取引戦略

投資信託の解約はいつすべき

投資信託の解約はいつすべき
こちらも読まれています

上場株式、投資信託の評価|相続税コラム

フリーダイヤル0120-912-914お問い合わせ

税理士が解説する相続税コラム

上場株式、投資信託の評価

投資

相続や贈与があった場合どのように評価をしたらよいか、上場株式と投資信託の例をあげてご説明します。
執筆:相続センター 新潟事務所
公開:2020年8月20日

上場株式の評価

株価チャート

  1. 課税時期(相続の場合は相続の開始した日)の最終価格
  2. 課税時期の月の毎日の最終価格の平均額
  3. 課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均額
  4. 課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均額

投資信託の評価

(1) 中期国債ファンドやMMF(日々決算型)の証券投資信託の受益証券

1口当たりの基準価格 × 口数 投資信託の解約はいつすべき + 未収分配金 - 源泉徴収されるべき所得税の額 - 信託財産留保額および解約手数料

(2) 上記(1)以外の証券投資信託の受益証券

課税時期の1口当たりの基準価額 ※ × 口数 - 源泉徴収額 - 信託財産留保額

源泉徴収されるべき所得税の額、源泉徴収税額とは、 投資信託を解約する際に生ずる税金です。譲渡所得に対して20.315%(源泉所得税15%、住民税5%、復興所得税0.315%)かかります。
そのため、もし取得価格(個別元本)がわかるようなら、相続開始日時点で換金した場合の金額から取得価格(個別元本)を控除し、その残額に20.315%を掛けることで源泉徴収税額を求めることができます。

その他(配当金など)

相続についてはいつ発生するかが分からない一方、贈与については当事者の意思により決定をすることが可能です。
税金を計算する上での評価額という観点で考えると、金融商品の価格が下がったタイミングなどで贈与をすることにより、評価額を抑えることが可能です。
ただし、贈与税は相続税に比べ税率が高くなる場合がほとんどなので、贈与をする株数については慎重に検討をする必要があります!
もし生前贈与を検討されるのであれば、相続業務に精通をしている税理士に、ぜひご相談を!

三井住友信託ファンドラップ

世界の経済成長(GDP)と債券・株式の動き

契約期間タイプを1年・3年・5年の3種類(いずれも自動更新型)とし、新規契約時にお客さまが選択します。
契約期間は、契約締結日から、新規契約時の運用開始日の契約期間タイプで定める期間後応当日の直前四半期末(3・6・9・12月末)営業日までとし、その後は当契約と同一の契約期間タイプとして定める期間で自動的に更新されるものとします(以下、各契約期間の末日を「期間満了日」といいます)。
期間満了日当日に契約を終了するためには、期間満了日の10営業日前までに、契約終了のお手続きが必要です。ただし、ファンドの休業日によっては資金化に時間を要する場合があり、期間満了日での契約終了とならない場合があります。
なお、契約終了については、新規契約時の運用開始日の3カ月後応当日以降毎営業日お申し込み可能です。

  • 100万円以上1円単位
  • 毎営業日お申し込みいただけます。(運用資金待機コース中、または、運用資金待機コースを選択する際にはお申し込みできません。)
  • 追加入金の運用開始日は、原則として手続日から起算して6営業日目以降、手続日の1カ月後応当日までの営業日とし、指定口座への入金は運用開始日の2営業日前の正午までとします。

電子開示サービス専用サイトからの増額(追加入金)

  • 100万円以上1万円単位
  • 運用開始日は、原則として申込日の翌営業日から起算して6営業日目とし、指定口座への入金は運用開始日の3営業日前(申込日の翌営業日から起算して3営業日目)までとします。
  • 10万円以上1円単位
  • 受付日前営業日の運用資産の時価評価額(お申し込み済みの追加入金・一部解約額を考慮したもの)から一部解約額を差し引いた額が、500万円を下回る一部解約はできません。
  • 新規契約時の運用開始日から起算し、3カ月間は一部解約できません。新規契約時の運用開始日の3カ月後応当日以降、毎営業日お申し込みいただけます。
  • 投資信託の解約はいつすべき
  • 手続日から起算し、原則9営業日目に換金いたします。
  • 新規契約時の運用開始日から起算し、3カ月間は変更できません。新規契約時の運用開始日の3カ月後応当日以降、毎営業日お申し込みいただけます。
  • ヒアリングシートのご回答結果によっては運用コースを変えられない場合もあります。
  • 運用資金待機コースの選択については、新規契約時の運用開始日から起算し、3カ月間は選択できません。新規契約時の運用開始日の3カ月後応当日以降、毎営業日お申し込みいただけます。運用再開については、毎営業日お申し込みいただけます。
  • 毎営業日お申し込みいただけます。
  • 毎営業日「選択・終了」をお申し込みいただけます。受付日前営業日の運用資産の時価評価額(お申し込み済みの追加入金・一部解約額を考慮したもの)が300万円以下の場合は選択できません。
  • 選択した場合、契約変更の運用開始日の翌四半期初月(1・4・7・10月)以降、1・4・7・10月の25日(休業日の場合は翌営業日)に払い戻します(なお、新規契約時の運用開始日が属する四半期中に、定時定額払戻の選択をする場合は、新規契約時の運用開始後3カ月を経過した翌四半期初月から払い戻します)。
  • 運用資金待機コースに移行した場合は、運用資金待機コースの運用開始日が属する四半期の翌四半期以降の払戻を中断します。
  • 三井住友信託ファンドラップ月次運用報告書
  • 三井住友信託ファンドラップ四半期運用報告書(3・6・9・12月末基準)
  • 三井住友信託ファンドラップご契約終了報告書

三井住友信託ファンドラップの費用等について

お客さまにご負担いただく費用について

三井住友信託ファンドラップでお客さまにご負担いただく費用等には、運用資産の時価評価額に応じてお客さまに直接ご負担いただく費用( 三井住友信託ファンドラップの投資顧問報酬 )と、国内投資信託に投資することにより間接的にご負担いただく費用( 三井住友信託ファンドラップの組入投資信託に係る信託報酬等 )の2種類がございます。

三井住友信託ファンドラップの投資顧問報酬

投資顧問報酬のタイプは2種類よりお選びいただけます。

①固定報酬型

前四半期末時点の運用資産の時価評価額を計算基準額 ※1 とし、所定の固定報酬率 ※2 を乗じて算出した金額を当該四半期分の固定報酬として後払いにてご負担いただきます。

  • ※1 当該四半期中に追加入金・一部解約があった場合、計算基準額が変更になります。
  • ※2 所定の固定報酬率は下表「投資顧問報酬率」のとおりです。

固定報酬型

②成功報酬併用型(契約期間タイプ「3年」・「5年」のみ)

固定報酬は、所定の固定報酬率 ※1 を用いて固定報酬型と同様に算出します。成功報酬併用型の固定報酬は、固定報酬型に比べて低い料率で設定されており、運用期間中の固定報酬を低く抑えることができます。成功報酬は、契約更新時、契約終了時に運用成果がプラスの場合のみ、運用成果の額 投資信託の解約はいつすべき ※2 に所定の成功報酬率 ※3 を乗じて算出します。

  • ※1 所定の固定報酬率は下表「投資顧問報酬率」のとおりです。
  • ※2 計算基準額から成功報酬支払基準額を差し引いた額とします。計算基準額は、契約更新時には期間満了日の運用資産の時価評価額とし、契約終了時には運用資産の換金後の金額とします。成功報酬支払基準額は、初回計算時には契約金額とし、以降は運用資産の時価評価額から成功報酬額を差し引いた額を、新たな成功報酬支払基準額として更新します。
  • ※3 所定の成功報酬率は下表「投資顧問報酬率」のとおりです。

成功報酬のイメージ図

投資顧問報酬率

固定報酬型
成功報酬併用型
  • 運用中は、当該四半期(1~3月・4~6月・7~9月・10~12月)分に係る固定報酬として、翌四半期初月(4・7・10・1月)の原則16営業日目に、前四半期末月(12・3・6・9月)末日の運用資産の時価評価額に応じて上表に定める当該料率を乗じた金額をご負担いただきます。
  • 契約を終了する場合は、当該四半期分に係る固定報酬を、契約の終了時にご負担いただきます。
  • 成功報酬併用型を選択し、期間更新時・契約終了時に計算基準額が成功報酬支払基準額を上回った場合は、固定報酬に加え、成功報酬もご負担いただきます。
  • 初回の計算期間は、新規契約時の運用開始日から当該運用開始日が属する四半期末までの固定報酬を日割計算してご負担いただきます。
  • 運用資金待機コースの期間は、固定報酬の計算対象期間から除きます。
  • 投資顧問報酬の計算基準額は、待機資金を含む運用資産全体の時価評価額です。エントリー分散中の低リスク資産も計算対象になります。

長期保有優遇制度

三井住友信託ファンドラップに係る報酬率の低減イメージ図

三井住友信託ファンドラップの投資顧問報酬と提供サービス

  • 報酬タイプ(固定報酬型、成功報酬併用型)
  • プロフィットロック、ロスカット
  • 定時定額払戻
  • 電子開示サービス
  • 人生安心パッケージ 等

投資対象にかかる信託報酬等

  • 購入時の申込手数料、解約時の解約手数料はかかりません。
  • 信託報酬(委託者・販売会社・受託者への信託報酬の総額)は、信託財産の純資産総額に対して年率0.935%(消費税等込)を上限とする報酬率で日々信託財産から控除されます。なお、商品により別途運用実績に基づき計算される成功報酬がかかる場合があります。また、商品により購入時・解約時に信託財産留保額(基準価額に対し最大0.3%)をご負担いただく場合があります。
  • 「その他の費用」として、会計監査費用、有価証券売買時の売買委託手数料や保管にかかる費用、先物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用、信託事務にかかる諸費用等が信託財産より差引かれます。
  • その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率・上限額等を表示することができません。
  • 三井住友信託ファンドラップに組み入れる投資信託の信託報酬等は、個々の投資信託により異なりますので、各投資信託の目論見書でご確認ください。

投資顧問報酬と組入投資信託に係る信託報酬等の関係

投資顧問報酬と組入投資信託に係る信託報酬等の関係

三井住友信託ファンドラップの譲渡益に対する課税について

契約終了時等の譲渡益に対する課税の考え方

計算例

契約終了時のお受取金額について

「特定口座(源泉徴収あり)」での源泉徴収・還付について

運用資金待機コースへ移行する際の課税の考え方

三井住友信託ファンドラップにおけるリスク

三井住友信託ファンドラップに関してご注意いただきたい事項

三井住友信託ファンドラップにおけるリスクについて

お客さまにご負担いただく費用について(以下、料率については税込みにて表示しています。)

直接ご負担いただく費用
投資顧問報酬には、固定報酬型と成功報酬併用型があります。お客さまの運用資産の時価評価額(時価残高)に対して、固定報酬型は上限 年率1.540%を乗じた額、成功報酬併用型は上限 年率1.023%の固定報酬に、運用成果の額の16.5%の成功報酬を加算した額をお支払いいただきます。

間接的にご負担いただく費用
投資対象となる国内投資信託については、信託報酬(信託財産に対し最大年率0.935%、なお、商品により別途運用実績に基づき計算される成功報酬がかかる場合があります。)をご負担いただきます。
また、商品により購入時・解約時に信託財産留保額(基準価額に対し最大0.3%)をご負担いただく場合があります。
また、売買等の取引費用や監査費用等のその他費用が運用資産より差し引かれます。
これらの費用の合計額および上限額については、資産配分比率、運用状況、運用実績等に応じて異なるため、具体的な金額・計算方法を記載することができません。
詳しくは、契約締結前交付書面および目論見書等でご確認ください。

TOPIXと日経225の違い-どちらに投資した方が有利なのか | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

1TOPIX
TOPIXは、東証一部に上場する全ての国内株式を対象とした国内株式指標である。1968年1月4日の時価総額を100として、その後の時価総額が指数化されている。構成銘柄数は2,165銘柄と多い。各銘柄のウェイトは、時価総額の大きい銘柄ほどウェイトが高くなる、時価総額加重で算出される。但し、現在は単純な時価総額ではなく、実際に市場に流通している浮動株と言われる株式の時価総額が各銘柄のウェイトとして用いられている。

2日経225
日経225は日経平均株価の略称で、日本経済新聞社が発表する株価指数である。東証一部上場銘柄のうち、日本株式市場を代表する225銘柄を対象としている。1949年5月16日の単純平均株価176円21銭から算出され、対象銘柄の株価の合計を225で割った単純株価平均をベースに、株式分割等による株価変動を修正して株価の連続性を保っている(日経225=225銘柄の株価合計÷除数)。このように日経225のウェイトは、株価が高い銘柄ほどウェイトが高くなる株価平均型で算出される。

図表1 TOPIXと日経225の主な違い

3TOPIXと日経225の主な違い
最初に注目すべきTOPIXと日経225の違いは、主に銘柄数とウェイト算出方法の違いからくる、組入れ銘柄の違いである。まず、企業別にみると、日経225は固有銘柄の比率が高い。構成比率上位10銘柄の合計比率はTOPIXが17.3%、日経225が37.0%である(図表2)。中でも、ファーストリテイリングは、日経225の10.1%を占める。次に、業種別にみると、比率が最も高いのはTOPIX、日経225どちらも「電気機器」で一致しているが、比率自体を確認すると異なっている。TOPIXで日経225より比率が最も低い業種は、ファーストリテイリングが属する小売業で、その差は8.0%だ(図表3)。一方、TOPIXで日経225より比率が最も高い業種は銀行業で、その差は4.投資信託の解約はいつすべき 5%だ。

図表2 構成比率上位10銘柄/図表3 業種別構成比率

3――TOPIXと日経225のインデックスファンドのどちらの方が得か

1過去のインデックス指数の推移
図表4を見て分かるように、TOPIXと日経225の指数の推移はほぼ同じで、収益率(配当込み)の相関係数は0.97と非常に高かった。2002年1月末対比の指数の推移(図表4)をみると、日経225の方が上昇率は若干高く、2020年5月末時点では70.1ptの差があった。また、変動の幅は日経225の方が若干大きく、月次収益率(配当込み)の標準偏差はTOPIXが5.0%、日経225が5.4%だった(2002年1月から2020年5月まで)。

図表4 TOPIX(配当込み)と日経225(配当込み)の推移

2一括投資した場合のパフォーマンス
過去に一括投資をしていた場合、実際のパフォーマンスはどちらがよかったのか見てみよう。240万円を投資し10年後、360万円を投資し15年後の最終時価残高でTOPIXと日経225を比較する。

図表5 一括投資した場合のパフォーマンス評価

3ドルコスト平均法で投資した場合のパフォーマンス
次に、ドルコスト平均法で過去に投資をしていた場合、実際のパフォーマンスはどちらがよかったのか。ドルコスト平均法は、定期的に「一定額」の投資を継続する手法である。図表6では、毎月2万円を10年間(積立金額総額240万円)投資した場合の最終時価残高、毎月2万円を15年間(積立金額総額360万円)投資した場合の最終時価残高について、図表5同様に示す。

図表6 ドル平均法で投資した場合のパフォーマンス評価

4――実際にインデックスファンドに投資する場合の留意点

1投資信託とETFの違い
実際に投資をする際の投資信託とETFの最大の違いは、購入価格の変動タイミングだ。投資信託は基本的に1日1回算出される基準価額で購入する。ETFは、価格がリアルタイムで変動し、指値注文や成行注文等を選んで購入することができる。

2販売・解約時の手数料と信託報酬
インデックスファンドはリターンの源泉にファンドごとの差はないため、手数料が最終的なリターンを決める重要なファクターとなる。まず、購入時、解約時に発生する手数料があり、ファンドごとに異なる。さらに、保有期間中に信託財産から毎日差し引かれる費用として「信託報酬」「監査報酬」「売買委託手数料」など(以下、信託報酬等)がある。リターンに大差がないのであれば、各種手数料は低い方が良い。

図表7 信託報酬等(税込)の比較(つみたてNISA対象有無、設定年別)/図表8 年率6%で100万円を運用した場合の信託報酬等の違いによるパフォーマンスの差

3信頼できる金融機関の選択
勤務先が提供する確定拠出年金やiDeCoやNISAでのインデックスファンド投資であれば、特に問題はないと思うが、最低でも金融庁監督下にある金融機関の中から選択することが大切である。その中でも信頼性が高く、倒産等の心配のない先を選ぶことが大切である。

投資信託 第2回:投資信託の主な業務の流れ

企業会計ナビ

EY is a global leader in assurance, consulting, strategy and transactions, and 投資信託の解約はいつすべき tax services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world over. We develop outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a UK company limited by guarantee, does not 投資信託の解約はいつすべき provide services to clients. For more information about our organization, please visit ey.com.

© 2020 EYGM Limited. All Rights Reserved.投資信託の解約はいつすべき

This material has been prepared for general informational purposes only 投資信託の解約はいつすべき and is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional 投資信託の解約はいつすべき advice. Please refer to your advisors for specific advice.

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。

投資信託の解約の流れや注意点、ベストなタイミングは?【FP監修】

写真:村井 英一

投資信託の「解約」とは、信託契約を解約することで、信託資金を払い戻してもらう換金方法のことをいいます。一方、投資信託の「買取」とは、運用中の投資信託を証券会社などの販売会社に買い取ってもらう換金方法です。
解約でも買取でも、利益が出たときは譲渡所得税が課せられます。
以前は、投資信託の解約と買取には税制上の違いがありましたが、2009年の税制改正以降、どちらも譲渡所得としての取扱いとなりましたので、解約と買取に税制上の違いはなくなりました。そのため、現在は、投資信託の解約・買取手続きを一本化する販売会社も増えています。

1-2. クローズド期間とは

2. 投資信託の解約手続き方法や費用

2-1. 投資信託を解約するときの流れ

投資信託を解約するときは、証券会社などの販売会社に解約請求を行います。
Webサイトやアプリから解約請求を受け付けている証券会社も多いので、投資信託を始める際に、解約方法についても確認しておくとよいでしょう。
販売会社に解約請求をしたら、販売会社から投資信託の運用会社へ解約の申し込みが行われ、払い戻しが行われます。

2-2. 投資信託を解約するときにかかる費用

3. 投資信託の解約を検討すべきタイミングは?

3-1. 基準価額が想定以上に下落した

3-2. 純資産額が大幅に減少した

3-3. 利益目標を達成した

3-4. ポートフォリオの見直し

こちらも読まれています

こちらも読まれています

4. 投資信託の解約における注意点

4-1. 解約によって得た利益には税金がかかる

投資信託の解約によって得た利益には、税金がかかります。税率は、2014年1月から2037年12月31日までの期間、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%)と定められています。
また、投資信託を解約して利益があった場合には、原則として確定申告が必要になりますが、源泉徴収ありの特定口座を利用している場合には、利益に対する税金が自動的に源泉徴収されるため、確定申告は不要です。
また、つみたてNISAの場合は年間40万円まで(最長20年間)、一般NISAの場合は年間120万円まで(最長5年間)の投資額内であれば、投資によって得た利益が非課税となるため、確定申告も不要です。

こちらも読まれています

4-2. 投資信託によっては解約手数料がかかることも

4-3. 解約・現金化には日数がかかる

4-4. 解約後、NISA非課税枠の再利用や繰越しはできない

5. 長期分散投資向きの金融商品は投資信託以外にもある?

ここまでは、投資信託を解約する流れや注意点について紹介してきました。
投資信託は長期分散投資に適した金融商品ですが、場合によっては解約を検討することもあるでしょう。投資信託を解約した後、別の投資信託に投資するのもよいですが、長期分散投資に適した金融商品は他にもあります。複数の金融商品に分散投資することで、よりリスク分散にもつながるでしょう。 投資信託の解約はいつすべき
弊社の不動産小口化商品「Vシェア」は、リスク分散しながら長期的に投資を行いたい方におすすめの金融商品です。個人では購入することが難しい都心エリアの商業地にあるオフィスビルを、1口100万円単位・5口以上(最低口数は変更となる場合があります)から小口購入することで、中長期に渡り着実な利益を得ることを目的として設計されています。
「Vシェア」の運用により投資家の皆様が得ることができる利益は「毎月の賃料収入の分配」と「一定期間運用後の売却代金の分配」です。もちろん、購入したオフィスビルなどの管理・運用は弊社が責任を持って実行しますので、不動産の維持管理のために何かをしなければいけないという手間は発生しません。手間を最小限に抑えつつ、株式投資などに比べて価格変動率が低く安定した運用が行える「Vシェア」は、長期分散投資のひとつとしておすすめです。

6. 最後に

今回は、投資信託の解約について、手続きの方法やかかる費用、解約を検討すべきタイミングについて紹介してきました。
投資信託を解約するときは、注意点も事前に把握したうえで、ベストなタイミングを検討しましょう。また、投資信託を解約した後は、別の投資信託に投資するのもよいですが、長期分散投資に適した他の金融商品に投資するという選択肢もあります。
複数の金融商品への分散投資をお考えの方は、弊社の不動産小口化商品「Vシェア」もぜひご検討ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる