FX動画

テクニカル指標の重要性を理解する

テクニカル指標の重要性を理解する

提供:Microsoft

【DMM 株】米国ETFの取扱銘柄を追加いたします

「貯蓄から投資へ」の流れが思うように進まず老後の資金不足が不安視される中、【DMM 株】では投資家の皆様の資産形成をサポートすることを第一義とし、業界屈指の低コストでサービスを展開しております。
特に、少額から投資が可能な米国株式は、投資未経験者や若年層の投資の入口として非常に有用なサービスであると考えており、売買にかかる取引手数料は完全無料です。
米国株式のサービス開始以降、多くの銘柄追加のご要望をいただいておりますので、今後もお客様のご要望を中心に随時、取扱銘柄を追加する予定です。
取扱銘柄の拡充により選択肢が増えることで、お客様の資産形成に貢献できれば幸いです。

■【DMM 株】米国株式取引の特長
《取引手数料が完全無料》
取引手数料は完全無料のため、売買の際の取引手数料は一切発生いたしません。 テクニカル指標の重要性を理解する
※円貨決済のため売買の都度、1ドルあたり25銭の為替手数料が発生します。

《スマホアプリ『DMM株』で取引可能》
【DMM 株】ではPCだけでなく、スマホアプリでも米国株式の取引が可能です。スマホアプリでの米国株式取引に対応している証券会社は少なく、PCを起動せず手軽に株価の確認や発注をされたい方には大きなメリットです。
スマホアプリ『DMM株』は、1つのアプリで国内株式と米国株式の両方を取引できる、特別な機能を備えた取引ツールです。

《米国株式を信用取引の担保として利用可能》
米国株式を信用取引の担保(代用有価証券)としてご利用いただけます。
長期の資産形成として保有なさっている米国株式を、短期の資産運用である信用取引に利用することができ、より効率よく資産を活用することが可能です。
国内外の株式で資産運用をお考えの投資家の方には、必見のサービスです。

米国株式取引は、【DMM 株】口座を開設するだけでご利用いただけます。
口座開設手続きは、インターネット上で簡単に完結いたします。

■サービス情報
《『DMMFX株券担保サービス』》開始
2021年3月8日(月)から、【DMM 株】口座で保有している国内上場有価証券の70%相当額を、【DMM FX】の証拠金としてご利用いただけるようになりました。
本サービスのご利用により、「現金0円」でもFX取引を始めていただけます。

■取引ツール情報
《PCインストール版『DMM株 PRO+』 利用料無料》
多彩な注文機能、テクニカル指標や描画ツール機能が豊富なチャートを備えた次世代高機能ツールを無料でご利用いただけます。

■特典情報
《口座開設完了から1か月手数料0円》
新規口座開設をいただいたお客様は、国内株式(現物・信用)の取引手数料が1か月間無料となります。
※口座開設完了日は、マイページにて初期登録(登録必須項目の入力)が完了した日です。
口座開設をして、初期登録を行っていない方は、今から初期登録をいただくことで特典の対象となります。

苦情相談窓口
DMM.com証券 コンプライアンス部
電話:03-3517-3285 月曜-金曜 (祝祭日を除く09時00分~17時00分)

[ DMM株 テクニカル指標の重要性を理解する ]
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)
電話番号 :0120-64-5005(フリーダイヤル)
URL : https://www.finmac.or.jp/
東京事務所: 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館

本件に関するお問い合わせは
株式会社DMM.com証券・カスタマーサポート
フリーコール:0120-961-522
Email:[email protected]
LINE ID:@kabu.dmm.com

【DMM 株】米国ETFの取扱銘柄を追加いたします

「貯蓄から投資へ」の流れが思うように進まず老後の資金不足が不安視される中、【DMM 株】では投資家の皆様の資産形成をサポートすることを第一義とし、業界屈指の低コストでサービスを展開しております。
特に、少額から投資が可能な米国株式は、投資未経験者や若年層の投資の入口として非常に有用なサービスであると考えており、売買にかかる取引手数料は完全無料です。
米国株式のサービス開始以降、多くの銘柄追加のご要望をいただいておりますので、今後もお客様のご要望を中心に随時、取扱銘柄を追加する予定です。
取扱銘柄の拡充により選択肢が増えることで、お客様の資産形成に貢献できれば幸いです。

■【DMM 株】米国株式取引の特長
《取引手数料が完全無料》
取引手数料は完全無料のため、売買の際の取引手数料は一切発生いたしません。
※円貨決済のため売買の都度、1ドルあたり25銭の為替手数料が発生します。

《スマホアプリ『DMM株』で取引可能》
【DMM 株】ではPCだけでなく、スマホアプリでも米国株式の取引が可能です。スマホアプリでの米国株式取引に対応している証券会社は少なく、PCを起動せず手軽に株価の確認や発注をされたい方には大きなメリットです。
スマホアプリ『DMM株』は、1つのアプリで国内株式と米国株式の両方を取引できる、特別な機能を備えた取引ツールです。

《米国株式を信用取引の担保として利用可能》
米国株式を信用取引の担保(代用有価証券)としてご利用いただけます。
長期の資産形成として保有なさっている米国株式を、短期の資産運用である信用取引に利用することができ、より効率よく資産を活用することが可能です。
国内外の株式で資産運用をお考えの投資家の方には、必見のサービスです。

米国株式取引は、【DMM 株】口座を開設するだけでご利用いただけます。
口座開設手続きは、インターネット上で簡単に完結いたします。

■サービス情報
《『DMMFX株券担保サービス』》開始
2021年3月8日(月)から、【DMM 株】口座で保有している国内上場有価証券の70%相当額を、【DMM テクニカル指標の重要性を理解する FX】の証拠金としてご利用いただけるようになりました。
本サービスのご利用により、「現金0円」でもFX取引を始めていただけます。

■取引ツール情報
《PCインストール版『DMM株 PRO+』 利用料無料》
多彩な注文機能、テクニカル指標や描画ツール機能が豊富なチャートを備えた次世代高機能ツールを無料でご利用いただけます。

■特典情報
《口座開設完了から1か月手数料0円》
新規口座開設をいただいたお客様は、国内株式(現物・信用)の取引手数料が1か月間無料となります。
※口座開設完了日は、マイページにて初期登録(テクニカル指標の重要性を理解する 登録必須項目の入力)が完了した日です。
口座開設をして、初期登録を行っていない方は、今から初期登録をいただくことで特典の対象となります。

苦情相談窓口
DMM.com証券 コンプライアンス部
電話:03-3517-3285 月曜-金曜 (祝祭日を除く09時00分~17時00分)

[ DMM株 ]
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)
電話番号 :0120-64-5005(フリーダイヤル)
URL : https://www.finmac.or.jp/
東京事務所: 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館

本件に関するお問い合わせは
株式会社DMM.com証券・カスタマーサポート
フリーコール:0120-961-522
Email:[email protected]
LINE ID:@kabu.dmm.com

【DMM 株】米国ETFの取扱銘柄を追加いたします


「貯蓄から投資へ」の流れが思うように進まず老後の資金不足が不安視される中、【DMM 株】では投資家の皆様の資産形成をサポートすることを第一義とし、業界屈指の低コストでサービスを展開しております。
特に、少額から投資が可能な米国株式は、投資未経験者や若年層の投資の入口として非常に有用なサービスであると考えており、売買にかかる取引手数料は完全無料です。
米国株式のサービス開始以降、多くの銘柄追加のご要望をいただいておりますので、今後もお客様のご要望を中心に随時、取扱銘柄を追加する予定です。
取扱銘柄の拡充により選択肢が増えることで、お客様の資産形成に貢献できれば幸いです。

■【DMM 株】米国株式取引の特長
《取引手数料が完全無料》

取引手数料は完全無料のため、売買の際の取引手数料は一切発生いたしません。
※円貨決済のため売買の都度、1ドルあたり25銭の為替手数料が発生します。

《スマホアプリ『DMM株』で取引可能》
【DMM 株】ではPCだけでなく、スマホアプリでも米国株式の取引が可能です。スマホアプリでの米国株式取引に対応している証券会社は少なく、PCを起動せず手軽に株価の確認や発注をされたい方には大きなメリットです。
スマホアプリ『DMM株』は、1つのアプリで国内株式と米国株式の両方を取引できる、特別な機能を備えた取引ツールです。

《米国株式を信用取引の担保として利用可能》
米国株式を信用取引の担保(代用有価証券)としてご利用いただけます。
長期の資産形成として保有なさっている米国株式を、短期の資産運用である信用取引に利用することができ、より効率よく資産を活用することが可能です。
国内外の株式で資産運用をお考えの投資家の方には、必見のサービスです。

米国株式取引は、【DMM 株】口座を開設するだけでご利用いただけます。
口座開設手続きは、インターネット上で簡単に完結いたします。

■サービス情報
《『DMMFX株券担保サービス』》開始

2021年3月8日(月)から、【DMM 株】口座で保有している国内上場有価証券の70%相当額を、【DMM FX】の証拠金としてご利用いただけるようになりました。
本サービスのご利用により、「現金0円」でもFX取引を始めていただけます。

■取引ツール情報
《PCインストール版『DMM株 PRO+』 利用料無料》

多彩な注文機能、テクニカル指標や描画ツール機能が豊富なチャートを備えた次世代高機能ツールを無料でご利用いただけます。

■特典情報
《口座開設完了から1か月手数料0円》

新規口座開設をいただいたお客様は、国内株式(現物・信用)の取引手数料が1か月間無料となります。
※口座開設完了日は、マイページにて初期登録(登録必須項目の入力)が完了した日です。
口座開設をして、初期登録を行っていない方は、今から初期登録をいただくことで特典の対象となります。

《2,000円プレゼント》
新規口座開設されたお客様の中から、毎月抽選で10名様に2,000円をプレゼントしております。

苦情相談窓口
DMM.com証券 コンプライアンス部
電話:03-3517-3285 月曜-金曜 (祝祭日を除く09時00分~17時00分)

[ DMM株 ]
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)
電話番号 :0120-64-5005(フリーダイヤル)
URL : https://www.finmac.or.jp/
東京事務所: 〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館

本件に関するお問い合わせは
株式会社DMM.com証券・カスタマーサポート
フリーコール:0120-961-522
Email:[email protected]
LINE ID:@kabu.dmm.com

マイクロソフト、「HoloLens」責任者のA・キップマン氏が退社へ

メタバースのイメージ画像


提供:Microsoft

Kipman氏の退社については、今週に入ってBusiness InsiderとGeekWireが報じていた。GeekWireは、Cloud and AI部門のエグゼクティブバイスプレジデントを務めるScott Guthrie氏のメモを公開していた。そのメモには、HoloLensグループを2つに分割し、ハードウェアチームは、Panos Panay氏率いるWindows and Devicesグループに加え、ソフトウェアチームは、同社の「Mesh」と「Mesh for Teams」の取り組みを推進するために、Experiences and Devicesグループに加えるという計画の概要が示されている。Guthrie氏のメモによると、Kipman氏はMicrosoftを離れるまでの今後2カ月の間、引継ぎを支援する予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

「オール・アバウト・マイクロソフト」 バックナンバー

  • マイクロソフト、「HoloLens」責任者のA・キップマン氏が退社へ
  • 「Windows 11」の大型アップデート「22H2」がリリースプレビューに
  • 次期「Exchange Server」の登場は2025年後半--マイクロソフトが明らかに

ざんねんなセキュリティ--流行のゼロトラストが「既に導入済」は本当か?

「CentOS 8」のサポートは2021年末で終了--移行先の選択肢など対応策は?

巨額買収に衝撃--「買収王」が率いるブロードコムとは

マイクロセグメンテーションの概念と仕組み

  • アップルのAR/VRヘッドセット、コンテンツ開発にハリウッド映画監督を起用か
  • マイクロソフト、「Teams」に対する一連の機能強化を発表
  • 中国IoTの雄、シャオミのIoT機器が動かなくなった日
  • マイクロソフト、「Teams」と開発基盤「Power Platform」の機能を拡充
  • マイクロソフト、自動車での「HoloLens 2」活用でフォルクスワーゲンと提携

関連ホワイトペーパー

  • ひとり情シス・少人数情シスが ブラックボックス化しない方法
  • 印紙税コストを10分の1に削減!電子署名で業務効率化とコスト削減を実現したブラザー工業の取り組み
  • 中堅・中小企業でもお手軽・安価に、持ち出しパソコン・在宅ワークのデータ保護の不安を解消!
  • IDを起点に経営課題の解決を図る、事業基盤を築くためのIT投資に欠かせないID管理とは
  • テクニカル指標の重要性を理解する
  • ある日突然、ひとり情シスに任命されたら?最初の30日間で確認することを解説
  • Withコロナ時代における、ひとり情シスの最適な「テレワーク実践法」とは?
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • 高砂建設とLooop「省エネ大賞」の家公開--太陽光と蓄電池を初期費用ゼロで搭載
  • ビデオ会議のmmhmm、ドコモ子会社と世界初の代理店契約--法人営業6000人超で日本開拓
  • Twitterが方針転換か--E・マスク氏へデータ提供の可能性浮上
  • Facebook、指にフィードバックするAR/VR用ハンドコントローラーで特許取得
  • Volocopter、4人乗りeVTOL「VoloConnect」の初飛行に成功--2026年の運用開始を目指す

ホワイトペーパー

ランキング

カテゴリランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., テクニカル指標の重要性を理解する Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A テクニカル指標の重要性を理解する Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication テクニカル指標の重要性を理解する without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 テクニカル指標の重要性を理解する これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

脂肪前駆細胞の多様性を明らかに

理化学研究所(理研)生命医科学研究センター融合領域リーダー育成プログラムのイボ・ウー上級研究員(研究当時、現粘膜免疫研究チーム客員研究員)らの国際共同研究チームは、脂肪組織に存在し脂肪細胞 [1] テクニカル指標の重要性を理解する へと分化する脂肪前駆細胞(APCs) [2] をプロテオミクス [3] の手法を用いて網羅的に解析し、性別の違いや体内の組織部位の違いによって、脂肪前駆細胞の性質が多様に変化して、脂肪細胞の分化・増殖が制御されることを発見しました。

本研究は、米国の科学雑誌『 Cell Metabolism 』オンライン版(4月20日付)に掲載されました。

研究手法と成果

国際共同研究チームはまず、雄と雌のマウスそれぞれから、性腺周囲の内臓脂肪にある白色脂肪組織と、鼠蹊部の皮下脂肪にある白色脂肪組織を採取し、さらにセルソーターを用いて、脂肪前駆細胞(白色脂肪前駆細胞)を多面的に解析するために、4種類のサブセットに分類しました。これらのサブセットは、内臓脂肪由来の脂肪前駆細胞(APCs)と線維炎症性前駆細胞(FIPs) [4] 、皮下脂肪由来の脂肪前駆細胞のうち、ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4) [5] の低いグループ(DPP-4- APCs)とDPP-4の高いグループ(DPP-4+ APCs)で、DPP-4は血糖値の上昇や肥満と関係すると考えられています。

四つのサブセットごとに、高度な質量分析計 [6] を用いた4,870種類のタンパク質のプロテオーム解析 [7] と、次世代シーケンサー [8] を用いた15,477種類のRNAのトランスクリプトーム解析 [9] を実施しました。その結果、4,540個の分子について、全てのサブセットでタンパク質レベルとRNAレベルでの解析を比較することができました。すると、タンパク質レベルの解析では、細胞サブセットごとに機能的な類似性が見られました。一方、RNAレベルの解析では、内臓脂肪あるいは皮下脂肪といった細胞の由来組織によって、発現レベルに類似性が見られました(図1)。

脂肪前駆細胞の多面的解析(細胞サブセット、性別、局在部位で分類)の図

図1 脂肪前駆細胞の多面的解析(細胞サブセット、性別、局在部位で分類)

そこで、雌の脂肪前駆細胞で見られるような脂肪細胞の増殖効果を、薬剤で模倣できないかと考えました。高脂肪食で肥満を誘導した雄と雌のマウスに、脂肪細胞の分化を制御するペルオキシソーム増殖剤活性化レセプターガンマ(PPARg) [10] を活性化するために、糖尿病の治療薬であるロシグリタゾンを投与し、PPARg 活性の抑制を解除するためにがんの治療薬であるトラメチニブをそれぞれ投与し、新たに増殖した脂肪細胞を測定しました。その結果、これらの薬剤投与によって、皮下脂肪細胞の増殖には、PPARgの活性が影響していること、雄のマウスにおいても脂肪前駆細胞を活性化し、脂肪細胞の分化増殖を誘導できることが分かりました(図2)。

薬剤投与による皮下脂肪細胞の増殖亢進の図

図2 薬剤投与による皮下脂肪細胞の増殖亢進

今後の期待

  • 1.脂肪細胞
    白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があり、このうち、白色脂肪細胞は皮下や内臓に分布し、余分なエネルギーを中性脂肪として貯蔵する役割を持つ。肥満の進行によって白色脂肪細胞は壊死し、周辺組織で慢性炎症を起こす。一方の褐色脂肪細胞は主に鎖骨上部や脊椎付近に分布し、脂肪を燃焼し熱を産生する働きを担う。
  • 2.脂肪前駆細胞(APCs)
    脂肪組織の間質血管細胞群(stromal-vascular fraction(SVF))に存在する前駆細胞で、分裂によって、新たな脂肪細胞に分化する。APCsはAdipocyte precursor cellsの略。
  • 3.プロテオミクス
    生命体や生物システムに存在するタンパク質について、機能、局在部位、動態、構造や修飾、代謝、相互作用などを大規模に解析することで、生命現象の理解や医学、創薬などに広く貢献する研究領域。
  • 4.線維炎症性前駆細胞(FIPs)
    線維形成や炎症に関わる前駆細胞で、脂肪を生成せずコラーゲンを産生する。FIPsはFibro-inflammatory progenitorの略。
  • 5.ジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)
    ペプチド鎖の端から2番目のアミノ酸がプロリン、ヒドロキシプロリン、アラニンの場所で結合を切断し不活性化する酵素。GLP-1という食後高血糖を抑えるホルモンを分解することから、血糖値の上昇や糖尿病、肥満の病態と関係する。今回の実験では、脂肪前駆細胞(APCs)をさらに、DPP-4の発現が高いグループと低いグループで分類して解析した。
  • テクニカル指標の重要性を理解する
  • 6.質量分析計
    物質を構成する原子や分子をイオン化し、その質量と数を高感度に測定する分析計。物質の同定や定量に用いられる。
  • 7.プロテオーム解析
    細胞や組織で発現しているタンパク質を分離、同定、定量して得られた情報を分析し、生命システムを構成するタンパク質の機能および機能的つながりを解析する手法。
  • 8.次世代シーケンサー
    超高速で塩基配列を解読する装置。
  • 9.トランスクリプトーム解析
    ゲノムDNAからの転写産物(RNA)を網羅的に調べ、遺伝子発現の状態を計測する手法。
  • 10.ペルオキシソーム増殖剤活性化レセプターガンマ(PPARg)
    肥満や2型糖尿病に関係する転写因子で、脂肪細胞の分化制御に中心的役割を持つ。

国際共同研究チーム

理化学研究所 生命医科学研究センター 融合領域リーダー育成プログラム
上級研究員(研究当時) イボ・ウー(Yibo Wu)
(現 粘膜免疫研究チーム 客員研究員)
テクニカルスタッフⅠ(研究当時) クライブ・バーカー(Clive Barker)
(現 統合ゲノミクス研究チーム テクニカルスタッフⅠ)

テキサス大学 サウスウェスタン・メディカル・センター
教授 ラナ・グプタ(Rana Gupta)
ポスドク研究員(研究当時) ボ・シャン(Bo Shan)
ポスドク研究員(研究当時) モェンレイ・シャオ(Mengle Shao)

原論文情報

  • Bo Shan, Clive S. Barker, Mengle Shao, Qianbin Zhang, Rana K. Gupta, Yibo Wu, "Multilayered omics Reveal Sex- and Depot-Dependent Adipose Progenitor Cell Heterogeneity", Cell Metabolism , 10.1016/j.cmet.2022.03.012

理化学研究所
生命医科学研究センター 融合領域リーダー育成プログラム
上級研究員(研究当時) イボ・ウー(Yibo Wu)
(現 粘膜免疫研究チーム 客員研究員)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる