株初心者必見

ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスの使い方
ようするに、過去の平均から見て価格を判断します。
価格が平均より高い→買われ過ぎ
価格が平均より安い→売られ過ぎ

【バイナリーオプションでのストキャスティクス投資手法】設定からエントリーまで解説

ストキャスティクス

トレード初心者

トレード初心者

ミナト

バイナリーオプションでのストキャスティクス基本解説

  • ストキャスティクスとは何か?〜ストキャスティクスはどう使うの?
  • RSIとの違いは?〜同じく過熱感を示すインジケーターとの違い
  • MT4での設定方法〜実際に設定してみましょう!

ストキャスティクスとは?

ストキャスティクスは、 「売られすぎor買われすぎ」を数値で示すオシレーター系インジケーター の一つです。

  • 数値が20%以下→売られすぎ
  • 数値が80%以上→買われすぎ

上記のように20%と80%を基準に 相場を分析 します。

  • 3本のラインが 何を示し、相場に対してどう反応する のか?
  • 2つのパターンは ストキャスティクスの使い方 どのラインで構成され、相場に対してどう反応する のか?

トレード初心者

トレード初心者

  • %K:(直近の終値-ローソク足X本分の最安値)÷(ローソク足X本分の最高値-ローソク足X本分の最安値)
  • %D:%Kのローソク足Y本分の平均値
  • %SD:%Dのローソク足Z本分の平均値

(X、Y、Z)はパラメーターで設定していくのですが、一般的には( 9、3、3 )が使われています。

トレード初心者

ミナト

相場に対して敏感に反応する順として、 「%K>%D>%SD」 と覚えておけばOKです。

  • ファストストキャスティクス :%Kと%Dの組み合わせ
  • スローストキャスティクス :%Dと%SDの組み合わせ

スローストキャスティクスは、 ファストストキャスティクスを平均化 しています。

相場に対して 敏感に反応する順 として「ファストストキャスティクス>スローストキャスティクス」と覚えておけばOKです。

ファストストキャスティクスは 反応が早くダマシが多い ので、最初はスローストキャスティクスがおすすめです。

ミナト

RSIとの違い

ストキャスティクスは RSI と視覚的に似ており、よく比較されますが使い方・見方は異なります。

  • 計算が違う
  • ラインの数が違う
  • エントリーポイントの見つけ方が違う
  • RSI: 終値をベース に計算
  • ストキャスティクス: 高値・安値が計算式に含まれる
  • RSI: 1本 のライン
  • ストキャスティクス: 2本 のライン
  • RSI:ラインが 基準値以上のゾーンに侵入 した時にエントリーを見極める
  • ストキャスティクス:基準値以上に到達時・ 2本のラインのクロスポイント でエントリーを見極める

RSIとストキャスティクスの共通点は、「 ラインを用いて相場の過熱感を示すオシレーター系インジケーター 」であることで、実際の使い方は異なります。

MT4での設定方法

  • %K期間: ローソク足何本分 を計算に用いるか?
  • %D期間:何本分の %Kを計算に用いる か?
  • スローイング:何本分の %Dを計算に用いる か?
  • %K期間・・・9
  • %D期間・・・3
  • ストキャスティクスの使い方
  • スローイング・・・3
  • 移動平均線の種別・・・Simple

ストキャスティクスを使ったエントリータイミング

  • 買われすぎ、売られすぎからの逆張り手法
  • ストキャスティクスの使い方
  • ダイバージェンスでの逆張り手法
  • ゴールデンクロスとデッドクロス

買われすぎ、売られすぎからの逆張り手法


◯の箇所は、ストキャスティクスが20%を下回り「売られすぎ」と判断したところで、逆張りのHIGHエントリーをしたポイントです。

ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスは一定期間の一番高かった値段と安かった値段の値幅に対して、現在の株価が、どのくらいの位置いるのかということを数値化したもので、「売られすぎ」なのか「買われすぎ」なのかを知りたいときに役立ちます。RSIと同じく“逆張り指標”として横ばい相場のときに使います。

ストキャスティクスの計算方法

ストキャスティクスは複数のラインを使うことが特徴です。
各ラインの計算式は以下のとおりです。


「%D(パーセントD)」は中期オシレータのラインです。
%Kの分子を直近3日間合計したものを、直近3日間合計した分母で割ったものを百分比で表します。過去3日間の%Kを移動平均化するイメージで、%Kよりはなだらかな線になります。

「Slow%D(スローパーセントD)」は長期オシレータのラインです。
過去3日分の%Dを3で割って平均したもので、%Dよりももっとなだらかな線になります。
(%DとSlow%Dで設定される期間は3日がよく使われますが、何日に設定するかは人それぞれです。)

「ファストストキャスティクス」と「スローストキャスティクス」

どうやって使う?

ストキャスティクスの基本的な3つの活用法をご紹介します。

①最もシンプルな使いかたは%Kや%Dが、80以上の水準から80を切ったら売り、20以下の水準から20を超えたら買いと判断します。

②2本のラインが交わるタイミングを利用する方法です。ここではエッジバンドを仮に30と70とします。
70以上の水準で%Kが%Dを下回ったら売りシグナル、30以下の水準で%Kが%Dを上回ったら買いシグナルと判断します。

一方、 30以下の水準で、株価が安値更新、ストキャスティクスが前回安値を下回らずに切りあがった場合の買いシグナル、これをコンバージェンス(収束買い)といいます。
この売買シグナルは、トレンド転換をとらえるために非常に重要ですが、少々判断しにくいといった短所があります。
そのため、ほかのテクニカル指標を併用してシグナルを読むことが必要となります。

逆行現象って?

横ばい相場が続いていれば、ストキャスティクスの売買シグナルはうまく機能します。しかし、トレンドが発生し大きく上昇すると、誤った売りシグナルを発することもあります。

ジョージ・レーン氏の提唱する2つの活用法

さきほどご紹介したストキャスティクスの3つの基本法よりも、精度が高いといわれている、開発者のジョージ・レーン氏が提唱する2つの活用法をご紹介します。

①スパイク・トップとスパイク・ボトム
エッジバンドを85と15に設けます。
85の水準を上方から下回ったら売りシグナル(スパイク・トップ)、15の水準を下方から上回ったら買いシグナル(スパイク・ボトム)とします。これは鋭角的な天井(逆V字天井)や底値(V字底)に有効です。

②ガービッジ・トップとガービッジボトム
エッジバンドを70と30に設けます。
70以上の水準で%Kが%Dを2度下回ったら売りシグナル(ガービッジ・トップ)、30以下の水準で%Kが%Dを2度上回ったら買いシグナル(ガービッジ・ボトム)と判断します。これは3波動(N字)で天井や底値を形成するパターンに有効といえます。

ストキャスティクスを実際に使ってみよう (1) 単独で

それでは実際のチャートで使ってみましょう。
ここでは、ストキャスティクスは9日ベースを用いて、%Dを使用しています。

ストキャスティクスを実際に使ってみよう(2) ガービッジ・トップ

次は、%Kと%Dの交差を用いたガービッジ・トップのご紹介です。
このケースでも、パラメータは9日ベースを用いています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる