初心者バイナリオプション戦略

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

暗号資産を一目均衡表で分析しよう
外国為替 2022年05月30日 09:09

仮想通貨 – パレットトークン(PLT)

前述のように、日本でパレットトークン(PLT)を買える場所、つまり仮想通貨取引所は、最近までCoincheck(コインチェック)のみでしたが、中国系のOKCoin Japan(オーケーコインジャパン)がPLT取扱いへ動き出しました。仮想通貨取引の最大手の一つであるCoincheckは、国内で最初にIEOを実施した仮想通貨取引所。サービスも信頼も高い評価を受けており、初心者でも安心して投資を始められます。

1. 初心者がPLTを購入するのに適した場所 – 金融庁登録済みの暗号資産交換業者

はじめてパレットトークン(PLT)を購入する場合、信頼できる場所が必要です。それは、Coincheckのような信頼できる暗号資産取引サービスを提供する企業のことを指します。これらの企業を暗号資産交換業と言います。

2.Coincheck(コインチェック) – PLT販売のパオニア

ここでは、パレットトークン(PLT)で実績のあるCoincheckについて、詳しく見ていきましょう。パレットトークン(PLT)を購入できるCoincheckは、国内暗号資産取引アプリダウンロード数No.1の実力を持ち、最短5分で申込み完了が完了。国内最大級17種類の暗号資産が約500円から購入可能です。

パレットトークン(PLT)を始めたいならば、まずは、Coincheckを訪れましょう。国内最大数17種類の暗号資産(仮想通貨)が買え、非常に使いやすいスマホアプリ(仮想通貨取引アプリのダウンロード数で国内一位)が用意され、そして取引所の取引手数料が無料!初心者でも低リスクで簡単に口座の開設ができるというのが大きな魅力です。

2014年に運営を開始した歴史のある取引所で、東証一部上場企業でネット証券を運営しているマネックスグループが親会社ですから、これからパレットトークン(PLT)などの暗号資産(仮想通貨)を購入する方にも、おすすめできる取引所です。

暗号通貨投資はボラティリティの高い非規制投資商品です。日本では利用者の資産保護のためのルール整備が行われている段階です。初めての暗号通貨投資は余剰資金で行うことをおすすめします。

Coincheck(コインチェック)の特徴 安全で使いやすい!

特徴その1:国内最大級の取り扱い通貨数

Coincheckが多くの投資家から支持される一番の特徴は、その取扱通貨数でしょう。ビットコインはもちろんのこと、パレットトークン(PLT)を始めとする多くのアルトコイン(ビットコイン以外のすべての暗号資産(仮想通貨))を扱っています

2022年5月現在、Coincheckでは以下の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。DeFi(ディーファイ)びLuckyblock(ラッキーブロック)は未対応です。

  • パレットトークン(PLT)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エイジコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • サンド(SAND)

特徴その2:口座開設や取引操作が簡単でスピーディー

特徴その3:取引所の取引手数料が無料

Coincheckの取引所では取引手数料が無料です。取引を何回しても一切手数料が掛かりません。仮想通貨PLT売買を頻繁にしたい方にとっては嬉しいポイントですよね。お得な取引所といえるでしょう。

特徴その4:運営の信頼性

特徴その5:安全なセキュリティ対策

特徴その6:取引画面の見やすさ・使いやすさ

特徴その7:国内最多のアプリダウンロード数

特徴その8:サービスの多様さ

Coincheck(コインチェック)へ入金する方法

    暗号資産を一目均衡表で分析しよう
  1. 銀行振込での入金
    年末年始などを除いた平常時は、全国銀行資金決済ネットワークのモアタイムシステムに参加している銀行からは、24時間振込みが可能です。振込後、Coincheckによる確認が完了次第、Coincheckのマイアカウントへ入金が反映されます。

暗号通貨投資はボラティリティの高い非規制投資商品です。日本では利用者の資産保護のためのルール整備が行われている段階です。初めての暗号通貨投資は余剰資金で行うことをおすすめします。

パレットトークン(PLT)が注目される理由

アート、アニメ、漫画や音楽のための、次世代ブロックチェーンであるパレットトークン(PLT)。そう聞くと、ますます興味が湧いてきますよね?パレットトークン(PLT)が注目される一番の理由は、話題のNFTと密接に関係しているところでしょう。

パレットトークン(PLT)は、NFT抜きには語ることができません。NFTとは、Non-Fungible Token(ノン・ファンジャブル・トークン)の略で非代替性トークン、つまり代替不可能なトークンのことです。NFTが出現する以前、デジタルデータで制作・保存された作品は、コピー・複製ができてしまうことから、その価値の特定が不可能でした。NFTは、これらのデジタルデータ作品を唯一無二の存在として認め、価値を持たせたのです。

パレットトークン(PLT)は、この NFTと関連性が高いため、NFT市場に連動して価格が高まることが期待されています。Paletteという独自のブロックチェーン上で、NFTの購入、チェーンの運用報酬支払いなどが可能です。

パレットトークン(PLT)が注目されるもう一つの特徴は、日本初のIEO銘柄だということです。IEO(Initial Exchange Offering)とは、簡単に言うと仮想通貨を用いた資金調達の方法のことです。

今、パレットトークン(PLT)を買うべきか?

PaletteというNFTプラットフォームで利用されている暗号通貨/仮想通貨がパレットトークン(PLT)です。パレットトークン(PLT)は、2021年7月29日に取引を開始した新しい暗号通貨/仮想通貨としてNFTプラットフォームや国内初のIEO銘柄として、大変注目を集めています。

パレットトークン(PLT)は、東京に本社を置くHashpalette社によって発行・運営されています。Hashpalette社は、漫画やアニメといった国際的に人気のコンテンツや音楽のためのNFTプラットフォームPaletteを開発しています。発行上限は10億枚、発行枚数は2億300万枚で、国内取扱取引所はコインチェック(Coincheck)とオーケーコインジャパンです。

パレットトークン(PLT)は、ビットコインのように投資向けとして最適な仮想通貨とはまだ言えないかもしれませんが、コンテンツ産業の伸びとに連動し、今後大きく成長が見込まれる投資先であると広く考えられています。

暗号通貨投資はボラティリティの高い非規制投資商品です。日本では利用者の資産保護のためのルール整備が行われている段階です。初めての暗号通貨投資は余剰資金で行うことをおすすめします。

パレットトークン(PLT)を購入するメリット

パレットトークン(PLT)を購入する大きなメリットの一つは、他のプラットフォームと違って低価格で利用できる仕組みで作られていることでしょう。

イーサリアム(ETH)と相互運用が可能

ステーキングサービスを受けられる

対象の暗号資産(仮想通貨)を保有しているユーザーが、そのトークンを預け入れることで報酬を得られるサービスがステーキングサービスです。パレットトークン(PLT)を保有しているユーザーは、このサービスを受けることが可能です。

限られた供給量

パレットトークン(PLT)を含むほとんどの暗号資産(仮想通貨)は、発行枚数の上限があらかじめ決められていて、それぞれの暗号資産(仮想通貨)ごとに発行枚数上限は異なります。なんといっても興味深いのは、暗号資産(仮想通貨)の発行枚数と価格には関係性があることです。

法定通貨は、その時の国際的または国内の経済状況などによって中央銀行が発行枚数を調整することが可能で、発行枚数の上限は特に決められていません。パレットトークン(暗号資産を一目均衡表で分析しよう PLT)などの暗号資産(仮想通貨)は、発行枚数を調整する機関が存在せず、暗号資産(仮想通貨)開発者があらかじめ発行枚数を決めることが出来ます。

パレットトークン(PLT)を含む暗号資産(仮想通貨)はデジタルデータですから、硬貨やお札といったリアルな現物が存在しません。ですから理論上、いくらでも発行することは可能ですが、上限を決めずに発行し続ければその価値は下落してしまいます。これが、多くの暗号資産(仮想通貨)で発行枚数の上限を定めている理由です。

少ないほど価値が上がりやすい

では、まだ出来たばかりのパレットトークン(PLT)はどうでしょう?​​現在、パレットトークン(PLT)の総発行数(発行上限)は10億枚で、現在までの発行枚数は約2億3000万枚です。「発行枚数上限が少ない仮想通貨の方が価格が上昇しやすい傾向がある」の法則を考えれば、手に入れたい暗号資産(仮想通貨)ナンバーワンと言って過言ではないはずです。

個人資産の分散

高速で分散化されたトランザクション

パレットトークン(PLT)は、効率的なブロックチェーンネットワークといえます。その取引にかかる時間は驚くほど迅速です。送り手と受け手がどこにいても、パレットトークン(PLT)の取引は数分で完了するはずです。送金に数日かかる市中の銀行取引を考えると、まさに超高速トランザクションですね。

小口購入

パレットトークン(PLT)を購入するもう一つの重要な利点は、デジタル通貨を分割して購入できることです。パレットトークン(PLT)暗号資産を一目均衡表で分析しよう 取引を行えるCoincheckでは、最低取引数量が500円から購入できます。

つまり、ご自身の持つお金のほんの一部を、パレットトークン(PLT)に投資することができるのです。大金をリスクにさらすことなく、初めて暗号資産(仮想通貨)に触れようとする人にとって理想的といえます。

コインチェックの口座で取引する – ビットコインも気になる選択肢

せっかく暗号資産(仮想通貨)の口座を開設したのですから、パレットトークン(PLT)以外の仮想通貨/暗号資産にも投資してみたいですよね。初心者ならばやはり手堅くビットコインがおすすめでしょう。ここでは、ビットコイン購入方法をご紹介いたします。

さて、どうやってビットコインを買うの?ビットコインの始め方はいくらからがいいのでしょう?そもそも、ビットコインはいくらから買えるのでしょうか?

もう既にCoincheckで口座を開設しているなら、超簡単!ビットコインのやり方で超初心者も安心な方法を見ていきましょう。

Coincheckでビットコインを買う方法

現物取引:ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)売買を行う際、一番オーソドックスな方法が現物取引と言えます。購入した後、値上がりしたときに売って利益を出すシンプルな方法です。

レバレッジ取引:小額からでも大きな利益を狙えることから人気の投資方法です。おもに下落傾向の相場時に活用されます。自己資金の数十倍の金額を運用が可能なので、持っていない通貨を売ったと仮定し、買い戻す手法なので大きな利益を狙えますが、初心者にはオススメはできません。

ポイントサイト:小額からでも始められることで人気の方法です。100ポイントからビットコインに交換できるため、誰でも手軽に始めることが可能です。リスクは小さいので初心者にもオススメです。

積み立て投資:自動積み立て型の投資方法です。毎月一定の金額分、自動的に仮想通貨が購入され、リスクも小さく自分のペースで安定的に投資できます。

貸仮想通貨サービス:自分の保有する仮想通貨を貸して利益を得ます。契約期間終了で貸していた仮想通貨は手元に返ってくるので安心です。長期保有する方に向いています。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)通貨保有:ステーキング報酬と呼ばれ、暗号資産(仮想通貨)を保有しているだけで報酬が受け取れます。イーサリアムは、PoSへの移行を現在進めています。前述のように、パレットトークン(PLT)は、イーサリアムと相互運用が可能ですから気になるところですね。

暗号資産(仮想通貨)投資の重要ポイント

パレットトークン(PLT)やビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)に投資する場合、覚えておきたい以下のようなポイントがあります。

ポイント1- 投資は余剰資金で

残念ながら、投資で100%勝てる保証はないということを常に頭へ入れておきましょう。ラッキーなことにパレットトークン(PLT)投資ができるCoincheckなら、少額から暗号資産(仮想通貨)を買うことが可能です。

ポイント2- 価格を分析する
初心者でも比較的取り組みやすい、情報を基にして価格の分析を行う手法のファンダメンタルズ分析と、さまざまなチャートや指標を基に分析する、株やFXでおなじみのテクニカル分析を使って価格を分析することが大切です。

ポイント3- 損切りを恐れない

ポイント4- 暗号資産を一目均衡表で分析しよう マイナーなコインに投資する

覚えておきたい、ドルコスト平均法

パレットトークン(PLT)の価格

国内初のIEOとして取引が開始されたパレットトークン(PLT)。開始前の販売価格は4.05円でしたが6円で取引開始となります。その後は、瞬間的に45円台まで急騰した後15円まで急落。ところが終値100円目前まで急伸し、その人気ぶりは大きなニュースとなりました。結局販売開始直後の価格は4円程度の着地となりました。

2022年5月28日時点で、パレットトークン(暗号資産を一目均衡表で分析しよう PLT)の価格は約21円で、 販売開始直後の約7倍になっています。

パレットトークン(PLT)が誕生した理由

このNFT市場の課題を解決する目的で開発されたのがパレットトークン(PLT)暗号資産を一目均衡表で分析しよう です。

これらの課題を解決するために開発されたのが、パレットトークン(PLT)なのです。

パレットトークン(PLT)へ投資する安全な方法

規制された取引業者から購入する

パレットトークン(PLT)などの暗号資産(仮想通貨)をオンラインで購入する最も安全な方法は、規制された仮想通貨取引業者を利用することであるのは言うまでもありません。日本の場合、金融庁から認可を受けていないと営業することが不可能です。

規制された仮想通貨取引業者を使用する場合、匿名でパレットトークン(PLT)を購入することはできません。これは、当該取引業者が顧客の身元を確認することにより、マネーロンダリング防止規制に準拠する必要があるためです。

保管方法
パレットトークン(PLT)の購入が完了したら、購入したトークンをどのように保管するかを決める必要があります。多くの場合、パレットトークン(PLT)を購入したプラットフォーム上に置いておくという選択肢になるでしょう。

ウォレットのセキュリティ
大切な暗号資産(仮想通貨)を保管するeウォレット。どのウォレットタイプ(モバイル、デスクトップなど)を選択するにしても、一連の安全プロトコルに従うことを保証する必要があります。これには、強力なパスワード/PINを作成し、秘密鍵を安全な場所に紙に書き出して保管することが含まれます。

IDなしでPLTを購入できるか?

パレットトークン(PLT)を購入するには、金融庁から許可を得た仮想通貨取引業者から買わなければいけないということを前述でご紹介いたしました。現在、日本においてパレットトークン取引ができるのは、Coincheck(コインチェック)とOKCoin Japan(オーケーコインジャパン)の二つの業者だけです(2022年5月執筆時点)。

金融庁から許可を得るためには、顧客にIDの提出を促すことが必須です。ですからIDなしでパレットトークンを購入することは、不可能ということになります。

とはいえ、海外の暗号通貨取引所では、匿名での取引が可能な場合があります。今後、パレットトークン(PLT)にも海外の業者が参入することも大いに考えられますが、IDの提出が必要ない業者は安全上の理由で避けるべきです。

パレットトークン(PLT)を売却する方法

価格が上昇した際など、保有しているパレットトークン(PLT)を確定して売却します。Coincheckでパレットトークンを売りたいときのステップをご紹介しましょう。

ステップ1:取引口座にログイン

日本円の出金方法

  1. 「ウォレット」から「日本円の出金」を選択します。
  2. 登録してある振込先を選択し「この口座に振り込む」を選択します。口座登録が済んでないならば「新しい口座を登録する」より本人名義の振込先の口座を登録してください。
  3. 「出金可能額」から振込手数料を差し引いた金額の範囲で「出金額」を指定します。

最新のパレットトークン(PLT)ニュース

  • OKCoin Japanがパレットトークン(PLT)取扱いへ:国内暗号資産(仮想通貨)取引所のOKCoin Japanで、暗号資産パレットトークン(PLT)が取り扱われることになった。国内取引所においてCoincheck以外にPLTが上場するのは初。OKCoin JapanではPLT取り扱い記念として、Twitterフォロー&リツイート キャンペーンを開催予定している。
  • CoincheckがThe Sandbox取り扱いでSAND上場へ:国内暗号資産(仮想通貨)取引所のCoincheckが、新たに暗号資産ザ・サンドボックス(The Sandbox)の取り扱いをすると発表した。国内においてSANDの上場は初の事例。SANDはイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上に構築されたメタバースゲーム「The Sandbox」のユーティリティトークンで、ERC20規格トークンとして発行される。
  • HashPortがブロックチェーンゲームスタジオ部門設立:HashPortがブロックチェーンゲームスタジオ部門「HashGames」の設立を発表した。2022年第二四半期にPlay 暗号資産を一目均衡表で分析しよう to Earn(遊んで稼げる)ゲームを「HashGames」より複数リリースする予定。

まとめ

取引が開始されてからまだ1年弱。独自のプラットフォームを持っているエンターテインメント分野に特化したパレットトークン(PLT)は、アニメや漫画、音楽といった馴染み深い文化に世界に密着していますから、手に入れてみたいと思いますよね。

まず、パレットトークン(PLT)売買のパイオニアであるCoincheckを訪れましょう。500円から購入可能で、非常に使いやすいスマホアプリ(仮想通貨取引アプリのダウンロード数で国内一位)があり、そして取引所の取引手数料が無料ですから、初めて投資を始める方でも簡単にはじめられます。

今回ご紹介してきたパレットトークン(PLT)。この記事を参考にしていただき、新しい時代の暗号資産投資を始めてみましょう!

暗号通貨投資はボラティリティの高い非規制投資商品です。日本では利用者の資産保護のためのルール整備が行われている段階です。初めての暗号通貨投資は余剰資金で行うことをおすすめします。

よくある質問

パレットトークン(暗号資産を一目均衡表で分析しよう PLT)を購入するにはどうすればよいですか?
執筆時点で、日本においてパレットトークンの購入ができるのは、Coincheck(コインチェック)とOKCoin Japan(オーケーコインジャパン)の2社となります。パレットトークン(PLT)を購入するには、このどちらかに口座を開設してください。

パレットトークン(PLT)はいくらから購入できますか?

パレットトークン取引ができるコインチェック(Coincheck)では、500円からの購入が可能です。

パレットトークン(PLT)で何が買えますか?

パレットトークン(PLT)暗号資産を一目均衡表で分析しよう は良い投資対象ですか?

パレットトークン(PLT)は、高レベルの上昇とリスクを伴います。パレットトークン(PLT)も他の暗号資産(仮想通貨)同様に、このデジタル通貨があなたのポートフォリオに適しているかどうか、ご自身で調査することが不可欠なのは言うまでもありません。

パレットトークン(PLT)を購入するのに最適なサイトは?

現在パレットトークン取引ができる取引所は、コインチェック(Coincheck)とオーケージャパンですが、投資初心者には経験の長いCoincheckをオススメします。取引手数料無料で500円から投資可能。また、使いやすいアプリとウェブサイトが用意されています。

パレットトークン(PLT)を購入するには遅すぎますか?

乱高下が激しいのが暗号資産(仮想通貨)の世界です。近い将来、パレットトークンが上がると確信するなら投資するのに遅すぎるということはないでしょう。

手数料なしでパレットトークン(PLT)を買えますか?

パレットトークン取引ができる取引所のCoincheckならば、取引所の取引手数料が無料です。

パレットトークン(PLT)を最も安く購入する方法は何ですか?
暗号資産(仮想通貨)を購入するには、低コストのブローカーを利用するのが一番です。パレットトークン取引ができるCoincheckでは、取引所の取引手数料が無料です。

「生活者1万人アンケート」調査結果に見る消費者の暗号資産保有行動

① 属性
2021年調査では、暗号資産を保有していると回答した人の男性比率、平均年齢はそれぞれ71%、42歳だった。回答者全体と比べて男性比率は高く平均年齢は低い(図表2)。FXと同じように、若年層、男性に人気の高い商品と言える。伝統的なリスク資産である投信や株式の保有者と比較すると、平均年齢は低いが、回答者全体より男性比率が高い点で共通する。ただし投信保有者と比べるとさらに保有者が男性に偏っている。
4つのリスク資産(株式、投信、FX、暗号資産)の保有者属性(男性比率、平均年齢)を2018年調査と比較すると、若年層への普及が指摘される投信で有意な平均年齢の低下が観測できたが、暗号資産を含む他の3つのリスク資産では特に変化は観測されなかった。

② 家計状況
暗号資産は価格変動が極めて大きいため、リスクが高く、収入が少ない人の投資先として適していない可能性がある。そこで便宜的に、世帯収入が「300万円未満(「なし」を含む)」を暗号資産の保有に適さない条件と想定(注3)。暗号資産保有者全体に占める不適合な人の割合を確認すると8.3%となった。この数字は他のリスク資産とほぼ横並び(注4)で、他のリスク資産に比べて特に低収入世帯で暗号資産が保有される傾向は見られなかった。

図表2 リスク資産保有者のプロフィール( 2021 年)

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

暗号資産保有者の3分の2が他のリスク資産と並行して利用

図表3 リスク資産保有者の暗号資産保有率( 2021 年)

英国消費者の暗号資産保有行動

(1)保有者の規模 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
英国成人の4.4%(230万人)が保有。ほぼ1年前の前回調査(2019年12月実施)の3.9%から上昇した。本文で示した日本の推計は1.7%(180万人)だったので、英国の方が日本より暗号資産の普及度は高い可能性がある。

(2)一人当たり保有額
保有者の保有額の中央値は300ポンド。日本円で5万円にも満たず、多くの保有者が、暗号資産を重要な資産運用の手段として利用していないことがうかがえる。1万ポンド以上の保有は12%だった(この質問では無回答が42%を占め、回答があった者だけを分母としている)。

(3)保有の動機
「暗号資産を購入した主な動機は何か?」に対する購入経験者の回答の1位は、「利益や損失を伴うギャンブルとして」(38%)、2位は「投資ポートフォリオの一部として」(30%)だった(複数回答)。前回調査と比較して1位の「ギャンブル」が9%ポイント低下し、2位の「投資ポートフォリオ」が5%ポイント上昇した。この結果から、消費者の暗号資産に対する態度が変化し暗号資産をギャンブルとみる人が減ってメインストリームの補完、代替とみるが増えているのではないかとFCAは分析している。

(4)保有に伴う悪影響
FCAでは暗号資産の保有が悪影響をもたらす可能性のある要因として、①低所得(リスク負担能力が限定的)、②規制による保護に関する誤った理解、③暗号資産の購入に借入を利用、④暗号資産に対する理解不足、の4項目を挙げ、それぞれの項目に当たる購入経験者の比率を調査。例外はあるものの、2つ以上の項目に当てはまった購入経験者は多くなかったと結論づけた。

(注1)一般社団法人日本暗号資産取引業協会によると、2021年11月末の利用者の暗号資産残高は1.8兆円、稼働口座数は312万口座と、それぞれ前年同期比2.9倍、1.4倍になった。 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
(注2)暗号資産保有者のサンプルは2018年、2021年それぞれN=109、163。
(注3)「ボックス」を参照のこと。英国FCAの暗号資産保有行動分析における「暗号資産の保有が悪影響をもたらす可能性のある要因」の項目に倣った。
(注4)株式、投信、FXの保有者に占める世帯年収300万円未満の人の割合は、それぞれ8.7%、10.3%、9.2%だった。
(注5)FCA, 2021, "Research Note: Cryptoasset consumer research 2021"

暗号資産取引のDMM Bitcoin。現物取引1銘柄及びレバレッジ取引にて4銘柄の取扱いを開始! 暗号資産を一目均衡表で分析しよう さらに入金&取引キャンペーンも開催!

DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 第3189号 https://bitcoin.dmm.com/ )は、6月15日(水)より、以下のとおり現物取引において新たに「トロン(TRX)」及びレバレッジ取引において新たに4種類の暗号資産の取扱いを開始いたします。


価格配信及び取引開始は2022年6月15日(水)からになります。
現物取引においては、「トロン(TRX)」の取扱いを開始いたします。
レバレッジ取引においては、「トロン(TRX)」「カルダノ(ADA)」「ポルカドット(DOT)」「アイオーエスティー(IOST)」の4銘柄の取扱いを開始いたします。
これにより、DMM Bitcoinでは現物取引12種類、レバレッジ取引は国内最多(※1)の19種類の暗号資産取扱い数となります。
お客様にご満足いただけるサービスを目指し、今後も積極的に取扱い暗号資産の拡充を行って参ります。

■取扱い開始日時
2022年6月15日(水)臨時メンテナンス後より

4周年を迎え、皆様に日頃の感謝の気持ちを込めまして、現在開催中の「おかげさまで4周年!DMM Bitcoinが進化する!6カ月連続キャンペーン」の第6弾として「400名に当たる!最大1万円プレゼント!入金&取引キャンペーン」を実施することをお知らせいたします。


■キャンペーン期間 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
2022年5月25日(水)7時00分~2022年7月1日(金)6時59分

■その他、キャンペーン情報
『新規口座開設完了で、もれなく全員に2,000円プレゼント!』キャンペーンも只今実施中です。

■「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」について
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類数 国内No.1!(※1)
口座申込は最短5分!申込完了から最短1時間以内に取引開始!(※2)
口座維持手数料、ロスカット手数料、暗号資産送付手数料などが0円!
365日サポートで初心者でも安心!
※1:2022年5月現在、国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ。
※2:『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。

■口座開設までの流れ
DMM Bitcoinでの口座開設までの流れにつきまして、下記URLをご覧ください。
URL: https://bitcoin.dmm.com/about/opening_flow

■暗号資産のチャートやマーケットレポートをWEBサイトで公開中
DMM Bitcoinで取り扱っている銘柄のチャートをはじめ、マーケットレポートやクリプト指標など、お客様の暗号資産投資の参考としていただける情報を当社WEBサイトで公開しております。

________________________________________
金融庁のホームページ「暗号資産交換業者登録一覧(https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf)」に記載の留意事項について
本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点》
暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落し、損をする可能性があります。
暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)の持つ話題性を利用したり、暗号資産(仮想通貨)交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

《取引にあたっての注意事項》
暗号資産(仮想通貨)は、支払いを受ける側の同意がある場合に限り、その支払いに使用することができます。
暗号資産(現物・レバレッジ)の取引手数料は無料です(ただし、BitMatch取引手数料は別途発生します)。レバレッジ取引は建玉を翌営業日まで持ち越すと、建玉金額の0.04%がレバレッジ手数料として発生します。手数料の詳細はこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee)をご覧ください。暗号資産(現物・レバレッジ)取引は、暗号資産(仮想通貨)価格の変動により損失が生じる可能性があります。レバレッジ取引においては、預託した証拠金額を上回る取引が可能である一方、暗号資産(仮想通貨)の急激な価格変動等により、預託した証拠金額を上回る損失が生じる可能性があります。
暗号資産(仮想通貨)レバレッジ取引に必要な証拠金は、各銘柄とも取引の額に対して50%以上となります。詳しくはこちら(https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/overview)をご覧ください。
暗号資産(現物・レバレッジ)の価格はスプレッド(売値(Bid)と買値(Ask)の差)があります。
上記のリスクは、お取引の典型的なリスクを示したものです。取引に際しては契約締結前交付書面等(https://bitcoin.dmm.com/use/agree)をよくお読みいただき、それら内容をご理解のうえ、お取引・出資の最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行ってください。

▼会社情報
商号:株式会社DMM 暗号資産を一目均衡表で分析しよう Bitcoin
暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 関東財務局長(金商) 第3189号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

チャート・インジケーターの見方

そして、異なる期間を指定することで複数の単純移動平均線を表示させて、それらの相関関係からトレンド予測を立てることも可能です。 指標となる「シグナル」のなかでも重要なものが2つあります。1つ目は買いシグナルである「ゴールデンクロス」と売りシグナルである「デッドクロス」があります。 期間の短い単純移動平均線が期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロス、逆に、期間の長い単純移動平均線が期間の短い単純移動平均線を上に越えるとデットクロスの状態になります。 ゴールデンクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、下落後に出ることが多く、価格が上がりやすくなります。 反対にデットクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、これまで取引されていた価格を短期間で割り込むシグナルとなり、価格が下がりやすくなります。

パラボリック

転換点はSAR(Stop and Reverse / ストップアンドリバース)とも呼ばれており、SARを繋げたものがパラボリックの放物線となります。 一般的に、値動きが大きく、トレンドが発生している市場に向いており、値動きの小さく、トレンドの発生していない市場ではSARが頻発するためあまり向いていません。

パラボリックに活用するためにまず途転について整理します。途転とは自身が持っているポジションを反転させること指します。 例えば、1BTCの買いポジションを決済するとき、2BTCの売りポジションを新たに保有することで常にポジションを持つなどが挙げられます。 上昇トレンドでは買い建玉を保有、下降トレンドでは売り建玉を保有しますが、パラボリックを活用した途転買い・途転売りでは、保有ポジションを切り替える際にトレンドが転換するSARでシグナルを活用し効率的な取引が可能になります。 パラボリックを活用して常に一定のポジションを保有しておくことで、買いのポジションのみを扱う取引や売りのポジションのみを扱う取引よりも、ポジションを保有していない期間を最小限に抑えることが可能となり、売買の機会を増やすことができます。

MACD (マックディー)

MACD(マックディー)は「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均収束拡散」と訳されます。 「単純移動平均線」とコンセプトは似ていますが、MACDの特徴は以下の2つになります。 1つ目は2つの移動平均を利用して価格のトレンド分析することです。 2つ目は単純移動平均線よりも直近の価格変動をより重視した「指数平滑移動平均線」をベースにしていることです。

MACDのメリットとしては、単純移動平均線よりも直近の価格変動を重視しているため、売買サインが早く現れることにあります。 売買のサインは単純移動平均線と同じく「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」となり、MACDがシグナルを上回る(ゴールデンクロス)と買い、MACDがシグナルを下回る(デッドクロス)と売りのサインとなります。 また、ヒストグラムはMACDからシグナルを引くことで産出されるため、ゴールデンクロスの場合はマイナス圏からプラス圏に、デッドクロスの場合はプラス圏からマイナス圏に転じるため、価格の推移が見やすい指標になっています。

ロシア、国際決済で暗号資産の使用容認も 制裁に対抗=通信社

外国為替 2022年05月30日 09:09

ロシア、国際決済で暗号資産の使用容認も 制裁に対抗=通信社

© Reuters. 5月27日、ロシア政府は暗号資産(仮想通貨)を国際決済で使用可能にすることを検討している。インタファクス通信が、財務省当局者の発言として伝えた。2018年2月撮影(20

[27日 ロイター] - ロシア政府は暗号資産(仮想通貨)を国際決済で使用可能にすることを検討している。インタファクス通信が27日、財務省当局者の発言として伝えた。

日経平均は169円安、寄り後は軟調

日経平均は169円安(9時10分現在)。 今日の東京株式市場は売りが先行した。 昨日の米株式市場で主要指数が下落したことが東京市場の株価の重しとなった。 また、ロシア産原油の供給減.

個別銘柄戦略:ヤクルト本社やアドバンテストなどに注目

前場に注目すべき3つのポイント~押し目買いのスタンスとし、目先的には27500円からの上放れを想定~

2日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 ■株式見通し:押し目買いのスタンスとし、目先的には27500円からの上放れを想定■伊藤園、23/4予想 営業利益6.4%増 2.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価27,324.50-133.39-0.49%
日経225先物 (F)27,327.5-132.5-0.48%
韓国総合株価指数2,656.82-29.08-1.08%
NYダウ32,813.23-176.89-0.54%
独DAX14,340.47-47.88-0.33%
S&P/ASX 2007,158.30-75.70-1.05%
米ドル指数102.555-0.015-0.01%
1,849.30+0.60+0.03%
原油 WTI112.43-2.83-2.46%
21.845-0.070-0.32%
米国綿花2番135.28-0.88-0.暗号資産を一目均衡表で分析しよう 65%
排出権86.42+2.40+2.86%
米国シカゴコーン728.60-1.00-0.14%
米国コーヒー239.65+8.40+3.63%
暗号資産を一目均衡表で分析しよう
ドル/円130.07-0.04-0.03%
ドル/ウォン1,248.14+0.92+0.07%
ユーロ/ドル1.0655+0.0009+0.08%
ユーロ/円138.60+0.07+0.05%
トルコリラ/円7.9177-0.0107-0.14%
豪ドル/円93.29-0.04-0.04%
ポンド/円162.38-0.10-0.06%
大塚ホールディングス4,321.0-61.0-1.39%
ソフトバンクグループ5,288.0-12.0-0.23%
トヨタ自動車2,188.0-9.5-0.43%
三菱UFJフィナンシャル・グループ739.7-5.9-0.79%
ブイ・テクノロジー2,969.0-17.0-0.57%
東芝5,803.0-13.0-0.22%
みずほフィナンシャルグループ1,534.暗号資産を一目均衡表で分析しよう 5-11.5-0.74%

米国株式市場=続落、積極利上げへの警戒払拭されず

テスラCEO、従業員に「出社か退職」の2択迫る

米メタ、サンドバーグCOO退任へ 株価4%安

米金利、可能な限り速く2.5%に上昇すべき=SF連銀総裁

米経済に金融引き締め効果の初期の兆候=地区連銀報告

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる