オプション戦略のご紹介

マルチタイムフレーム分析ってなに

マルチタイムフレーム分析ってなに
テクニカル分析

【FX手法】MTF分析に欠かせないインジケーター『4TF HAS Bar.mq4』を紹介するよ!

FXismデイトレ大百科

第 マルチタイムフレーム分析ってなに 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

『億スキャFX』に搭載されているマルチタイムスコープの評判がすこぶる良い…

先日レビューした「億スキャFX」に搭載されているマルチタイムスコープ。これ(↓)ですね。

チャートのサブウィンドウに表示された4本のドット線です。

億スキャFX(絶対公式TAKAHASHIメソッド)
販売元:クロスリテイリング株式会社
開発者:髙橋良彰(たかはしよしあき)
発売日:2019年9月18日
公式サイト:https://takahasi-method.s3.amazonaws.com/top/it.html

MTF(マルチタイムフレーム)ってなに?

億スキャFXが採用しているインジケーターはMTF分析インジケーターなどとよばれたりします。

MTF = M ulti T ime F rame(マルチタイムフレーム)

MTF分析とは、複数の上位足(短期足〜中期足〜長期足)のトレンドをチェックして相場全体の環境認識をおこない、執行時間足でのトレード判断をおこなう分析法です。

そしてMTF分析を補完するテクニカルツールが、MTF分析インジケーターです。

短期足(30分)中期足(4時間)長期足(日足)が上昇トレンドにあるならば、執行時間足(5分)では「買いENTRY」で仕掛けたほうが明らかに優位性が高そうですよね。全体的に上昇傾向にあるのに、逆方向(売り)で仕掛けるのは、戻されるリスクが高そうだと感じるはず。

【2022年6月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

MTFインジケーターの代表『4TF HAS マルチタイムフレーム分析ってなに Bar.mq4』

今回は、相場環境を複数時間足で認識することができるインジケーターの中で代表的なものを取り上げてみます。古くから存在して最も有名なものが4TF HAS Bar.mq4です。

サブウィンドウにドットが4行並んでいますね。これが4TF HAS Bar.mq4です。

現行時間足を含めた上位足3つ=合計4つの時間足を示す

4TF HAS Bar.mq4を拡大

  • W1(週足)
  • D1(日足)
  • H4(4時間足)
  • H1(1時間足)…チャートに表示している時間足

4TF HAS Bar.mq4を拡大

  • H1(1時間足)
  • M30(30分足)
  • マルチタイムフレーム分析ってなに
  • M15(15分足)
  • M5(5分足)…チャートに表示している時間足

各時間足の平均足(の色)を示している

4TF HAS Bar.mq4|USD/JPY5分足

ちなみに、これらの 「赤」 「青」 のドットは、各時間足の平均足の色( 陽線陰線 )を示しているんです。

一番右側(最新の値)では、すべての時間足(1時間足・30分足・15分足・5分足)の平均足が 赤色(陰線 )を示しているという意味ですね。

正確に言えば、各時間足ごとのHeiken_Ashi_Smoothedの色を並べて表示させたものが4TF HAS Bar.mq4です。実際に、平均足(Heiken_Ashi_Smoothed)を重ねてみるとよくわかります。

平均足を見やすいようにローソク足を消しています。ご覧の通り、4TF HAS Bar.mq4の一番下の行(5分足)のドット々と、平均足の色が合致していることがわかると思います。

4色が揃えば強いトレンドと認識

4つの時間足の平均足の色がそろえば、強いトレンドが発生していると捉えることができますね。

4TF HAS Bar.mq4|強い下落トレンド発生中

4TF HAS Bar.mq4の4つのドットが 「赤色」 で揃っていますね。4つの時間足(1時間足・30分足・15分足・5分足)の平均足がすべて 陰線 になっていることを示しています。

ここでは下落トレンドが発生していると考えて、売りでENTRYするチャンスです。

上位足のトレンドが明確で、執行時間足が押し目や戻りを付けたタイミングで仕掛ける

最も優位性の高いトレード法は、トレンド中の押し目や戻りを狙うやり方です。つまり、上位足のトレンドが明確でなおかつ執行時間足が一時的に逆方向に向いたタイミング

4TF HAS Bar.mq4|押し目・戻りを狙う

全体的に下落基調(4つの時間足がすべて 陰線 )となっているなかで、5分足だけ一部が 陽線 (青ドット)になっているタイミングが2箇所ありますね。

ここが下落トレンド発生中における一時的な「戻り」です。ここから再び 赤ドット に戻ったタイミングで「売り」で仕掛けるわけです。

逆のパターンもみてみましょう。今度は押し目です。

4TF HAS Bar.mq4|押し目・戻りを狙う

全体的に上昇基調(4つの時間足がすべて 陽線 )となっているなかで、5分足だけ一部が 陰線 (赤ドット)になっているタイミングが3箇所あります。

ここが上昇トレンド発生中における一時的な「押し目」です。ここから再び全色が 青ドット に揃ったタイミングで「買い」で仕掛けます。

取引の勝率が上がる!株やFXのマルチタイムフレーム分析方法を解説!

投資の分析をする人々

株式投資

マルチタイムフレーム分析とは

複数のチャートと虫眼鏡

ねこ

マルチタイムフレームの特長

上昇する矢印に乗る男性

メリット

デメリット

マルチタイムフレームの分析法

株価チャートを分析する男性

株価の月足チャート

株価の週足チャート

株価の日足チャート

まとめ

少額投資は意味ないって本当?現役投資家が少額投資のメリットを解説!

少額投資は意味ないって本当?現役投資家が少額投資のメリットを解説!

低位株は本当におすすめか?低位株の致命的なデメリット3つを解説!

低位株は本当におすすめか?低位株の致命的なデメリット3つを解説!

旧帝大学院卒 ⇒ 投資家 兼 現役サラリーマン。実は最初から会社を辞めるつもりで入社した投資家男性の「サラトウ」と申します。10年以上の投資経験を持つ現役サラリーマン投資家が、投資や仕事に関する情報をサラリーマン視点でわかりやすくお伝えします。

関連する記事

株で月1万円稼ぐことは可能?その方法と難しさを現役投資家が解説!

あなたは大丈夫?株で破産しやすい人の特徴3つとその対策を解説!

運?実力? FXや株式投資と運の関係を初心者向けに解説!

運営者情報

旧帝大学院卒 ⇒ 投資家 兼 現役サラリーマン。実は最初から会社を辞めるつもりで入社した投資家男性の「サラトウ」と申します。10年以上の投資経験を持つ現役サラリーマン投資家が、投資や仕事に関する情報をサラリーマン視点でわかりやすくお伝えします。

【悲報】マルチタイムフレーム分析は意味ない件

マルチタイムフレーム分析は意味ない

テクニカル分析

マルチタイムフレーム分析は意味ない

マルチタイムフレーム分析は意味ない。使わなくてOKです。

とれろく

マルチタイムフレーム分析を採用すると勝率が大きく低下 します。今回はマルチタイムフレーム分析のデメリット、弱点に焦点を当て、どうしてマルチタイムフレーム分析は意味がないのか?不要なのか?徹底解説していきます。

広がるマルチタイムフレーム分析有効論

とれろく

マルチタイムフレーム分析の弱点・デメリット

結論から言うとマルチタイムフレーム分析を採用すると2つの弱点に苦しめられます

マルチタイムフレーム分析で勝率低下

トレンドは小さな時間軸から生まれ、次第に大きなトレンドを形成していくため、小さな時間軸の方が重要です。

■マルチタイムフレーム分析で勝率低下の例
間近の月足を見て上昇トレンドだと判断。マルチタイムフレーム分析により、買いエントリーしか行わないと制限を掛けることにします。

1月1日 日足で買いエントリー・・思惑と違い下がった為、損切り。
1月8日 日足で買いエントリー・・思惑と違い下がった為、損切り。
1月15日 日足で買いエントリー・・思惑と違い下がった為、損切り。
1月22日 日足で買いエントリー・・思惑と違い下がった為、損切り。
1月30日 日足で買いエントリー・・思惑と違い下がった為、損切り。

改めて月足を再確認すると、日足チャートで下落が続いた為、月足も上昇トレンドから下落トレンドに変化していることが確認できた。

2月3日 日足で売りエントリー・・思惑と違い上がった為、損切り。
2月10日 日足で売りエントリー・・思惑と違い上がった為、損切り。 マルチタイムフレーム分析ってなに
2月18日 日足で売りエントリー・・思惑と違い上がった為、損切り。
2月23日 日足で売りエントリー・・思惑と違い上がった為、損切り。

とれろく

大きなトレンドに沿った取引をすれば勝率が高くなるのは幻想です。本当に必要なのは小さなトレンドの変化を感じ取り、それが継続するかどうか?判断する技術・手法・能力です。

トレンドの変化は、小さい時間軸から発生します。
トレンドの変化が大きな時間軸まで波及するのには時間がかかります。

この波及するまでの間、大きな時間軸を中心に相場の方向性を考えていたのでは、 ずっと連敗してしまいます 。

テクニカル分析と組み合わせても意味ない

・月足、週足、日足に移動平均線を表示、方向が一致した時のみトレード
・月足MACDがゴールデンクロス中、日足RSIで売られすぎ水準で買いトレード
・期間の異なる複数のストキャスティクスを使って取引

【FXトレード日誌】負け続けていた頃に知りたかったMTF(マルチタイムフレーム)分析手法と最近のトレード総括

【FXトレード日誌】負け続けていた頃に知りたかったMTF(マルチタイムフレーム)分析手法と最近のトレード総括

3月もあっと言う間に
終わっていきますが
トレードの調子はいかがでしょうか?!(^^)!

さて、本日のブログテーマは
マルチタイムフレームについて
お話したいと思います。

私がFXトレードで勝てずに
苦しんでいた頃に
知りたかったテーマの1つなので
今回のブログ記事が
現在、思うようにFXで勝てない方や
トレードに迷走されている方の
現状を好転するきっかけになれると
嬉しく思います。

私の直近のトレード総括は
その後に行いますので
最後まで目を通して頂けると幸いです。

そもそも、マルチタイムトレードとは?

マルチタイムトレードの
お話をさせて頂く前に
マルチタイムトレードについて
初めて知った方も意味を分からない方も
中にはいらっしゃると思いますので
先に、マルチタイムトレードについて
お話させて頂こうと思います。

マルチタイムトレードの正式名称は
マルチタイムフレーム分析 と言い
MTFやマルチタイムと呼ばれる場合が多いです。

MTF分析やマルチタイム手法等
トレードによっては言われ方も異なりますが
マルチタイム分析の定義は1つしかございません。

”異なる時間軸のチャートを見て分析を行う”

このように、 上位足(長期足)から
チャート分析を行うという意味です。

ネット上で
マルチタイムフレーム分析や
マルチタイム手法と検索をすると
定義や意味合いは出てきますが
具体的な使い方や
何故MTF分析が重要なのか?

ということを伝えている方は
少ないと思いますので
ここからは私の過去を遡りながら、

・何故MTF分析が重要なのか?

・MTFトレードを構築する具体的な方法

・MTFトレードの精度を高める方法

MTF分析の重要性

私がFXで
思うように勝てなかった頃を
振り返ってみると
下位足(短期足)だけ
トレードを繰り返していました。

エントリー執行時間足は
1分足や5分足で
それ以外の足を当時は重要視せず
確認もしていませんでした。

具体的には
1分足や5分足の形だけを見て
エントリー判断をしていましたので
勝ちやすい局面や負けやすい局面の判断も
適切に把握できていない状態です。

”何故勝てたのか?”

”何故負けたのか?”

”今日は勝ったけど、明日は勝てるのかな?”

それに、1分足や5分足の下足だけを見て
エントリーを繰り返すことは
エントリー精度も高いとは言えないので
必然的に不安定なトレードになります。

恐らく、今現在
思うようにFXで勝てない方は
過去の私のように
1分足や5分足の下足だけを見て
エントリーしている方も
少なくないと思いますので
その場合は、これからお話する
MTF分析のトレード方法を参考に
ご自身のトレードを構築してみてください。

今日からMTFトレードを構築する方法

現在、FXトレードで
思うように勝てずに負けている方は
既にFXトレードに取り組まれていると思うので
大体の方は、エントリー執行時間足の
定義があると思います。

エントリー時間足の定義は
5分足がこういう形を作ったら
エントリーする等の意味です。

エントリー執行時間足の定義が
現時点では無い方に関しては
後ほどお話させて頂きますので
このまま読み進めて頂ければと思います。

・勝っているポイント

・負けているポイント

画像でキャプチャしたり
チャート上に線を入れたり
ご自身なりに、分かり易いように
まとめて頂ければと思います。

この際に最低でも
15~20パターン は資料として
まとめて頂ければと思います。

その後、勝っているポイントと
負けているポイントの
1時間足の形に注目してみてください。

恐らくですが
勝っているポイントと
負けているポイントの
ロウソク足の流れや形は
違うと思います。

ここまで把握できましたら マルチタイムフレーム分析ってなに
次は勝っているポイントに
注目してみましょう。

エントリー時間足で
勝っているポイントの
1時間足の形や流れ
大体は似ているはず なので
そうなっていることも
この際に確認して頂ければと思います。

確認した際に
そのようになっていれば
先は見えたと思って良いと思います。

何故かと言いますと
後は上位足(今回の場合は1時間足)で
勝っているポイントの形を待ち
その形になれば、下位足の
エントリー時間足で合わせるだけ。

という流れで
ルールを守ったトレードを
継続し続けるだけだからです。

このようなトレードを
マルチタイムフレーム分析や
マルチタイムトレードと言います。

更に理解し易く
分かり易くお話すると
今回のマルチタイム分析例の場合は

1時間足:環境認識を行う足

5分足:エントリ執行時間足

チャート分析を行う際は
1時間足→5分足の流れで
分析を行います。

私の場合は
FXで思うように勝てなかった頃
このようなマルチタイム分析が
できていませんでした。

と言うよりは
このような分析方法を
当時は知りませんでした。

MTF分析を覚えてからは
適切なトレード戦略を
検証や実践を重ねる過程で
構築することができましたので
思うようにFXトレードで勝てない方へ
MTF分析トレードを構築する為の
参考になれると嬉しく思います。

私の場合は
MTF分析を理解できた後は
エントリーを含め
大きな変化がございました。

今回のブログテーマは
マルチタイムフレーム分析が
メインテーマになりますので
エントリー時間足を含め マルチタイムフレーム分析ってなに
エントリーの変化に関してのテーマは
需要がございましたら
また別の機会に、書きたいと思います。

MTFトレードの精度を高める方法

今回の例は
分かり易さを重視して
1時間足と5分足を例に マルチタイムフレーム分析ってなに
MTF分析についてご説明しました。

1時間足と5分足でも
精度の高いトレードは可能ですが
更に精度を高めたい場合は
お伝えしたように
上位足から順に確認 するようにしましょう。

を、4時間や30分、15分足でも
確認を行いながら
それぞれのポイントに注目する。

その他の足の形や流れも
大体は似ているパターンを
探せるはずなので
似ている形や流れのパターンを
この際に確認して頂ければと思います。

私の場合ですが
日足に関しては
確認程度にしか見ていません。

相場状況に応じて
ケースバイケースで異なりますが
上記の流れをベースに
MTF分析を行っています。

検証と実践を
月日を掛けて行いながら
完成した分析方法なので
すぐに同じようにできるとは
絶対に言えません。

ですが、今回お話した
1時間足や5分足を使った
MTF分析でも精度の高いトレードは
執行できると思いますので
参考になる箇所は
参考にして頂けると幸いです。

すぐに劇的に変わるとは言えませんが
トレード戦績は向上するはずなので
トレード状況を好転させるきっかけに
なれると嬉しく思います。

エントリー時間足の定義が無い方

エントリー執行時間足の定義が無い方は
私のメールマガジンの中で
裁量トレードに関してお話をしています。

エントリーを行う為の手法解説含め
詳細にお話していますので
エントリー時間足の定義が無い方は
そちらを参考にして頂ければと思います。

“上位足の流れに逆らわないこと” です。

ということも
意識して頂ければと思いますが
順張りを覚えてしまうと
逆張りを行うメリットを
感じないと思います。

ですが、順張り、逆張りに関しては
合う、合わないがあると思いますので
こちらに関しても意識して頂ければと思います。

逆張りが有効な相場局面は
上位足でレンジ相場の局面なので
こちらも参考にして頂けますと
嬉しく思います。

トレード振り返り

先に、前回の記事で
自信満々に、ドヤ顔で書いていた
ユールドルの強気のポジションですが
指値決済に届かず、逃げるタイミングを失い
建値手前で微益で撤退しました。

逆相関を意識した際に
途転も考えるべき局面でしたが
ロット量が従来よりも
かなり多かったので
一旦リセットしています。

トレードに絶対はない!ということを
これまでの経験で知っておきながら
定期的にこういうことをしがちなので
今後は気を付けます。

次に、ニュージーカナダの
EA×裁量トレードの
チャートに張り付かないFX戦略例ですが、

次は、ドルフランを
ショートでエントリーした際の
流れになります。

私のトレード戦略をご存知の方は
転換局面を仕掛けた例になりますので
ご自身のチャートと照らし合わせて頂き
振り返って頂ければと思います。

こういう局面を
逃さないようにできれば
無理なトレードを行う必要は
一切ございませんので
何度もお伝えしていますが
ご自身なりの、

”分かり易い局面”

マルチタイムフレーム分析ってなに 綺麗な局面”

次は、ドル円を
ロングでエントリーした際の
流れになります。

エントリー直後になりますが
上記の局面は、私が得意としている
押し目ポイントになりますので
私のトレード戦略をご存知の方は
後ほど振り返って頂ければと思います。

ブログに記載している
チャート画像の時間足は
大半がM15です。

定義を含め
ほとんどが同じ形であることを
理解して頂く為に
記載する足を統一しています。

独自で検証をされる方への
ヒントにもなると思いますので
特にトレード記事に関しては
参考にして頂けると嬉しく思います。

ドル円の急騰は
まだ続きそうな形ですが
FXは投資ではなく
トレードで投機なので マルチタイムフレーム分析ってなに
やるべきことは
ルールに合うなら仕掛けて
ルールに合わないなら無視する。

私自身が
この後にドル円を
再度ロングで仕掛けています。

今の形から上昇できず
崩れるのであれば
一旦の下落は考えれるので
損切りを迎えなければ
途転を考える必要があると思います。

ですが、現時点の予想は無意味なので
来週の相場の流れを見ながら
冷静に判断したいと思います。

次は、ポンドドルを
ロングでエントリーした際の
流れになります。

上記局面も
私が得意としている押し目ポイントですが
前記したドル円とは異なる局面です。

環境認識の定義が異なる局面で
判断を行う定義は同じなので
私のトレード戦略をご存知の方は
必ず振り返って頂き
ご自身のチャートと
照らし合わせて頂ければと思います。

プライスアクションに加え
意識される時間帯の要素も
エントリーを後押しした局面です。

次は、ドルカナダを
ショートでエントリーした際の
流れになります。

私のトレード戦略をご存知の方には
説明不要なポイントだと思いますので
ご自身のチャートと、照らし合わせて頂き
振り返って頂ければと思います。

また、トレードに関しては
記載をしているポイントだけではなく
勝ち負けを繰り返しています。

勝率も決して高い訳ではなく
PFを最大限に伸ばすトレードなので
寧ろ、勝率は低いです。

トレード例に関しては
私のトレード戦略をご存知の方に
理解度を深めて頂く為に
記載をさせて頂いていますので
記載しているポイントだけであれば
勝率100%になりますが
全然違いますので
誤解を招かぬようにお願いします。

3月も来週で終わりますが
良い形で締めることができるように
最後まで気を引き締めて頑張りましょう!

サロンメンバーの方は
今週末に配信したペアで マルチタイムフレーム分析ってなに
同じ方向へ仕掛ける場合は
週初めから定期的な監視を
行うようにしましょう。

既にポイントは来ていますので
相場開始と共に間に合いそうな場合に限り
ご判断頂ければと思いますが
焦って飛び乗る行為だけはダメなので
違う場合は次回を待って頂ければと思います。

感謝の声続出中の無料参加型の投資企画

現在私は、 日本と海外を行き来しながら、
程良い忙しさの中で、
FX等の投資活動を仕事にしつつ、
好きなときに好きなことができる
お金のストレスとは無縁の
充実した毎日を送っています。

度重なる不幸を経て、
人生のどん底で私自身の人生の意味を
見つめ直した時期です。

上記の経緯を経て、過去の私のように、
夢や目標を叶える為の方法を模索している方や、
ゼロから投資を始めようと思う方へ向けて、
投資で人生を豊かにする為の方法を
私が辿ってきた過去~現在までのストーリーや、
実際に経験してきた紆余曲折の実体験を
包み隠すことなくお伝えさせて頂く
『Change The Life』という企画を始めました。

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

【応用編】マルチタイムフレーム分析(MTF分析)の手引き。



相場は3Dレイヤー構造。

相場の構造

相場は値段と時間、そして時間軸から成る3D構造です。

相場観とは”現在値”の適切な解釈で、相場世界を旅するための方向感覚のようなものです。

なぜインジ沼・手法沼にハマるのか?

N波動を使ったMTF分析

買い手の解釈
売り手の解釈

4時間足買い手のシナリオ
4時間足売り手のシナリオ

相場は3次元空間で考えれば勝てる。

迷晴れエッセンス濃縮!相場は波と節(フシ)で出来ている。

押し目買いの利食いはどこでする?

すぎるエントリー改善法。

視聴者アンケートでわかった!トレードの上達を妨げる諸悪の根源。

波のリズムと時間足相関、いつエントリーするの?今じゃないでしょ。

  • じんまる
  • 2020年 1月 22日

上がるか下がるかだけなのに、なんでこんなに難しいんでしょうね。
でも、人生が大きく変わるようなスキルなんですから、習得までが大変なのは当然ですけど。
「大」きく「変」えるのは、自分自身ですし、どちらに大きく変わるのか、これこそ自己責任ですね。

  • NoN
  • 2020年 1月 23日
  • 山崎
  • 2020年 1月 22日
  • NoN
  • 2020年 1月 23日
  • H
  • 2020年 1月 23日
  • NoN
  • 2020年 1月 23日
  • Tony
  • 2020年 1月 23日

正しい
努力
継続
3つの条件で頑張っている人なんて、1%いるかないかぐらいですかね。

  • H
  • 2020年 1月 24日
  • Tony
  • 2020年 1月 23日

値動きって、本当に理にかなっていることは、マヨハレさんの動画を見て初めてわかりました。
相場の前に、(大口を除いで)皆平等で、本当に一個のゲームとして成り立っていると思います。
検証を重ねて養った「相場を見る目」で、
自分なりに分析して、納得するエントリーをする!っというのは、楽しいですよね!
それに対して、インジばかり頼ってトレードは、楽しくなければ、納得感も得られないでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる