取引スキーム

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資
オルタナティブ投資は、現在、金融業界において最も注目されている投資手法で、新聞や雑誌といったメディアでひんぱんに話題となっています。
この投資手法では、株式、債券、投資信託などといったこれまでの伝統的金融商品だけでなくヘッジファンドやコモディティ、フューチャーズ、インデックス、フォレックス、REITなどの金融派生商品(デリバティブ)も投資対象となります。これらを複雑に組み合わせて投資を行うことによって、資産運用のリスク分散を図るとともに、絶対的リターンを追求するのが最大の目的です。
オルタナティブ投資では、数多くの投資商品を扱うため、難解とされる金融用語の知識が求められます。そのため、本書では冒頭にてキーワードとなる用語に対しては、あらかじめ解説を行っています。これにより、一般に株式投資などを実践しているサラリーマンや学生であれば、誰でも容易に読むことができる内容となっています。
また、その他に、個人でもオルタナティブ投資が実現できるシステムとして開発された「トレードステーション」と呼ばれる投資ソフトについても詳しく解説しています。このソフトは、すでに米国では大きなシェアを獲得しており、日本でも個人投資家たちの間で注目されています。
さらに本書では、「トレードステーション」の解説をしていくなかで、システムにおいて中心的な概念である「ルールベースドトレーディング」と呼ばれる考え方についても、分かりやすく紹介しています。
金融分野において米国よりも20年おくれているといわれる日本ですが、今後、さらなる規制緩和が進めば、やがてはこの「ルールベースドトレーディング」と呼ばれる考え方が広く普及すると予想されています。
めまぐるしく変化し続ける金融業界において、将来、個人個人の投資スタイルも大きな変化を求められる日がくることは間違いありません。そうした時にこの本が、貴方の資産運用をより充実させるために、必ず一役買ってくれる存在になるでしょう。
(すばる舎編集部 川崎琢磨)

オルタナティブ投資とは

プライベート市場での投資を通じて、相関の低い分散されたポートフォリオを構築する方法について説明します。

オルタナティブ投資を理解する

  • Go オルタナティブ投資 to slide プライベート市場がリターンを補完
  • Go オルタナティブ投資 to slide オルタナティブ投資 低い個人投資家のエクスポージャー
  • Go to slide 縮小が進む
    パブリック市場

プライベート市場がリターンを補完

低い個人投資家のエクスポージャー

出所:Willis Towers Watson「Global Pension Assets Study」(2019年)、National Association of College and University Business Officers「TIAA Study of Endowments」(2019年)、Money Management Institute「Retail Distribution of Alternative Investments」(2017年)寄付基金については、オルタナティブ資産への配分は公立大学のみを対象に、リキッド・オルタナティブ、プライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル、および実物資産(インフレ連動債、リート、コモディティ・先物、上場マスター・リミテッド・パートナーシップ(MLP)、上場天然資源株、非上場のエネルギー、鉱業、農業、林業を含む)への配分を表します。記載の平均値は米ドル加重です。

縮小が進むパブリック市場

ブラックストーン・ユニバーシティ

このビデオ・シリーズでは、ブラックストーンの各投資部門の責任者がプライベート市場に関する基礎知識を説明します。

プライベート・エクイティ

クレジット

ヘッジファンド

セカンダリー

よくある質問

オルタナティブ投資をなぜ行うべきなのでしょうか?

オルタナティブ投資を行う際の課題を教えてください。

流動性の低いファンドに投資する場合、解約が制限される期間は平均してどのくらいですか?

主にどのような投資家がオルタナティブ投資を行いますか?

オルタナティブ投資の例をいくつか挙げてください。

Contact Information and Consent Request

Blackstone Cookie Policy

This website uses cookies, including third-party cookies, in order to obtain information about your visit to the website and make this website better. Please オルタナティブ投資 click here if you would like more information about the cookies used on this website and how to change your cookie settings. Otherwise, we will assume you're OK to continue.

不動産用語辞典

検索

頭文字から探す

カテゴリから探す

金銭を金融商品等に変換し、あるいは事業に充当して利益を得る行為。株式、債券、不動産などを取得して配当等を受け取る方法、それらを売買して差額を得る方法、事業に出資する方法などがある。 例えば、「株式投資」または「不動産投資」は株式または不動産を金銭運用の対象とする投資、「投資信託」は投資利益を証券化した金融商品で信託のしくみを使うもの、「投資ファンド」は共同で投資するために集めた資金のことである。 投資は、費用とリスクを伴う。不動産投資を例にすれば、取引に伴って税(取引の内容に応じて、不動産取得税、印紙税、譲渡所得税、固定資産税など)や手数料を負担する必要があるほか、不動産価格の変動などによって賃貸料の減少や売却損が生じる恐れがある。 なお、経済学でも「投資」という用語を使うが、その意味は、一般的な意味とはまったく違うので注意が必要である。経済学でいう「投資」は、「消費」と対比した用語で、一定期間における実物資産の増加分(使われないで次の期に積み上がる資産)をいう。この場合、「投資」は事後的に「貯蓄」と等しくなる。

不動産投資

資金を不動産(土地・建物)の購入・賃貸に充てて運用し、収益を得ることをいう。運用益は、不動産価格の上昇益(キャピタルゲイン)または賃貸料収入(インカムゲイン)として得ることになる。 不動産投資は、自らが不動産を購入・賃貸する方法によるほか、不動産投資信託(REIT)のように投資の判断・運用を専門家に委ねる方法もある。 専門家が投資を判断・運用する方法による場合には、投資家は、あたかも株式を売買するように、不動産を証券化した金融商品を売買するかたちで投資するのが一般的である。 投資は一般に、高利回りの投資は大きなリスクを伴い(ハイリスク・ハイリターン)、リスクが小さい投資は利回りが低い(ローリスク・ローリターン)とされている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる