仮想 通貨

トレンド系分析とオシレーター系分析

トレンド系分析とオシレーター系分析

オシレータ系指標の欠点として、
「非常にダマシが多い」 ことがあります。

オシレ―タ系の基礎

%ef%bd%86%e3%83%b4%e3%81%81%e3%83%b4%e3%81%81sep_329915201730_tp_v


オシレータ系指標の欠点として、
「非常にダマシが多い」 ことがあります。

特に、検証している銘柄が、
急激で長期的な下落をしている場面では、
常に「下がり過ぎを表示し続ける」
場面すら出てきます。

ここには、指標である以上、
計算式で導き出して、
「上がり過ぎ」「下がり過ぎ」と
しているため、
大きく長いトレンドが出てしまえば、
必然的にそうなってしまいます。

大きなトレンドがでてしまえば、
それに逆らうサインを
導き出してしまうことがあるのです。

トレンド系など、
他のテクニカル指標と組み合わせて、

売買を判断するようにしましょう。

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

オシレ―タ系指標は、

それぞれのオシレータ系の見方や、
意味なども、
一つ一つ丁寧に解説していきますので、 トレンド系分析とオシレーター系分析
しっかりと理解していってくださいね(^^)

マンドリル先生のコモディティ教室

■「おはようございます!これで僕もいよいよテクニシャンの仲間入りですね。」

トレンドフォロー派・カウンタートレード派

【トレンドフォロー派(=順張り投資家)】トレンドに沿って、上昇トレンドであれば買い、下降トレンドであれば売るという手法をとる投資家のこと。
【カウンタートレード派(=逆張り投資家)】上昇トレンドが過熱しすぎていると判断すれば、天井が近いと予想して売り、下降トレンドが行きすぎていると判断すれば、底が近いと予想して買うという手法をとる投資家のこと。

□それはきみのこと。まぁこの講座でせいぜい勉強して、せめて頑張り投資家くらいにはなってほしいぞ。

テクニカル分析の分類

【トレンド系】移動平均、一目均衡表、パラボリック等
【オシレーター系】モメンタム、相対力指数(RSI)、MACD、ストキャスティクス、RCI等
【その他】ボリンジャーバンド等

※注、例えばMACDなどトレンド系テクニカルとしてもオシレーター系テクニカルとしても使われる。上記はあくまで一般的分類。

□オモシレーター系ではなく、オシレーター系ね。わざと間違えないように、全然面白くないから。(汗;)

1, まずトレンドがあるかないかを探る。
2, もしあるなら上昇トレンドか、下降トレンドかを見る。
3, 上昇トレンド(或いは下降トレンド)があるとして、そのトレンドの序盤か中盤か終盤かを判別する。

トレンドが明確であれば、そのトレンドに付いていくというのが投資の基本だ。
つまり上昇トレンドなら買う、下降トレンドなら売るということだ。アメリカの格言にこういう言葉がある。「トレンド イズ トレンド系分析とオシレーター系分析 フレンド!」

□だじゃれじゃない。トレンドは最大の友人、トレンドと仲良くしていると儲かるということだ。それをトレンドフォローと言う。

FXチャート分析とは? 初心者向けに分析の種類と基礎ツールを紹介

短期(黒)、中期(緑)、長期(オレンジ)の移動平均線

短期(黒)、中期(緑)、長期(オレンジ)の移動平均線
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

ゴールデンクロス

デッドクロス

ボリンジャーバンド

±1σ(緑)、±2σ(オレンジ)が急拡大しているところがトレンドスタート

±1σ(緑)、±2σ(オレンジ)が急拡大しているところがトレンドスタート
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

一目均衡表

灰色と黒色の部分が一目均衡表の「雲」

灰色と黒色の部分が一目均衡表の「雲」
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

基準線

(当日を含めた過去26日間の最高値+最安値)÷2を結んだ線 転換線

先行スパン1

{(転換値+基準値)÷2}を26日先行させて表示した線 先行スパン2

{(当日を含めた過去52日間の最高値+最安値)÷2}を26日先行させて表示させた線 遅行線

チャート下部に表示されるRSIの推移

チャート下部に表示されるRSIの推移
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

ストキャクティクス

灰色と黒色の部分が一目均衡表の「雲」

チャート下部に「スロー・ストキャスティクス」を表示
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる