FX入門

フィボナッチエクスパンションの使い方と手法

フィボナッチエクスパンションの使い方と手法
TradingView(トレーディングビュー)でフィボナッチ・リトレースメントを
表示するときの詳しい設定を変更するためには、
フィボナッチ・リトレースメントの外枠部分をクリックすると、
設定を変更することのできるウィンドウが表示される ので、
その中の歯車マークをクリックしてください。

そうすると、このような設定画面が表示されます。
この部分で詳しい設定を行うことができますよ。

TradingViewでフィボナッチを使ってみよう

TradingViewチャートへ

ビットコインFXや仮想通貨のレバレッジ取引で儲けたい、勝ちたいと思っているトレーダーのみなさん。フィボナッチは使っているでしょうか?
「使っているよ!」という方も「これから勉強したい」という方も、この記事を見れば、TradingView(トレーディングビュー)での「フィボナッチ」ツールを使いこなせるようになります!
この「ひろぴーのBitcoin-FX」では、今までテクニカル分析をするためのツールや指標について概要と一般的な使い方を紹介してきていますが、今回は「フィボナッチ・リトレースメント」と「フィボナッチ・エクステンション」を実際に手を動かして習得していきましょう。エクステンションとリトレースメントの違いもおさえつつ使いこなせるようにしていきましょう。

ひろぴー目線では、チャート分析は、市場参加者が意識している価格帯やラインを見つけることが重要だと考えています。特にサポートラインやレジスタンスラインは値動きの反発やブレイクが大きな利益を得るためにも特に注目しておきたいポイントです。
ということで、フィボナッチ・リトレースメントやエクステンションは多くの人が着目しやすい節目のラインを提示してくれるのに役立つツールです。

【ポンド円日足】フィボナッチ・リトレースメント

https://jp.tradingview.com/

比較表

フィボナッチエクスパンションの使い方と手法
フィボナッチ・リトレースメントフィボナッチ・エクステンション
仕組み トレンドの値幅に対する反発をフィボナッチ比率から測る トレンドが押し目や戻しから継続する値幅の伸びをトレンドの値幅に対するフィボナッチ比率から測る
用途 サポートやレジスタンスの水準を見る 次の高値・安値の予測。決済タイミングの目安
利用場面 トレンドの調整局面またはトレンド転換 トレンド継続またはブレイクアウト
操作方法 高値・安値にラインを引く(2か所にポイントを付ける) 高値・安値にラインを引き、そこからの押し目・戻しにもラインを引く(3か所にポイントを付ける)
利用頻度・難易度 サポートやレジスタンスとなる水準を見るのに最適なため比較的利用できる場面が多い
トレンドに沿ったラインを引くだけで良いので簡単
トレンドの次の高値・安値の到達水準を予測する場面での利用は頻度が限定的
操作面でもフィボナッチ・リトレースメントと比べて値幅に対する押し・戻しの設定が必要でやや難易度が高い

フィボナッチ・リトレースメントとは

フィボナッチ・リトレースメントは一定の値幅においてフィボナッチ数列に基づいた23.6%、38.2%、50%、61.8%、78.6%の比率を表示するためのツールです。この各比率は多くの市場参加者が注目または取引の目安にしているので値動きのサポートライン・レジスタンスラインとして機能しやすくなっています。
これをトレンド相場に用いることによってトレンド中の各比率の価格帯までの押し目や戻りを確認、売買のエントリーや決済の目安にする、といった利用が基本的な活用の一つになります。
フィボナッチ・リトレースメントと同様によく利用されるツールに「フィボナッチ・エクステンション」があります。
こちらは押し目や戻りからのトレンドの伸びを分析する際に用いられるので違いを押さえて合わせて覚えておきましょう。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方

【ユーロドル1時間足】ツールバーからフィボナッチ・リトレースメントを選択

TradingViewのツールでフィボナッチ・リトレースメントを利用してみます。
まず、チャート画面左の「ギャン&フィボナッチツール」を開き、「フィボナッチ・リトレースメント」を選択します。

チャート上で、トレンドの安値と高値にそれぞれポイントを合わせます。上昇トレンドであれば安値から高値、下降トレンドでは高値から安値にラインを引いてみて下さい。

【ユーロドル1時間足】フィボナッチ・リトレースメントのラインの引き方

【ユーロドル1時間足】支持帯・抵抗帯として機能

【ユーロ円1時間足】ラインの延長設定

【ユーロ円1時間足】半値戻し

【ユーロドル1時間足】フィボナッチ・リトレースメントの再設定

【ユーロドル1時間足】フィボナッチ比率で反発

フィボナッチ・エクステンションとは

ユーロドル日足フィボナッチ・エクステンション

https://jp.tradingview.com/

フィボナッチ・エクステンションの使い方

フィボナッチ・エクステンションツール選択画面

チャート上のベースとなる値幅とそこからの戻しの順でカーソルをポイントに合わせていきます。 上昇トレンドであれば、 トレンドの安値から高値、高値から押し目の安値へとラインを引く 形になります。

フィボナッチ・エクステンションの使い方手順

フィボナッチエクスパンションの使い方と手法 初めに引いた高値・安値の値幅ラインに対する 各フィボナッチ比率が戻しのポイントから色分けで表示されます。

ユーロドル日足2019年10月~11月

設定した値幅以降にも色分けを表示させて将来の値幅分析に利用したい場合には設定で 「ラインの延長」 にチェックを入れましょう。

フィボナッチ・エクステンション設定画面

フィボナッチ・エクステンションのライン延長

フィボナッチ・エクステンションの第3ポイント戻す

フィボナッチ・エクステンションの第3ポイント進める

各ラインに 表示される比率と共にそのラインの価格も表示 されるので予約注文をするときの目安にしましょう。

フィボナッチ比率と価格表示

フィボナッチ・リトレースメントはトレンドラインに対するフィボナッチ比率から市場参加者の意識する価格帯にラインを引くことで価格の押し目や戻しの目安にすることができます。ただし、多くの市場参加者が意識しているからといって必ずそこで反転する、サポートラインやレジスタンスラインになるわけではありません。まず初心者トレーダーの場合には、このフィボナッチツールを使いこなせるレベルまで達することが第一ですが、中級トレーダーの場合は、優位性を高めるためにも他のテクニカル指標や分析を併用することもオススメです。組み合わせて確度の高いトレードを目指してみてください。
また、フィボナッチ・エクステンションは一度伸びた値幅に対して戻しの後にどれだけ値幅が伸びるかの予測をする際に使える描画ツールです。フィボナッチ・リトレースメントが一定の値幅からの反発度合やブレイクアウトのタイミングを計るのに便利なように、こちらはどこまで値動きが伸びるのかで利確タイミングなどに活用してみましょう。フィボナッチツールを使いこなせれば、将来の見立てが立てやすくなり、節目節目での戦略が立てやすくなります。初心者でも手軽に使えるツールですが、中級〜上級トレーダーにもオススメのツールです。ぜひこの機会に今一度、TradingViewのフィボナッチ・エクステンションをつかってみて、継続的に利益が出すためにもチャート分析を探求してみましょう。

フィボナッチを使った、相場の反転と転換点の求め方とは

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 フィボナッチエクスパンションの使い方と手法 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

フィボナッチ・アークの使い方、伸びる相場でゾーンの意識を持って使うこと!

あとフィボナッチ・アークはフィボナッチツールの中でも応用編のツールです。もしアークに興味があるなら、最初の段階でフィボナッチ・リトレースメントの基本的な部分は知るべきです。基礎がしっかりしていないと応用は利きません。フィボナッチ・リトレースメントの基本的な部分を学ぶなら、手前味噌ながら管理人のフィボナッチのnoteをご参考ください。

関連記事:
・FXでフィボナッチを使いこなすコツ、色々と基点を試してみる

フィボナッチ・アークはゾーンの視点も持つこと

フィボナッチ・アーク利用の具体例

・MT4ではスケールの部分を変えないと単なる横線なので使えません。
・MT4のスケール部分はお好みの数字に変えられますが、管理人は31.8%、50%、61.8%のフィボナッチ級数で当たりの良い数字を入れています。
・フィボナッチ・ツール全体にいえますが長い足でより効果を発揮します。日足での利用から始めることをオススメします。


・フィボナッチ・アークのスケール

①EUR/USD日足

②AUD/JPY日足

・フィボナッチ・リトレースメントとアークを併用。
・実際のアークの活用は緑の四角の範囲に限られるが2度のエントリーチャンスが利用可能(黒い○の部分)。
・サポレジとフィボナッチ・リトレースメントに加えてフィボナッチ・アークも活用することで、エントリー根拠を増やすことができる事例。

③GBP/JPY日足

・フィボナッチ・アークとリトレースメントにMonthly Sweet Band(MSB)を表示
・若干ゴチャゴチャになりかけていますが、管理人が一番利用しているチャート設定
・アークとリトレースメントでは幅が広すぎる部分をMSBがカバーできる、動画の解説で利用しているチャートセットでもあります

関連記事:Monthly Sweet Bandの販売開始しました

フィボナッチ・リトレースメントとの併用が便利

あとはMonthly Sweet Band(MSB)との併用もオススメです。日足ベースだとリトレースメントとアークの間の幅が広くなりますが、その間の反転ポイントをMSBで見つけることができます。Youtubeでチャート分析する際は、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・アーク、MSBの③種類を表示させたチャートで分析しています。

フィボナッチ・アーク最大の問題点は縮尺を変えると線の場所が変わる場合があること

実はTrading Viewのアークがコレに該当します、残念。アーク自体の縮尺を固定する方法があれば別ですが、探してもどうやら見つからない・・・。そんな訳でフィボナッチ・アークはTrading Viewは使い勝手悪しです。

MT5、フィボナッチの設定

フィボナッチ比率表-6

自己流解釈 フィボナッチ比率表-6

フィボナッチ比率

フィボナッチ比率表-5

  1. 【基本】フィボナッチ比率。
  2. プラス1、マイナス1したもの。
  3. 平方根。

フィボナッチ・リトレイスメント

フィボナッチ・リトレイスメントのセッティング

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンションのセッティング

ラインの引き方

ラインの引き方 上図は私が最近意識しているラインの引き方です。全くの私だけのやり方ですのでご了承ください。今後変わるかもしれません。 まず前提条件として、「波はライン間を動くはず」という思いがあります。どうしてそうなるのか理.

(自己流)エリオット波動のカウント方法

まえがき エリオット波動のカウント方法です。全くの自己流ですのでご了承ください。後付けです。 ポンド円(2020.3.18) ポンド円を例にしています。スタートは2020.3.18で、4時間足のチャートです。 真ん中あた.

チャネルラインのパターン

まえがき 今回のチャネルラインのパターンというのは、書籍(「エリオット波動入門」)に載っているものではありません。私が勝手に、あくまでも自分のためにまとめたものです。間違っているかもしれませんのでご了承ください。 衝撃波 基本形 .

(自己流)エリオット波動のカウント方法2

まえがき ここ数日で、波の見方が急激に変わりました。何かが吹っ切れたといいましょうか、このような見方で良いのではないかと思い、それに倣ってしばらくチャートを眺めているのですが、結構嵌った見方ができているように感じています。 敢えて記.

TradingViewを使ったフィボナッチの表示手順と分析方法

フィボナッチ・リトレースメントを表示させたチャート

TradingView(トレーディングビュー)で フィボナッチエクスパンションの使い方と手法
フィボナッチ・リトレースメントを表示させると
次のような状態になります。

このチャートを見ると、
上昇トレンドがある所を6個の区間に分けているのが分かります。
そして、その6個の区間に分けるときに基準としているものが、
冒頭で紹介した、 フィボナッチで重要な5個の数字と0と1の計7個の数字です。

フィボナッチ・リトレースメントをチャート上に表示するためには、
TradingViewのチャート画面の左側にある設定の所を使って表示します。
その部分の上から3つ目の「ピッチフォーク」を 複数回クリックする と
詳しい種類の変更ができるページが表示されます。

その中の下側に「フィボナッチ・リトレースメント」があるので、
それを選択することで、最も一般的なフィボナッチ分析を
行うことができるようになります。

最後にチャート上のどの部分に表示するのかを指定するために
表示させたい所の左下と右上(もしくは、左上と右下)の所をクリック すると
その部分にフィボナッチ・リトレースメントが表示されます。

ここでクリックした2か所が詳細設定の部分における、
0の位置と1の位置になります。
この後からは、「0の位置と1の位置」を含めた詳しい設定の説明です。

フィボナッチ・リトレースメントの詳しい設定の変更方法

フィボナッチ・リトレースメントの設定を変更する

TradingView(トレーディングビュー)でフィボナッチ・リトレースメントを
表示するときの詳しい設定を変更するためには、
フィボナッチ・リトレースメントの外枠部分をクリックすると、
設定を変更することのできるウィンドウが表示される ので、
その中の歯車マークをクリックしてください。

そうすると、このような設定画面が表示されます。
この部分で詳しい設定を行うことができますよ。

とても多くの数字が並んでいると思いますが、
0と1が最も重要で、そこが基準となります。
表示するときに決めた、0の位置と1の位置を基準として、
これらの数字の位置を色分けして表示することが
フィボナッチ・リトレースメントの主な機能です。

最初は、1よりも大きい数字の所にもチェックが入っているため、
初めて使うときは、変な感じがすることがありますが、
設定画面を開いて、1より大きい数字のチェックを外せばOKです。

最初はこのページに表示した設定画面のように
1より大きい数字の所のチェックをすべて外して使ってみましょう。
使い慣れてきたら、1より大きい数字のチェックも入れていけば大丈夫ですよ!

拡張ラインを選択すると、チャートの右端まで
フィボナッチ・リトレースメントを表示することができるので
リアルタイムで見るために、手作業で
右端まで引き延ばす必要がなくなり、便利です。

フィボナッチ・リトレースメントの分析方法

フィボナッチ・リトレースメントの分析方法の一例

フィボナッチ・リトレースメントを使うことによって、
トレンド転換のタイミングで、本当にトレンドが転換するのか?
その動きがダマシなのか?
押し目や戻りの一時的なものなのか?などを
分析することができます。
実際の分析例などを見て考えてみましょう。

フィボナッチ・リトレースメントの分析の基本は、
1つの大きなトレンドがあり、そのトレンドが終わりそうだと思ったときに行います。
基準となる、0の位置と1の位置をそれぞれ、
その終わりそうなトレンドの始まりの所と
トレンドの終わりの部分に合わせます。

そして、
上昇トレンドから下降トレンドに切り替わるときは、
現在の価格が0.5の位置より高い所から低い所に切り替わったとき。

この時に新しいトレンドに変わる可能性が高いと考えることがポイントです。
逆に言うと、0.5の位置をまたぐより前は、
まだ今まで通りのトレンドが続く可能性があります。

0.5(トレンドの真ん中部分)を中心として、
トレンドの半分以上価格が逆方向に行ったら、
もう、前のトレンドは終了して、
新しいトレンドに切り替わったと判断する1つのポイントになります。

今回、例として紹介したチャートの場合は
1つ前の終わりそうなトレンドは上昇トレンドですね。
そして、現在は0.236付近の価格(80.026)の所にあります。

0.5の位置に相当するのは、79.180の所です。
なので、遅くても、価格が79.18を下回ったら、
完全に上昇トレンドは終了したと判断しなければならない。
という分析になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる