バイナリー オプション

FXの仕組みとは

FXの仕組みとは
FXとは 外国為替証拠金取引のこと です。

はじめてのFX取引

外国為替証拠金取引(FX)は、1998年4月に外国為替及び外国貿易管理法(外為法)が改正されたことを契機として登場した個人向け金融商品で、投資家 の皆様は、一定の証拠金(担保)を取扱会社に預託することで、その証拠金の何倍もの元本があると想定して(レバレッジ効果)、例えば、円と米ドル、円と ユーロ、円とポンドなどの外国通貨の取引を行うものです。
外国通貨の取引というと外貨預金が代表的ですが、証拠金の数倍の取引ができるという点や、実際に取引を行う際の価格(為替レート)の部分を比べた場合、FXの方が投資効率の高い金融商品といえます。

外国為替証拠金取引(FX)と他の外貨商品との比較

外国為替証拠金取引(FX) 外貨預金 外貨建て投資信託
取扱機関 銀行、証券会社、商品取引会社、FX専門会社 等 銀行、信用金庫 証券会社、銀行 等
取扱時間 約24時間(土・日等を除く) 取扱金融機関の営業時間内 取扱会社の営業時間内
手数料 1米ドル往復で2~8銭程度 1米ドル往復で2円程度 1米ドル往復で1~4円程度
取引 売りからも買いからも可能 買いからのみ 買いからのみ
取引レート リアルタイムに変動 基本的に1日1回 基本的に1日1回

取引所為替証拠金取引「くりっく365」誕生の背景

外国為替証拠金取引(FX)のメリットと仕組み

外貨取引(交換)時の手数料が安い(他の外貨商品との比較)

例えば、外貨預金を始める際、まず預け入れ時に日本円から外貨に交換し、満期時(引き出し時)には外貨から円貨に再度交換します。この場合の外貨交換手数 料は金融機関や対象通貨によって異なりますが、米ドルの場合、一般的に売り買いの往復で1米ドルにつき2円の手数料がかかります。一方、FXの場合、外貨 交換時の手数料に相当する額は、1米ドルあたり往復で4銭~8銭程度と、外貨預金に比べて非常に低額となっています。

外貨の「買い」からも「売り」からも取引が可能

外貨預金や外貨建MMFといった外貨建投資商品は、外貨買いからしかスタートすることが出来ませんが、FXは外貨売りからスタートすることもできます。
たとえば、円高ドル安が進むことを予測した場合、ドルを売り(売ポジションを保有する)、ドル安となったところでドルを買い戻す(ポジション を解消する)ことができます。反対に、円安ドル高が進むことを予測した場合、ドルを買い(買ポジションを保有する)、ドル高となったところでドルを売る (ポジションを解消する)ことができます。
このように、円安にならないと為替利益が得られない外貨預金や外貨建MMFと異なり、FXは、円安でも円高でも利益を狙うことが可能です。また、外国為替証拠金取引は、一般的に外貨預金や外貨建MMF等のドルへの転換価格よりも有利な価格で売買を行うことが可能です。

レバレッジ効果で投資資金以上の外貨運用が可能

スワップポイントが受け取れる(高金利通貨の買い取引の場合)

高金利の通貨の買ポジションを持った場合、スワップポイントを受け取ることができます。
スワップポイントとは、金利の異なる通貨を取引・保有した場合に生じる金利差のことで、金利の安い通貨で金利の高い通貨を買うと、スワップポ イントを受け取ることになります。反対に、金利の高い通貨で金利の低い通貨を買うと、金利差はマイナスとなり、スワップポイントを支払うことになります。
たとえば、円に対してドルの買ポジションを持った場合、証拠金を担保に円を借りて、その円を売ってドルを買ったことになり ます。この際、円金利が年利1%で、ドル金利が年利5%だとすると、年利1%の金利を支払い、年利5%の金利を受け取ることができます。この差(5%- 1%)に相当する金額はスワップポイントと呼ばれ、日割りした金額が日々計算され、ポジションを持った投資家に支払われます。 逆に、円に対してドルの売ポジションを持った場合、証拠金を担保にドルを借りて、そのドルを売って円を買ったことになります。こ の際、円金利が年利1%で、ドル金利が年利5%だとすると、年利5%の金利を支払い、年利1%の金利を受け取ることになります。この差(5%-1%)に相 当する金額がスワップポイントとなり、日割りした金額が日々計算され、ポジションを持った投資家が支払うことになります。
なお、スワップポイントは、ポジションを翌日以降に持ち越した場合に発生しますが、翌取引日の決済日が同じ日の場合に発生しません。
また、くりっく365のスワップポイントは、支払う場合も受け取る場合も同一の金額(一本値)ですが、店頭取引では、会社によっては、投資家 に支払うスワップポイントを少なく、投資家から受取るスワップポイントを多く設定している場合もありますので、取引に際しては各会社のスワップポイントを 比較する必要があります。

ほぼ24時間の取引が可能

株式等と異なり、為替は世界中の市場で取引されているため、24時間相場が変動します。 東京市場での取引が終わる夕方には、ロンドン市場などで取引が開始され、その後はニューヨーク市場、シドニー市場などで取引が行われ、再度東京市場での取引が開始されます。 また、わが国の祝日には関係なく、土・日曜日、元旦を除いた毎日、取引することができます。 取引が盛んに行われる時間帯は、東京市場とロンドン市場での取引が重なる18時ごろ(日本時間)から、ロンドン市場とニューヨーク市場での取引が重なる 24時ごろ(日本時間)にかけてです。中でも、為替相場に影響力があるアメリカの経済指標が発表される時間帯(現地時間の午前中)に為替相場は大きく変動 する傾向があります。 日中忙しくて相場動向をチェックすることや、発注を行うことができない投資家でも、時間帯を選んで取引できるため、株式等の日中しか取引できない市場の商品と比べて取引を行いやすいといえます。
なお、取引価格については、くりっく365では複数のマーケットメイカーが取引所に提示する価格の中から投資家にとって最も有利な価格を合成 し、取引所がくりっく365市場に提示しますので、同一時点であれば、どのくりっく365取扱会社を経由して取引しても、同じ価格が提供されています。 一方、店頭取引取引では会社が任意に設定する価格での取引となるため、一般的に会社毎に提示される価格は異なります。

FXとは?初心者でも運用できる?

FXとは?初心者でも運用できる?

OCOは「One Cancels the Other」の略。指値と逆指値の2つの注文を一度に行っておき、どちらかが成立すると、もう一つが自動的にキャンセルになるという意味です。例えば指値価格と逆指値価格の両方の注文価格を指定し、高くなったら売る、下がったら売るといった注文を行うことができます。この際、価格が高く利益確定すると、下がった場合の売り注文はキャンセルされます。これによって、価格が上がった時には利益確定ができ、価格が下落しそうな場合には損切りができるという、利益確定と損切の両方を同時に行うことができるわけです。

IFD注文

IFD-OCO注文

全決済注文

FXのメリット

FXのメリット

少額の資金で大きな取引ができる

金利差によるスワップポイントがもらえる

ほぼ24時間いつでも取引ができる

FXのデメリット

FXのデメリット

レバレッジで損失が大きくなる

為替レートの変動は予測が難しい

まとめ

監修者プロフィール

小川 洋平(オガワ ヨウヘイ)
日本FP協会認定 CFP®、合同会社clientsbenefit 代表、FP相談ねっと認定FP、SG中越代表

MACDとは?

株にかかる税金はどうなるの?

EPSって何?

レーティングとは?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

FXとはなにか?利益や損失が出る仕組みをわかりやすく解説

京都大学公共政策大学院 修士課程修了。トレーダーとして法人の資産運用を担う。その後、フィスコのアナリスト、FUNDINNOで日本初のECFアナリストとして政策提言に関わる。フジテレビ、日経CNBC、プレジデント、ダイヤモンド、Forbes JAPAN、SPA!などで活動。
■フジテレビLiveNEWSαレギュラー出演
■Yahoo!公式コメンテーター
■書籍『5万円からでも始められる! 黒字転換2倍株で勝つ投資術』
Twitter : https://twitter.com/marikomabuchi
オフィシャルサイト:https://mabuchimariko.jp/

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。その後国内大手仮想通貨取引所Coincheckでトレーディング業務、新規事業開発に携わり、NYのブロックチェーン関連のVCを経てCWC株式会社を設立。証券アナリスト資格保有 。 FXの仕組みとは
Twitter : @sweetstrader3 FXの仕組みとは / Instagram : @fukuokasho12

FXとは何か?その仕組みを簡単に解説

FXとはForeign Exchangeの略称であり、日本語で外国為替証拠金取引を指している。 資金を証拠金=担保としてFX会社に預け、それを元に2ヵ国の通貨を交換して取引をおこなう。

このように証拠金を元に取引をするため、いきなりドルを売って円を買うこともできる。

24時間取引が可能

そのため、為替市場は一日のうち、ほとんどの時間取引が可能となっている。

また、通貨は採用している国(ドルであれば米国など)が日中である時間帯は値動きも活発になることから、時間帯によって臨機応変に取引通貨を切り替えられることも大きな利点の一つである。 ちなみに○○市場というのはその時間帯に取引量が多い場所を表している。そのため、各市場の取引時間は明確に決まっているわけではない。

基本的な取引手数料が無料

ただし、一定期間以上取引をしない場合は口座維持手数料がかかるFX会社もある。

FXではどのように利益や損失が出るのか

  • 為替差損益
  • スワップポイント

為替差損益

為替差損益(かわせさそんえき)とは、異なる通貨同士の価格変動によって生まれる利益、あるいは損失のこと。

FXは実際に通貨を保有しているわけではないため、トレーダーの注文に基づいてFX会社が「通貨を持っている」と仮定して取引し、為替差損益で生じた分だけを実資金に反映させる「差金決済」という仕組みを採用している。

スワップポイント

FX特有のスワップポイントとは、二ヵ国間の通貨にそれぞれ定められた金利の差額を調整するための仕組み。

一方、逆のケースではFX会社から差額分が徴収されることになるため、長期保有する場合は事前にどの程度の金利差が発生するかを確認しておこう。

  • トルコリラ
  • メキシコペソ
  • 南アフリカランド

FXで大きな特徴のレバレッジとは?

レバレッジとは証拠金として預けている金額の何倍もの金額をトレードすることができる仕組み。 外貨預金のような現物売買の場合、10万円の日本円を保有しているとすると、10万円分の外貨を購入することしかできない。

レバレッジのメリットと注意点

  • 1ドル:100円のタイミングで1,000ドル(10万円)を購入
  • 1ドル:101円に上昇→1000円の利益
  • 1ドル:99円に下落→1000円の損失
  • 1ドル:100円のタイミングで25,000ドル(250万円)を購入
  • 1ドル:101円に上昇→25,000円の利益
  • 1ドル:99円に下落→25,FXの仕組みとは 000円の損失

レバレッジをかければ得られる利益が大きくなるが、同じだけリスクも拡大する点は注意が必要だ。

レバレッジから見た証拠金の計算方法

  • 取引通貨量÷レバレッジ×為替レート=必要証拠金

たとえば1ドル100円と仮定し、レバレッジを5倍にして1,000ドル(10万円)購入する場合に必要な証拠金は 1,000ドル÷5×100=20,000円となる。

FXを始める際に知っておきたい用語

スプレッド

  • 買値と売値の価格差
  • 実質的な手数料といえる

スプレッドはFX会社によって設定幅が異なるため、とくに短期で何度も取引を繰り返す場合は可能な限り狭いところを選ぶとよいだろう。

投資上級者が資産運用にFXを取り入れている3つの理由

そもそもFXとはなにか

円安になれば利益になるし、円高になれば損がでちゃうってことね。

FXを取り入れる理由

理由その1 持っている資産の為替リスクを軽減

「株価は上がっているのに資産はマイナス」なんてことも・・・

そこで、FXを使えば「米ドルを売っておく」という取引が出来るため、もし円高になってしまった際には投資信託や株で逃してしまった為替の損失をFX側で取り戻すことが出来ます。
つまり、為替のリスクをFXで軽減することで、 「純粋な株価上昇分の利益をそのまま得る」 ことが出来るのです。

理由その2 余っている日本円を高金利通貨に換えて金利をゲット

日本は金利が低いから、ほとんどの通貨でスワップが受け取れる!

しかもスワップは毎日受け取れるため、
余っている日本円を高金利の通貨に交換して持っておくことで 金利をザクザク生むような仕組み を作ることが出来ます。
※為替によって元本も変動するので注意が必要です。

FXの仕組みとは?失敗しないための注意点もわかりやすく解説!

FXとは

FXとは 外国為替証拠金取引のこと です。

  • レバレッジ取引により手元資金が少なくても大きな取引が可能
  • 少額からでも始められる
  • 24時間いつでも取引できる

FXの基本的な仕組みとは?

FX 仕組み

FXは、 2つの通貨を売買することによって利益を出す のが基本的な仕組みです。

FXで利益がでる2つの仕組みとは

FX 利益が出る仕組み

1.為替差益

為替差益

1つ目は、 為替差益で利益を出す 仕組みです。

2.スワップポイント

スワップポイント

スワップポイントで利益を出す 仕組みです。

FXの為替価格が変動する要因は?

為替変動が起こる要因は、短期的要因と中長期的要因の2つに分けて考えられます。

短期的な要因

短期的な要因で特に注目すべきは、 FXの仕組みとは 経済指標の発表と中央銀行による為替介入の2つ です。

特に注目すべきは主要国であるアメリカの経済指標の一つである、 雇用統計 です。

そしてもう一つが 中央銀行による為替介入 です。

中長期的な要因

中長期的要因

中長期的な要因で特に注目すべきは 金利差による変動 です。

FXで知っておくべき2つのルール

FXのルール

そのために大事な、レバレッジロスカットについて理解しておきましょう。

レバレッジ

FXで大きな利益を得る方法として、 レバレッジ という仕組みがあります。

ロスカット

ロスカット

FXで損失額を最小限におさえるために大事なのが、 ロスカット です。

FXをはじめるなら想定しておくべきリスク

FX リスク

為替変動リスク

為替リスク

為替変動リスクは、 為替レートが変動することで発生するリスク です。

これを 為替差損 と言います。

金利変動リスク

金利変動リスク

金利変動リスクは、 金利が変動することで伴うリスク です。

流動性リスク

流動性リスク

買い手と売り手のバランスが崩れることで 流動性リスク が起こることがあります。

  1. そもそも市場参加者が少ないので、大きく価格が変動してしまう可能性
  2. 最悪の場合、売買自体が出来なくなってしまう可能性

レバレッジ効果のリスク

FX レバレッジ効果

FXではレバレッジによるリスクも注意が必要です。

システム障害によるリスク

FX システム障害

FXを行うにあたって、システム障害が起こる可能性も念頭に置いておかなければなりません。

  1. そ複数のFX口座を準備しておく
  2. 口座開設の前に会社の情報や評判を調べておく

FXで大きな損失を出さないために注意すべき3つのこと

FX 損失

FXでは、利益だけでなく 「損失をいかに最小限におさえるか」 が資産を増やす上で大事です。

損切りを決めておく

FXをはじめる前に、 自分の中で損切りを決めておくことが重要 です。

レバレッジは無理のない範囲で

レバレッジは 無理のない範囲 におさえるようにしましょう。

特に初心者の場合は、最初から最大のレバレッジ25倍ではなく、 最も低いレバレッジから始めましょう。

常に情報収集と知識の習得を!

FXで利益を出すのであれば、情報収集や知識の習得は必須です。

FXは仕組みやリスクを十分理解した上で始めよう!

FXは、仕組みやリスクを理解した上ではじめることがとても重要です。
為替差益やスワップポイントなど、利益が出る仕組みはもちろん、レバレッジや金利変動によって大きな損失が生まれることも理解しておく必要があります。
FXで利益を確実に積み上げていくためには、損失が出た際に「いかに早い段階でロスカットができるか」も大事になので、取引をする際は念頭においておきましょう。
FXは少額からでも始められるので、投資が始めての方におすすめです。
FXで資産を増やしていきたい人は、常に知識の習得を怠らず取引を行っていきましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる