海外バイナリーオプション

バイナリーオプション用語集

バイナリーオプション用語集

国内でバイナリーオプションの取引サービスを提供している主な会社です。海外のバイナリーオプション業者と異なり、日本国内ではいくつかバイナリーオプション取引提供において規制があるため、海外のバイナリーオプション業者と比較してやや取引に制限がかかるケースもあります。
その反面、安心して取引できるような仕組みが整備されており、そもそも日本国内のバイナリーオプション業者ですから日本語でコミュニケーションを取ることができる魅力もあります。

オプション取引 用語集

オプションのプレミアムをもとに計算される値。
プレミアム以外の要素 (原資産価格、権利行使価格、満期日までの日数、ヒストリカル・ボラティリティ、金利)は固定であるため、インプライド・ボラティリティを見ることにより、そのオプションが割高か割安かを判断することができる。
ただし、割高なオプションであっても今後さらに割高になるということもあるので、インプライド・ボラティリティのトレンドも意識したトレードを行うことが重要。
関連 → ボラティリティ、 ヒストリカル・ボラティリティ

米国の先物・オプション取引において、投資家に直接サービスを行うブローカーのこと。
注文の受付・執行などのフロア業務は、FCM(Futures Commision Merchant )が行っており、IBは関与しない。これにより、FCMはフロア業務に専念することができ、IBは顧客サービスに専念することができる。
関連 → FCM

エキゾチック・オプション

米国の先物・オプション取引において、顧客の資金を預かり、注文執行などのフロア業務を担当する会社。投資家に対するサービス業務は、通常IB(Introducing Broker)が仲介して行うため、投資家と直接接する機会はあまり無い。
関連 → IB

S&P 100オプション

S&P100指数を原資産とするオプション。
銘柄には、アメリカン・タイプで権利行使される「OEX」と、ヨーロピアン・タイプで権利行使される「XEO」の2種類がある。 ともにCBOEに上場しており、流動性がある。
大手の機関投資家などは、ポートフォリオのヘッジとして、S&P100のプットオプションを大量に購入するため、コールオプションに比べてプットオプションのインプライド・ボラティリティが高くなりやすいという特徴がある。

S&P 500オプション

CBOEに上場しているオプション取引。 米国の株式市場を反映する株価指数である、S&P500指数を原資産とするオプション。
市場規模、流動性、業種などを考慮して選ばれる、500種の株をもとに指数が算出される。 大手の機関投資家などは、ポートフォリオのヘッジとして、S&P500のプットオプションを大量に購入するため、コールオプションに比べてプットオプションのインプライド・ボラティリティが高くなりやすいという特徴がある。 銘柄のシンボルは「SPX」で、この名前で呼ばれることが多い。

S&P 500先物オプション

S&P500指数先物を原資産とするオプション。
CMEに上場しており、活発に取引が行われている。 大手の機関投資家などは、ポートフォリオのヘッジとして、S&P500のプットオプションを大量に購入するため、コールオプションに比べてプットオプションのインプライド・ボラティリティが高くなりやすいという特徴がある。

シンガポール取引所。 1999年に、Stock Exchange of Singapore (SES) と Singapore International Monetary Exchange (SIMEX)の合併により設立された。
日本の日経225オプションが上場している。 しかし、大阪証券取引所に上場している日経225オプションよりも取引量は少ない。

1988年にCMEが開発した、先物・オプションの証拠金算出システム。
SPAN方式では、売りポジションと買いポジションを相殺するなどして、ポートフォリオ全体から必要証拠金を算出する。 現在SPANは、先物・オプション取引業界のスタンダードとなっており、アメリカではほとんど全ての取引所でSPAN方式の証拠金計算が採用されている。 また、大阪証券取引所においても、2000年10月30日よりSPANが採用され、現在も同取引所の先物・オプション取引に対する証拠金は、SPAN方式で計算されている。

バイナリーオプション用語集

「オプション」とは、ある一定の商品を一定の取引期間内に一定の価格で売買する権利のことを指し、『コール・オプション(買う権利)』と『プット・オプション(バイナリーオプション用語集 売る権利)』それぞれの権利に対しての売買を「オプション取引」という。 商品の価格上昇を予測すれば『コール・オプション』の買い、もしくは『プット・オプション』の売りとなる。逆に価格下落を予測すれば 『コール・オプション』の売り、もしくは『プット・オプション』の買いを行うことになる。

オシレーター

オープン・アウト・クライ方式

オーバーナイト取引

オーバーシュート

円安(えんやす)

円高(えんだか)

エキゾチック・オプション

売建玉(うりたてぎょく)/売り持ち/ショートポジション

受渡日(うけわたしび)

受渡決済(うけわたしけっさい)

インプライド・ボラティリティ

インターバンクレート

インターバンク市場

インカムゲイン

イン・ザ・マネー

移動平均(いどうへいきん)

アメリカン・オプション

アベレージコスト

アット・ザ・マネー

ASK(アスク)

売りのオーダーを出すこと。(アスク・レート-Ask rate:市場で提示される売値、オファーレートのこと) 関連用語:ビッド(BID)、ビッド・レート

アゲインスト

アウト・オブ・ザ・マネー

アイザー・ウェイ

  • 原資産価(げんしさんかかく)

原資産価(げんしさんかかく)

原資産(げんしさん)

気配値(けはいね)

決済(けっさい)

経常収支(けいじょうしゅうし)

経済指標(けいざいしひょう)

クロスレート

クロス取引

米ドルを介さない為替取引のこと。円クロスは円を絡めた取引 EUR/JPY,GBP/JPYなど。ユーロクロスはユーロを中心にした取引 EUR/JPY,EUR/GBPなど。

口先介入(くちさきかいにゅう)

金融派生商品(きんゆうはせいしょうひん)

金融商品取引業者(きんゆうしょうひんとりひきぎょうしゃ)

ギリシャ指標

協調介入(きょうちょうかいにゅう)

強制ロスカット

キャピタルロス

キャピタルゲイン

逆張り(ぎゃくばり)

逆ざや(ぎゃくざや)

逆指値/逆指値注文(ぎゃくさしね/ぎゃくさしねちゅうもん)

基準通貨(きじゅんつうか)

基軸通貨(きじくつうか)

機関投資家(きかんとうしか)

機会損失(きかいそんしつ)

カントリーリスク

為替予約(かわせよやく)

為替変動リスク(かわせへんどうりすく)

為替差益(かわせさえき)/為替差損(かわせさそん)

為替介入(かわせかいにゅう)

外国為替平衝操作。通貨当局が為替市場に介入し、為替市場の動向に影響を与えることを目的として、外国為替の売買を行うこと。 ■協調介入:複数国で行う ■単独介入:一国で行う ■委託介入:他の中央銀行に頼み行う

株券オプション取引(かぶけんおぷしょんとりひき)

株価指数先物取引(かぶかしすうさきものとりひき)

株価指数オプション取引(かぶかしすうおぷしょんとりひき)

株価指数(かぶかしすう)

カバード・プット

カバード・コール

カバード・オプション

カバー/カバー取引

買戻し(かいもどし)

買建玉(かいたてぎょく)/買い持ち/ロングポジション

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)

外国為替市場(がいこくかわせしじょう)

外国為替(がいこくかわせ)

外貨建て口座(がいかだてこうざ)

外貨準備高(がいかじゅんびだか)

コール・オプション

権利放棄 (けんりほうき)

権利行使期日 (けんりこうしきじつ)

権利行使価格 (けんりこうしかかく)

権利行使 (けんりこうし)

ゴールデンクロス

  • 損切り(そんぎり)

損切り(そんぎり)

損益通貨(そんえきつうか)

総合課税(そうごうかぜい)

相場金利(そうばきんり)

センチメント

清算値(せいさんち)

スワップポイント

スワップ取引

スリッページ

スプレッド

スポットレート

ストラングル

ストラドル

ストライク・プライス

ストップロス

スキャルピング

信用リスク

信託保全(しんたくほぜん)

申告分離課税(しんこくぶんりかぜい)

証拠金維持率(しょうこきんいじりつ)

証拠金(しょうこきん)

ショートスクイズ

ショート・プット

ショート・コール

順張り(じゅんばり)

純資産(じゅんしさん)

主要通貨(しゅようつうか)

出金可能額

自動ロスカット

自動権利行使制度 (じどうけんりこうしせいど)

時間的価値(じかんてきかち)

サポートライン

雑所得(ざつしょとく)

指値(さしね)/指値注文(さしねちゅうもん)

差金決済(さきんけっさい)

先渡取引(さきわたしとりひき)

先物取引(さきものとりひき)

裁定取引(さいていとりひき)

  • 特定投資家(とくていしさんか)

特定投資家(とくていしさんか)

デイトレード

デイオーダー

通貨スワップ

通貨先物取引(つうかさきものとりひき)

通貨オプション

追加保証金(ついかほしょうきん)

調整局面(ちょうせいきょくめん)

長期金利(ちょうききんり)

中央銀行(ちゅうおうぎんこう)

国家の金融政策を管理する中央銀行あるいはそれに順ずる機関。「発券銀行」「銀行の銀行」「政府の銀行」であることを主な業務とし、通貨価値の安定と信用制度の保持と育成を行なう。 米国:連邦準備制度理事会(FRB) ユーロ圏:欧州中央銀行(ECB) 日本:日本銀行(BOJ)

建値(たてね)

為替取引において表示される為替レート自体を指す場合と、証拠金取引等で「建玉」の価格を指す場合とがある。 表示される為替レートについて、買値と売値を同時に表示することを「ツー・ウェイ・プライス(2 Way Price)」という。

建玉(たてぎょく)

タイムバリュー

タイム・ディケイ

トレジャリー

トレールストップ

ドルペッグ

途転(どてん)

独歩安(どっぽやす)

独歩高(どっぽだか)

特別清算指数(とくべつせいさんしすう)

投機筋(とうきすじ)

投機(とうき)

転売金額(てんばいきんがく)

転売(てんばい)

店頭バイナリーオプション取引

店頭デリバティブ取引

店頭金融先物取引(てんとうきんゆうさきものとりひき)

デルタヘッジ

デリバティブ取引

デリバティブ

デッドクロス

手仕舞い(てじまい)

デジタル・オプション

テクニカル分析

  • ノックアウト・オプション

ノックアウト・オプション

ノックイン・オプション

ノータッチ・オプション

ネットポジション

ネッティング

値洗い(ねあらい)

ニュートラル

日銀短観 (にちぎんたんかん)

二項モデル(バイノミナルモデル)

資産評価モデルの一つで、オプション・プレミアムの計算にも用いられる。1979年に米国のCox, Ross, バイナリーオプション用語集 Rubinsteinの3名により発表されたもの。ブラック・ショールズ・モデルが専らヨーロピアン・オプションに用いられるのに対し、二項モデルはアメリカン・オプションとヨーロピアン・オプションの両方に用いることができる。

難平(なんぴん)

成行(なりゆき)

ナッシングダン

投売り(なげうり)

仲値(なかね)

ビッド・レート

プット・オプション

踏み上げ(ふみあげ)

プラザ合意

ブラック・ショールズ・モデル

プレミアム

ブローカー

含み損益(ふくみそんえき)

分別管理(ぶんべつかんり)

ペイアウト

フューチャー

先物取引のこと。 【フューチャーとフォワードの違い】 ・フューチャー:限月が定められた「取引所取引」。交換。 ・フォワード:取引日が自由に設定できる「相対取引」店頭取引。交換は行わない。

ペイアウト額

フォワード

先物取引のことで、将来の一定時点の価格を現時点で約定する取引を行なうこと。 【フォワードとフューチャーの違い】 ・フォワード:取引日が自由に設定できる「相対取引」店頭取引。交換は行わない。 ・フューチャー:限月が定められた「取引所取引」。交換。

ペイアウト倍率

フォレックス

Foreign Exchangeの略 =外国為替

フィギュア

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ

評価損益(ひょうかそんえき)

Pips(ピップス)

「percentage in point」の略称で、各通貨の最小単位の1%のこと。

BID(ビッド)

ビッグフィギュア

ヒストリカル・ボラティリティ

反対売買(はんたいばいばい)

バリューデート

バリア・オプション

バニラ・オプション

始値(はじめね)

営業日開始時のレート 。 寄付(よりつき)ともいう。 関連用語:終値、引値

バイナリー・オプション

媒介取引(ばいかいとりひき)

本源的価値(ほんげんてきかち)

ボラティリティ

ボックス相場

ポジションメイク

ポジションクローズ

ポジション

ポートフォリオ

変動相場制(へんどうそうばせい)

ヘッジファンド

ヘッジ/ヘッジ取引

モメンタム

持ち高(もちだか)

メジャーカレンシー

マネーサプライ

マイナーカレンシー

主要通貨以外。 関連用語:メジャーカレンシー(Measure currency)

マージンコール

マーケットリスク

マーク・トゥ・マーケット

  • 預託証拠金(よたくしょうこきん)

預託証拠金(よたくしょうこきん)

ヨーロピアン・オプション

約定(やくじょう)

寄付(よりつき)

営業日開始時のレート。 始値ともいう。 関連用語:終値、引値

ルーブル合意

両建て(りょうだて)

利用証拠金(りようしょうこきん)

Limit(リミット)

利食い(りぐい)

リクイディティ

リーブオーダー

ラダー・バイナリー・オプション

レジスタンスライン

レバレッジ

レンジ・バイナリー・オプション

ローソク足

ロールオーバー

ロスカット

ロスカットライン

ロング・コール

ロング・プット

  • ワンタッチ・オプション

ワンタッチ・オプション

BOE方式

EU(欧州連合)

Group of Sevenの略で、日本、米国、ドイツ、英国、フランス、イタリア、カナダの7カ国。これら7カ国による財務相・中央銀行総裁会議。

GTC注文

IFD注文(アイエフディーちゅうもん)

「IF DONE 注文」の略。新規指値または新規逆指値注文+ 決済指値または決済逆指値注文。 新規指値注文と利喰いの指値注文を同時にだす場合などに用いる二段階の注文。1番目の注文が成立したら、 次の注文を有効にする注文方法。1番目が成立しない場合、2番目も有効とならない。

IFO注文(アイエフオーちゅうもん)

「IF DONE OCO注文」の略。新規指値または新規逆指値注文+ 決済指値と決済逆指値注文の同時注文。 新規注文が約定した後、決済指値注文と決済逆指値注文が自動で発注され、どちらかが成立すると もう一方の決済注文が自動的にキャンセルされる注文方法。

LIBOR

TIBOR

TTB(電信買相場)

TTS(電信売相場)

━スプレッド広告に関する注意事項
ホームページ上で表示しているスプレッドは、重要経済指標発表時、突発的事象の発生時、流動性が著しく低下した時の他、
為替相場急変時に変更される場合があります。

━リスク警告

・外国為替証拠金取引は、ハイリスク、ハイリターンな取引であり、元本は保証されません。
・取引対象である通貨の価格の変動により損失が発生することがあります。
・お客様が当社に預託した証拠金を担保として、実際に多額の通貨を取引することから、外国為替相場の変動が損益に与える影響は、証拠金と取引額の倍率に従って大きく増幅され、その損失額が証拠金額を上回ることがあります。
・必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は取引額の4%以上の額となり、レバレッジは、最大25倍となります。
・当社の提示するビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)には差(スプレッド)があります。相場急変により、ビッド価格(売付価格)とアスク価格(買付価格)のスプレッド幅が広くなったり、意図した取引ができない可能性があります。
・取引システムまたは金融商品取引業者及びお客様を結ぶ通信回線等が正常に作動しないことにより、注文の発注、執行、確認、取消しなどが行えない可能性があります。 バイナリーオプション用語集
・各国の金利水準は、時として大きく変動することがあり、FX取引に係る日々のスワップポイントにも影響します。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。
・口座管理費及び取引手数料は無料です。なお、EA/スクリプトを使用したお取引にはEA/スクリプト取引手数料がかかります。お取引に際しては、取引説明書(契約締結前交付書面) 等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

Copyright © Goldenway Japan Co.,Ltd.
All Rights Reserved.

ゴールデンウェイ・ジャパン株式会社

第一種金融商品取引業者
関東財務局長(金商)第258号
一般社団法人 金融先物取引業協会 加入
一般社団法人 日本投資顧問業協会 加入

■外国為替保証金取引『選べる外貨』、『ちょいトレFX』および通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、金融商品取引法に規定される通貨関連店頭デリバティブ取引です。利益を保証した金融商品ではなく、取引対象通貨のレート変動で損害を被るリスクがあり、投資元本は保証されません。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、預託した保証金の額に比べ大きい金額の取引ができ、マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況により損失が預託した保証金額を上回る危険性があります。買値と売値、スワップポイントの受取りと支払いには差があります。また金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。個人口座の場合、お取引には各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の保証金が必要となり、保証金額の25倍までの倍率で取引が可能です。法人口座の場合は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額以上の保証金額が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令117条31項1号に定める計算モデルを用い算出します。当社はこの為替リスク想定比率を用いて保証金額を算出します。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』は、満期時刻に自動的に権利行使となるヨーロピアンタイプのバイナリーオプションで、投資元本を保証した取引ではなく、外国為替相場等の変動により投資元本のすべてを失うおそれのあるリスクの高い金融商品です。権利消滅となった場合、支払った購入金額の全額を失い、オプション購入後に注文を取消すことは出来ませんが、取引可能時間内であれば、売却することは可能です。ただし、オプションの購入価格と売却価格に価格差(スプレッド)があり、相場状況によってはスプレッドが拡大する等、意図した取引ができない場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』のインターネット取引手数料は、1万通貨以上の取引については新規・決済取引とも無料です。1万通貨未満の取引については、新規・決済取引とも1通貨あたり3銭の手数料がかかります。なお、ロスカットならびに強制決済につきましては、ロスカット・強制決済手数料として、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は1通貨あたり0.5銭(税込)、その他の通貨ペアは1通貨あたり5銭(税込)がかかります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』は、時価評価総額が必要保証金の80%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■外国為替保証金取引『選べる外貨』および『ちょいトレFX』は、スプレッドが相場急変時、指標発表時等に拡大する場合がありスリッページが発生する可能性があります。このことから、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合があります。また、市場の流動性低下等の理由により注文を受け付けられない場合があります。外国為替保証金取引『選べる外貨』のスプレッド実績は、当社のホームページに掲載されています。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』の取引手数料は無料です。投資助言報酬は、取引数量1,000通貨毎に1円(税込)です。 ■外国為替保証金取引『ちょいトレFX』は、時価評価総額が必要保証金100%を下回った場合、ロスカットとなります。ロスカット時、強制決済時に元本を超える損失が発生する場合があります。 ■通貨バイナリーオプション取引『選べる外為オプション』の取引手数料は無料です。

バイナリ-オプション用語集

Sign Up

概念と用語は、通常はそれが簡単にあなたが特定の単語や語句を検索できるようにするためにアルファベット順に並べている。 さらに、これはあなたが相互に関連するさまざまな用語を接続し、単語やフレーズがすべてに約あるかの具体的な視点を形成することができる。 バイナリ取引用語集で見つける一般的な用語の中には、「イン·ザ·マネー」「資産」、または「アウト·オブ·ザ·マネー」、そしてとりわけ「バイナリオプション」が含まれる。

資産のインデックスとバイナリオプション

私たちの ZoomTrader バイナリオプションの用語集を 使用して、様々な資産とそれぞれのいくつかの例の違いを見つけることができます。 私たちの直感的な取引プラットフォームは、共通の資産クラスの定義を提供します。 これらは、通貨ペア、インデックス、株式、コモディティである。 あなたはこれらの資産クラスのそれぞれについて学び、それらをよく理解することができます。

我々はまた、あなたのプラットフォームでのあなたのために利用できるバイナリオプションの様々なタイプを与える。 あなたは私たちの用語集に別の1のバイナリオプションタイプのフォームを区別する機能を見つけることができます。 実際には、我々は4つのバイナリオプションを使用すると、すべて試すことができ、そのタイプがあります。 これらは古典的なハイ/ロー、ワンタッチ、境界トレーディングタイプです。 我々としても、より高度な短期取引の種類があります。

脇 ZoomTrader 資産 およびバイナリオプションからは、当社のプラットフォームの有効期限レートやルールだけでなく、入札価格について学ぶことができます。 これらの概念は、特に新しいトレーダーに、非常に重要である。

バイナリ取引用語集のアクセス可能性

あなたは私たちのウェブサイトで豊富なバイナリオプションの用語集を見つけることができます。 私たちのトレーダーのすべてが使用することが可能なのです。 我々は我々のトレーダーは、常に業界の新機能についての知識を進め、ゲームの取得になるよう、バイナリオプション取引の最新動向と最新の状態に保つ。

【完全保存版】バイナリーオプションの専門用語134選!初心者向けに解説

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプション全般の専門用語

FXとは外国為替証拠金取引のこと。日本円と米ドルのように2国間の通過を取引し、その差益を狙う。例えば、1米ドル110円の時に購入し、112円の時に売却すると2円の利益となる。逆に、1米ドル110円で購入したものの、108円になると損失となる。

レバレッジ

証拠金の1倍~25倍相当のFX取引ができる取引形態。レバレッジはいわゆるハイリスク・ハイリターンであり、レバレッジで損失が出ると場合によっては追加で証拠金が必要となる。しかしバイナリーオプションにレバレッジはない。つまり、バイナリーオプションはレバレッジ取引よりローリスクで取引が可能。

オプション取引

バイナリーオプション、バイオプ、BO、バイナリーオプション取引

つまり、米ドルやユーロなど取引通貨の動き(上昇、下降、横ばい)を予想し、その予想通りに市場が動くとペイアウト額がもらえ、予想が外れるとペイアウトはもらえない。BOは少額から始められ、レバレッジと異なり損失も予め分かりやすいというメリットがある。また、予測が外れ損失が出そうな場合でも、途中決済で損失を抑える方法もある。詳しくは下記”転売、途中決済、途中売却”を参照。

ペイアウト

ペイアウト額

オール・オア・ナッシング

バイナリーオプション取引は予想が当たればペイアウトを獲得でき、予想が外れると購入金額の分だけ損をするというシンプルな取引形態のため、ペイアウトを得て利益が出るか、購入金額の分だ損をするかのどちらか、つまり、オールオアナッシング(all or nothing)でとも言われる。

ロスカット、ロスカットルール

バイナリーオプションの取引に関係する専門用語

為替取引の対象となる通貨の組み合わせのこと。USD/JPYなどと表記する。主に「このバイナリーオプション業者は、以下の通貨ペアの取引に対応している」などの使い方が一般的。

一般的にはレートが激しく変動した際やオンラインシステムが遅延するほど注文が集中している場合などに発生する。約定拒否というキーワードだけ見れば拒否されているイメージが強いが、実質的には通信エラーなどで注文が通らなかったという意味合いの方が強い。

最低購入可能金額

最大購入可能金額

ハイロー取引

ラダー取引、ラダータイプ、ラダーオプション

判定時間に目標レート(権利行使価格)よりハイになるかローになるか予測するバイナリーオプションの王道的な取引のこと。予想が当たればペイアウトが払われ、予測が外れるとペイアウトは0円。

タッチ取引、タッチオプション、ワンタッチ

レンジ取引、レンジオプション

一部のバイナリーオプション業者ではワイドレンジとして、取引の際に判定材料となるレンジを広くしたものもある。

取引開始時刻、取引開始時間

判定時刻、判定時間、満期

判定レート

デイトレード

ペイアウト率、ペイアウト倍率

基本的に海外バイナリーオプション業者はペイアウト率が高めに設定される。

転売、途中決済、途中売却

バイナリーオプションの決済方法の一つ。例えば1時間判定でエントリーをした場合、途中30分の段階で途中決済をするとその段階で定められたペイアウト率に応じて利益を上げることが可能となる。

スプレッド

途中決済を行う際はスプレッド・つまり価格差が狭い・小さいほど有利な取引が可能となる。これは国内のバイナリーオプション業者に多くみられる。

スプレッド取引

スリッページ(Slippage)

語源は「滑る」のスリップより。FX取引を中心に、相場が急変した時など急な変動があると通信スピードや処理時間により約定しても注文価格と実際の約定価格に差が出ることがある。これをスリッページと呼ぶ。

ターボ取引(Turbo)

15分・1時間・2時間など一般的なバイナリーオプションの判定時刻よりも短い時間の中で値動きを予想する必要があるため、難易度がやや高く、ペイアウト率も2.0倍などの高水準になるケースが多い。

マーケットリスク

ボラティリティ

ボラティリティ・ボラなどとも呼ばれるが、これはある一定の期間内の一定の通貨ペアの取引量を指す。例えば、この通貨ペアは日本時間深夜のボラが大きいので狙い目である、のような解説や使い方をする。ボラティリティが大きい場合は、取引が活発であることから値動きも比較的大きなものになりやすく、スプレッド取引などではボラティリティが大きい通貨ペアと時間帯でトライすることが重要である。

様々な投資やギャンブルの世界でも使われる言葉。平たく言ってしまえば、買った時にどれくらいのメリットが得られるかという指標と勝てる確率、そして同様に負けた時に発生するデメリットと負ける確率を全て足して平均したようなもの。これがわずかでもマイナスの方向に数値が出るようであれば期待値が薄いため、投資判断としては勝負をするべきではないということになる。

ローソク足

市場流動性

トレンド・トレンド相場

レンジ相場・保ち合い相場

レンジブレイク・ブレイク

レジスタンスライン

サポートライン

60セカンズ

キリ番・心理的節目

デモ、デモ取引

コール・オプション

プット・オプション

マイナーカレンシー

メジャーカレンシー

イン・ザ・マネー

アウト・オブ・ザ・マネー

アット・ザ・マネー

バイナリーオプションの分析に関する専門用語

連邦公開市場委員会、FOMC

連邦準備制度理事会、FRB

デフォルト

テクニカル分析

ファンダメンタル分析

バイナリーオプション・ファンダメンタルズ分析の基礎講座【情報収集や実践手法まで公開】 バイナリーオプション用語集 バイナリーオプションでは「ファンダメンタルズ分析(ファンダメンタル分析)」の活用が重要だと言われています。 取引を始めたばかりの初.

パターン分析

テクニカル指標

トレンドフォロー系指標

オシレーター系指標

パラボリック

移動平均線、MA、Moving Average

単純移動平均線、SMA

指数平滑移動平均線、EMA

移動平均乖離率

平均方向性指数、ADX

ストキャスティックス、ストキャスティクス

インジケーター

バイナリーオプションのインジケーターの種類と特徴【現役トレーダーが徹底解説】 バイナリーオプションは、インジケーター使用や解析を行わずに単純に勝つか負けるかでも取引は可能です。 しかし投資として勝率を上げてい.

一目均衡表

【バイナリーオプション】RSIを使った逆張り必勝法!CCIやMACDとの組み合わせ技も紹介 バイナリーオプション用語集 バイナリーオプション用語集 バイナリーオプションでは、テクニカル分析によって根拠のある予測をするのが合理的な方策の一つです。 インジケーターによるチャート分析.

バイナリーオプションを酒田五法で攻略!【全5種類のチャートを徹底解説】 チャートの読み方を勉強していると「酒田五法」という方法論がよく登場します。 酒田五法を使ったチャート分析は株式投資やFXなどの様々.

ダイバージェンス

ダマシ、騙し

ボリンジャーバンド

バイナリーオプションをボリンジャーバンドで徹底攻略!設定と使い方も解説 バイナリーオプションのテクニカル分析では、様々なインジケーターが活用されています。 その中でもよく登場する指標として「ボリンジャー.

1σ(シグマ)

2σ(シグマ)

3σ(シグマ)

スクイーズ

エクスパンション

バンドウォーク

HLバンド

エンベロープ

トレンドライン

バイナリーオプションのライントレードとは?【水平線・トレンドライン・フィボナッチラインの引き方も解説】 バイナリーオプション用語集 バイナリーオプションのテクニックについて調べていると「ライントレード」というキーワードによく遭遇します。 テクニカル分析をする上で.

バックテスト

バイナリーオプションのバックテストのやり方は?検証方法の手順やツールも徹底解説! バイナリーオプションは「バックテスト」を実施することで勝てるようになると聞いたことがあるでしょうか。 ここで初めて名前を聞いたとい.

ゴールデンクロス、GC

デッドクロス、DC

ヨーロピアンタイプ、ヨーロピアンオプション、ヨーロピアンタイプオプション

アメリカンタイプ

バミューダンタイプ

バイナリーオプションの国内業者の名称


国内でバイナリーオプションの取引サービスを提供している主な会社です。海外のバイナリーオプション業者と異なり、日本国内ではいくつかバイナリーオプション取引提供において規制があるため、海外のバイナリーオプション業者と比較してやや取引に制限がかかるケースもあります。
その反面、安心して取引できるような仕組みが整備されており、そもそも日本国内のバイナリーオプション業者ですから日本語でコミュニケーションを取ることができる魅力もあります。

バイナリーオプションのおすすめ国内業者5選【ペイアウト率は?儲かるの?】 バイナリーオプションには国内業者と海外業者の二通りの取引先が存在します。 ネット上の多くの記事では、海外業者の情報が力を入れて紹介.

GMOクリック証券

FXプライムbyGMO

トレイダーズ証券

トレイダーズ証券株式会ではみんなのFXやLIGHT FXなどFX取引サービスを運営しており、「スプレッド業界最狭水準宣言」を宣言するなど顧客第一主義に徹しています。提供サービスはみんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション。
バイナリーオプションはみんなのオプションで取引でき、ラダータイプ、レンジタイプの取引を選択できます。チケットは50円から、ペイアウトは一律1,000円です。

IG証券のバイナリーオプションの評判は?口コミでみるメリット・デメリットと攻略法 IG証券はバイナリーオプションサービスを提供している証券会社の中でもよく注目されるようになりました。 外資系の証券会社なので、利用.

外為どっとコム

ヒロセ通商

大阪を拠点とするヒロセ通商株式会社は、FX取引業者で2004年設立。クイック入金サービスや即時出金サービス、200以上の通貨ペア取り扱いなどFX業界でもいち早く利便性の高いサービスを始めることで有名です。
バイナリーオプションでは、LION BOにて取引可能、4通貨ペアに対応、ラダーオプション、ヨーロピアンタイプ、ペイアウトは1Lot1,000円、注文はオプションの新規購入・成行注文に対応しています。

バイナリーオプションの海外業者の名称


海外のバイナリーオプション業者は日本国内のバイナリーオプション業者と異なり、法規制が緩和されている部分もあります。そのため自由度の高いバイナリーオプション取引が可能です。また、そこに魅力を感じて日本から海外のバイナリーオプション業者を利用する投資家も多数存在します。
ここでは、海外のバイナリーオプション業者の中でも特に国内で人気の高い業者をピックアップしてご紹介します。

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

ハイローオーストラリア(highlow.com)

マーシャル諸島共和国に所在するHLMI Ltd.が運営し、世界中から大人気のバイナリーオプション業者がハイローオーストラリアです。
初回取引でキャッシュバックボーナスを実施していたり、日本語でのサポートが受けられる部分でも特に人気のバイナリーオプション業者で、その特徴は何と言っても最高2.0倍のペイアウト倍率と豊富な取引方法です。
海外バイナリーオプション業者のため、クレジットカードでの入金にも対応しているなど、様々な方法でバイナリーオプションに取り組めるのも嬉しいポイントです。
日本からのハイローオーストラリア口座開設も身分証があれば3分で完了するなど、極めて使い勝手の良い業者でもあります。
取引銀行はナショナルオーストラリア銀行で、賠償責任保険はロイズ保険組合。また、金融先進国のオーストラリア金融当局が監督局を務めているなど、海外バイナリーオプション業者の中でもトップクラスの信頼性と安心感が人気です。

スマホOK!ハイローオーストラリアの口座開設の方法【登録手順・必要書類・審査時間まで詳しく解説】 「ハイローオーストラリア(HighLow.com)」の口座開設は、スマホで5分もあれば完了します。 本記事では、口座開設に必要な書.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる