ストラテジーの探し方

バイナリー オプション 平均足

バイナリー オプション 平均足
バイナリーオプション攻略法 Free-PhotosによるPixabayからの画像

バイナリーオプションを攻略するには平均足を使いこなそう!

バイナリーオプション攻略法 Free-PhotosによるPixabayからの画像

そのローソク足の発展型として、 平均足 というものがあります。
平均足を活用することにより、よりトレンドの動きが把握しやすくなり、値動きが予測しやすくなります。

平均足って何?

一方、平均足とはコマ足とも呼ばれる日本古来のチャート分析法で、ローソク足チャートと似てはいますが、足の計算方法が違ってくるため、チャート上では少し見え方が違ってきます。
平均足も、ローソク足と同じく始値・高値・安値・終値にて表示されますが、 足の実体部分の上下、つまり始値と終値には平均値が使用されているのが特徴となります 。計算式は以下となります。

■1日目の計算式
始値 = (前日始値 + 前日高値 + 前日安値 + 前日終値) ÷ 4 バイナリー オプション 平均足
終値 = (当日始値 + 当日高値 + 当日安値 + 当日安値) ÷ 4

■2日目以降の計算式
始値 = (前日の平均足の始値+前日の平均足の終値) ÷ 2
終値 = (当日始値 + 当日高値 + 当日安値 + 当日終値) ÷ 4

平均足のメリットとは?

平均足は、上述したようにローソク足と計算式が違い、平均値を活用したチャートとなるため、主に チャートを視覚的に改良できる方法として活用されます 。そのため、トレンドの把握がしやすくなり、トレンドフォローでの取引ではよく活用される分析方法となります。

大きなメリットは2つあり、 1つ目は窓ができないことです 。通常のローソク足は、トレンドの勢いが強く価格が大きく変動した際には、ローソク足同士の間に空間ができ、チャートの波が途切れたように見える部分が出来上がります。その空間を、窓と呼びます。
しかし、平均足では、実体は前日の平均足の実体の中心から、当日の始値・高値・安値・終値の平均値にかけて形成されるため、隣り合う平均足の間に窓と呼ばれる空間ができないようになっています。そのため、チャートが一繋ぎになり流れを把握しやすくなるのです。

2つ目は、 陽線と陰線が比較的分かりやすく並ぶ点です 。平均足では、上昇トレンドでは陽線の上ヒゲが長く下ヒゲがない状態が続き、下降トレンドでは陰線の下ヒゲが長く上ヒゲがない状態が続きます。また、平均足では、上昇トレンド発生中に陰線が出たり、下降トレンド発生中に陽線が出る可能性は極めて低いのが特徴です。そのため、チャートを見た時に陽線と陰線の入り混じりが少なくなるため、チャートが見やすくなるというメリットがあるのです。

平均足のデメリットとは?

それは、 平均値を利用していることから、現在値の位置が分かりづらいということがあげられます 。そのため、例えば強い上昇トレンドが起こっている時は、大抵高値=現在値となるため、高値買いとなってしまう可能性が大いにあります。また、反対に強い下降トレンドの場合は、安値売りとなってしまう可能性があるのです。あくまで、平均足チャートはトレンドの流れを把握するために適したツールであると理解し、細かく価格の動きを追いたい場合には平均足ではなくローソク足のチャートを活用しましょう。

平均足の使用方法

それでは、平均足はどのように表示させるのかについて見ていきましょう。
世界トップシェアを誇る MT4(チャート分析ツール)での設定方法 をご紹介します。

平均足を活用した取引方法

しかしながら、まず知っておいていただきたいのは、 平均足だけで精度の高いエントリーポイントを探し出すことはかなり難しいということです
相場には、ダマシという現象が発生する可能性があります。ダマシとは、しっかりチャート分析をして予測したにも関わらず、予想通りにチャートが動かなかった場合のことをさします。そのダマシを回避するためにも、いくつかの情報を掛け合わせて判断することが極めて重要になってくるのです。
つまり、 平均足チャートを活用して取引を行う際には、他のテクニカル指標を活用して、さまざまな視点から相場状況やトレンドの方向性について確認する必要があるということになります

順張り手法の場合

トレンドフォローで行う順張り手法の場合は、 移動平均線 との組み合わせで平均足を活用します。
移動平均線は、短期・中期・長期の3本を表示させます。そして、平均足でトレンドの方向性を確認し、その方向に パーフェクトオーダー が発生していることを確認できれば、順張りでエントリーを仕掛けるといった流れとなります。パーフェクトオーダーとは、3本の移動平均線が短期→中期→長期、もしくは長期→中期→短期の順に縦に並び、方向性がすべて一致している状態のことを言い、強いトレンドが発生していることを示唆しています。つまり、 移動平均線でパーフェクトオーダーになっているかを合わせて確認することによって、平均足で判断したトレンドの方向性の信憑性が増し、エントリーの勝率を高めることができるのです

また、 一目均衡表 を組み合わせた方法もあります。一目均衡表では、 と呼ばれるチャートの反発が起きやすいエリアを表示させることができます。反発が起きやすいということは、そのエリアを突き抜けた場合は、大きなトレンドが起こる可能性もあるということになります。この特性を活かし、 チャートが雲を突き抜けたタイミングを狙い、トレンド方向にエントリーをしていく手法も、バイナリーオプション取引において有効性がある手法と言えるのです

逆張り手法の場合

トレンドの方向性とは反対方向にエントリーを仕掛ける手法を、逆張りと言います。逆張りの場合では、平均足に合わせて ボリンジャーバンドストキャスティクス といったインジケーターを活用することで、勝率の高いエントリーポイントを探し出すことができます。
まず、平均足チャートがボリンジャーバンドに触れたことを確認します。そして、ストキャスティクスのチャートに、ゴールデンクロスもしくはデッドクロスが出現していることを確認します。そのどちらもが確認できたとしたら、それまでのトレンドの方向とは反対方向にエントリーするのです。例えば、上昇トレンド中に平均足チャートがボリンジャーバンドの高値側のラインに触れたとしたら、ストキャスティクスのチャートでデッドクロスが出ていないか確認し、もし出ていたらLowエントリーを仕掛けるのです。

このように、逆張り手法ではトレンドが発生したことをはっきりと確認する前にエントリーを仕掛けるため、順張り手法と比べてエントリーポイントを正確に把握することが難しいという点があります。そのため、 平均足以外にテクニカル指標を複数活用することで、エントリーの根拠を強めていき、またテクニカル指標の状況から不利だと思ったタイミングではエントリーしないなど、勝率を下げないように心掛けることが重要なのです

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる