外国為替取引

勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説

勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説
当初は3枚採用確定とされていた《竜槍の戦士・ローウェン》ですが、最近では採用枚数を減らすとともに、減らした構築であってもしっかりと勝率を出していることが分かります。

板読みの意味をわかりやすく解説!初心者でも値動きを読んで売買する方法とは

ユーザーレビューより抜粋
❝自分も元ディーラーでしたが、新人の時に先輩に怒られながら教えてもらったことが書いてありおもしろく追体験させてもらいました。
基本的に板って何?と思っている人にとっては非常にわかりやすいと思います。
あと同値撤退の方法が書いてあるのは初心者は非常に重要な点だと思います。なかなか逃げ方を書いてある本は少ないのでためになる一書です。❞
❝内容の中心は板読みの基礎の基礎。なんのために板読みが必要なのか、どんな点に着目したらいいのかがまとめられています。
本を読むだけで板読みできるようにはなりませんが、参考にして板を見、また読み直していけば徐々に書いてあることの理解が進んでいきます。
これから板読みを試してみたいという人におすすめの本になっています。❞

「投資家心理を読み切る板読みデイトレード術」

ユーザーレビューより抜粋
❝内容充実!出し惜しみのない力作だと思います。
株本は短期トレードを中心に50冊以上は読んでますが個人的にはベスト3に入る良書です。
板読みに限らずトレードで継続的に稼ぎ続けるために必要な心構えや考え方がしっかり書いてあります。❞
❝エントリーに迷いが出た時には必ず読み返す本となりました。
時代と共に手法は変わっていくと思いますが、売買のシステムを考案するのも今の所は人間が考えているので、基本的に板の向こうの対戦相手を意識する事はそう変わらないと思います。実践してこそ思いあたる問題や疑問が詳しく説明してありますので、何とも心強い本です。❞
❝「歩み値」の分析も優れたものです。類書にはこの点について触れて
ないものがほとんどです。中級者、上級者にとって座右の書であることは否定できません。❞

FXの的確なエントリーポイントとは?勝てるエントリータイミングをわかりやすく解説

FXでのエントリーポイントとは

ループイフダンの含み損は問題ないのか解説


基本的に為替相場は動き続けているため、毎日エントリーポイントが見つかるわけではありません。

毎日エントリーポイントが発生するわけではない

とくに初心者のトレーダーは市場に早く参入して損失を出しやすいので、事前にエントリーポイントの確認が必要になります。

予想と違う方向に動いた時の損切りが大切

FX初心者の方にとって損切りは難しいので、デモトレードなどで逆方向に動くシチュエーションに慣れましょう

FXでのエントリーは最も重要なポイントなので初心者は勉強しよう

そのため為替相場の変動や自身のトレードの改善点など、日々の勉強は必要不可欠になります。

【初心者必見】MT5の使い方・流れを完全攻略!インディケータの設定や注文方法を徹底解説

FX初心者におすすめのYouTube

ポジション比率

FX会社のボーナスについて解説

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

解説の”まるさん”執筆レポート「天象の楽土」環境まとめ【RAGE Shadowverse 2022 Summer エントリー4月17日(日)まで】

今回の競技的な環境は新カードパック「Edge of Paradise / 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 天象の楽土」リリースから2週間以上が経過する今もまだ底が見えず、大会当日の環境がどうなっているかは想像もつかないような状況です。
現時点でも多数のデッキが群雄割拠し、構築内容もさまざま。そんな環境を戦い抜いていくにあたって、今回のレポートではJCG Shadowverse Openのデータをもとに、研究が進みつつある主要デッキの採用カードについて、整理を進めていきたいと思います。

なお、使用しているデータはすべて独自に集計したもので、 公式な値ではございません 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 。
また、各データはあくまで現時点のもので、今後異なる傾向になりうること、翻って今回提示するデータによって特定のカード間での優劣をつける意図がないことについて、予めご承知おきください。

進化ネクロマンサー

JCG Shadowverse Open 21st Season Vol.7 4月3日 ローテーション大会 優勝 Wind選手の進化ネクロマンサー

これまでデッキを支えていた《セレスト・マグナ》や《怪しき薬師・シャオ》のローテーション落ちによる影響が危ぶまれた進化ネクロマンサーですが、フィニッシャーと進化ギミックというデッキの基盤がそのまま残っていたため、今環境でも健在です。
JCG Shadowverse Openでも半数近いプレイヤーが採用する人気デッキとなっています。

能力変更の影響

決定力の低下

主に《怪しき薬師・シャオ》のローテーション落ちに起因します。
《カースメーカー・スージー》のリアニメイトによる進化稼ぎと、
ネクロマンス消費による《ケルヌンノス》のリアニメイト10の条件達成。

いずれも同時に場に出せる《スケルトンレイダー》の枚数に直結するため、以前に比べてバーストダメージの捻出は容易ではなくなりました。
《鎖杖のネクロマンサー》を活用したバーストダメージは健在ですが、《セレスト・マグナ》のローテーション落ちはもちろん、《怪しき薬師・シャオ》から《死門を繋ぐ者》をリアニメイトする動きの欠損もラストワードを円滑に稼ぐ上でハードルとなっています。
その意味では、「進化・ネクロマンス・ラストワードをいかにして稼ぐか」という、デッキの原点ともいえる命題が今環境の進化ネクロマンサーの構築における焦点となっています。

ラストワードの模索

上記の課題について多くのプレイヤーが試行錯誤している様子は、JCGにおける採用カード傾向からもうかがい知ることができます。
本稿では、その中でもラストワードに主眼を置いたカード採用の例として、
《絶叫の沈黙・ルルナイ》《カオティックドゥーム》《記憶の軌跡》の3枚について見ていきます。

こちらはJCG Shadowverse Open ローテーション大会予選で使用された進化ネクロマンサーについて、《絶叫の沈黙・ルルナイ》の採用枚数ごとに平均BO3勝率と該当デッキ数を 表したグラフです。
折れ線グラフが平均勝率を、積み上げ棒グラフが該当デッキ数を示しています。
例えば、《絶叫の沈黙・ルルナイ》2枚採用のデッキについては緑色の折れ線が平均勝率の変遷、棒グラフの緑色部分が該当数の変遷となります。

ラストワード稼ぎとしてよりコストパフォーマンスに優れる《カオティックドゥーム》《記憶の軌跡》については、いずれも主に0~2枚の間で採用にばらつきがあります。
また、勝率の側面では《カオティックドゥーム》は2枚、《記憶の軌跡》は1枚採用がやや高アベレージとなっています。
いずれも前環境の標準的な構築より1枚増えたかどうかといった匙加減のため、現状ではデッキのバランスを大きく崩さない範囲で、ラストワード達成手段を増やすアプローチが成果を上げていると言えるでしょう。

バフドラゴン

JCG Shadowverse 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 Open 21st Season Vol.11 4月10日 ローテーション大会 準優勝 TK選手のバフドラゴン

軸1:ランプか、テンポか

1つ目の軸はPPブーストとバフ・盤面形成のどちらに重きを置くかという切り口です。従来のドラゴンデッキのほとんどは、PPブーストを武器として強力なカードを押し付けていくスタイルでした。
ところが、直近のバフドラゴンではPPブーストを行う際に場に干渉できず、バフもかけられないことを嫌ってPPブーストカードを減らす傾向が存在します。
その最たる例が《竜の託宣》の採否に現れています。

まだまだ興り始めの流れではありますが、《竜の託宣》不採用構築が一気に数を増やしてきました。
勝率面でも採用構築に勝るとも劣らない値が出ており、自身の構築時に《竜の託宣》の採否をしっかり検討しなくてはならないことはもちろん、相手のバフドラゴンと戦う際にも、主に序盤戦の攻め方に細心の注意を払う必要があるでしょう。
「自由にPPブーストさせないために序盤で一気に展開・攻勢を仕掛ける」というこれまで通りの意識では、足元をすくわれるパターンも増えてきそうです。

軸2:攻めか、守りか

前環境までのドラゴンが比較的疾走やバーンダメージに寄せた攻撃的なデッキだったのに対して、上記のシナジーカードには《オーシャンスピリット》や《献身の水竜》等防御面に長けたものが含まれるため、「引き続き疾走やバーンダメージを活かして、早期決着を目指す」「防御的なカードを厚く採用することで、バフの乗った盤面に対して相手が処理不全を起こすまで耐久する」といった2つの異なるアプローチが生まれています。
もちろんどちらかに寄せきるのではなく、バランスを取る選択も存在しますが、少なくとも防御的なアプローチについては直近の《竜槍の戦士・ローウェン》採用率からも、その増加を感じ取ることができます。

当初は3枚採用確定とされていた《竜槍の戦士・ローウェン》ですが、最近では採用枚数を減らすとともに、減らした構築であってもしっかりと勝率を出していることが分かります。

ハンドレスヴァンパイア

JCG Shadowverse Open 21st Season 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 Vol.9 4月8日 ローテーション大会 優勝 白樺選手のハンドレスヴァンパイア

序盤戦の圧倒的制圧力

低コストフォロワーが潤沢に採用されているこのデッキでは、序盤にコストカーブを外すことはほぼありえません。
加えて、《ルームサービスデビル》や《銀釘の射手》など、低コストで攻撃的に相手の場に干渉できるカードも存在するため、型にはまれば進化ターンまでは一方的に相手リーダーを攻撃し続けることも可能です。
序盤は場のフォロワーを起点にダメージを稼ぎ、中盤以降は《デモンズグリード・パラセリゼ》の直接召喚を活かしたバーンダメージにシフトして詰めきるような戦い方を得意とするデッキです。

手札の少なさに見合わぬ選択肢の広さ

ダメージ総量は少ない

上記の長所の裏返しでもありますが、序盤の盤面 + 中盤以降のバーンダメージといった構成で素早く20点を削りにいくデッキのため、攻め手が止まった状況から一発でリーサルまで押し込める手段は持ちあわせていません。
序盤を細かく捌かれてしまったり、中盤以降の全体除去 + 回復のような動きが直撃すると、一気にダメージが足りなくなるので、これらの手段をもつデッキとのマッチアップでは除去をケアするか・割り切るかといった判断も問われてきます。

手札の減少スピードはマッチアップ依存

長所で取り上げた《ルームサービスデビル》や《銀釘の射手》は非常に強力な効果を持つ反面、相手の場にフォロワーがいなければ機能不全に陥ってしまうカードです。
そのため、序盤フォロワーを場に出さずともヴァンパイア側の攻撃を捌けるようなデッキとのマッチアップでは、そもそも《デモンズグリード・パラセリゼ》の直接召喚自体が遅れて、相手のペースに引きずり込まれてしまう展開が頻発します。
多少のペースダウンには目をつぶって、上記カードをキープしないようにする等手札交換時点での配慮が必要と言えます。

スペルウィッチ

JCG Shadowverse Open 21st Season Vol.6 4月2日 ローテーション大会 優勝 高橋選手のスペルウィッチ

採用カードの傾向

まずは《プリズムブライト・ジオース》です。
環境初動では《ウーシンマスター・クオン》の引き込みが遅れた際のサブプラン、あるいは対連携ロイヤルでの盤面牽制要員として注目を集めたカードですが、直近では採用枚数が減少傾向にあります。
進化ネクロマンサーやバフドラゴンへの有効性が小さいことや、連携ロイヤルの母数減少などいくつかの要因が考えられますが、不採用構築の勝率に陰りはなく、少なくとも必須枠という扱いにはなりづらそうです。

いっとき採用比率が減少したのち、直近では半数以上のデッキで採用が見られるようになりました。勝率は3枚採用構築のアベレージが高く安定している状況です。
先に述べた引き込みの遅れた《ウーシンマスター・クオン》へのスペルブースト手段としての役割はもちろん、《チャクラムウィザード》と並ぶ中盤の除去要員でもあるため、処理不全で押し負けてしまう展開の回避にも一役買っていることでしょう。
とはいえ高コストカードのためいわゆる事故が懸念される3枚採用ですが、今環境では《ストーンバレット》や《極冠の幻想獣》等の低コストスペルが充実し、《チャクラムウィザード》等で一気にコストを下げていくことができます。
そのため、処理不全のリスクと事故のリスクを天秤にかける際、後者の皿に乗る錘が軽くなったとも言えるかもしれません。

ほぼ3枚固定採用だったのが、次第に2枚採用と分かれてきている様子がうかがえます。なお、勝率のアベレージは2枚採用のほうが高いというのが現状です。
マッチアップによっては《アルティメットマジック》を軸に勝ち切ることもできるとはいえ、良くも悪くも主役は《ウーシンマスター・クオン》で、そのスペルブースト15の達成はこのデッキのテーマでもあります。
それを踏まえると、《天使の恩寵》を3コストとして運用できるタイミングはある程度限られてしまいやすく、手札で被ってしまうリスクを考慮した2枚採用という判断は、サブプラン《プリズムブライト・ジオース》の減少とも噛み合うものかもしれません。

こうして3つのカードの採用状況について整理してみましたが、今環境のスペルウィッチについては、
「土の秘術系列のカードのバランスは?」
「ミラーマッチを意識した《カウンターマジック》の採否は?」
など疑問や個人差が出るポイントがまだまだあります。
1次予選までまだ時間がある今大会では、こういった細かい採用を研究することも勝率アップの鍵となりそうです。

連携ロイヤル

JCG Shadowverse Open 21st Season Vol.8 4月6日 ローテーション大会 準優勝 みさか選手の連携ロイヤル

新しい純連携型

前環境の連携ロイヤルでは、連携数を補助する目的でベーシックのカードプールから駆り出されていた《オースレスナイト》。今環境でも初頭には続投されていましたが、すぐに減少を始め、直近ではほとんど使用されていないようです。今のところ、不採用も勝率に大きな影響を与えていない様子で、以前とは違う立ち回りが見え隠れしています。では《オースレスナイト》減少の理由と新しい立ち回りとは何なのか。おそらくですが、《戦地への呼び出し》に一端があります。

完全に同期するわけではありませんが、《オースレスナイト》の減少傾向に反比例するかのような増加傾向にあります。
母数が小さく参考程度となりますが、勝率に関しても2~3枚採用の場合が高水準といって差し支えないでしょう。
《オースレスナイト》は当然《戦地への呼び出し》のサーチ対象に含まれるため、《戦地への呼び出し》による継戦能力の向上や、キーカード《華の大将・タケツミ》へのアクセスを意識した際に、《オースレスナイト》が減少したと考えられます。

採否は分かれていますが、引き続き採用するプレイヤーが少なくないというのが現状のようです。
これらのことから、デッキとしては以前の「5~6ターン目の《銃士の誓い》に集約して押し切る」立ち回りから「手札を確保しながら連続した盤面形成で畳みかけ、後半戦は回復したEPを武器に疾走カードでバーストダメージを目指す」立ち回りに変化しつつあると推測されます。
ある程度可変速のデッキとなったことで、手札交換や序盤のリソースの注ぎ込み方など、随時判断が求められるようになりましたが、その分対応力も上がっており、プレイヤーにとっては腕の見せ所が増えたと言えるでしょう。
《伊達の大見得》や《シークレットスキル》といった、先打ちで相手の動きを牽制するカードもバリエーションが増えており、採用カードはもとよりプレイ面の洗練もRAGEまでの宿題となるデッキです。

エントリー締切迫る

ここまで、直近の競技環境をもとに特に使用数の多いデッキをご紹介してきましたが、今環境はこれらの他にも非常に多くのデッキが存在します。
セッカエルフやユキシマウィッチ、回復ビショップにアーティファクトネメシス……と語りだせばきりがないのでここまでとさせていただきますが、いずれのデッキも競技シーンで活躍を見せており、ノーマークとはいかない強者ぞろいです。
そうしたデッキから自分の相棒を探すもよし、逆に相手取るときの対策を今のうちに練るもよし、はたまた、まだ机上にすら上がってこない隠れたデッキを開発するもよし。
今回の大会では時間は皆さんの味方です。

ただ、それもこれもRAGEへのエントリーが大前提。
まずはしっかりエントリーを済ませた上で、デッキやプレイについて思う存分頭を悩ませてください。
エントリー締切は2022/4/17(日) 23:59
エントリーがお済みのかたも、今一度登録内容に不備がないかご確認ください。

【初心者向け】デイトレードの始め方は?銘柄や市場選びを基礎から解説

デイトレードで利益を出すには、トレード戦略も考慮する必要があります。

トレンドフォロー

ミーン・リバージョン(平均回帰性)

RSI(アールエスアイ)

デイトレードを始めるには、 口座開設 ・トレード計画やリスク管理・市場や銘柄の選 定・戦略の決定など多くの流れがあります。

  • IPO セカンダリー投資は難しい?勝つためのポイントと注意点とは
  • 株の注文方法は3種類だけ!それぞれの上手な活用方法を解説
  • 株のスイングトレード向きの銘柄選びとエントリーポイントを徹底解説!

こちらの記事も人気です。

株のデイトレ初心者が絶対に活用すべき「歩み値」の見方とは?

株のデイトレードでも応用可能!FXスキャルピングで勝つための全て

株初心者でもデイトレで毎朝1万円以上稼げる!元ディーラーの手法公開

初心者が0からデイトレードで儲けるために必要な12ステップ

【投資の王道】みんな間違えている!株を安く買って高く売る具体的な方法とは?

デイトレードに有利な証券会社ランキング!手数料とツールで徹底比較

【株初心者デイトレードのコツ】1回の売買のリスク許容度は○○を基準に考えよ!

誰でもできる!!デイトレでNY市場のニュースから相場の流れを読む方法

この記事をかいた人

投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。

このライターの最新記事

「デイトレードの銘柄選びと売買のコツ」投資初心者でも明日からできる!

【初心者向け】デイトレードの始め方は?銘柄や市場選びを基礎から解説

株式投資で勝つにはメンタル強化が最重要!効率の良い鍛え方 4 つを紹介

デイトレードに有利な証券会社ランキング!手数料とツールで徹底比較

最近の投稿

参議院選挙と株価の関係とは?2022参院選を前に過去の参院選について徹底検証!

原子力関連銘柄は原発再稼働で要チェック!小型原子炉(SMR)も脱炭素で注目

インバウンド関連銘柄は外国人観光客の受け入れ緩和で期待大!円安メリット株としても注目

投資信託はどこで買えばいいの?購入場所のメリット・デメリットを解説

株初心者にオススメ!2022年6月の人気株主優待ランキング

バックナンバー

  • 【プレゼント】僕が狙っている銘柄のレポートを差し上げます!
  • 【副業投資】無料のオンライン講座を作りました!
  • 【動画】銘柄選びの↓致命的↓な間違いを犯していませんか??
  • 【20時公開】あなたの資産が減るのを防ぐ確実な方法とは・・・
  • 意外と見落としがちなテーマ銘柄とは・・・

バックナンバーページ

カテゴリー

INFORMATION

新型コロナウイルス感染症
への当社の取り組み

《文章の引用について》

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 掲載することを禁じます。

DMIとは?【用語解説と統計データ公開】

DMI

DMI

■バックテスト結果■

このeBookは 直近22年分の株価データ を集計して、
・日本株がもっとも上がりやすかった月、下がりやすかった月
・時期折々の上がりやすかったセクター、下がりやすかったセクター

など、実績が豊かな注目セクター・注目銘柄を 全98ページ にわたって細かく解説しています。

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

RSIとボリンジャーバンドを組み合わせる意味と鉄板手法

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 株式投資の鉄板手法とは 株式投資で利益を重ねていくには、適切なタイ…

  • 2021年8月19日
  • 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ストキャスティクスとは?【用語解説と統計データ公開】

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 1.ストキャスティクスとは ストキャスティクスは、一定期間の株価の最高…

  • 2022年1月14日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ボラティリティは有効か?(2022年版)【過去22年で検証】

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 テクニカル指標でよく見かける指標に「ボラティリティ」があります。 ボラ…

  • 2022年1月18日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ROCは本当に有効か?

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 1.ROCとは ROCは現在の株価と過去のある時点の2時点の株価の「比…

  • 2022年1月14日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

移動平均線の最適な期間と設定方法

【注目】今が買い時の厳選銘柄! 勝率が上がるエントリーポイントなどについて解説 ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 移動平均線は、株式投資を行う投資家にとって、最も利用される頻度が高いテ…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる