デモトレード

価格設定の考え方

価格設定の考え方
「価格」を決めるのはお客様です。主軸の商品に対して、いくらだったらお客様は満足してくれるのだろうか、競合他店の価格設定はどうなっているのだろうか、といった着眼点で店を見るようにしましょう。お客様が来店され、さらにリピーターになってくれなければ、商売は成り立ちません。価格の決定は、自分達が提供する価値を、お客様の立場で検証して、お値打ち感のあるものにしなくてはなりません。

ベテラン経営コンサルタントから学ぶ!経営者の仕事で必要な経営学 マーケティング戦略の基礎【価格設定と商品構成編】

皆さんこんにちは。さじコン経営をご覧いただきありがとうございます。
前回はペルソナの設定で、中小企業においてどういう風にペルソナを設定しなきゃいけないのか、そしてなぜ絞り込むのかという話をさせていただきました。前回の動画を見てない方は、今回シリーズで4作目なのでぜひ遡って見ていただきたいと思います。
そして今回は、これからの時代で生産性を上げていく、収益を上げていくために最も重要な価格設定と商品構成についてお話していきたいと思います。 これからの市場縮小する時代に最も重要なノウハウになりますので、今回も是非楽しみにしていただきたいなと思っております。
今回もインタビューいただくのは立川君、どうぞよろしくお願いします。

■適当な価格とは?

何が適当なのかと言いますと、まあ適当というと語弊があるのでよく聞いていただきたいんですが、何を基準に価格を決めているのかっていうことですね。適当って言ったのは、基本的にはいくらだったら買いやすいかなって思ってしまったりするわけです。
でも会社っていうのは、ビジョンの達成のためにあるわけですよね。そのビジョンの達成と価格っていうのが繋がっていなければいけないと思うんです。そういった意味では、自分たちが設定した生産性目標であったり、利益目標であったり それと価格を合わせていくことが大切なことなんですよね。そして後からその価格に見合う付加価値をどのように提供していくかということで、付加価値を上げていけばいいわけなんです。
ここで今回は、大阪にあるポップコーンパパというポップコーン専門店の事例を紹介させて頂きながら説明していきたいと思います。

そうですね。こちらの会社は非常に素晴らしい経営をしておりまして、業績もずっと右肩上がりで上がっていたわけなんですが、まぁ一時期ですねポップコーンブームであったの覚えてますか。海外からも(ポップコーンブランドが)来てブームになったわけです。ブームというのは非常に怖いわけですね。 なので非常に堅実に経営をしてきたものがブームで大きく上がってしまったんで、ブームと共に売り上げが下がってしまったんですね。
やはりそこで売上が下げ止まらないというところでどのようにしていたかという話なんですけども、基本的にブームが去るとお客様の客数がどんどん減りますよね。そこでほとんどの企業が行うのは、どうやって客数を戻すかということなんです。
同じようにこのポップコーンパパさんも、お客様の数を戻すために企業まわりをしてみたり、または催事に出店してみたりとかしていたわけですが、ブームが去って同じように客数が戻るかと言うと、そう簡単に戻らないわけですよ。
そこで考えたのが客単価なんです。基本的には元々繁盛店でしたから、お客様が減ったと言っても通常では十分成り立つぐらいのお客様の数は来てたんですね。ですから過去の成功体験で、これだけのお客さんも客数がなければいけない、これで成り立つと思っていたので、そこから価格の見直しをしましょうという形で価格の見直しました。約9%ほど値上げしたわけですけども、9%上げるというのは非常に勇気がいったと思います。

■商品構成について(実例)

価格を上げたということは一つですね。さらに商品構成っていうところなんてす。 ここのポップコーン屋は32種類あるのが売りだといっていました。様々なフレーバーがあることが売りだったということなんですが、今の時代は決してたくさんの中が選べるのが価値ではないという時代に変わってきたんですね。
なのでそこから商品を絞り込むということをしました。全部なくすというのはちょっと怖さがあるということなので、通信販売のみ32種類買えるけど、お店では21種類と絞ったんです。

高付加価値ビジネスに求められる価格決めの考え方

メニューが多い店の料理美味いか?不味いか? 松重豊さんが井之頭五郎役を演じるドラマ版『孤独のグルメ』が人気です。 Season4第1話「東京都 清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ」では、大衆食堂が舞台になっていました。 五郎さん.

これからの差別化戦略に重要な「譲れないこだわり」

トップ企業のみが採用できるコストリーダーシップ戦略 戦略と言っても、人事戦略、財務戦略など様々な戦略があります。 その中で競争戦略場合、マイケル・ポーターが提唱した戦略論を基本としていることがほとんどです。 .

「負けない」ではなく「勝つ」を考えなければ出来ない差別化

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」 プロ野球の名監督とし活躍された故野村克也氏は、数多くの名語録を残したことでも有名です。その代表が『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』という言葉です。 この言葉は、肥後国.

デフレ状況下で値上げをするためのポイント

日本の消耗材産業が抱える課題とは 消費財とは何かを明らかにするために、以下の定義を引用します。 消費財(consumption goods)人間の欲望を直接に満足させる財をいう。消費財には食料・燃料などのように一度の使用で消費されて.

好きは嫌いの反対ではなない|差別化の意味

なぜ就活生は全員が黒いリクルート・スーツを着るのか 2000年代に入ってから、就活生が黒いスーツを全員着用するようになりました。理由を推測すると、就職氷河期の中で、悪目立たちをして無駄な失点をしないようにということなのでしょう。 彼.

経営環境の変化により求められるイメージ価値での差別化

2021年以降の経営環境における3つの変化とは コロナ禍を経た2021年以降の経営環境には、これまでとは違う3つの特徴があることを知る必要があります。 この特徴を理解しておかないと、誤った前提で考え実行することになり、事業がつまずく.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる