取引業者により異なる場合があります。
  • ※ 重要経済指標の発表前後や参照原資産市場の流動性低下時、各回号の満期前はスプレッドが広がる傾向があります。

購入レート

判定レート

  • ① ラダーバイナリーコールオプション
    回号終了時点の判定価格が権利行使価格以上の水準となった場合(判定価格≧権利行使価格 の場合)にのみ、ペイアウトの入金処理を行います。権利行使価格未満の水準となった場合にはペイアウト額を受け取ることができません。
  • ② ラダーバイナリープットオプション
    回号終了時点の判定価格が権利行使価格未満の水準となった場合(判定価格<権利行使価格 の場合)にのみ、ペイアウトの入金処理を行います。権利行使価格以上の水準となった場合にはペイアウト額を受け取ることができません。
  • ※ 判定処理が終了し、その損益がお客様の余力として反映されるまでには、数分間いただきますので、予めご了承下さい。

利用する判定レートの提供者

上記の原資産レート(当社株価指数CFDのレート)ならびに判定レートは当社が生成・提供するものとなります。
何らかの理由により、回号終了時に当社が株価指数CFDのレートを取得できなかった場合には、同時点において参照原資産市場で配信される参照原資産レート(BIDレートとASKレートの中間値)を判定レートとして使用します。この場合、日本225については、SGXの参照原資産レートをCMEの参照原資産レートに優先して使用します。
なお、参照原資産市場の流動性の枯渇等により、回号終了時に当社の株価指数CFDレートと参照原資産市場における参照原資産レートのいずれとも取得できなかった場合には、当社が回号終了時刻前に最後に生成したレートで判定を行います。

  • ● ラダーオプション
    同一の権利行使価格において相場の上昇・下落のオプションを両方購入する。
    (別の権利行使価格、別銘柄や別回号の両建は取引可能です。)
  • ● メンテナンス時間の振替指示は受け付けできません。
  • ● 振替指示はインターネット上からのみ受付いたします。(E-Mail、FAX、電話でのお申込みは受付できません。)

株価指数バイナリーオプション取引の購入金額は、各回号の取引約定時に、お客様の株価指数バイナリーオプション取引口座より差し引くことにより徴収します。購入金額は、取引数量×取引価格(購入価格)となります。 また、購入したオプションを転売した場合の転売金額については、転売取引約定時に、お客様の株価指数バイナリーオプション取引口座に入金します。転売金額は、取引数量×取引価格(売却価格)となります。 ペイアウト額については、各回号のペイアウト額に係る判定終了後、速やかにお客様の株価指数バイナリーオプション取引口座に入金します。

株価指数バイナリーオプション取引での注文受付は成行注文のみとなっています。お客様の注文は、各回号の開始時刻から終了時刻の2分前までの間、当社の受注サーバに到達した順に受け付けられ、正常に受け付けられた注文については、システム上の注文受付番号順に全数量を約定処理しますが、お客様の端末と当社のサーバとの間の通信時間及び当社サーバでの注文受付後の約定処理時間により、お客様の発注時の画面表示価格と実際の約定価格との間に価格差(これを「スリッページ」といいます。)が発生する場合があります。「スリッページ」は、お客様にとって有利となる場合もあれば、不利となる場合もあります。
成行注文では、発注時にお客様が許容できるスリッページ幅を注文画面上で設定することができます。その場合は、お客様の注文を当社のサーバで受注した時点の配信価格(以下、「基本価格」といいます。)がお客様の発注時の画面表示価格と一致するか、もしくは、お客様があらかじめ設定したスリッページ許容幅の範囲内の価格であれば、お客様の注文は当該基本価格で全数量約定しますが、スリッページ許容幅を超えている場合には、全数量の注文受付が拒否されます。スリッページ許容幅を設定せずに発注することもできますが、相場急変時はスリッページが予想外に拡大する場合がありますので、ご注意ください。なお、基本価格の変動が激しい場合には、スリッページ許容幅の設定の有無にかかわらず、基本価格が有効ではないものとして注文が受け付けられない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
具体的な事例や、スリッページ許容幅の設定方法に関してはこちら(PCサイト)をご覧下さい。

口座開設(無料)はこちら

PCサイトへ移動

GMOクリック証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者 銀行代理業者 関東財務局長(銀代)第330号 所属銀行:GMOあおぞらネット銀行株式会社 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

外為オプション 取引ルール

バイナリー オプション ルール

権利行使価格は基準となる権利行使価格から上下対称に設定されます。
基準となる権利行使価格は各回号の注文受付が開始される1分前の為替レートを、対円通貨ペアであれば小数第二位、対ドル通貨ペアであれば小数第四位を四捨五入することにより決定されます。
また、何らかの理由により、注文受付予定時刻に権利行使価格を設定できなかった場合、その後権利行使価格が設定され次第、当該回号での注文受付を開始します。なお、権利行使価格が設定されないまま、当該回号の残り時間が2時間未満となった場合、当該回号は中止となります。

  • ※ 重要経済指標の発表をまたぐ回号に関しては、原資産のボラティリティが高くなる可能性があり、お客様・当社双方のリスク管理が困難となること等を総合的に判断し、権利行使価格の値幅・本数を設定します。

2wayプライス

  • ※ 店頭バイナリーオプションのレートは、複数の要素に基づく計算値であり、基本的には相対取引でレートは決定されます。そのため、同一条件の店頭バイナリーオプションであっても、その取引レートが取扱金融商品取引業者により異なる場合があります。
  • ※ 重要経済指標の発表前後やインターバンク市場の流動性低下時、各回号の満期前はスプレッドが広がる傾向があります。

購入レート

判定レート

  • ① ラダーバイナリーコールオプション
    回号終了時点の判定価格が権利行使価格以上の水準となった場合(判定価格≧権利行使価格の場合にのみ、ペイアウトの入金処理を行います。権利行使価格未満の水準となった場合にはペイアウト額を受け取ることができません。
  • ② バイナリー オプション ルール ラダーバイナリープットオプション
    回号終了時点の判定価格が権利行使価格未満の水準となった場合(判定価格<権利行使価格の場合)にのみ、ペイアウトの入金処理を行います。権利行使価格以上の水準となった場合にはペイアウト額を受け取ることができません。
  • ※ 判定処理が終了し、その損益がお客様の余力として反映されるまでには、数分間いただきますので、予めご了承下さい。

利用する判定レートの提供者

  • ● ラダーオプション
    同一の権利行使価格において円高・円安(対ドル通貨ペアの場合はドル高・ドル安)のオプションを両方購入する。
    (別の権利行使価格、別通貨ペアや別回号の両建は取引可能です。)
    バイナリー オプション ルール バイナリー オプション ルール
  • ● メンテナンス時間の振替指示は受け付けできません。
  • ● 振替指示はインターネット上からのみ受付いたします。(E-Mail、FAX、電話でのお申込みは受付できません。)

取引代金の授受

外為オプション取引の購入金額は、各回号の取引約定時に、お客様の外為オプション取引口座より差し引くことにより徴収します。購入金額は、取引数量×取引価格(購入価格)となります。
また、購入したオプションを転売した場合の転売金額については、転売取引約定時に、お客様の外為オプション取引口座に入金します。転売金額は、取引数量×取引価格(売却価格)となります。
ペイアウト額については、各回号のペイアウト額に係る判定終了後、速やかにお客様の外為オプション取引口座に入金します。

スリッページ

外為オプション取引での注文受付は成行注文のみとなっています。お客様の注文は、各回号の開始時刻から終了時刻の2分前までの間、当社の受注サーバに到達した順に受け付けられ、正常に受け付けられた注文については、システム上の注文受付番号順に全数量を約定処理しますが、お客様の端末と当社のサーバとの間の通信時間及び当社サーバでの注文受付後の約定処理時間により、お客様の発注時の画面表示価格と実際の約定価格との間に価格差(これを「スリッページ」といいます。)が発生する場合があります。「スリッページ」は、お客様にとって有利となる場合もあれば、不利となる場合もあります。
成行注文では、発注時にお客様が許容できるスリッページ幅を注文画面上で設定することができます。その場合は、お客様の注文を当社のサーバで受注した時点の配信価格(以下、「基本価格」といいます。)がお客様の発注時の画面表示価格と一致するか、もしくは、お客様があらかじめ設定したスリッページ許容幅の範囲内の価格であれば、お客様の注文は当該基本価格で全数量約定しますが、スリッページ許容幅を超えている場合には、全数量の注文受付が拒否されます。スリッページ許容幅を設定せずに発注することもできますが、相場急変時はスリッページが予想外に拡大する場合がありますので、ご注意ください。なお、基本価格の変動が激しい場合には、スリッページ許容幅の設定の有無にかかわらず、基本価格が有効ではないものとして注文が受け付けられない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
具体的な事例や、スリッページ許容幅の設定方法に関しては こちら(PCサイト)をご覧下さい。

損益の開示

口座開設(無料)はこちら

PCサイトへ移動

GMOクリック証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者 銀行代理業者 関東財務局長(銀代)第330号 所属銀行:GMOあおぞらネット銀行株式会社 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

バイナリーオプションとは?

「バイナリー」=「二者択一」

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

今さら人に聞けないバイナリーオプションのルールを徹底解説

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションで押さえておきたい基礎ルール

まずは、バイナリーオプションで絶対に押さえておきたい基礎的なルールからご説明していきます。
これらの内容はバイナリーオプションを取り組むなら確実に知っておかなくてはならないルールとなります。

バイナリーオプションは本来とてもシンプルな取引なので、入り口にさえ立ててしまえば、あとは他の投資商材や金融商品よりも精神的な負担も少なく、また学習すべき内容も比較的少ない分量でマスターすることができます。

エントリー

現在では、バイナリーオプションのエントリーの種類(ルール)として、『ラダーオプション』『レンジオプション』の2つのパターンが存在します。
『ラダーオプション』とは基本の取引で、多くのFX会社が取り扱っています。
バイナリー オプション ルール 決められた時刻に為替レートが目標レートより上か下かを予想する、シンプルなルールで、初心者にも分かりやすいオプション取引です。
『レンジオプション』とは、2つの目標レートを選択して、判定時刻にその値幅の範囲間に為替レートが推移していれば「当たり」のルールです。
また、国内の業者では、バイナリーオプションの取引開始から清算時間までの時間は、最低2時間と定められています。取引開催時間や取引可能回数は業者によって異なり、判定時刻も様々です。

国内外問わず、自分に最も合う業者を選択することが重要ですが、基本はラダー推奨です。
またバイナリーオプションでは、取引回数を減らして、負けを減らすよう意識する点が重要です。取引回数が多くなれば、それだけリスクも高くなり、ムダなエントリーが増えて勝率の安定が難しくなります。
特に負けている時は「かぁ〜ッ」とならずに、一呼吸おいて冷静さを取り戻します。
ただ闇雲に銃弾を撃っても、狙った的に当たるとは限りません。むしろ、銃弾の無駄になりますので、エントリーする際には、自分なりのルールで「勝てる」と確信したときに参加することが重要です。

バイナリーオプションの配当はペイアウト率によって決まります。ペイアウト率とは、予想が当たった時に払い戻される金額の倍率のことです。
例えば10万円をバイナリーオプションに投資し、ペイアウト率が1.6倍の場合、予想が的中で獲得できるのは「10万円×1.6倍=16万円」となります。純粋な利益としては、6万円を獲得できます。
ペイアウト率には、2種類あります。固定タイプと変動タイプです。
一つ目の固定タイプは、ペイアウト率の変動がありません。初めから、1.7倍~2.0倍で固定されています。海外の業者は多くはこの方式です。
メリットは、ペイアウトが左右されないことです。利益を高めやすくなるからです。
デメリットは、損失リスクを自分で判断しなければいけないことです。
デメリットはありますが、初心者にとっては予想がしやすいので、まずは固定タイプから始めるのがいいかもしれません。
二つ目は、変動タイプです。
日本国内のバイナリーオプション業者はこの変動タイプのみです。
開始と終了の時刻があらかじめ決められており、その間ならいつもで購入できます。
現在のレートに対して、判定レートを遠く設定すればペイアウト率は高く、近く設定すればペイアウト率は下がります。
メリットは、勝ちにくいように設定すれば大きな利益を得られる可能性があることです。
デメリットは、基本的には大きな利益を上げにくいということがあります。
ペイアウト率を高めるためには判定レートを厳しく設定しなければならず、実際に厳しく設定すると勝つのはとても難しくなります。
安定して利益を高めることが困難なため上級者向けです。

バイナリーオプションでは勝つことはさほど難しくないという人も多いのですが、出金のルールが分からず困っているという人がいます。
なぜなら、バイナリーオプション業者によって出金のルールに違いがあるからです。つまり、 利用しているバイナリーオプション業者ごとに出金ルールがあるために、それを覚える必要があるのです。
例えば、バイナリーオプション業者によっては入金額の15倍の取引をしないと出金ができなかったり、ボーナスを受け取った場合に、その30倍もの取引をしないと出金できないという場合もあります。
そのような出金ルールを知らないで取引をすると、せっかくバイナリーオプションで稼いでも出金できないということになってしまうのです。

バイナリーオプションのルール上OKなこと

ここではバイナリーオプションのルール上、やってもOKなことについてご紹介していきます。バイナリーオプションのルール上、OKだと分かっていれば特に心配をすることなく一歩を踏み出すことができるでしょう。

サインツールの使用

バイナリーオプションで禁止されているのは不正アクセスなどによる違法データ入手や他の取引者に不利益を与える妨害行為など明確に法律違反に該当する行為もしくは運営業務に重大な支障を及ぼす可能性がある行為です。 サインツールの使用に関しては取り扱う情報に問題はなくツールの仕様により運営や他の取引者を妨害することもありません。ルールに抵触することはないので堂々と使用してOKです。

インジケーターの使用

バイナリーオプション取引でインジケーターを使うのはルール的に全く問題はありません。

インジケーターの使用がルール違反になるのでは?と不安の声も聞かれますが心配は無用です。 インジケーターはあくまでも相場の現状を公開情報から分析するだけのツールです。 作業内容にバイナリーオプションの取引ルールに定植するものはなく、取引社の判断を分析を通じてサポートしているだけにすぎません。

誰かに聞きながらエントリーする

適切な取引を行うには、自分でテクニカル分析を覚える必要がありますが、それをせずに他人の指示に従ってエントリーする人もいます。もちろん取引に詳しい人に尋ねてエントリーポイントを見つけることは、ルール的に何の問題もありません。

質問する相手に関しても、バイナリーオプションについての詳しさは人によって様々です。
たとえどんなに取引上手な人でも、確実に成功するという保証はありません。
また、その人に聞けなくなれば、自分で適当な取引をして大きな失敗をする場合もあります。

バイナリーオプションは、FXとは違い、値幅の大きさは重要ではありません。
単純に円高か円安を当てるだけなので、簡単と錯覚する場合があります。
しかし適当に感覚だけで取引していると、資金を大きく減らすことにつながります。
そうならないためには、分析手法を覚えると共に、資金管理が非常に重要です。
いきなり大金をかけて取引をすると、失敗すれば瞬く間に資金が目減りします。

少額の資金から始めることが大切ですが、こういった資金管理は、自分自身でルールを作る以外にありません。 他人にエントリーポイントを聞くことはできても、資金は自分自身の状況に応じて自分が管理する必要があります。

【NG】バイナリーオプションのルール上ダメなこと

バイナリーオプションのルール的に問題ないこともあれば、必ず反対側には「やってはいけないこと」があります。

自動売買ツールの使用(一部業者)

自動売買は資金が尽きるまで自動で連打法と言う取引を行うものが多い傾向があります。
これは損をする場合は、当然資金を減らしますが、一回のエントリーポイントでハイリターンを得ることも出来る強力な取引方法です。 単純にひたすら同じ手をじゃんけんで出していくような方法なのですが、これを自動売買で高速で行うと短時間で簡単に大きな利益をもたらすことも可能になります。 こちらが大きな利益を出してしまえば、当然業者は大きな打撃を受けるため、損失を回避する目的で業者は禁止しているのです。

バイナリーオプションにおける両建てとは「同一の通貨ペアでハイとロー両方にエントリーすること」です。
バイナリーオプションでは未来の値動きを予想しハイかローにエントリーするのが一般的なスタイルですが、両建てではハイとロー両方にエントリーします。
両建てでエントリーすると仮に相場がハイに移動したとしてもローのエントリーに対して損失が発生してしまいます。
損益は相殺か取引コストだけ損失が出る可能性が高く一般的にはほとんどメリットのない行為です。
両建てにメリットがあるのは相場が大きく動いたときに大きなペイアウトが見込めるケースです。
バイナリーオプションでは予想する値動きの幅が大きいほどペイアウト倍率が上昇します。
一般的な相場では急激な値動きは殆ど見られないのですがビッグイベント(大統領選や貿易交渉など)があるタイミングでは急激な値動きが発生することが少なくありません。
そのようなタイミングでは両建てでも利益が見込めます。 バイナリー オプション ルール
予想的中時のペイアウト率が十分に高ければ両建てのハズレた方の損失をカバーできるだけのペイアウトが期待できます。仮にハイとローそれぞれのペイアウト率が10倍で同額で両建てエントリーしたとすると相場がどちらに動いても予想が的中すれば外れた損失を差し引いたエントリー額の9倍を手にすることができます。
相場が高確率で急変するがどちらに動くのか分からない、というケースに限り両建ては非常に有効なテクニックです。
スワップポイントで利息のサヤ取りが狙えるFX取引では両建てを禁止する業者もありますが、バイナリーオプションでは両建ては禁止されていないので安心して取引してください。

バイナリーオプションの連打法は、ボラリティの高い相場で、立て続けに何度もエントリーを連打して行う投機的手法です。
メリットとして、予測が当たったときは利益が何倍にもなります。 バイナリー オプション ルール
バイナリーオプションでの連打法は、同じ方向(↓↑)に立て続けに連打でベットするため、予想が当たると短時間で大きな利益を得ることができます。
その反対に、予測が外れた場合に損失が何倍にもなるというリスクも混在します。
もし、 バイナリーオプションの連打法にチャレンジする場合には、あっという間に資金がなくなってしまうという可能性もあるということも理解しておかないといけません。
通常、多くのバイナリーオプション業者では、一回の取引が終わるまで、次の取引を受け付けていません。
特に日本国内では厳しい規制がかかっているため、取引に2時間の待機時間が義務付けされています。
その中でも、連打法が使える業者として海外業者の『ハイローオーストラリア』があげられます。
連打法だけでなく、プロトレーダーのほとんどが利用している業者であり、信用も厚く、「バイナリーオプションの連打法」といえば、真っ先にあげられる業者です。
しかし、両建て(グレーゾーンの取引)での連打法は、たとえ連打法が認められている『ハイローオーストラリア』でも悪質な連打行為とみなされ、口座を凍結させるリスクがありますので注意が必要です。

バイナリーオプションでルール違反をするとどうなる?

ところで、バイナリーオプションでルール違反をするとどのようなペナルティがあるのでしょうか?さすがに逮捕されたりということは考えにくそうですが、バイナリーオプションでルール違反をするとどのようなペナルティがあるのか、についてもしっかりと解説していきます。

バイナリーオプションでの口座凍結とは、取引に制限がかけられ、口座がくさびで繋がれたような状態です。自由に取引ができなくなったり、お金の出し入れができなくなることを指します。
現在の日本国内での社会情勢のような移動制限(取引制限)ならまだマシで、完全なロックダウン。つまり、最悪の場合だと口座から出金不可能になることがあります。
万が一、口座が凍結された時には、『完全に取引が不可能となる・入金や出金が不可能となる・取引額が制限される』などの処置がくだされます。ですが、一般の人がくらう口座凍結は、一部機能に限定的な制限をかけられるだけなので、そんなに怖がる心配はありません。普通に健全な取引をしているだけだったら・・・
しかし、本当にヤバイのは完全口座凍結です。 マネーロンダリング等の犯罪行為、インサイダー取引等、悪質な不正取引を行った場合、厳重な処罰を受けてしまいます。 こうなってしまうと、お金の出金さえできなくなります。しかし、通常起こりえる(自動売買の利用や同一IPアドレスでの複数口座運用などの行為が対象)口座凍結では、限定的な凍結になるだけなので、口座内の資産は出金することが可能なので安心してください。でも、絶対にルール・規定を守った取引をしてくださいね。

バイナリーオプションでは各業者ごとに必ず利用規約が定められています。

これらの規約違反が業者に発覚した場合には強制退会となる可能性が高いので注意が必要となります。また、 強制退会になってしまうと、それまでに使用していた取引用の口座は勿論、名義人が同じ別口座での取引についても再登録を拒否されてしまう事もあります。 ただし、既に業者に預けているお金については基本的には手数料を除いて全額返還されるため、余程の事がない限りは金銭的なダメージは受けません。そもそも、利用規約に定められている内容は決してハードルの高いものではありません。普通にバイナリーオプションでの取引をしている人にとっては当たり前の事柄しか書かれていないため、悪意を持たない善意での取引において強制退会になるケースは非常に稀だと言えます。

バイナリーオプションは、まれに出金停止になることがあります。
これは文字通り出金が停止になり、預けていたお金が没収されるという厳しい対応です。
この理由には2つあり、きちんとした理由のある出金停止と詐欺による出金停止があります。

また、 バイナリー オプション ルール 悪質な業者の場合は、こちらが儲かってきた時点で故意に理由なく出金停止にしてしまうケースが見られます。 こういった場合、抗議しても応じませんし、訴えようにも海外の企業なので非常に訴えるのは困難です。残念ですが、あきらめる必要があります。
詐欺業者で口座開設しないためにも、業者選びはしっかり行うことをオススメします。

バイナリーオプションの正しく勝てるルールを覚える方法

ところで、バイナリーオプションで「正しく勝てるルール」はどうすれば覚えられるでしょうか?もちろんルールブックを一から読み進めて暗記していくという方法も有効です。しかし現実的ではありません。現実的でないどころか、時間がかかりすぎてしまいその時間がもったいないということになってしまいます。それではどうすれば良いか。

プロのバイナリーオプショントレーダーに聞きましょう。もしくはプロのバイナリーオプショントレーダーが非公開な場所で提供している情報を受け取りましょう。

バイナリーオプションのルールは今さら人に聞きづらいというケースも多いでしょう。しかし安心してください、誰でも最初はルールを知りませんでした。

バイナリーオプションとFXの取引ルールの違いは?メリット・デメリットも解説!

バイナリーオプションとFX

バイナリーオプション初心者入門

FXとの具体的な違いを見てみよう

違いバイナリーオプションFX
取引の期間ルールで決まっている自分のタイミングで決められる
利益・損失購入した時点でわかる決済するまでわからない
最小取引額1Lot/約50円〜1,000円未満0.1Lot/約4,000円
(1,000通貨の場合)
取引方法相場に合わせて高利益率や、
高ペイアウトを狙う戦略が可能
取引期間や相場に合わせて、
自分の戦略で自由に売買ができる

ノックアウトオプションとバイナリーオプション

バイナリーオプションは取引期間が決まっている

バイナリーオプションの例

引用元:GMOクリック証券

取引時間の例(GMOクリック証券・外為オプションの場合)
第1回号8:00~11:00
第2回号10:00~13:00
第3回号12:00~15:00
第4回号14:00~17:00
第5回号16:00~19:00
第6回号18:00~21:00
第7回号20:00~23:00
第8回号22:00~翌1:00
第9回号0:00~翌3:00
第10回号翌2:00~翌5:00

ご覧のとおり、FXと同じく為替の値動きを見て投資しますので、 朝から翌日の明け方まで、ほぼ起きている間は売買が可能 バイナリー オプション ルール です。

バイナリーオプションはFXよりも少額から投資できる

1米ドル110円のとき
バイナリー オプション ルール 1,000通貨最小4,400円〜
10,000通貨最小44,000円〜

購入するときのオプションの価格はFX会社ごとに異なりますが、安いオプションで50円〜100円前後、高いオプションで990円程度となっています。
つまりバイナリーオプションは、 1,000円あれば確実に購入ができる投資 であるということです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる