FX口座開設

レンジとは

レンジとは

このうち、「解像度」「ビット深度」「フレームレート」「色域」の4つは、4K/8K UHD放送の規格である「BT.2020」 ※ においてすでに標準化されていますが、これまで「輝度」は明確な基準が無く、長らく100cd/m 2 が業界基準として使われてきました。このため、従来の映像制作では、高輝度部分は表示装置の特性に合わせて圧縮する必要があり、現実の風景とは程遠い映像となっていました。
しかし近年、表示技術の向上によって表現できるダイナミックレンジが拡張したため、まるで現実世界のような明るさと色表現を楽しめるようになりました。
これが、今、HDRが注目を集める理由です。
※ 2018年末から放送開始予定の4K/8Kスーパーハイビジョン放送の規格。現行のフルハイビジョン規格はBT.709と呼ばれる。

よく晴れた日に建物の内側から入り口を見ると、逆光によって背景が明るすぎて、立っている人物がはっきり見えないということがありませんか?
カメラの映像も同じで、通常、カメラでそのような場所を映すと、明るい部分が白くとんでしまったり、暗い部分が黒く潰れてしまったりすることがあり、逆光や西日、照り返しの影響を受ける出入り口などでは監視が困難でした。
ワイドダイナミックレンジ機能は、そうした問題を解消。ひとつの映像の中で明暗差が大きな場所でも、モニター上に映し出される映像の明るい場所と暗い場所の両方を、はっきりそして自然な状態で見ることができます。

WDRとは、Wide Dynamic Rangeの略で、ダイナミックレンジが広いことをいいます。
ダイナミックレンジは、明るいところと暗いところの照度比の対数をとったもので、単位はdB(デシベル)で表します。この値が大きいほど、より大きな明暗差をはっきりと映すことができます。

たとえば、晴天の屋外の照度が100,000[lx]、会議室の照度が700[lx]であるとすると、ダイナミックレンジ値は、 20log10(100,000÷700)=43.1[dB] となります。

ワイドダイナミック(WDR)機能のないカメラは、通常、1/60秒ごとにシャッターを切って、絵を作っています。
WDR機能付のカメラは、1/120秒ごとにシャッターを切り、WDR機能のないカメラが1枚の絵を作っている時間に、2枚の絵を作っています。(図1)
この2枚の絵のうち、1枚は明るい被写体に対して最適なシャッタースピードで撮影します。暗い被写体は黒くつぶれてしまいますが、明るい被写体は鮮明に映すことができます。(写真1)
もう1枚は暗い被写体に対して最適なシャッタースピードで撮影します。明るい被写体に対して撮影したときよりも露光時間が長くなりますので、明るい被写体は白くとんでしまいますが、暗い被写体は鮮明に映すことができます。(写真2)
このように明るい部分を補正した1枚目の絵と、暗い部分を補正した2枚目の絵を、デジタル信号処理で合成することで、明るい被写体も暗い被写体も鮮明に見ることができるようになります。ほとんど同時に撮影・合成していますので、画像がぶれてぼやけてしまうことはありません。(写真3)

電子レンジの電気代を徹底解剖!1分あたりどのくらいかかってるの?

電子レンジの電気代を徹底解剖!1分あたりどのくらいかかってるの?

では、電気ケトルで同じ量を沸かした場合、電気代はどのくらいかかるのでしょうか。ティファールによると、コップ1杯(140ml)の水を電気ケトル「アプレシア プラス」で沸かした場合にかかる電気代は 0.5円 となります。
参照機種:ティファール「アプレシア プラス(0.8L)」
ティファールによる試算条件:水温・室温23℃の条件で、記載量が沸騰するまでの時間。1kWhあたり27円で計算。
お湯をしっかり沸かしたい場合は電気ケトルが良さそうですが、温めるだけで良い場合は電子レンジのほうが電気代がお得ですね。

冷凍食品を温めた場合の電気代

700W出力で30秒 0.22円(8Wh) 700W出力で1分 0.27円(10Wh) 700W出力で2分 0.81円(30Wh) レンジとは 700W出力で3分 1.35円(50Wh)

冷凍しておいたひき肉200グラムを解凍した場合、電気代は0.54円

冷凍していたひき肉200グラムを電子レンジの解凍モードで3分30秒解凍すると、電気代は 0.54円 (20Wh)でした。

コンビニ弁当を温めた場合、電気代は0.54円

コンビニ弁当を700W出力で1分30秒温めると、電気代は 0.54円 (20Wh)でした。
定格消費電力1100Wの電子レンジを使用。ワットチェッカーで電力量を計測。

電子レンジの電気代を節約する4つの方法

1)契約している電気料金プランの、電気代の高い時間帯に注意する

air_conditioner-dry-laundry-4

2)庫内を定期的に掃除する

microwave_oven-2

  1. 庫内は定期的に固く絞った布などで汚れをふき取る。
  2. ターンテーブルはスポンジなどで汚れをふき取る。
  3. 頑固な汚れは、耐熱ボウルなどに水(または重曹水)を入れ、3分ほど温めたあとしばらく扉を開けずに庫内を蒸らして汚れを浮かしてふき取る。

3)庫内に食品を詰め込み過ぎない

4)温まりやすい外側を利用する(ターンテーブルタイプの場合)

電子レンジの電気代と4つの節約法まとめ

電子レンジの電気代まとめ

  • 冷凍しておいたひき肉200グラムを解凍した場合、電気代は 0.51円
  • 電子レンジ(700W)でコンビニ弁当を1分30秒温めた場合、電気代は レンジとは 0.54円 (20Wh)

電子レンジの電気代を節約する4つの方法まとめ

1)電気代の高い時間帯に注意する お使いの電気料金プランの電気の高い時間帯に電子レンジを使ってしまうと電気代が高額になってしまいます。もし電子レンジなどをたくさん使う生活時間帯が電気代の高い時間帯とかぶってしまう場合はプランの見直しを。 2)庫内を定期的に掃除する 庫内は定期的に固く絞った布などで汚れをふき取る ターンテーブルはスポンジなどで汚れをふき取る 頑固な汚れは、耐熱ボウルなどに水(または重曹水)を入れ、3分ほど温めたあとしばらく扉を開けずに庫内を蒸らして汚れを浮かしてふき取る 3)庫内に食品を詰め込み過ぎない 庫内に一度に食品を詰め込み過ぎると温め効率が悪くなってしまいます。 4)温まりやすい外側を利用する(ターンテーブルタイプの場合) ターンテーブルタイプの電子レンジは、食品は外側に、庫内フラットタイプのものは食品を中央に置くと温まりやすくなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる