株初心者向け

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは
利益確定ポイント

チャート上でのボリンジャーバンドの見方と具体的な使い方

チャート上でのボリンジャーバンドの見方と具体的な使い方

ここでよく誤解されるのが、ボリンジャーバンドの±2σは95.4%の確率で「価格の動きが反転する」と認識してしまうことです。
まれにこのような解説をしているネット記事を見かけますが、ここまで説明してきた通り標準偏差とはランダムにばらつく数値の収束率を表しているに過ぎません。
収束」と「反転」では全く意味が違ってきますので ボリンジャーバンドは基本的に逆張りの指標にはなりません
ですので、「+2シグマにタッチしたから反転の合図だ!逆張りで売りエントリー!」というような短絡的なトレードだけはしないように気を付けましょう。

ボリンジャーバンドの基本パターン

実は、ボリンジャーバンドの形状変化には特定のパターンが存在し、そのパターンを利用してトレンド/レンジなど相場の環境認識をしたり、エントリー/利確のタイミングを判断することができます。

スクイーズ、エクスパンション、バンドウォーク

基本パターン説明
スクイーズボリンジャーバンドが収縮すること。相場がレンジ状態であることを示す。
エクスパンションボリンジャーバンドが拡大すること。相場のレンジ状態がブレイクしたことを示す。
バンドウォークローソク足が±2σに張り付いて一方方向に価格が推移している状態のこと。トレンド発生を示す。

ボリンジャーバンドの活用法

それは、開発者ジョン・ボリンジャーも本人の著書の中で解説している通り 「ボリンジャーバンドは順張り指標である」 ということです。

ボリンジャーバンドを利用したトレンドフォロー

下図は上昇トレンドの発生直後、 トレンド2波の押し目を狙う局面 です。

上昇トレンドの発生直後、トレンド2波の押し目を狙う局面

そして、下髭を付けながらローソク足の実体がミドルラインの上側で停滞しはじめた③の辺りが 絶好のトレンドフォローの押し目買いポイント となります。

今回はバンドウォークが発生して上昇トレンドが再開しましたが、ローソク足が +2σの内側で明確に収束 するようであれば微益(または建値)で決済して逃げてしまっても良いですね。

合わせて確認していただきたいのが②の部分です。
よく見てみると下降のバンドウォークが形成されかけているのが分かると思います。
つまり、「ボリンジャーバンドの+2σタッチで逆張りエントリー」という手法では運よく反転してくれれば大底からごっそり利益を取れますが、下降のバンドウォークが発生してしまう可能性も高いので「バンド内ぎりぎりで収束しながら」一方的に逆行されてしまい大きな損失に繋がります。

ボリンジャーバンドを利用したトレンド転換

それでは、ボリンジャーバンドを利用して トレンド転換の始まりを狙う手法 についてご説明します。

価格がボリンジャーバンドの+2σにタッチ

①で囲った期間を観察すると、価格がボリンジャーバンドの+2σにタッチしてバンドウォーク発生に何度も挑戦しているのが分かります。

つまり、①の状態から②や③へと相場状況が変わり始めたあたりが、 上昇から下降へとトレンド転換が最も起こりやすい瞬間 ボリンジャーバンドとは となります。

MT4でのボリンジャーバンドの設定方法

それでは最後に、現在最も人気の高い取引プラットフォーム MT4 を利用したボリンジャーバンドの表示/設定方法とおすすめの設定値について解説します。

MT4の表示/設定方法とおすすめの設定値

MT4の表示/設定方法とおすすめの設定値

次に、チャート上部のメニューにあるインディケーターリストのアイコンから「トレンド→Bollinger Bands」とクリックしていきます。

トレンド→Bollinger Bands

ちなみに、赤で囲った「期間」の設定値がミドルラインの期間設定であり、この場合は ミドルライン=20期間移動平均線 ということになります。

±2σとミドルラインのみのボリンジャーバンドが表示

そして、上の設定のままOKをクリックするとこのように±2σとミドルラインのみのボリンジャーバンドが表示されます。 ボリンジャーバンドで最も重要なのは±2σ ですので、これだけで利用しているトレーダーも数多く存在します。

レベル表示

この時、レベル設定の部分は空欄になっているはずなので、追加をクリックして表示された枠内に 「0.5」と「-0.5」のレベル設定をそれぞれ追加 していきます。
(2×0.5=1、2×-0.5=-1なので±1シグマが表示される)

±1σをセットにしたボリンジャーバンドがチャートに表示

ちなみに、「1.5」と「-1.5」のレベル設定を追加すると ±3σの表示も可能 です。

ただ、僕の経験上ボリンジャーバンドの±3σは利用頻度が低い上に表示するとかえってチャートが複雑になりすぎてしまい、初心者にとってはデメリットになるので表示することはおすすめしていません。

ボリンジャーバンドは標準偏差の計算式が複雑なことから、意味を正しく理解しないまま使用しているトレーダーが多くいます。 ですが、誤った認識のままボリンジャーバンドを利用してもトレードで勝てるようにはなりません。 トモヒロ ボリンジャーバンドの計算式と考え方 そもそもボリンジャーバンドって何をするインジ.

【トレード手法】ボリンジャーバンドの正しい使い方とは【使い分けが大切】

ボリンジャーバンドとは ボリンジャーバンド

上から

こんな感じ。
単位は『 σ :シグマ』になります。

このボリンジャーバンドの各 σ には、以下のような分析結果がでていて、 トレードする際に、目安となる数字なのでメモ帳などに控えておきましょう。

  • ボリンジャーバンドの ± 2 σ の範囲に価格が収まる確率: 約 95.4%
  • ボリンジャーバンドの ± 3 σ の範囲に価格が収まる確率: 約 99.7%

上記の結果により、価格がこれからどう動くのかを分析する 1 つの指標になります。

ボリンジャーバンドで覚えるべき3つの用語

  • 1:スクイーズ
  • 2:エクスパンション
  • 3:バンドウォーク

1:スクイーズ

スクイーズとは、ボリンジャーバンドの幅が収束してる状態のことをいいます。

スクイーズ

上記の画像を見たらわかる通り、スクーズが起こっている場所は、必ず レンジ相場 になっています。要するに値動きはあまりない相場で発生します。

2:エクスパンション

エクスパンションとは、ボリンジャーバンドの幅が収束から拡大していく状態のことをいいます。

エクスパンション

エクスパンションが起こったタイミングというのは、これからトレンド相場になっていくというサインになります。要するに値動きは活発になるということ。

3:バンドウォーク

バンドウォークとは、ボリンジャーバンドの ± 2 σ に価格が張り付いている状態のことをいいます

バンドウォーク

上記の画像を見たらわかる通り、 + 2 σ に張り付いたまま上昇しています。

しつこいときは、かなり張り付きますので、安易に逆張るトレードをすると負けるので注意しましょう。

ボリンジャーバンドの正しい使い方

ボリンジャーバンドの正しい使い方とは、 1 ボリンジャーバンドとは つではなく相場によって使い分けることです。

  • スクイーズでは逆張りトレード
  • エクスパンションでは順張りトレード
  • バンドウォークでは順張りと逆張り OK

では、 1 つずつ説明していきます。

スクイーズは逆張りトレード

ボリンジャーバンドがスクイーズしている状態の時は、逆張りトレードをしていきましょう。

スクイーズは逆張りトレード

ボリンジャーバンドの角度は横向きになっていて、レンジ相場と判断できれば逆張りでいきましょう。

エクスパンションは順張りトレード

ボリンジャーバンドがエクスパンションしている状態の時は、順張りトレードをしていきましょう。

エクスパンションは順張りトレード

ここで、無理に逆張りトレードしてしまうと、無駄な損切りなどにあって利益が積み上がらない要因にもなるので注意しましょう。

バンドウォークでは順張りと逆張りOK

ボリンジャーバンドがバンドウォークしている状態の時は、順張りトレードと逆張りトレードのどちら狙いでもできます。

なぜかというと、相場は急騰した後に急落、急落した後に急騰といった V 字を描いたような動きをしたり、強すぎる相場は調整なしで、想像以上に伸びることがあるからです。

バンドウォークで順張りトレード

バンドウォークで順張りトレード

バンドウォークで逆張りトレード

バンドウォークで逆張りトレード

上記のように迷っちゃう人は多いです。もし迷った場合の正解は、 絶対に『静観』です。 これは口を酸っぱくしていいます。

理由は、迷ったままのトレードというのは、しっかり分析できていないということでもあり、完全にギャンブルトレードになるから。

適当なトレードで勝てたとしてもそれは、トレードとは言えないですし、長い目で見るとほぼ 100% で負けるので、買いや売り以外の『静観』という技も使ってください。

ボリンジャーバンドの覚えておくべき特徴とは

  • 1:必ずスクイーズの次はエクスパンションする
  • 2:反発ポイントと決済ポイントが見つけやすい

必ずスクイーズの次はエクスパンションする

ボリンジャーバンドがスクイーズしているのであれば、次は必ずエクスパンションします。

必ずスクイーズの次はエクスパンションする

こんな感じで、 必ず『スクイーズ → エクスパンション』の順となっています。

反発ポイントが見つけやすい

ボリンジャーバンドは、反発ポイントを予測しやすいです。上述もした ボリンジャーバンドの収束率 を利用します。

復習として載せますが、ボリンジャーバンドの各 σ の収束率は以下です。

  • ボリンジャーバンドの ボリンジャーバンドとは ± 2 σ の範囲に価格が収まる確率: 約 95.4%
  • ボリンジャーバンドの ± 3 σ の範囲に価格が収まる確率: 約 99.7%

こんな感じで、 ± 2 σ と ± 3 σ を使えば『収束率が9割』となるので、論理的に考えれば反発ポイントが予測しやすいのは妥当です。

例えば、

  • 意識される価格帯が ± 2 σ と ± 3 σ 付近に存在する
  • チャネルラインの上限(下限)付近である
  • その他のインジケーターや分析等で反転サインが点灯してる

ボリンジャーバンドの実践トレードでの活用法

では、ボリンジャーバンドの実践トレードでの活用法を『利益確定する部分』もあわせて説明します。

  • スクイーズを利用したトレード手法
  • エクスパンションを利用したトレード手法
  • バンドウォークを利用したトレード手法

今回紹介する手法は、これが正解だ!ではなく 1 つの考え方、参考として捉えてください。

スクイーズを利用したトレード手法

今回は、ボリンジャーバンドの他に

を利用します。
下図の 赤丸 がエントリーポイントになります。

  • レンジ相場として認識できる
  • スクイーズしている
  • RSI の売られすぎサインが点灯
  • レジスタンラインで反発確認
  • 高値切り上げ確認後でエントリー

ここでのエントリーの際に、必ず注意してほしいのが『結構意識される価格帯』にも関わらず、反発確認後に『すぐエントリーしない』ことです。

なぜかというと、意識される価格帯は、必ずいつかブレイクするわけで、 100% 反発するとかないからです。だから、様々な目線からの分析をして 『勝てる優位性』 を見つけていく感じ。

利益確定ポイント

利確位置の根拠は、ボリンジャーバンドの2σタッチと、サポートラインの上限付近と、RSIの買われすぎサインの3つになります。

バンドウォークはボリンジャーバンドでの現象の一つ!見極めるには?

大きなトレンドのサイン!バンドウォーク

-2σにタッチ

レンジ相場では、±2σラインにローソク足のヒゲがタッチしたときが逆張りの売買シグナルとなりますが、トレンド相場では順張りが基本となっているためバンドウォークが発生したときも順張りをする人が多いようです。

バンドウォークはどう活用する?

さて、ここまでボリンジャーバンドの説明が主になっていましたが、 「じゃあ一体バンドウォークはどうやって活用したらいいのだ!」 とロックバンドのようにシャウトしている人もいらっしゃるのでは?

バンドウォークはトレンド発生のサイン なので、相場の勢いに乗るかたちでポジションをとることが大切です。 トレンド発生時の手法は人によって異なると思いますが、 トレンド転換を早めに見極めて注文を入れることが重要 と言えます。 (注文は逆張りや順張り、上昇トレンドや下降トレンドなどによって異なります)

ボリバンの収縮はバンドウォークの前兆!

まず「バンドウォークが発生するときにはきちんと前兆がある」ということです! バンドウォークが発生するのはトレンド相場です。

ボリンジャーバンドでトレンドが発生しているときは、5本の線が拡大しているときなのですが、 ボリンジャーバンドが拡大する前には収縮するという前兆があります。 つまりトレンド発生前にはレンジ相場が発生しているということになります!

バンドウォーク 収縮

移動平均線とあわせて使おう

バンドウォークでも 「だまし」 が発生することがあります。 バンドウォークのだましは、±2σのボリンジャーバンドを超えたもののバンドの内側に戻ってしまい、逆側のバンドに向かっていくという現象を言います。

移動平均線と併用 すればいいんです! 移動平均線は、過去一定期間の終値の平均値を線でつないだものです。

バンドウォークが本当に発生するのかというのは、 ボリンジャーバンドの各線と移動平均線がともにトレンド方向に動いているのか というのがポイントとなります。 ボリンジャーバンドの各線が傾いていても、移動平均線が横ばいになっているときは「だまし」である可能性が高いです。 判断の目安としては、価格が移動平均線と+1σをともに上抜けたら上昇トレンド、価格が移動平均線と-1σを抜けたら下降トレンドが始まったと考えましょう。

バイナリーオプションにも効果的

ここまではFX取引におけるバンドウォークの特徴や活用法についてご紹介しましたが、じつは バイナリーオプションでもバンドウォークは効果的 なんです!

バイナリーオプションとは、注文した価格を基準に今後の価格の動向を予測する取引です! FXの損失金額はレバレッジ設定などによって自分が投資した金額よりも多くの損失が出ることがありますが、 バイナリーオプションは投資した金額の範囲内でしか損失は発生しません

バイナリーオプションでは、トレンドが正確であるかという判断が必要となります。 トレンド転換の正確な判断をするために、ボリンジャーバンドを活用する人も多いようです。 基本的にバンドウォークをバイナリーオプションで活用するときには、バンドウォークがスタートした次の足でエントリーを行います

またボリンジャーバンドの +3σに初動で到達したときには、すぐにエントリーするのは避けたほうがいい です。 初動で+3σに到達したときは、一時的な動きである可能性があるので、継続して到達しそうなのか様子を見ましょう。

ほかにもボリンジャーバンドが収縮せずに拡大した場合は、大きなトレンドにならないことがあるので、その場合もエントリーはしないほうがいいですね。 またローソク足が±2σと±1σの間に入り込んだ場合も、少し様子を見ましょう。 そのまま反対方向のトレンドに転換する可能性があります。

活用するならプロの投資術も必要

今回はボリンジャーバンドにおけるバンドウォークの基本的な内容を説明しましたが、よりボリンジャーバンドの手法を完璧にしたいという方はプロの手法を学ぶことも必要です。

やはり実際の運用をおこなうとなると、 分析や練習で膨大な時間がかかります 。 場合によってはボリンジャーバンドの効果を実感できないままで終わってしまう可能性もあります。

マーフィー柾木利彦氏のFX投資術

マーフィーのFX投資術

ボリンジャーバンドといえばマーフィーと言われるほどの 柾木利彦氏のFX投資術を参考にしてみてください! ボリンジャーバンドを知り尽くし、そこから生み出した独自のテクニカル分析「スーパーボリンジャー」は、大手FX会社の取引ツールにも標準搭載されるほどの実績を持っています。 柾木利彦氏だからこその初心者でもわかりやすい解説は、効率よくボリンジャーバンドを学ぶためのバイブルとも言えます。

今なら 5,000円×10回払い にて購入できます! (別途分割払い2,000円が必要です。一括払いも可能です) さらに購読限定特典として、マーフィーの投資術を活用するためのうれしい特典も用意されています。

シグナル配信&シグナル配信徹底活用マニュアル FX投資術質問掲示板、1ヶ月無料 web動画「基本マスター編」「リアルタイム実践コーチング編」

ボリンジャーバンドを使ってトレードしよう!

図1:実際のボリンジャーバンド

この、標準偏差±2σの幅は “バンド幅” と呼ばれます。

基本的にボリンジャーバンドは、バンド幅が拡大と縮小を繰り返して形成されます。
バンド幅が縮小して狭くなっている局面を “スクイーズ(収束)” 、バンド幅が拡大して広くなっている局面を “エキスパンション(拡散)” ボリンジャーバンドとは と言います。

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの使い方 ~逆張り編~

これは統計学や確率論になりますが、 価格が移動平均に対して±1σに収まる確率は 約68% 、±2σに収まる確率は 約95.4% 、±3σに収まる確率は 約99.7% であるということを前提としたやり方です。

上下のバンド幅を超えた価格は異常値で、いずれはバンド幅の中に戻ってくるということを想定しています。

考案者であるボリンジャーさんは、 価格がバンド付近に到達し、そこでローソク足がバンド上限なら上ヒゲ、バンド下限なら下ヒゲを長くつけるような反転を示唆する形を伴えば、より重要な売買シグナルになる と解説しています。

この逆張りの方法を有効にする相場の局面は、 トレンドがあまり出ていないレンジ相場で、バンド幅がそこそこ広がっているような場合 ボリンジャーバンドとは です。

つまり、 標準僅差の+2σに到達したら売り・標準偏差の-2σに到達したら買い 、という逆張りの手法ですね!

ボリンジャーバンドの使い方 ~順張り編~

順張りでのボリンジャーバンドの使い方は バンド幅が広がり始めたところでブレイクアウトしたところをエントリーポイントと判断するやり方 です。

このやり方で一番有効なエントリーポイントは、 スクイーズの局面からエキスパンションし始めたところが最良のポイントだと言われています。

その後トレンドが発生すると、相場はバンドに沿って動くという傾向があり、これを “バンドウォーク” ボリンジャーバンドとは といいます。

順張りでエントリーした場合は、 バンド幅が最大に広がった局面から縮小に転じたところが手仕舞いする1つのポイント になります。

ボリンジャーバンドは、そのトレンドの発生を視覚的にわかりやすく表してくれている と言えます。

つまり、 バンド幅が広がって標準僅差+2σのところで買い・標準僅差-2σのところで売り、
トレンドに追従してバンド幅が狭くなってきたら利益確定! という売買の流れです

ところで、FXウォーリアのやる夫くんに聞きたいことがあるんだけど、
チャートが見やすい証券会社やFX業者ってあるのかい?

チャートが見やすい証券会社やFX業者ねぇ・・・
そしたら、 MT4チャートが使える外貨ex byGMOなんてどうだい?

MT4は もともとシンプルなんだけど、 チャートを自分好みにカスタマイズできて、
他の人が作ったインジケーターなんかも導入できるからとってもオススメだよ!

えっ、でもMT4使ってる人はみんな詐欺師だって自分で言ってた気が・・・

ん?誤解しないでよ。MT4が悪いとは言ってないよ
あくまでもMT4を使って詐欺まがいのことをやってる人達を糾弾してるだけだからそこは勘違いしないようにね

は、はいぃ・・・

MT4チャートを自分好みにカスタマイズしてみよう!
外貨ex byGMOは以下のバナーリンクから口座開設できます!

ボリンジャーバンドを使ってトレンドを追っていこう!

しかし、 ボリンジャーバンドの本当の力を発揮するのは順張りの使い方です!

トレンドの発生を視覚的に分かりやすくしてくれるので、
ぜひボリンジャーバンドの使い方を見直してトレンドの波に乗りましょう!

【特集】 上方修正後の展開をボリンジャーバンドで分析すると(和島英樹)

和島英樹

和島英樹(Hideki Wajima)
株式ジャーナリスト
日本勧業角丸証券(現みずほ証券)入社。株式新聞社(現モーニングスター)記者を経て、2000年にラジオNIKKEIに入社。東証・記者クラブキャップ、解説委員などを歴任。現在、レギュラー出演している番組に、ラジオNIKKEI「マーケットプレス」、日経CNBC「デイリーフォーカス」毎週水曜日がある。日本テクニカルアナリスト協会評議委員。国際認定テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)。

11月27日分 恵和
■好悪材料~東証が12月17日付で市場1部に指定する。一方、70万株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う第3者割当増資を実施するほか、長村惠弌社長らが保有する70万株の株式売り出しを行う

【タイトル】

■『株探』プレミアムで確認できる恵和の通期業績の収益性推移

11月30日分 トリケミカル研究所 ~ ☆テクニカル・チェック銘柄
■好悪材料~ 今期経常を14%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も10円増額

【タイトル】

■『株探』プレミアムで確認できるトリケミカル研究所の通期業績の収益性推移

ところが例えば株価がプラス2σを大きく超えて上昇した際には、過熱感よりも「 上昇トレンドの発生 」を意味することがあり、投資家は追随していく必要がある。TPの移動平均やボリンジャーバンドも上昇に向かう。

【タイトル】

■トリケミカル研究所のボリンジャーバンドを表示した週足の株式チャート

12月1日分 ロック・フィールド
■好悪材料~今期経常を一転30%増益に上方修正

【タイトル】

■『株探』プレミアムで確認できるロック・フィールドの業績修正の履歴

  • ・EV電池材料で中韓勢に押されている中、存在感を示すのは ― 和島英樹 (11/29)
  • ・和島英樹の「明日の好悪材料Next」 <連載一覧>
  • ・頑張り投資家IPPOさんの「ラッシュそしてダッシュの12月、でも.. (12/04)
  • ・「株探」の歩き方 ―(32) 総悲観の時も、熱狂に包まれた時も、株価は本来の.. (11/27)
  • ・清水香の「『そうだ 東京、コロナ脱出!』と思ったら、まずやることは」 (12/03)
  • ・大川智宏の「ダウ3万ドルでかすむも、グロース株バブルが“健在”なわけ」 (11/25)
  • ・大槻奈那の「低位株ほど上値余地は大きい? ⇒ 名目株価のイリュージョン.. (11/20)
  • ・頑張り投資家さんの稼ぎ技 <全シリーズ一覧>
  • ・横山利香のゼロから始める「株探」の歩き方 <全シリーズ一覧>
  • ・大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 <全シリーズ一覧>

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月07日)
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 <テクニカル特集> 6月7日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月7日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):Jパワー、吉野家HD、コスモHD

お薦めコラム・特集

  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 下値抵抗25日線に接近【上昇トレンド】銘柄 26社 ボリンジャーバンドとは <テクニカル特集> 6月7日版
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月7日記)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる