国内バイナリーオプション

FXでエントリーするならどっちのタイミング

FXでエントリーするならどっちのタイミング

〈勝率8割〉の馬鹿トレFX ~1週間で1200万円稼ぐ~ Copertina flessibile (Tankobon)

Questo articolo è acquistabile con il Bonus FXでエントリーするならどっちのタイミング Cultura e con il Bonus Carta del Docente quando venduto e spedito direttamente da Amazon. Sono esclusi prodotti di Venditori terzi sul Marketplace di Amazon. Verifica i termini e condizioni dell' iniziativa Bonus Cultura FXでエントリーするならどっちのタイミング 18app e di Carta del Docente.

Dettagli prodotto

  • Lingua ‏ : ‎ Giapponese
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4827211906
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4827211900
  • Peso articolo ‏ : ‎ 240 g
  • Dimensioni ‏ : ‎ 12.9 x 1.5 x 18.8 cm
    Recensioni dei clienti:

Informazioni sull'autore

Scopri di più sui libri dell'autore, guarda autori simili, leggi i FXでエントリーするならどっちのタイミング blog dell’autore e altro ancora

Recensioni clienti

Le recensioni dei clienti, comprese le valutazioni a stelle dei prodotti, aiutano i clienti ad avere maggiori informazioni sul prodotto e a decidere se è il prodotto giusto per loro.

Per calcolare la valutazione complessiva e la FXでエントリーするならどっちのタイミング ripartizione percentuale per stella, non usiamo una media semplice. Piuttosto, il nostro sistema considera cose come quanto è recente una recensione e se il recensore ha acquistato l'articolo su Amazon. Ha inoltre analizzato le recensioni per verificarne l'affidabilità.

Recensioni migliori da Italia

Le recensioni migliori da altri paesi

これまで学んだ手法がダメだったのでは無く、勝てないのは自分自身との闘いに負けているのです。勝てないのは転換するまで待てずに中途半端な位置でエントリーしたり 含み損になると直ぐにナンピンしてしまう、資金管理が出来ない自分が悪いのです。つまり、手法の勉強が足りないのでは無く マダマダ経験値が足りないという事です。

ドリルでは1分足から日足まで様々な通貨ぺアや取引銘柄のチャートで、「2本ライン」を引いて 建値,損切り値,利益確定値 を設定する基本を学びます。無理して相場の波を全て取りに行く必要はありません。「できる」と思う場面だけトレードすれば含み損になりやすい無駄ポジションのエントリーも減らせます。

1分足や5分足でも可能ですが 再び逆行して直ぐ戻る可能性も高いので なるべく長い時間足で2本の斜線が引けるチャート形状を見つけてトレードする事を推奨します。長い時間足で検証してトレードした場合、決済まではスイングトレードと同様の長い待ち時間になる事もありますので、その点は予め知っておいてください。

ただし、2本のラインが引けても上昇が継続しているならダブルトップやトリプルトップまで待ち、下降が継続しているならダブルボトムやトリプルボトムまで待って エントリーしてください。明確な転換サインが出るまで待たず安易に短い時間足のチャートで2本のラインが引けるからといって エントリーが早すぎると損切りになる確率が上がってしまいます。

なぜ買ったら下がるのか、なぜ売ったら上がるのか。なぜ少額で利益確定して 含み損は増大させてしまうのか。なぜ ナカナカ損切りができないのか。なぜ目線の錯覚や思い込みに惑わされるのか。多くの人が負ける要因は、本能の摂理に翻弄されているからです。

なぜ 含み損を少額のうちに損切りする必要があるのか。それは 含み損を抱えたままでいると目線がプライマリートレンドとは逆のままであり、目線の継続により 更にナンピンする確率が大幅に上がるからです。つまり、損切りできないまま含み損のポジションを保持し続けていると、目線のリセットが困難になるのです。

含み損を決済しても依然として 目線が継続している感じがする時は、無理にエントリーしないでノーポジションのままでいるほうが得策です。目線が継続したまま無理にトレードして 逆張りエントリーのナンピンをするくらいなら、しばらくはトレードしないほうが損失を抱えずに済むのです。

この「幸せゾーン必勝法」は、2本のラインが引ける 相場状況によっては、プライマリートレンドに沿った順張りでなく 逆張りでのエントリーになりますので、その点は十分に注意してください。

短い時間足で勝率を上げたいならば移動平均線も併用しましょう。2本の斜線を引いても本当にトレンド転換したのか判断に迷う場合、5分足では60MAを抜けたらエントリー 15分足なら20MAを抜けたらエントリー の判断を考慮してみてください。

第3章 幸せゾーンの練習ドリル
第1問 米ドル円
第2問 ポンド円 5分足
第3問 日経平均225 30分足
第4問 FXでエントリーするならどっちのタイミング ゴールド 米ドル 4時間足
第5問 ビットコイン 円 15分足
第6問 ポンド豪ドル 日足
第7問 AAPL アップル株価 1分足 FXでエントリーするならどっちのタイミング
第8問 豪ドル米ドル 4時間足
第9問 ダウ平均株価 1時間足
第10問 ユーロ米ドル 5分足

第5章 ヘッジファンドの新人トレーダーが最初に学ぶこと
1.なぜ、9割の参加者が負けるのか
・選ぶのは、どっち?
・宝くじが当たっても破産する人たち
2.精神力、忍耐力、意志力、こんなものはいらない
・「今すぐエントリーしたい」
・トレード中のあなたは猿、いや虫です
3.ヘッジファンドの新人トレーダーが最初に学ぶ "NPLトレード"FXでエントリーするならどっちのタイミング
・利益を求めないトレーダーになる
・赤黒ゲームのすすめ
4.どんなシステムよりも価値あるツール
・日記をつけよう
・絶対計画

トレンドラインの斜線は 日足の安値から2日~3日の角度を検証し複数のシナリオを想定する事が重要です。10月17日の高値と11月18日の高値に水平線を引き、その水準付近まで下がる可能性を考慮しますと 12月と1月も水平線の付近で反転している日があります。

2月6日までのトレードを記載します。ポンド円 1時間足 1月30日の18時と19時の角度に斜線を引いて、そのまま斜線を表示しておきます。その斜線に掛かったり接近して下ヒゲを付けて上昇したら買い。

2月5日16時台に 2月4日16時と17時の斜線に掛かったので買い。16時と17時の上昇トレンドラインとしての斜線を引いておき、その斜線が機能しなくなったら決済し、目線を切り替えて 上がったら売り。

つまり、「正解は1つじゃなく複数ある」という事です。トレードは技術職ですので 通常の勉強のように本の内容を覚えても出来るようになるとは限りません。
実際の「正解の手法」は 個々人の性格や生活リズムに見合ったものになります。多くの人が「スゴク簡単に勝てる手法」を探していますが、地道にコツコツと経験を積む事こそが最も近道なのです。

エントリー値まで再び戻されましたが、そのまま保持したら急下降したので1時2分に決済。さすがに疲れたので就寝します。やっぱり 困った時の 幸せゾーン必勝法です。斜線から乖離したら再び斜線まで戻る作用を利用した 幸せゾーン必勝法はトレードの役に立っています。

15時20分からトレード開始。ポンド円、15分足 3月23日21時から3月24日を通った上昇トレンド斜線を表示。今日の24日14時35分の安値に作用しているので「これは効いている斜線」と認識。15分足 13時台の連続した下ヒゲを見て上昇すると判断。この15分足でのサボテン状のローソク足は要注意です。5分足では値幅の狭いレンジにしか見えませんが、15分足ではわかります。

7月17日の現時点においては 日足200MAと120MAがチャート上にあるので 上昇しても限定的だと判断できます。過去の経験から1時間足 7月17日9時の長い上ヒゲから判断して更に下降すると予想できました。トレードの成功は高値と安値に斜線を引いて「レンジを見つける事」です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる