初心者向けおすすめFX動画

ステークホルダーの正しい意味と用法

ステークホルダーの正しい意味と用法
図表5 ブランド人格曼荼羅

株主のこと?「ステークホルダー」とは何か、具体例や語源を解説!

「ステークホルダー」は「stake」と「holder」という英単語から出来ています。 「stake」は元々「杭(くい)」という意味を持ちます。 語源となった説話は、アメリカの西武開拓時代の移住民によるとされるものです。 アメリカを開拓する時に、移住してきた人たちは開拓した土地の周りに杭(=stake)をいくつも打ち、自分たちが杭の保有者(=holder)すなわち土地の所有者であることを主張していました。 そこから「stake」という言葉に「権利」「所有権」などの意味が含まれるようになっとされていますが、そのため1970年代まで「ステークホルダー」のことをアメリカでは「権利の主張をしてくる者」と否定的な意味で使われていました。

現代使われている「利害関係者」となった語源

「利害関係者」といった意味になったのは、1963年にSRIインターナショナル部のメモ書きで初めて用いられました。 そのときステークホルダーは「グループからの支援がなければ、当該組織が存続し得ないようなグループ」と定義されていました。 しかし1970年を過ぎて社会運動が盛んに展開されるようになると、概念の捉え直しをされました。 その時、R.E.フリーマンの「戦略的経営:ステークホルダーアプローチ」という本においてはじめて体系的に展開されました。 そしてフリーマン氏は「企業には株主以外に責任を持つグループが存在する。それは企業行動に利害を持つグループのステークホルダーである」(ステークホルダー理論)と説きました。

「ステークホルダー」の使い方

「ステークホルダー」はビジネスシーンでは、よく使われている言葉です。 一般的にはあまり使われません。 広い範囲を指す言葉であり、「ステークホルダー」に含まれる個々を「ステークホルダー」と指すことはほとんどありません。 主に、企業のあり方や今後の活動など、企業理念や企業方針についての会議の際によく出てくる言葉です。 ステークホルダーの正しい意味と用法 会社においての利害関係者全般を指す言葉であり、日頃の業務やひとつひとつのプロジェクトの話よりも、企業全体のことなど規模が大きい話をする時に使われます。 しかし、企業によっては示しているステークホルダーの範囲が若干異なる場合があります。 直接的に利害関係が発生するステークホルダー、主に「顧客・社員・株主・取引先」などだけを指していることがあります。 それは企業の考え方そのものであったり、話の内容や流れでそういった範囲を差していることがありますので、文脈や内容によって把握するようにしましょう。

「ステークホルダー」の例文

  • 「これからは、もっとステークホルダーとコミュニケーションを図り関係の構築をする」
  • 「ステークホルダーに参画意識を促していくための会議」
  • 「企業の向上発展のため、ステークホルダーを重視する」
  • 「ステークホルダー向けの会社案内を実施する」
  • 「ステークホルダーの意見に耳を傾け、企業の価値や評価を高めていく」
  • 「A社は経営陣による独占的経営により、ステークホルダーに損害を与えてしまった」

「ステークホルダー」が注目される背景

「コーポレート・ガバナンス」の台頭

日本で「ステークホルダー」が注目されるようになったのは「コーポレート・ガバナンス」が注目・期待されたことにありました。 コーポレート・ガバナンスとは、ステークホルダーによる企業統治のことであり、企業による独占的支配や不正行為の防止のため監視をし、健全で効率的な経営をするための仕組みのことです。 1990年代のバブル経済崩壊やワンマン経営による業績悪化や不正などが発生により日本でも急速に「コーポレート・ガバナンス」に注目が集まりました。 そして2003年に商法改正により米国型のマネジメント(=企業の業務執行をする機能)とガバナンス(=経営者の業務執行の活動を監督する機能)を分離するための委員会等設置会社が認められるようになりました。 また、「コーポレート・ガバナンス」と同じように重視されているものが「CSR(企業の社会的責任)」です。 CSRとは、企業は、利益追求や法令遵守だけでなく、あらゆるステークホルダー(の多様な要求に対し適切な対応をとり地域社会への貢献を行うなど義務があることを示しています。

「ステークホルダーマネジメント」の必要性

現在では「ステークホルダー」のことを考えた経営理念や、企業運営をする会社も多くなってきています。 また、経済社会のグローバル化に伴い「ステークホルダー」の範囲は領域的にも広くなってきています。 これからの企業や経営は、さらに「ステークホルダー」との関係性がとても大事になっています。 そのため、「ステークホルダーマネジメント」がとても重要となります。 「ステークホルダーマネジメント」とは、ステークホルダーとの関係を計画的に管理していくことです。 顧客や株主、地域社会や行政などとの関係の良好のための計画はもちろんのこと、企業の社員や従業員同士の関係も良好を保っていくことがとても大切です。 「ステークホルダーマネジメント」のひとつに「ステークホルダー分析」というものがあります。 どのステークホルダーとの利害関係を考慮すべきか判断する分析のことです。 このように、企業は常にステークホルダーのことを考えて経営していかなくてはなりません。 社会人であり、地域住民である自分自身も「ステークホルダー」であるということです。 「ステークホルダー」のことをしっかりと考えられるよう、理解と把握をしていきましょう!

「ステークホルダー」と「ストックホルダー」の違い

「ステークホルダー」のうち株主のことを「ストックホルダー」や「シェアホルダー」と呼ぶことがあります。 この二つの一般的な使い分けは、単に株を有している人のことを「ストックホルダー」と呼び、議決権を有する株を有している人のことを「シェアホルダー」と呼ぶようです。 また、「ステイクホルダー型企業」や「ストックホルダー型企業」と呼ばれることがあります。 会社のステイクホルダー全体の利益バランスを考えるのが「ステイクホルダー型企業」で、株主最優先で考えるのが「ストックホルダー型企業」となります。 たとえば、会社の業績が悪化した際に、賞与カットと株主配当中止で乗り切るのが「ステークホルダー型」で、リストラをして株主配当の原資を確保するのが「ストックホルダー型」となります。

「ステークホルダー」の英語表現

「ステークホルダー」は英語では「stakeholders」となります。 会社の利害関係者は、基本的に複数いるので複数形で書くのが一般的です。 そもそも日本語の「ステークホルダー」は英語が由来なので、同じ意味で使います。 利害関係者の中でも重要人物のことを英語で「key stakeholder」と表現します。 例文です。

Corporate executives need to think about the whole business and how it creates value ステークホルダーの正しい意味と用法 for customers and stakeholders.

The proposal faces opposition from members of key stakeholders, including John Doe.ステークホルダーの正しい意味と用法

154.ステークホルダー

vbl01301.jpg

図表1 ステークホルダーの検討

「153. 起業開始の-まずは開始-」の「図表4 目指すところは明確に」では個人事業主は「やりたいこと」と「できること」と「顧客に感謝されること」 の3つの重なったこと を目指すと書きました。すなわち顧客は自分のやりたいことができて有難いと思って感謝しているということです。お客の立場で考えると仕事をやってくれた事業主のおかげでお客のやりたかったことが実現したわけです。その結果お金を払ったとしてもお客様のできることが増えればお客様のお客様に感謝されることも増えれば、収入を増やすことができます。しかしながら事業主のために製品やサービスの価格が高くなり、事業主のやり方が不適切であったために納期を守れないとなるとお客様に迷惑をかけることになります。このような不備はモノやサービスの時だけではなく、契約時の説明不足や契約の不備、仕事に関係する法律や制定の変更や事業活動によっても発生する気候変動によっても発生します。

強みと弱み

vbl01302.jpg

図表2 強みと弱み

図表2の縦軸は自分についての分析項目で自分の強みはリスクの少ない個人事業とする・まだ元気な学生である・起業に勤務している 社会人と違い自由に何かをやる時間がとりやすい・これまでの生活でICTを使うチャンスも多く経験は豊富であるということをあげています。 一方弱みについ ては事業やそこに至るまでの経験が少ないので失敗する可能性は高い・学業と起業活動を同時に行うために時間が多く取れない・このため若者の特権ともいえる遊 び時間が少なくなるといったことを感じています。

一方機会としては高齢者が多くなるが若者が少なくなるので実質的な年金は減少するので、サラリーマンより起業者のチャンスは増える・ ICTの普及により自分の得意なICTを使った起業チャンスは増える。 脅威としてはICTの普及によりグローバルな競争社会となる・若者が減り子供の出生率が経ると将来のマーケットは縮小する・人口知能により現在人間のやっている定型的な仕事は少なくなる・一方起業家が増えるといろいろな起業支援活動との競合が発生する等があげられます。

ステークホルダーとは

vbl01303.jpg

図表3 ステークホルダー 曼荼羅

出典 フレマガ、2020「ステークホルダーとは?ビジネス 用語の正しい意味と使い方」等を参考に作製

「図表3 ステークホルダー曼荼羅では」曼荼羅の中心に事業主を置き、その周りの8つのマスにはステークホルダーの種類とその事例を書き込んだ記入用紙 (Framework By Example)です。左下から右上への楕円部分に囲まれる枠には仕事の依頼を考えている人が顧客になるまでの時間すなわち経緯を、右下の従業員から左上の地域社会への楕円部分には事業の行われる空間を記入しています。さらに中左の債権者、金融期間は事業の内容には関与しないがお金の面倒を見る人、中右の株主は事業のために金を投資してくれた人で、すなわちこの横楕円は金融を表しています。中上の行政機関・政府は仕事行う上での基本的条件もしくは規約を決定し、中下の取引先はそこで行われる取引をおこなう仕掛けの部分を示しています。すなわちこの曼荼羅は時間、空間、金融、仕掛の4次元でまとめています。

そこにはパーパスの話も出ていますのでご参照ください。パーパスは事業者がステークホルダーに伝える事業の狙いのことです。こちらはステークホルダーごとに決めるのではなく、事業者がすべてのステークホルダーに納得していただけるような共通の目的を設定するものです。このために作成するのが「図表4 学生 起業準備情報~ブランド人格曼荼羅」です。図表4を記入参考用紙(FBE)にして今回の事業の項目を記入してください。

vbl01304.jpg

図表4 学生起業準備情報~ブランド人格曼荼羅

vbl01305.jpg

図表5 ブランド人格曼荼羅

SDGs

ここで挙げられているSDGsについては「153. 起業開始」の第2章の終わりの「137. 心豊かに ステークホルダーの正しい意味と用法 暮らせる社会―SDGs-」に書かれてかれているSDGs(Sustainable Development Goals)を紹介しています。しかしまだそのSDGsへの対応ができていない方は、ぜひ検討して下さい。その理由はSDGsに対応することは世界的にはすでに常識に近い状況になりつつあるからです。ところが日本の自動車産業においてすら、SDGsはもはや世界の最先端を走っているとは言えませんし、電気業界においてはすでに先進国とは言えない状況になっております。このためか、いまや市場から撤退する企業も出始めています。

しかしこのような時だからこそ起業のチャンスです。起業家は既存企業のように過去の縛りにとらわれるものがなく、新しいアイデアと組み合わせて鍛えあげることができるからです。皆さんの起業ではSDGsを考慮してパーパスに組み込むことで成功確率が上がります。しかしまだこの段階では実現可能かどうかはわかっていません。いずれにしても、こうして作られるパーパスは、「153. 起業開始」の「図表2 起業開始図」の左下枠の「起業準備」の右上にある「なんのためにやるのか、狙い (Why)は」と整合性が取れているかをチェックし、違っていれば整合性が取れるように図表4の右上の内容を修正します。

こうしたステークホルダーを見つけることができれば、起業の可能性は上がりますので次は現在考えている事業で将来を生き残ることができるかどうかを考えることになります。この時世の中のデジタル化が進んでくると「図表6 タスクから見た働きかたの変化」にあるように、タスクによっては平均賃金が増えるもの減るもの、 将来もその業務が増えるもの減るものといった傾向があります。

vbl01306.jpg

図表6 タスクから見た働き方の変化

内定をたくさんもらう人ってどんな人なの?【10年強人事総務の責任者の方に聞いた話】

ステークホルダーとは
企業経営における利害関係者 です。
株主・経営者・従業員・顧客・取引先はもちろん、金融機関や競合企業、地域社会や行政機関等も含まれます。利害関係者という言葉通り、複数のステークホルダーの間の利害は、一致するとは限りません。株主は高い配当や株の値上がりを期待しますし、従業員は給与が上がることや恵まれた待遇を期待します。また、顧客はできるだけ安価でしかも品質のよい商品やサービスを期待します。金融機関は、企業に貸したお金の返済や利息の支払いを期待し、行政機関は企業の法律順守や適正な納税を期待します。このように、ただの関係者ではなく、利害関係者であるのが、ステークホルダーです。
https:ステークホルダーの正しい意味と用法 //gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/43581
(ステークホルダーって何? 正しい意味と使い方を例文つきで理解しよう マイナビ学生の窓口より)

2回生
先生、 種々の業種では求めている人って、変わってくると思うんですけど、実際はどんな具合ですか?

先生
求める人は(業種、職種、立場(役職により異なる))
経験によりスキルは向上するが、姿勢や態度は変化しにくいため、採用に際しては性格、適応性を重視する

銀行の元採用責任者:
総合職 あたま の良い人
一般職 かわいげ のある人

コンサルタント会社の常務:
目力 のある人

警察の元幹部:
正義感 と 忍耐力

商社の役員:
元気 で コミュニケーション能力 のある人

先生
「多くの内定を取る学生とはどんな人なのかをお話しておきましょう。」
ここで話されたのは先生の娘さんの友人のお話でした…

元気がよく、いつも笑っていて、話がおもしろい。
授業に欠かさず毎日出て、成績も良い。
バイトには休むことなく、バトミントン部に所属しているが それにも行き、今は好きなバンドにはまっている。
本当に忙しいと思うけど、付き合いが良く、 威張った感じや軽率な感じがしない。

大学名性別 は出てこないが、おそらく企業の担当者の大半は合格を出す。

「ガバナンス」の意味とは?使い方から英語まで例文付きで解説

言葉

☆「ガバナンス」をざっくり言うと……

英語表記ガバナンス(governance)ステークホルダーの正しい意味と用法
意味企業をどのように経営、統治していくのか。
語源英単語の”governance”
関連語ガバメント(government)

「ガバナンス」とは?

「ガバナンス」の意味を詳しく


日本では、「ガバナンス」と言うと、一般的にビジネス用語として「 コーポレートガバナンス(企業統治) 」のことを表します。

企業には、多くの ステークホルダー が存在します。そのステークホルダーが企業の行う活動を監視することで、企業が不正を行うことを防止し、 効率的な経営を目指すための仕組み を「コーポレートガバナンス」と言います。

よりよい「コーポレートガバナンス」のためには、経営や財務、人事などの 情報が世間に公開されることが必要 です。企業の情報を外部に公開することで、より多くの人に監視されるようになり、不正を働きにくくなります。

このように、 企業と利害関係のある者 をステークホルダーと呼びます。

  • 監査役会設置会社
  • 監査等委員会設置会社
  • 指名等委員会設置会社

これらは、 社外の人物の監査を受け、自社の経営が公正だと証明するための仕組み です。この仕組みを取り入れるかどうかは、企業の自由です。

これらの制度を採用している会社では、企業の経営を行う 執行役 と、正しい経営が行われているかをチェックする 監査役 を分けることで、不正を見つけやすくしています。さらに監査役の半数は必ず会社の外の人間に依頼しなければならないため、身内をかばって不正を隠すような事態も防ぐことができます。

指名等委員会設置会社では、監査役だけでなく、社員の報酬を決める役割や、人事の指名を行う役割に対しても社外の人物の意見を取り入れています。これにより ステークホルダーの正しい意味と用法 権力が分散する ため、より公正な経営が可能になります。

「ガバナンス」の使い方

  1. ガバナンス が機能していないと、不正を見逃してしまう危険がある。
  2. 大企業の不正が明るみになり、 コーポレートガバナンス の必要性が再確認された。
  3. 健全な ガバナンス のためには、一人一人が意識をもって取り組むことが大切だ。

「ガバナンス」の語源

英語の ”governance” という単語が由来になっています。これは「統治、管理」を意味する単語です。

「コーポレートガバナンス」の「コーポレート」は、 ”corporate” という英単語で、「組織の、団体の」という意味を持っています。

「ガバナンス」の関連語

「ガバナンス」に似た単語に、「 ガバメント 」というものがあります。英語では “government” と書き、「統治、支配」という意味を表します。一見同じように見えますが、大きく意味が違います。

「ガバナンス」は、従業員や銀行など、「関係者が自主的に環境を作り上げる」というような 自治的な意味 を持っています。

ウィンウィン/win-winとは?意味や関係からビジネスでの使い方まで例文も | キャリアコンサルタントドットネット

win-winの意味とは?

win-winとは、自分と交渉者が共に利益や得たいモノやコトなど、何らかの良い結果になり、メリットが享受できたことをさします。

意味としては”自分も勝ち。相手も勝ち”となります。

だからこそ、社会人としては知っておかなければならない用語なのです。

win-winの提唱者は?

win-winの提唱者は?

win-winは、国際政治学者デイヴィッド・シンガー(1925年12月7日-2009年12月28日)の1962年「Deterrence, arms control, and disarmament」で、ゼロサム思考に対置される概念として使用されました。

マンガ版は活字が苦手な若者も読みやすく、就活生や第二新卒の転職者向けにお勧めです。

win-win以外の人間の関係性は?

win-win以外の人間の関係性は?

人間の関係性はwin-winだけではありません。

win-Lose(自分は勝ち・相手は負け)

Win-Lose(自分は勝ち・相手は負け)

これは現代社会において、一番よく考えられている関係性ではないでしょうか?

誰かの犠牲の上でないと自己の利益を得ることが出来ないと言う考え方です。残念ながら、競争社会においては当然のことなのかもしれません。

つまり、自分ではない誰かとの相対的な判断基準によるものです。

生活とは競争ではありません。自分の判断基準を持つことをお勧めします。

Lose-win(自分は負け・相手が勝ち)

Lose-Win(自分は負け・相手が勝ち)

相手が幸せになるのならば、自分は負け続けてもかまわない。このような関係性です。

また、相手からその関係を持って信頼されるといった事や、好かれるといったことが起こる事は稀で非常に少ないでしょう。

Lose-winの考え方には、基準、ビジョン、希望、期待が全くありません。そういった意味でもLose-winは問題がるのです。

Lose-Lose(自分も負け・相手も負け)

Lose-Lose(自分も負け・相手も負け)

相手が負けて自分も負ける。これは共倒れという考え方と同じです。

自分の力では相手に勝つことが出来ないが、相手に勝たせたくもない。それならば勝てないように相手の足を引っ張り共倒れした方がましといった考えです。

win(自分が勝ちのみ)

Win(自分が勝ちのみ)

自分の勝ちだけを考えます。

武士の情けといったこともなく自分が勝つためには手段などは考えず、つまりは相手がどのようになっても関係ないということです。

結局は商売とは相手の気持ちを考えないとうまくいかないモノなのでということになります。

win-winにならない場合にはNo Deal(白紙に戻す)

Win-Winにならない場合にはNo Deal(白紙に戻す)

白か黒かどちらの選択であり、グレーでの取引はしません。グレーでの決着するのならば「選択をしない」という選択をとります。

つまり、妥協を要する取引はせずに白紙に戻すということです。Win-Winにならない場合にはNo Dealが理想的です。

win-winを目指す為に必要なこと

win-winを目指す為に必要なこと

交渉は相手との共同作業

交渉は相手との共同作業

現代社会で多くの方が交渉は、結果がWin-Lose、Lose-Win等でいずれであっても、相手との戦いだと認識している方が多いのではないでしょうか?

交渉とは、相手との共同作業です。

その中でも、最初に必要なのは交渉相手の話にしっかりと耳を傾け、誠実に向き合うことです。

このようにまずは相手の話に耳を傾け、誠実に向き合わなければ理解することは出来ず、win-winを作る交渉を始めることさえ出来ません

価値観の洗い出しと違いの認識を意識する

価値観の洗い出しと違いの認識を意識する

上記の例で相手は納期の前倒しを重要としていましたが、次回の交渉時には納期ではなく料金の値下げを重要としている場合等がこれにあたります。

毎回、価値観の洗い出しと違いの認識を意識しなければなりません。

上司から普段に言われている事や所属部署等の状況から洗い出ししてみてはいかがでしょうか?また、それでも不明な場合は上司や同僚に質問してみるのも効果的です。

win-winの注意点

思い込まない

思い込まない

win-winには交渉が必要です。

思い込まずに冷静になり相手の状況と自分の状況分析からはじめましょう。

その論点を洗い出して整理することが、win-winを作り出す上で重要になります。

関係している人(ステークホルダー)は他にもいる

関係している人(ステークホルダー)は他にもいる

交渉時において関係者は他にもいます。BtoBビジネスは当然ですが、BtoCビジネスの場合でも同様です。

この見えないステークホルダーのwinまでを想像してみることが、よりよいwin-winの状態を目指すことが出来ます。

つまり、目の前の相手だけが幸せになったとしても、その先に悲しむ人がいるのではそれはwin-winと言えないのではないでしょうか?

win-winの一歩先 win-win-winとは?

win-winの一歩先 win-win-winとは?

関係している人(ステークホルダー)とは一体だれなのでしょうか?これを考えればwin-win-winのもう一人の登場人物を考えることが可能です。

このwin-win-winの発想は、近江商人の経営哲学のひとつとして有名な”三方よし”と同義語です。

商売において売り手と買い手が満足するのは当然のこと、社会に貢献できてこそ良い商売といえる」という考え方です。

このように社会の幸せを願う「三方よし」の精神は、現代のCSR(Corporate Social ステークホルダーの正しい意味と用法 Responsibility/企業の社会的責任)に繋がっていて、多くの企業の経営理念の根幹となっている事からも重要なことと理解できるのではないでしょうか?

win-winの関連サイト

    /フレッシャーズマイナビスチューデント /Wikipedia ステークホルダーの正しい意味と用法 /英語部 /ビジネス心理学 /kuguru

win-winのまとめ

win-winのまとめ

win-winを作り出すことが出来れば、双方が満足して物事をより良く進めていくことが可能になります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる