FX デモ取引

値幅の取り方と損切のポイントとは

値幅の取り方と損切のポイントとは
・米国第2四半期GDP(確報値)
REUTERSによれば、米商務省が発表した値は前期比プラス6.7%となっており、前四半期のプラス6.3%から成長が加速したものの、第3四半期入り後に経済成長が鈍化した可能性がある。ドル円は9月30日21時からの1時間足で、最高値112.012円、最低値111.859円の陰線を付け、その後週末にかけて111.000円まで下げている。

【市況】 短期的な値幅取りを意識した展開【フィスコ・ビットコインニュース】

  • 億ヤラレ中の億り人、日本株躍進もアメ株でつまずきのワケ
  • 明日の株式相場に向けて=「インバウンド」が最強テーマに化ける夏
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月26日)
  • 買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER&低PBR 41社 <テクニカル特集> 5月26日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):フロンテオ、エムアップ、神戸物産
  • 郵船、今期配当を実質増額修正
  • インバウンドの追い風再び、「サービスロボット関連株」本格稼働へ <株探トップ特集>
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月26日)

人気ニュース【ベスト5】

    値幅の取り方と損切のポイントとは
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:フロンテオ、神戸物産、エムアップ
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月25日版
  • 億ヤラレ中の億り人、日本株躍進もアメ株でつまずきのワケ
  • インバウンドの追い風再び、「サービスロボット関連株」本格稼働へ <株探トップ特集>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月26日記)

お薦めコラム・特集

  • 買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER&低PBR 41社 <テクニカル特集> 5月26日版
  • 明日の株式相場に向けて=「インバウンド」が最強テーマに化ける夏
  • 億ヤラレ中の億り人、日本株躍進もアメ株でつまずきのワケ
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月26日記)
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月25日版

値幅の取り方と損切のポイントとは

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

板読みの意味をわかりやすく解説!初心者でも値動きを読んで売買する方法とは

ユーザーレビューより抜粋
❝自分も元ディーラーでしたが、新人の時に先輩に怒られながら教えてもらったことが書いてありおもしろく追体験させてもらいました。
基本的に板って何?と思っている人にとっては非常にわかりやすいと思います。
あと同値撤退の方法が書いてあるのは初心者は非常に重要な点だと思います。なかなか逃げ方を書いてある本は少ないのでためになる一書です。❞
❝内容の中心は板読みの基礎の基礎。なんのために板読みが必要なのか、どんな点に着目したらいいのかがまとめられています。
本を読むだけで板読みできるようにはなりませんが、参考にして板を見、また読み直していけば徐々に書いてあることの理解が進んでいきます。
これから板読みを試してみたいという人におすすめの本になっています。❞

「投資家心理を読み切る板読みデイトレード術」

ユーザーレビューより抜粋
❝内容充実!出し惜しみのない力作だと思います。
株本は短期トレードを中心に50冊以上は読んでますが個人的にはベスト3に入る良書です。
板読みに限らずトレードで継続的に稼ぎ続けるために必要な心構えや考え方がしっかり書いてあります。❞
❝エントリーに迷いが出た時には必ず読み返す本となりました。
時代と共に手法は変わっていくと思いますが、売買のシステムを考案するのも今の所は人間が考えているので、基本的に板の向こうの対戦相手を意識する事はそう変わらないと思います。実践してこそ思いあたる問題や疑問が詳しく説明してありますので、何とも心強い本です。❞
❝「歩み値」の分析も優れたものです。類書にはこの点について触れて
ないものがほとんどです。中級者、上級者にとって座右の書であることは否定できません。❞

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる