最新情報

リスクマネジメントとは

リスクマネジメントとは
日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長 戸村智憲

リスクマネジメントとは

Adobe PDF library 15.00

Adobe PDF Library リスクマネジメントとは リスクマネジメントとは 15.0

Adobe PDF library 15.00

endstream endobj 180 0 obj >stream application/pdf J-0110_事業経営におけるリスクマネジメントの役割 2021-07-12T12:59:13+09:00 2021-07-12T12:59:13+09:00 2021-07-12T12:リスクマネジメントとは 59:13+09:00 Adobe Illustrator 25.3 (Macintosh) uuid:6d00e217-eb98-4540-b5b7-e9d25ef5b1a8 xmp.did:c694b363-dbef-41b9-a46f-2d41472ed83a uuid:5D20892493BFDB11914A8590D31508C8 proof:pdf uuid:e77a7ae0-5d36-cc48-a8e5-d700e73b262f xmp.did:E809DCBC2C206811822AF6118C84F24D uuid:リスクマネジメントとは 5D20892493BFDB11914A8590D31508C8 proof:pdf saved xmp.iid:7db761d7-ad6d-4520-b07e-8653d2349939 2015-06-17T14:02:19+09:00 Adobe Illustrator CC 2014 (Macintosh) / saved xmp.iid:c694b363-dbef-41b9-a46f-2d41472ed83a 2021-07-12T12:59:リスクマネジメントとは 11+09:00 Adobe Illustrator 25.3 (Macintosh) / Document Print AIRobin リスクマネジメントとは False False 1 226.197225 130.158490 Millimeters HiraKakuStd-W3 ヒラギノ角ゴ Std W3 Open Type Version 7.13 False ヒラギノ角ゴ Std W3.otf リスクマネジメントとは HiraKakuStd-W6 ヒラギノ角ゴ Std W6 Open Type Version 7.13 False ヒラギノ角ゴ Std リスクマネジメントとは W6.otf Cyan Magenta Yellow Black 初期設定のスウォッチグループ 0 ホワイト RGB PROCESS 255 255 255 ブラック RGB PROCESS 35 24 21 CMYK レッド リスクマネジメントとは RGB PROCESS 229 0 18 CMYK イエロー RGB PROCESS 255 240 0 CMYK グリーン RGB PROCESS 0 152 68 CMYK シアン RGB PROCESS 0 159 232 CMYK ブルー RGB PROCESS 29 32 135 CMYK リスクマネジメントとは マゼンタ RGB PROCESS 227 0 127 C=15 M=100 Y=90 K=10 RGB PROCESS 195 13 35 C=0 M=90 Y=85 K=0 RGB PROCESS 231 56 40 C=0 M=80 Y=95 K=0 RGB PROCESS 233 85 19 C=0 M=50 Y=100 K=0 RGB PROCESS 242 150 0 C=0 M=35 Y=85 K=0 RGB PROCESS 247 181 44 C=5 M=0 Y=90 K=0 RGB PROCESS 250 237 0 C=20 M=0 Y=100 K=0 RGB PROCESS 218 223 0 C=50 M=0 Y=100 K=0 RGB PROCESS 141 194 31 C=75 リスクマネジメントとは M=0 Y=100 K=0 RGB PROCESS 30 170 57 C=85 M=10 Y=100 リスクマネジメントとは K=10 RGB PROCESS 0 145 58 C=90 M=30 Y=95 K=30 RGB PROCESS 0 105 52 C=75 M=0 Y=75 K=0 RGB PROCESS 13 172 103 C=80 M=10 Y=45 K=0 RGB PROCESS 0 161 153 C=70 M=15 Y=0 K=0 RGB PROCESS 44 166 224 C=85 M=50 Y=0 K=0 RGB PROCESS 3 110 183 C=100 M=95 Y=5 K=0 RGB PROCESS リスクマネジメントとは 24 41 135 C=100 M=100 Y=25 K=25 RGB PROCESS 23 28 97 C=75 M=100 Y=0 K=0 RGB PROCESS 95 25 133 C=50 M=100 Y=0 K=0 RGB PROCESS 145 7 130 C=35 M=100 Y=35 K=10 RGB PROCESS 164 11 94 C=10 M=100 Y=50 K=0 RGB PROCESS 214 0 80 C=0 M=95 Y=20 K=0 RGB PROCESS 229 19 115 C=25 M=25 Y=40 K=0 RGB PROCESS 200 187 155 C=40 M=45 リスクマネジメントとは Y=50 K=5 RGB PROCESS 163 138 119 C=50 M=50 Y=60 K=25 RGB PROCESS 121 106 86 C=55 M=60 Y=65 K=40 RGB PROCESS 96 76 63 C=25 M=40 Y=65 K=0 RGB PROCESS 199 159 98 C=30 M=50 Y=75 K=10 RGB PROCESS 178 129 70 C=35 M=60 リスクマネジメントとは リスクマネジメントとは Y=80 K=25 RGB PROCESS 148 97 52 C=40 M=65 Y=90 K=35 RGB PROCESS 128 79 33 C=40 M=70 Y=100 K=50 RGB PROCESS 106 57 6 C=50 M=70 Y=80 K=70 RGB PROCESS 64 33 15 リスクマネジメントとは 33 PROCESS 100.000000 RGB 51 51 51 66 PROCESS 100.リスクマネジメントとは 000000 RGB 102 102 102 CC PROCESS 100.000000 RGB 204 204 204 緑05 PROCESS 100.000000 RGB 184 221 186 緑08_折線・ケイ PROCESS リスクマネジメントとは 100.000000 RGB 70 167 66 青01(ロゴ) PROCESS 100.000000 RGB 0 65 191 青02 PROCESS 100.000000 RGB 124 188 228 青03 PROCESS 100.000000 RGB 179 225 239 青04 PROCESS 100.リスクマネジメントとは リスクマネジメントとは 000000 RGB 135 175 207 青05 PROCESS 100.000000 RGB 167 202 239 青07 PROCESS 100.000000 RGB 226 246 253 青_ケイ PROCESS リスクマネジメントとは 100.000000 RGB 68 107 204 グレー 1 C=0 M=0 Y=0 リスクマネジメントとは K=100 RGB PROCESS 35 24 21 C=0 M=0 Y=0 K=90 RGB PROCESS リスクマネジメントとは 62 58 57 C=0 M=0 Y=0 K=80 RGB PROCESS 89 87 87 C=0 M=0 Y=0 K=70 RGB PROCESS 113 112 113 C=0 リスクマネジメントとは M=0 Y=0 K=60 RGB PROCESS 136 136 136 C=0 M=0 Y=0 K=50 RGB PROCESS 158 158 159 C=0 M=0 Y=0 K=40 RGB PROCESS リスクマネジメントとは 180 180 181 C=0 M=0 Y=0 K=30 RGB PROCESS 200 201 202 C=0 M=0 Y=0 K=20 RGB PROCESS 219 220 220 C=0 リスクマネジメントとは M=0 Y=0 K=10 RGB PROCESS 238 238 239 C=0 M=0 Y=0 K=5 リスクマネジメントとは リスクマネジメントとは RGB PROCESS 247 247 247 輝き 1 C=0 M=100 Y=100 K=0 リスクマネジメントとは リスクマネジメントとは RGB PROCESS 229 0 18 C=0 M=75 Y=100 K=0 RGB PROCESS 234 96 0 C=0 M=10 Y=95 K=0 RGB PROCESS 255 225 リスクマネジメントとは 0 C=85 M=10 Y=100 K=0 RGB PROCESS 0 153 62 C=100 M=90 リスクマネジメントとは Y=0 K=0 RGB PROCESS 11 48 142 C=60 M=90 Y=0 K=0 RGB PROCESS 126 48 141

サプライチェーンリスク低減の新常識 ―3つの“ない”でサプライチェーン全体のセキュリティレベルを上げる―

サプライチェーンリスク低減の新常識 ―3つの“ない”でサプライチェーン全体のセキュリティレベルを上げる―

今まで以上に『無形資産への脅威』を想定したリスクマネジメントが求められる

事業継続性に影響を及ぼす潜在的脅威の例 新版 CISSP CBK 公式ガイドブック1巻(2018年、NTT出版)

1:サプライヤーの被害がサプライチェーンを構成する他組織に影響
セキュリティレベルの低いサプライヤーにサイバー攻撃が仕掛けられることで、その影響が直接的、また間接的にサプライチェーンを構成する納入先などの組織に広がるケースです。
子会社や密接なサプライヤーへの侵害によって引き起こされることが多いため、「ビジネス・サプライチェーン攻撃」とも言い換えることができます。
対策としては、関連会社や取引先のセキュリティレベル向上がカギになります。

2:コア部材が不正に細工され、全製品に脅威が紛れ込む 攻撃者がコア部材に組み込まれるソフトウェアを改ざんし、マルウェアを仕掛けることで、サプライチェーン全体にマルウェアとその被害が拡大するケースです。
開発環境で利用されるサーバの侵害、セキュリティが勘案されていないオープンソースの利用からリスクが引き起こされます。ソフトウェアの改ざんに起因することから、「ソフトウェア・サプライチェーン攻」撃とも言い換えることができます。
ソフトウェア開発や変更などの管理を軸に、オープンソースの脆弱性評価など技術的な管理を取り込むことを推奨します。

3:共通のデジタル基盤が侵害され、サプライチェーン全体に被害が及ぶ
クラウドサービスなどサプライチェーン共通のデジタル基盤が侵害され、全体に一斉に被害が及ぶケースです。
デジタルサプライチェーンを支えるサービス基盤の侵害に起因するということから、「サービス・サプライチェーン攻撃」とも言い換えることができます。

セキュリティの樽

サプライチェーン全体のセキュリティレベルは、最もセキュリティレベルの低い組織で決まる 画像引用 リービッヒの最小律(Wikipedia)

リスクマネジメントとは セキュリティの樽”を利用し、サプライチェーンのセキュリティレベルの向上を考えると、
3つの“ない”を組み合わせた戦略の有効性が見えてきます。

3つの『ない』でサプライチェーン全体のセキュリティレベルを上げる

短い板にならない 課題の特定には経営層/事業部門の参加が必須

アメリカ政府は、政府機関が調達する製品のセキュリティを担保するために指定するガイドライン(NIST SP 800-53,171など)への準拠を求めています※。また、国内ではサプライチェーンの強靭化が示された経済安全保障推進法案※が成立しました。今後、国内においてもガイドラインに沿った調達戦略の見直しが求められる可能性は十分に考えられます。

民間企業においても、関連するサプライチェーンの中で、そのセキュリティレベルの要求に応えていくためには、ガイドラインの把握が今後一層、重要になってくるでしょう。
※NIST SP 800-53 (Security and Privacy Controls for Information Systems and Organization)
https://csrc.nist.gov/publications/detail/sp/800-53/rev-5/final
NIST SP 800-171 (Protecting Controlled Unclassified Information in Nonfederal Systems and Organizations)
https://csrc.nist.gov/publications/detail/sp/800-171/rev-2/final

“短い板で終わらせない” この戦略によって、教育と監査によりサプライチェーン全体のセキュリティレベルの向上を図ります。
サイバー攻撃によるサプライチェーンの分断リスクが報道されたことで、多くの組織がグループ会社や取引会社に対してセキュリティ監査を進めています。

監査を進めるうえで重要なのが、復旧までを考慮し検証しておくということです。たとえば、ランサムウェアによりシステムが停止した場合、被害組織のシステムは数日間停止する可能性もあります。有事の状況、影響を想定し、復旧までを含め監査しておくことで、セキュリティレベルの向上を図ることができるでしょう。内容については、事業継続のための“復旧”までのサイバーセキュリティのフレームワークを網羅したNIST Cyber Security Frameworkなどが参考にできるでしょう。
※NIST Cyber Security Framework https://www.nist.gov/cyberframework
IPAの翻訳版 https://www.ipa.go.jp/files/000071204.pdf

主に以下にお役立ていただけます。
●現在のサプライチェーンにおけるリスクマネジメントの再考と診断
●セキュリティ戦略の策定
●サプライチェーンに参加する組織との対話

リアルな会場・拠点での登壇・指導を全面解禁: COVID-19対策で日本政府のインバウンド解禁などに即してマスク・消毒等の基礎対応は継続して再開【日本マネジメント総合研究所合同会社】

この度の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)渦中の苦境をはじめ、台風/豪雨災害・各種震災など各地の災害や戦禍等で、国籍等に関わらず感染・被災・苦境に直面された方々と復興者や平和維持活動の皆様・世界各地の医療機関関係各位ならびに各種関係各位のご安全と1日も早い実りあるご快癒・復旧復興・和平等と共に、ご無念ながらに天上に召されました尊い御霊・御仏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長 戸村智憲

※講演ご依頼などの際のお打ち合わせやその他につきましては、こちら( https://www.jmri.co.jp/faq.html )を予めご高覧下さいませ。

日本マネジメント総合研究所合同会社 理事長 戸村 智憲 (とむら とものり)
・(一社)シニアセカンドキャリア推進協会 顧問 http://www.sscpa-j.org/
・(一財)Noblesse Oblige C&M 理事 https://www.noblesseworld.org/

国連退官後、民間企業にて企業役員レベルで人事総務統括や監査統括、岡山大学大学院非常勤講師、経営行動科学学会理事・兼・東日本研究部会長、日本経営協会総合研究所(NOMA総研)顧問、サミット開催ホテルでの臨時支配人、IT企業の(株)アシスト顧問(代表:ビル・トッテン)としてソフトウェア監修・セールス&マーケティング総指揮・基調講演登壇からセールス同行支援まで総合支援、上場IT企業のJFEシステムズ(株)アドバイザー、JA長野中央会顧問、某大手商社の人材系子会社のエグゼクティブアドバイザー、世界的な民間自家用航空機の機長などの総合団体(日本支部)「AOPA」(Aircraft Owners and Pilots Association)の初代コンプライアンス委員長、震災復興支援フォーラムin東京の主宰などを歴任。

世界初の手法や対策を開拓し、世界初で「監査コミュニケーション技法」とその講座を開発・提供し、金融機関のバーゼル規制対策で必須となるリスク管理の指標Key Risk Indicatorや、統合的全社リスクマネジメント(iERM)などを提唱・学会発表・登録商標取得や、東日本大震災以前に世界初でクラウドコンピューティングの災害対策・防災・IT-BCP・DR対応としての「危機管理型クラウド」を提唱し、自治体クラウド導入に向けた各地講演ツアーなどでも登壇。世界初でドローン災害レスキューガイドライン策定・とりまとめ。戦略的な記者会見を指南する「記者会見兵法」((C)戸村智憲)の提唱・普及啓発。上場IPO対策の内部統制・監査・組織力強化やITエバンジェリストとしての活動なども行う。

NHK「クローズアップ現代」TV出演をはじめ、NHK(Eテレ)「めざせ!会社の星」での専門家TV出演と 戸村式「防災白熱教室」コーナー担当、フジテレビ昼の帯番組「バイキング」不祥事解説コーナーTV出演、朝の情報番組のTBS「ビビット」TV出演、昼の情報番組のTBS「ひるおび」TV出演・SDGsと働き方改革の解説、報道番組の BS11「インサイドアウト」コメンテーターTV出演、Tokyo FM「One Morning」ロックダウン危機コメンテーター、ニッポン放送「辛坊治郎ズーム そこまで言うか! 激論Rock&Go!」生出演(COVID-19解説)、各全国紙の新聞での掲載・コメント、『週刊文春』の「文春砲」での企業不祥事に関する専門家解説コメント、光文社「女性自身」コメントなど、その他、各種TV・ラジオ・雑誌等の出演・寄稿等も行う。

・経営管理学修士(MBA)
・米国連邦航空局(FAA)自家用航空機パイロット
・ドローン災害レスキューパイロット
・無人航空機操縦技能証明 & 無人航空機安全運航管理者 (JUIDA)
・国土交通省 i-Construction推進コンソーシアム リスクマネジメントとは 有識者会員
・総務省 & 経済産業省 スマートIoT推進フォーラム 有識者会員
・地方創生SDGs官民連携プラットフォーム 会員
・国交省での産学官の「インフラメンテナンス国民会議」 メンバー
・ICGN(International Corporate Governance Network) 会員
・(一社)日本取締役協会 会員
・(一社)ディレクトフォース 会員 (入会当時:史上最年少の加盟)
・コーポレート・ガバナンス・アワード 大賞選考委員長
・(一財)Noblesse Oblige C&M 理事
・(一社)シニアセカンドキャリア推進協会 顧問
・ガバナンス・コード・オフィサー(GCO)
・コーポレート・ガバナンス・アワード 大賞選考委員長
・米国心臓学会認定AHA・BLS・HCP救命救急資格
・第一級小型船舶操縦士
・海上/陸上/航空特殊無線技士
・第三種放射線取扱主任者資格者
・公認不正検査士(CFE)
・防災士
・テロ対策の国際ライセンス TacMed Essentials (対テロ戦闘外傷救護)
など

コーポレート・ガバナンス・アワード大賞選考委員長
DX推進センター センター長
ESG第三者評価機構 事務総長
ドローン振興センター センター長
自治体監査内部統制啓発センター センター長
自治体情報セキュリティ啓発センター センター長
人権倫理ダイバーシティ教育センター センター長
災害対策公共安全センター センター長
公務人材育成センター センター長

本リリースに関するお問い合わせ先: リスクマネジメントとは リスクマネジメントとは
日本マネジメント総合研究所合同会社
理事長 戸村 智憲
〒107-0052 東京都港区赤坂2-16-6 BIZMARKS赤坂1階
電話:050-3196-4513 (弊社コールセンター:DX推進での音声自動応答システムとオペレータでの電話番号)
FAX:03-6800-3090
メール: [email protected]
ウェブ: https://www.jmri.co.jp/
お仕事のご依頼・取材ご依頼・執筆ご依頼など: https://www.jmri.co.jp/contact2.html
一般的なお問合せ: https://www.jmri.co.jp/contact.html
※DX推進・業務効率化・自殺防止のメンタルサポート活動等も含めた業務支障などの観点から、基本的に上記ウェブフォームよりご連絡下さいませ。メディアさまからのお急ぎのご依頼や、公益性の高い緊急のご用件の場合は、架電ご連絡での対応も承っております。

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

【6月30日(木)/Webセミナー】【Microsoft365担当者必見】あなたの挑戦が会社の未来を守る!Microsoft365リスクマネジメントへの道!を開催いたします

テクバン株式会社(東京都港区、代表取締役:高松 睦夫※、以下テクバン)は、AvePoint Japan株式会社(東京都港区、代表取締役: 塩光 献、以下、AvePoint Japan)と リスクマネジメントとは リスクマネジメントとは GMOグローバルサイン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:中條 一郎、以下GMOグローバルサイン)と 株式会社クオリティア(東京都中央区、代表取締役:松田 賢、以下クオリティア)と共催し、Webセミナー「【Microsoft365担当者必見】あなたの挑戦が会社の未来を守る!Microsoft365リスクマネジメントへの道!」を開催いたします。


■セミナー概要
本セミナーでは、Microsoft365を運用されているご担当者の方に向けて、多くのお客様から支持を得ているデータのバックアップやメールセキュリティ、シングルサインオン(SSO)のツールを中心にリスクマネジメントのやり方をご紹介いたします。
※本セミナーは、2021年6月16日に行ったセミナーの内容になります。

■セミナー内容
・セミナー視聴における諸注意及びアンケートのご協力

・AvePoint Cloud リスクマネジメントとは Backup で実現する Microsoft Teams のデータ保護
COVID-19 の影響で、多くのお客様が在宅ワークを推奨しており、それに伴うリモートワークの環境構築が急務となりました。
Microsoft 365 / Teamsを取り急ぎ導入したものの、もしもデータが突如紛失されてしまった時の対応はできていますでしょうか。
弊社が提供するCloud リスクマネジメントとは Backupは、Microsoft 365資産を包括的にバックアップできるだけでなく、必要な分だけのデータを必要なタイミングで、必要な場所に復旧することができます。

・M365を導入後、次に考えるべきメールセキュリティ対策とは?
M365を導入し、その次のステップにお客様として担保しなければならないセキュリティをお考えのお客様は多くいらっしゃるかと思います。
本セッションでは、テレワークでもメール運用効率を下げることなくセキュリティ強度を上げる方法と誤送信防止システム「Active! gate SS」の設定をした場合にどうなるかをデモを交えてご紹介いたします。

・シングルサインオンで覚えるパスワードを一つにし、業務効率とセキュリティを向上する
お客様ニーズに合わせ働く環境が変化する中、業務効率を損なわずにセキュリティを強化するゼロトラスト時代のIDaaSとしてトラスト・ログインをご紹介します。
特に以下の課題をお持ちのお客様にお勧めです。
・自宅や外出先からのテレワークを許可させたいが、VPNがボトルネックになっている
・Microsoft365を含む複数のクラウドサービスの認証強化とアクセス制限を行いたい
・社内のActiveDirectoryやAzureADとクラウドサービスを連携して利便性を高めたい

・Microsoft 365利活用促進をしていくために
Microsoft365の導入と運用にお困りのご担当者様も多くいらっしゃると思います。
導入時のデータ移行から定着化をして、運用後の利活用まで安心して任せたいとご相談も多くいただいております。
本セッションでは、Microsoft社認定パートナーであるテクバンがMicrosoft365の導入運用における大切なポイントと弊社のトータルサポートサービスのご紹介をさせていただきます。

「自治体DX時代の議会広報SNS活用術」:議会DXへ向けた元・国連専門官、元・八尾市監査専門委員で、弊社理事長の戸村智憲による指導メニューを提供開始【日本マネジメント総合研究所合同会社】

国連退官後、民間企業にて企業役員レベルで人事総務統括や監査統括、岡山大学大学院非常勤講師、経営行動科学学会理事・兼・東日本研究部会長、日本経営協会総合研究所(NOMA総研)顧問、サミット開催ホテルでの臨時支配人、IT企業の(株)アシスト顧問(代表:ビル・トッテン)としてソフトウェア監修・セールス&マーケティング総指揮・基調講演登壇からセールス同行支援まで総合支援、上場IT企業のJFEシステムズ(株)アドバイザー、JA長野中央会顧問、某大手商社の人材系子会社のエグゼクティブアドバイザー、世界的な民間自家用航空機の機長などの総合団体(日本支部)「AOPA」(Aircraft Owners and Pilots Association)の初代コンプライアンス委員長、震災復興支援フォーラムin東京の主宰などを歴任。

世界初の手法や対策を開拓し、世界初で「監査コミュニケーション技法」とその講座を開発・提供し、金融機関のバーゼル規制対策で必須となるリスク管理の指標Key Risk Indicatorや、統合的全社リスクマネジメント(iERM)リスクマネジメントとは などを提唱・学会発表・登録商標取得や、東日本大震災以前に世界初でクラウドコンピューティングの災害対策・防災・IT-BCP・DR対応としての「危機管理型クラウド」を提唱し、自治体クラウド導入に向けた各地講演ツアーなどでも登壇。世界初でドローン災害レスキューガイドライン策定・とりまとめ。戦略的な記者会見を指南する「記者会見兵法」((C)戸村智憲)の提唱・普及啓発。上場IPO対策の内部統制・監査・組織力強化やITエバンジェリストとしての活動なども行う。

NHK「クローズアップ現代」TV出演をはじめ、NHK(Eテレ)「めざせ!会社の星」での専門家TV出演と 戸村式「防災白熱教室」コーナー担当、フジテレビ昼の帯番組「バイキング」不祥事解説コーナーTV出演、朝の情報番組のTBS「ビビット」TV出演、昼の情報番組のTBS「ひるおび」TV出演・SDGsと働き方改革の解説、報道番組の BS11「インサイドアウト」コメンテーターTV出演、Tokyo FM「One Morning」ロックダウン危機コメンテーター、ニッポン放送「辛坊治郎ズーム そこまで言うか! 激論Rock&Go!」生出演(COVID-19解説)、各全国紙の新聞での掲載・コメント、『週刊文春』の「文春砲」での企業不祥事に関する専門家解説コメント、光文社「女性自身」コメントなど、その他、各種TV・ラジオ・雑誌等の出演・寄稿等も行う。

・経営管理学修士(MBA)
・米国連邦航空局(FAA)自家用航空機パイロット
・ドローン災害レスキューパイロット
・無人航空機操縦技能証明 & 無人航空機安全運航管理者 (JUIDA)
・国土交通省 リスクマネジメントとは i-Construction推進コンソーシアム 有識者会員
・総務省 & 経済産業省 スマートIoT推進フォーラム 有識者会員
・地方創生SDGs官民連携プラットフォーム 会員
・国交省での産学官の「インフラメンテナンス国民会議」 メンバー
・ICGN(International Corporate Governance Network) 会員
・(一社)日本取締役協会 会員
・(リスクマネジメントとは 一社)ディレクトフォース 会員 (入会当時:史上最年少の加盟)
・コーポレート・ガバナンス・アワード 大賞選考委員長
・(一財)Noblesse Oblige C&M 理事 リスクマネジメントとは
・(一社)シニアセカンドキャリア推進協会 顧問
・ガバナンス・コード・オフィサー(GCO)
・コーポレート・ガバナンス・アワード 大賞選考委員長
・米国心臓学会認定AHA・BLS・HCP救命救急資格
・第一級小型船舶操縦士
・海上/陸上/航空特殊無線技士
・第三種放射線取扱主任者資格者
・公認不正検査士(CFE)
・防災士
・テロ対策の国際ライセンス TacMed Essentials (対テロ戦闘外傷救護)
など

コーポレート・ガバナンス・アワード大賞選考委員長
DX推進センター センター長
ESG第三者評価機構 事務総長
ドローン振興センター センター長
自治体監査内部統制啓発センター センター長
自治体情報セキュリティ啓発センター センター長
人権倫理ダイバーシティ教育センター センター長
災害対策公共安全センター センター長
公務人材育成センター センター長

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる