初心者に最適なトレーディングプラットフォーム

よく当たるFX為替レート予想

よく当たるFX為替レート予想
>主要なテクニカル指標をもっと詳しくみる

FXの為替相場の予想に役立つ情報と、2つの分析手法

「為替ニュース」では 金融情報ベンター「Fxi24」が提供する良質な為替ニュース を24時間ご確認いただけます。要人発言や金融政策の動向株式市場や原油市場の現況など、ヘッドラインからコラムまでトレードに関する情報が多数掲載されています。テクニカル分析でポイントとなる価格をまとめたレポートも閲覧できます。また、トルコリラやメキシコペソ、南アフリカランド、中国人民元といった新興国通貨の情報も取扱っています。新興国の情報は一般的な新聞やニュース等では入手が困難なため、「みんなのFX」の為替ニュースでぜひチェックしてください。トルコリラ/円やメキシコペソ/円といった個人投資家に人気の通貨ペアに関して、いち早く相場の転換点をキャッチできるかもしれません。

FX最新予想【井口喜雄のディーラーズアイ】

認定テクニカルアナリスト、井口喜雄が よく当たるFX為替レート予想 外国為替に関するマーケット情報を毎週月曜日に動画で配信中 。
ドル円や欧州通貨を主戦場にインターバンクと直接ディーリングしてきた経験を持つ現役ディーラーが初心者の方にもわかりやすく解説しています。

経済指標カレンダー

「経済指標カレンダー」では 物価指数貿易収支など世界各国の主要な経済指標を確認 することができます。指標の発表時刻だけではなく前回の結果今回の予想値を確認することが可能です。また、結果発表後は結果がリアルタイムに反映され、トレードに直に活かすことができます。
カレンダーは、日別、週間、月間と切り替えが可能で、プリントもできる仕様になっています。 重要度「高」と「中」の経済指標にはマークもついている ので、初心者の方でもわかりやすく、すぐに取引に役立てることができる情報です。

また、スマートフォン用のアプリ版取引画面では、 経済指標を発表期間、国、重要度で絞込むことも 可能 です。この機能は、 「みんなのFX」に口座をお持ちでなくても、どなたでも無料でご利用いただけます 。取引を始める前に必ずチェックしておきましょう。

【FXトレーダー アプリ版 ダウンロードはこちらから】

FXレポート

「FXレポート」では 毎朝、その日のトレードの役に立つ情報を分かりやすく解説 しています。 前日の相場動向から当日の注目すべきポイントを1分間で理解することができるコンテンツ となっており、毎朝必ずチェックしておきたいです。過去のバックナンバーも数年前まで遡ってご覧いただくことができ、初心者のみならず中級者以上の検証や分析にも有益な情報としてご利用いただけるでしょう。

リアルタイム為替チャート

「リアルタイム為替チャート」はみんなのFXで取扱いのある全通貨のリアルタイムチャートをご覧いただけます。時間軸は分足60分足日足と切り替えが可能で、同時に表示されている移動平均線と併せることで 相場の流れを簡単にご確認いただけるツール です。みんなのFXの口座を開設していなくても、どなたでもご利用いただくことが可能です。1日のトレード前に全体的な相場の流れを確認するなどの使い方ができます。

FXの為替相場を予想する方法1:ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは

相場分析を行う手法の1つがファンダメンタルズ分析です。ファンダメンタルとは相場の世界では「経済の基礎的状況」、つまり、各国の経済状況や金利などを指します。 ファンダメンタルズ分析はそれらに注目し、分析して相場を予測する方法 です。

分析を行う際には主に経済指標や金融政策、要人発言など公に発表されている情報を基に見通しを立てます。具体的に押さえておくべき情報は次に解説していきます。
金利や金融政策などは中長期で効果を発揮していくため、 ファンダメンタルズ分析は中長期でFXを取引する人に欠かせない分析手法 となります。また、短期においても方向性を把握するためには必須となります。

チェックすべき主な情報

・経済指標
経済指標はその国の経済に関する統計データです。定期的に決まった頻度で公表され、国や地方自治体、国立銀行、民間会社など様々な機関から公表されます。代表的なものとして、 雇用統計、物価指数、貿易収支、製造業PMI、新築住宅販売件数など があります。

発表はそれぞれの国の中央銀行や官公庁のホームページなどで公表されることがほとんどですが、FX会社の「経済指標カレンダー」では、発表結果を一覧で確認することができます。大変便利なので、ぜひ活用したいです。また、発表結果のみならず、 いつ、どの国の何の経済指標が発表されるのか、また予想値はいくつで前回値はいくつかなど詳細な情報も確認できます 。

影響度の高い経済指標の発表時は相場が急変するケースが多いため、自分がトレードをする時間にどのような経済指標の発表があるのかは必ずチェックしておきましょう。

・金融政策
金融政策はFRB(連邦準備理事会)や日銀(日本銀行)といった 各国の中央銀行が自国の雇用、物価などを健全にコントロールするために行う政策のこと を指します。基本的には記者会見や文章のリリースで公表されるため、経済指標同様に事前に発表のタイミングが決まっており、 FX会社の「経済指標カレンダー」でも事前にスケジュールを確認することができます 。しかし、緊急度の高い状況においては事前の告知なしに突如会見が行われることもあり、投資家が予想もしていなかったような発言が飛び出せば、相場は大きく動きます。

予想の例)
欧州中央銀行(ECB)は金融引き締めの実施を決定
→ユーロドル(EURUSD)はユーロ建て資産の価値悪化からリスク回避的なユーロ売りにつながり下落するだろう

・政策金利
政策金利は 各国の中央銀行が定めた金利(多くの場合、銀行間のお金の貸し借りに係る金利)をどの水準まで誘導するかという目標のこと を指します。この政策金利を目的として金融政策を手段として講じるため、金融政策をウォッチする際にも必要となります。一般的には、 ある国の金利が高くなると、その国の通貨は買われやすくなる傾向 があります。

政策金利の発表も事前に発表のタイミングが決まっており、発表時にはその国の通貨は大きく動くことが多いです。事前に発表のタイミングは把握しておきましょう。

予想の例)
オーストラリア準備銀行(RBA)は今月利下げする可能性が高い
→豪ドル/円(AUDJPY)は豪ドル売りが強まり下落するだろう

・要人発言
要人発言は 各国首脳や中央銀行の総裁などその国の経済や金融に影響を及ぼす人物の発言 を指します。相場の焦点によっては一企業の経営者であったり民間団体のトップだったりと注目すべき人物は変わりますが、ニュースのヘッドラインを追っていればおのずと注目すべき人物は見えてくるはずです。

発言のタイミングですが記者会見やスピーチなど開始時間が決まっているものもあれば、一部報道による要人発言やSNSを用いた発言など時間が定まっていないものもあるため、突発的に相場が動く原因ともなります。いずれの場合も相場に影響を及ぼす恐れのある重要な発言がどのタイミングで要人の口から飛び出るかは決まっていません。したがって瞬間的な動きに付いていくより、 あらかじめ各要人のポリシーが為替相場にどのような影響を与えているのかチェックしておくと良い でしょう。

・ニュース
ニュースを確認すると経済指標の結果や要人発言の内容など様々な情報であふれています。その中でも為替相場を動かしそうなニュースはチェックすべきでしょう。市場参加者が見ていそうなニュースを把握しておき、値動きにどうつながるかを予想することが求められます。そのため1つ1つのニュースを細部まで読み込むのではなく、 タイトル(ヘッドライン)要約文を流し見してマーケットが注目している材料が何なのか把握するのがおすすめ です。マーケットが注目している材料に関してのみ深くアンテナを張ることで情報の取捨選択がしやすくなるでしょう。

FXの為替相場を予想する方法2:テクニカル分析

テクニカル分析とは

相場分析を行うもう一つの手法がテクニカル分析です。 過去の値動きを表すチャートを用いて分析、予測する方法 です。数学的、統計的な観点からアプローチをかけることで方向感のみならず詳細な値幅や時間の予測が可能となります。

ファンダメンタルズ分析が中長期の相場分析に適している一方、 テクニカル分析は主に短期の相場分析に有効 よく当たるFX為替レート予想 です。取引手法も数多く存在しており、自分にあった取引手法を見つけることができるのも魅力の一つです。ファンダメンタルズ分析と異なり 誰でも画一的に判断が可能な基準があるものが多く、初心者でも始めやすい分析 です。しかし、テクニカル分析が示すシグナルは絶対というわけではないので注意が必要です。はじめのうちは、 ファンダメンタルズ分析と組合せたバランスの良い分析がベスト といえるでしょう。

テクニカル分析の方法

テクニカル分析はチャートを使って 過去のパターンと類似したパターンを見つけ、それを法則・数式化して相場の予測に役立てています 。チャートの動き(プライスアクション)だけで将来の値動きを予測するのではなく、テクニカル指標を組合せることで分析の精度と分かりやすさは向上します。相場の状況を把握することができたり、売買シグナルをチェックすることができたりします。テクニカル指標にはトレンド系オシレーター系があります。代表的なものには、以下のテクニカル指標があります。

>主要なテクニカル指標をもっと詳しくみる

「みんなのFX」は、オリジナルの情報コンテンツも豊富

売買比率

「みんなのFX」で実際に取引をしている お客様のポジションの売買比率がわかる情報ツール です。各通貨ペアに対して、人数とポジション(取引高)ごとの売買比率を確認することができます。

この情報ツールは「みんなのFX」で口座開設しているお客様限定のサービスですが、取引画面にログインするとこのような表示になっています。下図の場合、米ドル/円を取引しているトレーダーのうち、42%が買いポジションを保有していて、58%が売りポジションを保有している、ということになります。ポジション(取引高)に関しては、買いポジションが50%、売りポジションが50%で拮抗している状態です。 この数値が買いまたは売りのいずれかに偏りすぎている場合には、そろそろ反動がくるというサイン になります。たとえば、米ドル/円の買いポジションが90%、売りポジションが10%の場合は、買いが偏っているため、そろそろ売りが優勢になる、つまり米ドル/円が下落するかもしれない、というサインになります。

価格分布

「みんなのFX」で実際に取引をしているお客様が、 どの価格帯のポジションを保有しているのかを示す情報ツール です。こちらも「みんなのFX」のお客様限定のサービスですが、取引画面にログインするとこのような表示になっています。下図の場合、真ん中の線の107.633円が現在の価格を指していて、赤い棒グラフが買いポジション、青い棒グラフが売りポジション取引量を表しています。現在価格より高い値段で買いポジションを保有しているトレーダーが右上のエリア、現在価格より安い値段で買いポジションを保有しているトレーダーが右下のエリアに表示されます。同様に、現在価格より高い値段で売りポジションを保有しているトレーダーが左上のエリア、現在価格より安い値段で売りポジションを保有しているトレーダーが左下のエリアに表示されます。このグラフから、 現在の相場のトレンドや投資家の傾向を読みとり、今後の相場展開の予測や売買判断などの参考情報として活用することができます 。

TMサイン

「TMサイン(テキストマイニングサイン)」は AIによる売買シグナルの配信サービス です。為替ニュースを見ても自分では売買の判断が難しい、という方のために、為替ニュースとレートをもとに、テキストデータから有益な情報を取り出す自然言語解析(テキストマイニング)の技術を用いて、機械学習により将来の相場を予測するものです。

2つの手法で為替相場をマスターしよう

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 よく当たるFX為替レート予想 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

ドル円(USD/JPY) 予想

現水準の下方では心理的節目かつ日足ピボットR1の128.00付近が強い下値支持帯となる。ここを割れても127.90付近に一目転換線、127.85にNYオプションカットが位置し、下値の固さが期待できる。さらに127.80を明確に割れるとストップロス売りを巻き込んで下値拡大の可能性はあるが、調整売り一巡が意識されるなか地合いは強く、早期に127円前半まで押し戻される展開は見込みにくい。
→株高基調を背景にリスクオンの上方目線、プロのドル円FX予想は?

31日のドル円デイトレード戦略 テクニカル節目

本日のドル円相場に関し、現水準より上方では、127円台後半に NYOPカット、一目均衡表 転換線が位置する以外は、心理的節目128.00しかテクニカル節目がなく、上値抵抗帯(レジスタンス)が希薄な状況。地合いによっては、128円台回復の可能性がある。

現水準より下では、127円台前半にフィボナッチ 38.2% 戻し、ピボットP、移動平均線5 日、ピボットS1が集積し、心理的節目127.00と合わせて下値支持帯(サポート)を形成している。この価格帯では底固さが示されそう。

マイナー通貨予想 NEW

米ドル円 ストップロス注文情報

128.05 ストップロス 買い
128.00 現在値(16:00時点)
127.60 ストップロス 売り

ドル円 売買シグナル勝率 日足

買いエントリー 1カ月 勝率31.2% ( 損益 +0.67円 )
売りエントリー 1カ月 勝率42.1% ( 損益 +0.31円 )

ドル円 と指標の相関

米ドル/円 ユーザー予想

米指標に振らされるなか週末の米雇用統計に注目!ドル円はどうなる?(30日〜3日) (現在値 127.98)

ドル円 テクニカル売買シグナル 日足

ドル円 ピボットポイント 日足

R3 128.98
R2 128.40
R1 128.01
PP(今日の中心値) 127.43
S1 127.04
S2 126.46
S3 126.07

ドル円予想 為替 フォーラム

【2021年ドル円予想】6年連続陰線が実現か

来る2021年、ドル円相場はどのような展開となるのでしょうか? 2020年は、新型コロナウイルス問題に米大統領選挙と、極めて大きな出来事が並んだ年となりました。とくに新型コロナ問題に関しては今後数年間にわたって世界経済に影響を及ぼすとも言われているものの、今後どのような展開をたどるのかはいぜん予測不可能と言わざるを得ません。 こうしたなか本稿では、次の3つの.

2023年までの米FF金利とドル円予想

米国ではコロナショックによる経済の落ち込みに対応するため、FRBはあらゆる金融政策の対応を行っています。その中でゼロ金利政策が導入されており、2023年までゼロ金利政策は維持される見込みです。 足元の米FF(フェデラルファンド)金利や長短金利の状態を確認するとともに、今後のドル円の値動きの考える上でのポイントを解説いたします。 ↓↓↓ 今日のドル円重要材料と、高.

今後のリスクオフは円高?円安? 安全通貨と「有事のドル買い」

「リスクオンの円安」 「リスクオフ(リスク回避)の円高」 といった表現を、為替ニュースで目にすることが、よくあります。 おそらく、「リスクオン→円安」、「リスクオフ→円高」というのが、多くの方の認識ではないかと思います。 しかしこのところは、 「リスクオンで円高」 「リスクオフで円安」 といった、これまでの認識とは逆のパターンが出てきて戸惑うことが.

【FXブログ】よく当たるFX為替レート予想

サイトのアイキャッチ画像

「よく当たる売買シグナル」が無料で使える! たった100円からFXができる! ドル円が低スプレッドで高い約定力! よく当たるFX為替レート予想 たった1クリックで注文可能なのでFX初心者でも簡単 スワップポイントキャンペーン時は業界最高水準高スワップ 1回分の証拠金のみでリピート注文できる「連続予約注文」 スマートフォンやタブレットに完全対応 スマホのクイック審査なら最短1時間で取引スタート 東証一部上場企業だから安心&安全 当サイト限定『.

前日の概要

NYダウは-326ドル安、日経平均株価も-464円安の25748円と下落しました。

ドル円は一時127ドル台半ばまで下落、クロス円も全面安となっています。

前日の結果

・ダウ平均 31730.30(-103.81 -0.33%)
・日経平均 25845(+75 +0.29%)
・金・ゴールド 1824.60(-29.10 -1.57%) よく当たるFX為替レート予想
・原油・WTI 106.13(+0.42 +0.40%) よく当たるFX為替レート予想

★★★
21:30 (米) 4月卸売物価指数(PPI)(前月比)
前回:1.4% 予想:0.5% 結果:0.5%
★★★
21:30 (米) 4月卸売物価指数(PPI)(前年同月比)
前回:11.2% 予想:10.7% 結果:11.0%
★★★
21:30 (米) 4月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前月比)
前回:1.0% 予想:0.6% よく当たるFX為替レート予想 結果:0.4%
★★★
21:30 (米) 4月卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)(前年同月比)
前回:9.2% 予想:8.9% 結果:8.8%
★★★
21:30 (米) 前週分新規失業保険申請件数
前回:20.0万件 予想:19.0万件 結果:20.3万件

本日のFX戦略

▽弱気材料:米利回りの低下
△強気材料:米国株の下げ渋り
◆ドル円は一時127ドル台半ばまで下落
◆クロス円も全面安
◆米10年債利回りは2.857%へ低下
◆ドルストレートは売りに押される
◆米国株は売り一巡後に下げ渋り
◆欧州株は-1%安
◆金は-29ドル安と下値模索
◆原油は小幅続伸
◆23時に米5月ミシガン大学消費者態度指数が発表
◆日経平均先物は+61円高の25810円
☆ドル安株高の地合いと予想

米国株は安値で買戻しが入る

昨晩のNYダウは、-103ドル台と6日連続安となりました。ただ、一時の-600ドル安からは戻しており、チャートは下ヒゲ付きの陽線引け

ナスダックは、+0.よく当たるFX為替レート予想 06%高と小幅に反発して下げ渋っています。

アップル-2.69%、マイクロソフト-2.00%、エヌビディア-2.74%とIT・ハイテク株への売りが継続シティグループ-2.31%、ウェルズファーゴ-1.78%と銀行株も売られました

ディズニーが見通し悪化で-0.85%となった反面、ネットフリックス+4.77%、ワーナー+2.95%など他エンタメ株に買いが入っています。ファイザー+1.90%、イーライリリー+1.78%とヘルスケア株は全面高

値上がりと値下がりは半々といったところで、まだ方向感に欠けています

テーマ別株価変動率

GAFAM +0.22%
半導体 +0.85%
旅行レジャー +1.53%
石油・エネルギー -0.19%
海運 -0.94%
銀行 -0.69%
電気自動車(EV) +0.76%
軍需産業 -0.73%
金投資 -3.44%
メタバース +2.70%
暗号資産関連 +0.35%

NYダウチャート(日足)
ナスダックチャート(日足)

各通貨とも-1~2%超売られる

ドル円は前日からの売りが続き、一時127.53円まで下押ししました。高値130.05円から2円50銭下落したのち、128.30円付近まで反発しています。

クロス円も連れ安、-2%超下落しておりドル円よりも下げ幅を広げました。NYダウが6日連続安になるなどリスク回避の円買いが強まっています。ドルストレートも売られていて、各通貨とも下落しました。

米10年債利回り

金は下値模索が続く

金は-29ドル安と下値模索、1824ドルまで下げました。1880ドルのサポートを割れて以降、下値模索が続いています。

原油は小幅続伸し、105ドルから106ドル台へ乗せました前日に発表されたガソリン在庫の減少を受け、買いが続いています。

金・ゴールドチャート(日足)
原油・WTIチャート(日足)

ドル円 注文状況

日経平均先物は、時間外で+61円高の25810円と反発しました。円高が進んでいるものの、米国株が安値で下げ渋っており、日本株も買戻しに期待したいところ。

ドル円の下値は128.00円がサポートライン、上値は128.50円や128.75円がレジスタンスライン。ドルに関し特に悪材料は出ていませんが、テクニカル的に過熱感が高いのでしばらくは調整と予想します。

ドル円板情報

★★★★
23:00 (米) 5月ミシガン大学消費者態度指数・速報値
前回:65.2 予想:64.0

OANDAオーダーポジション

【オープンオーダー】 オレンジ:指値注文、青:逆指値注文
【オープンポジション】 オレンジ:含み益、青:塩漬け

サイトのアイキャッチ画像

この記事の目次 OANDAオーダーブック(過去24時間) OANDAのオーダーブックとは OANDAのオープンオーダー OANDAのオープンポジション MT4オーダーブックインジケーターの入れ方 MT4オーダーブックインジケーターの使い方 【動画】OANDAオーダーブック OANDAオーダーブック(過去24時間)【オープンオーダー】 オレンジ:指値注文、青:逆指値注文【オープンポジション】 オレンジ:.

管理人著書・雑誌紹介

書籍・DVD

・書籍『10万円からはじめるマナブ式FXスキャルピング・デイトレ入門』(成美堂出版)
・書籍『50万円を6900万円に増やした!マナブ式FX』 (成美堂出版)
・書籍『FXシステムトレード超入門』(成美堂出版)
・書籍『マナブ式FX トラッキングトレード入門』(実業之日本社)
・書籍『マナブ式FX必勝チャート』 (扶桑社)
・書籍『マナブ式FX』 よく当たるFX為替レート予想 (扶桑社)
・DVD「マナブ式FX 音と色でわかる売買チャンス!」(パン・ローリング)
・DVD「マナブ式FX ポジった瞬間 逆に行 ってしまうことをなくすハナシ」(パン・ローリング)
・DVD「テクニカルとファンダメンタルズを組み合わせたFXトレード」(パン・ローリング)
・メールマガジン 【勝率8割以上!?】毎日更新、よく当たるFX為替レート予想配信

[お客さま参加投票企画] みんなで為替相場を予想しよう!

第一に、アメリカの物価上昇率がさらに高まることです。FRBは、物価の安定と雇用の最大化を目標としています。失業率が長期目標の4%以下まで低下しているため、高い物価上昇率を抑えることが当面の課題となるでしょう。また、アメリカでは、2022年11月に中間選挙があり、物価上昇率を抑えることが政治的にも求められています。そのため、物価上昇率がさらに高まれば、FRBは、1回の利上げペースを0.75%に加速させるなど、金融引締めを急ぐとの見方が出てくるでしょう。アメリカの中央銀行が急激に金融を引き締めることは、新興国からの資金流出やリスク資産の大幅な下落を引き起こすリスクがあります。その場合、為替市場では、ほとんどの通貨に対して、円高が進むと想定します。

第二に、世界景気が大幅に悪化することです。市場が想定する米利上げペースをみると、2022年中には大幅な利上げを織り込む一方で、2023年後半からは利下げを織り込んでいます。FRBの利上げが急速なペースで進めば、米国景気が2023年には減速すると、市場は想定しているようです。また、コロナ感染拡大で一部の都市でロックダウンを実施している、中国景気にも注意が必要でしょう。4月の中国の非製造業PMIは41.9とコロナショックが起きた2020年2月以来の大幅な落ち込みを記録しました。世界景気が大幅に悪化すれば、株式や資源などリスク資産の価格は下落するでしょう。為替市場では、リスク回避の円高が発生しやすいと予想されるため、注意しておきたいです。

解説者のご紹介
auじぶん銀行 チーフエコノミスト
山下周

プロフィール

1995年に株式会社三和銀行(現・三菱UFJ銀行)に入行後、約10年間にわたり日本のマクロ経済や日本国債の市場調査などに従事。その後、2005年から外資系証券会社に移り、2009年から2019年11月までドイツ証券株式会社の債券調査部チーフ金利ストラテジストとして金利・為替市場見通しを国内外の投資家に提供してきました。東京大学経済学部卒、日本証券アナリスト協会検定会員。

為替(FX)分析コラム

神田卓也

------------12/28ドル円相場---------------------------- 月末・年末モードで小動き。114.949まで強含んで月初来高値を更新したが115には届かず。 OP.

神田卓也

-------------12/27ドル円相場---------------------------- クリスマス休暇モードの中で114.915まで「意外高」の月初来高値更新。 OP114.314 H.

神田卓也

-------------12/22ドル円相場---------------------------- オミクロン懸念一巡で株と原油が続伸。1カ月ぶりに114.よく当たるFX為替レート予想 371まで上昇もドル買い続かず。 OP1.

神田卓也

神田卓也

神田卓也

今年最後のビッグイベントFOMC通過 関心はBOE、ECBへ-------------12/15ドル円相場---------------------------- FOMC来年3回利上げ見通しで114.

神田卓也

-------------12/14ドル円相場---------------------------- 米PPIの上ブレで欧州序盤の高値113.756にツラ合わせもFOMC前で上値伸びず。 OP113.

神田卓也

日経平均株価27,279.80-89.63-0.33%
日経225先物 (F)27,258.0-142.0-0.52%
韓国総合株価指数2,685.90+16.24+0.61%
NYダウ33,212.96+575.77+1.76%
独DAX14,500.66-75.32-0.52%
S&P/ASX 2007,211.20-75.40-1.03%
米ドル指数101.745+0.よく当たるFX為替レート予想 440+0.43%
1,857.75+0.45+0.02%
原油 WTI118.95+1.77+1.51%
21.902-0.068-0.31%
米国綿花2番140.54+1.34+0.96%
排出権83.89-0.よく当たるFX為替レート予想 08-0.10%
米国シカゴコーン771.40-4.60-0.59%
米国コーヒー228.65+2.05+0.90%
ドル/円128.01+0.46+0.36%
ドル/ウォン1,238.73+2.37+0.19%
ユーロ/ドル1.0738-0.0040-0.37%
ユーロ/円137.45-0.01-0.01%
トルコリラ/円7.8098+0.0277+0.36%
豪ドル/円91.93+0.よく当たるFX為替レート予想 14+0.16%
ポンド/円161.26-0.09-0.05%
大塚ホールディングス4,289.0-88.0-2.01%
ソフトバンクグループ5,379.0+21.0+0.39%
トヨタ自動車2,122.5-4.0-0.19%
三菱UFJフィナンシャル・グループ729.7-8.6-1.16%
ブイ・テクノロジー2,913.0-2.0-0.07%
東芝5,770.0-58.0-1.00%
みずほフィナンシャルグループ1,519.0-12.0-0.78%

ドル安、リスク心理の高まりで月初めの下落に転じる

EU首脳、ロシア産石油禁輸で合意 年内に9割対象

インフレ「大幅」低下まで50bp利上げ支持=ウォラーFRB理事

ロシアに到達可能な長距離砲、ウクライナに供与せず=バイデン氏

今週のマーケットにおける注目点トップ5

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる