日本のバイナリーオプション業者

初心者でもわかる仮想通貨(暗号資産)投資の基礎知識

初心者でもわかる仮想通貨(暗号資産)投資の基礎知識
暗号資産(仮想通貨)

ビットコインを分かりやすく解説!初心者や学生も始めるべき?

暗号資産(仮想通貨)

大学生がビットコインを始めるべき理由を紹介!ビットコインは失敗しない?

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)のDeFiとは?ビットコインとの違いも紹介

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)にかかる税金は? 税率や確定申告が必要な場合を解説

暗号資産(仮想通貨)

イーサリアムをわかりやすく解説!特徴や基本事項も紹介

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産(仮想通貨)初心者におすすめの取引所を紹介!失敗しない選び方は?

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

ビットコイン/仮想通貨投資の始め方を徹底解説|始める手順を初心者にもわかりやすく解説

仮想通貨の始め方

引用元:Trading View提供のチャート

このように、世界中の関心が高まり市場として現在も大きく伸びているので、非常に将来の市場も大きく期待できるというわけですね。

ブロックチェーンに対する理解を深めることができる

ブロックチェーン

  • 分散型台帳で監視を行い、取引を管理する仕組みでセキュリティが非常に高い
  • データ改ざんが事実上不可能と言われており、で安全性が高い仕組み

このブロックチェーンを使った「スマートコントラクト(契約の自動化)」は不動産の賃貸契約で利用されているだけでなく、世界の大手銀行でもブロックチェーンを活用したコスト削減を進められています。

少額から投資を始めることができる

1BTCの価格が350万(2021年1月)と出ているため、初心者が手が出しにくいと思っている人も多いと思いますが、 ビットコイン投資は少額から始めることができます。

大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)なら0.001BTCから購入可能

仮想通貨投資は現在において注目されている投資分野 ですので、まだ始めていない方は今日から始めてみてください。

\ 1円から投資可能!/

ビットコインが無料で貰える仮想通貨の始め方

先ほどまでは仮想通貨投資を始めるために最適な取引所を紹介していましたが、ここでは無料でビットコインを貰える方法について紹介します。

リスクをかけずに仮想通貨投資を始める方法になりますので是非参考にしてください。

その方法とは ビットコインが貰えるポイントサイト「ビッコレ」を活用すること です。

ビッコレ

ビッコレでは他のポイントサイトとは違い買い物や広告案件によって手に入れた報酬を全てビットコインで支払われます。

そのため、 誰でも無料でビットコインを稼ぐことができる方法 なのです。

現在では登録だけで100円分のビットコインを無料で獲得することができますよ。

\ 無料で100円分のBTCもらえる!/

ビットコイン(BTC)/仮想通貨に関するよくある質問(Q&A)

初心者が仮想通貨投資を始めるのは危険ではないのですか?

本人確認を厳重に行っているからこそ、なりすまし等によるリスクを防いでいます。

また、以前はセキュリティが脆弱でハッキングという被害が多かった印象がありますが、 現在は多くの取引所で強固なセキュリティを実施しているので安全 です。

自分が保有している仮想通貨はコールドウォレットと言われるオフライン上に保管されるので、インターネット上の第三者からアクセスされる心配はありません。

いくらから仮想通貨投資を始めることができますか?

1BTCの価格が300万円以上で取引されていると聞くと、そんな大金出せないと思うかもしれませんが、 ビットコインは0.0001BTCなどのように指定できるため、少額でも購入できます。

仮想通貨投資は500円〜1000円で始められる

スマホからでも仮想通貨を始められますか?

初心者でもわかる仮想通貨(暗号資産)投資の基礎知識 特にbitFlyerや コインチェック はアプリの使いやすさに定評がありますので、まずは試してみるといいでしょう。

仮想通貨を始めるために必要なものは何ですか?

ビットコインの購入に手数料がかかりますか?

ビットコインの購入に手数料がかからないことが多いですが、 販売所の場合、スプレッドに差があるため、取引所で購入するよりも割高になってしまいます。

ビットコインや仮想通貨の手数料を確認頂けると、詳しいスプレッドの仕組みや手数料について理解することができます。

ビットコイン(BTC)/仮想通貨投資の始め方まとめ

bitFLyer toppage

ビットコインや仮想通貨投資は数百円から取引ができるため、普通の株取引よりもハードルが低く、初心者の方でも始めやすいです。

しかし、価格変動が大きく、あまり大きな額から初めてしまうと、大損してしまう可能性がありますので、 まずは少額から取引を始めることをおすすめ します。

そもそも暗号資産(仮想通貨)って何?今さら聞けない基礎知識

監修者

慶応大学卒業後、東京証券取引所に入社。2008年のリーマンショック(世界金融危機)後、債務不履行管理プロセスの改良プロジェクトに参画。クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)や金利スワップの清算プロジェクトを主導。その後、PwC Japanを経て、2018年7月にクラーケンを運営するペイワードに入社。2020年3月より現職。オックスフォード大学経営学修士(MBA)を修了。
https://www.kraken.com/ja-jp/
取材協力
一般社団法人 日本暗号資産ビジネス協会

Section1 まずは「そもそも」のところから

そのため『こういうものだ』と説明するのがなかなか難しいところではあるんですが、広い概念でいうと『既存の金融システムをデジタル化して、分散的に運営をしている』ものと言えます。

誰か1人で何かやっているのではなくて、みんなでやっていきましょうというのは、暗号資産全般にいえることだと思います」

「ブロックチェーンというのは『台帳』技術と言われています。

台帳とは、『誰が何をいくら保有しているのか』が書いてあるもので、すべての商取引の根幹に位置づけられているものです。

例えば不動産をAさんが持っていて、それをBさんに売りました。すると『Aさんが保有していた不動産がBさんに移りました』というのが法務局に登記されるわけですが、そこが今までは公的な役割を担っているところや企業が管理をつかさどっていたわけです。

これをすべてデジタルの世界で、どこか特定の人ではなく、みんなでやっていきましょうというのが『分散台帳技術』というわけです。

つまり、やっていること自体は昔から変わらないものなのですが、新たなテクノロジーが出てきたことによって、より簡単により早く、より多くの人を巻き込んでできるようになったのが特徴です」

「ブロックチェーン技術によって、そういった不正行為は『みんなが見ているところで情報を書き替える』ことになるわけです。そのため、改ざんが非常に困難な仕組みだといえます」

「例えば、紙で台帳を管理していたら、火事が起こったら消えてしまいますよね。戦後のどさくさでいろんな台帳が紛失してしまったり空襲で焼けてしまったりして、権利関係がわからなくなってしまったことも過去には起きているわけです。

一つのところが情報を管理していると、何か障害や問題が起こったときに、その情報自体が消えてしまうというリスクもある。これが分散的に管理していると、例えば私のPCが壊れたところでみなさんのところに情報があるので、なかなか壊れにくい堅牢な仕組みになっているという特徴もあります」

「中央集権的に管理していると、デジタルのデータも紙と同じで、火事で燃えてしまう例と同じになってしまいますよね。

例えば会社のサーバーで情報を管理する場合、サーバーのバックアップ機を用意して『1個が壊れてももう1個が生きている』みたいな対策を取るわけですが、やっぱりそれでも限界があり、拠点ごと被災したりしたらなくなってしまいます。

そういう問題に金融機関はずっと頭を悩ませてきたわけですけれど、『分散型の台帳技術』というものが発達したことによって、『Aさん』や『A企業』に障害が起こっても、他のところでシステムが動き続ける環境を実現できるわけです」

「価格変動が非常に激しいことに加えて、影響力が大きい人間の発言にすごく影響を受けてしまう。たとえばテスラのイーロン・マスク氏が暗号資産に関していろいろと発言していますが、こういった発言に影響を受けてしまいがちというのがあると思います。

これがなぜかというと、現在の市場参加者が非常に限定的であるためです。既存の証券市場というのは多種多様な参加者がいますので、多様な見方がマーケットに反映されます。『売りたい』という人の一方で『買いたい』という人もいるので、価格が安定する構造になっていますが、残念ながら暗号資産はまだそういう状況ではありません。

具体的に言うと、投機的な意味合いで売り買いする人が多い。当然、こういった投機的な動きをする人は情報に対する感度が高いので、何かマズいと思ったらすぐに売り、いいなと思ったらすぐに買う。そういった短期的な行動になりやすいというのはあると思います。

あとは、セキュリティについても注意点があります。暗号資産は『自分で自分の資産を管理する』という思想が非常に強いので、ある程度のセキュリティ対策というのは自分でやっていかなければなりません。

これを怠ると、お金を盗まれてしまうことにもなりかねませんし『デジタルの世界でお金を取り戻す』というのは非常に難しい。そういったところがデメリットでもあると思います。

Section2 暗号資産を取引する際に意識しておきたいこと

「あまり値動きを追いかけないで、『プロジェクトに対するサポーターになれるかどうか』という軸でお金を投じるのが良いのかなと思います。

もちろん、プロジェクトが成功すれば当然価格が上がっていくので、そこでキャピタルゲイン(価格変動による差益)を得られると思います。しかし最初からキャピタルゲイン狙いでいくと、なかなか難しいマーケットだと思います。

キャピタルゲインによって利益が出るという部分ではFX(外国為替証拠金取引)とも似ていますが、暗号資産がFXと違うのは、どちらかというと株に近いんですね。企業の代わりに『プロジェクト』があると理解していただくのがいいかと思います。

株は、その国の法律に基づいて企業が発行する株式に対しての投資ですが、暗号資産は国境を越えてやっているプロジェクトというのも多数あります。

これはインターネットが登場したことによって可能になったもので、志を同じくしたエンジニアが集まって『こういうものを開発しよう』ということでプロジェクトがスタートします。それに対してファンディングが必要だからコインを発行し、そこにお金が投下されてプロジェクトが回っていく。

そういった部分の仕組みがあまり日本ではまだ正しく理解されていなくて。『なんだかよくわからないけど値動きが激しくて、賭けたらたまに当たるよ』みたいなイメージしかないのが非常に残念だと思っています。そこは業界を上げて正しい知識や理解を共有していかなくてはなりません」

「お客様の暗号資産をお預かりする際に『こういったところで管理しなさい』というのが法令で決まっています。

それは『ホットウォレット』と『コールドウォレット』というものに大別されまして、ホットウォレットというのはインターネット上に常時接続されているウォレットのことを指します。要はボタンを押すだけですぐに他のところに送ることができるのですが、反面、インターネットにつながっているのでハッキングの恐れがあるわけです。

『コールドウォレット』というのは、インターネットに常時つながっていないものです。そのため安全なのですが、外に出すのが大変だというデメリットがあります。

日本の法令だと、全体の95%以上を後者のコールドウォレットで管理しなさいと決まっています。5%まではホットウォレットで管理してもいいのですが、ホットウォレットに置いた分だけ自己資産を同種同量で用意しなさいと決められています。要はハッキングで盗まれてしまった場合に、お客様の分を返せるように常時用意しておきなさい、という仕組みですね」

「手数料を含めいろいろな比較軸があると思いますが、やはり『セキュリティ対策がどの程度のものなのか』について、きちんと事前に把握をするのが重要だと思います。

当然、すべての登録業者は法令に準拠してセキュリティ対策をやっているとはいえ、各社その水準にはバラつきがあると思いますので、まずはそこを気にすることが一番重要なことかと思います。

あとは取り扱っている資産のラインナップですね。すべての取引所で同じものを扱っているわけではありませんので。代表的なビットコインやイーサリアムしか取り扱っていないところもあれば、その他の新しいプロジェクトを積極的に取り扱っているところもあります。

そういったところで個性があると思うので、例えばビットコインだけやりたいのであれば、コストで選ぶことも考えられますし『このコインをやりたい』というのであれば、それを取り扱っているところで口座開設する必要があります。そのあたりで比較するのが良いのかなと思っています」

Section3 今後の暗号資産を考える

「おもしろい話としては、これまで暗号資産はキャピタルゲインでしかリターンが得られなかったのですが、最近は『ステーキング』というものも出てきています。

冒頭にも申し上げたブロックチェーンの承認の仕組みを『プルーフ・オブ・ワーク』といいます。みんなで計算問題を問いて、計算問題を解くのが早かった人が報酬を得られるという仕組みです。

一方でそうではない仕組みとして『プルーフ・オブ・ステーク』というのがあります。これは、承認をする人を投票で選ぶ仕組みですね。投票をするために自分が持っているコインを預け、報酬の分け前をもらえることになっている。

つまり投資家目線でいうと、今までの『キャピタルゲインしかないんでしょ』というところから、『預ければ増える』という、日本人が好きそうな商品性も最近は出てきました。これはまだ一部ですが、そういったものがより浸透していけば、また違った投資家層に入ってもらえるのかなと思っています。

また『ビットコインETF』というのも、ひとつのマイルストーンになるのではと思っています。これは、ビットコインをETFの形で証券取引所に上場して、株をやっている人たちが買えるというもの。

すでにヨーロッパとカナダ、ブラジルではすでに取引されていて、アメリカの当局がビットコインETFを認めるか認めないかという判断をしている最中なのです。

過去には拒否をしているんですが、そろそろ潮目が変わってきているのではないかという感覚があります。これが仮にアメリカで上場されるとなると、おもしろいことになるのではないかと思っていますね」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる