バイナリーオプション攻略

トレンドの定義

トレンドの定義
言葉だと少しわかりにくいですが、画像でみればカンタンです。

トレンドの定義

コロナ禍で激変した個人や社会のニーズ、技術の進展を分析し、2040年までに勃興すると考えられる15の市場を定義。市場規模や具体的なサービスコンセプト例を提示して各市場を解き明かします。

2040年までに勃興する新市場15 /社会背景とトレンド

各市場の概略を解説、分析の視点を明確にします。
また、市場勃興の背景となる2040年までの社会トレンド、対象となる消費者像を俯瞰します。

  • ウェルネス市場 「精神的な幸福」も概念に加わり、さらなる巨大市場に
  • フーディング市場 世界的食糧問題が加速、テクノロジーによるイノベーション進む
  • 個人の拡張市場 生活者個人を起点としたビジネスの新展開
  • 自己表現市場 スポーツ、エンタメ、アートなどが自己実現手段としてより重要に
  • 人生学習・メタワーク市場 マルチな働き方、生き方に必要な「一生学び続ける」学習ニーズ
  • 新移民市場 すでに国策として動き出した移民政策が生み出す巨大市場
  • 超富裕層市場 「貧困」「富裕」の二極化が世界的に加速、膨らむ新市場
  • デジタルBOP市場 新興国にデジタルインフラが整う中で生まれるビジネス
  • 相互扶助・コモンズ市場 将来不安から求められる「コミュニティー」としての社会システム
  • マルチコミュニティー市場 多拠点在住・複数コミュニティーで仕事をするライフスタイルに向け
  • ネオモビリティー市場 トレンドの定義 トレンドの定義 自動運転車、パーソナルモビリティー、MaaSに関わる市場変化
  • 個人リソースマネジメント市場 個人の様々なリソースをID管理する社会のマーケットニーズと技術
  • 社会リソースマネジメント市場 シェアリングエコノミーや情報銀行など社会システムの構造的変化を促す
  • 都市OSデータ活用市場 多種データが公共財化し活用可能になる中で必要とされる技術の振興
  • モノの統合サプライ市場 企業の枠を越え、サプライチェーンが社会全体で最適化される

8つの視点で新市場の全貌を解き明かす

本レポートでは、15の各市場について、8つの視点からその展望、市場規模、市場の変遷を解説します。

  • ①市場の定義
  • ②2040年までの社会トレンドと市場展望
  • トレンドの定義
  • ③市場イメージ図
  • ④変化予測ロードマップ
  • ⑤サービスコンセプト例
  • ⑥成長を支える技術・サービス
  • ⑦データで読み解く消費トレンド
  • ⑧市場規模

特長2 市場規模・市場イメージ図を提示

どの市場を狙うか。2025年、2030年、
2040年の市場規模を推計

これから伸びる市場はどこか。どんな規模で拡大していくのか。そして自社の持つ技術やアセットはどの市場で活用が期待できるのか。新たな商品・サービス設計をする上で必要となる市場規模予測と市場の構造図を示します。

市場規模を推計

対象人口や法制度の変更など、各要素から市場規模を推計。その根拠も解説します。15の新市場それぞれについて2025年、2030年、2040年の市場規模を示しているので各市場がどのように伸びていくかも掴めます。

市場イメージ図を提示

各市場がどのような構造となるのかを図解。その特性が理解できます。

特長3 新サービスコンセプト例171

15の新市場で生まれる
新商品・サービスを具体的に示して解説

具体的にどのような新商品・サービスが実現されるかを、171の「サービスコンセプト例」として提示。2025年~2030年までの動向と2030年~2040年までの動向が概観できます。

Googleトレンドとは?基本機能から活用方法まで

Googleトレンドとは?基本機能から活用方法まで

画像引用:Googleトレンド

Googleキーワードプランナーとの違い

月ごとの検索件数

関連キーワード

Google広告の単価

Googleトレンドの使い方と基本メニュー

現在Googleトレンドのメニューは、「調べる」「急上昇ワード」「Years in Search:検索で振り返る」「登録」の4つがあります。 ここからはGoogleトレンドの基本的な内容と、具体的な使い方をご紹介します。

急上昇ワード

Years in Search:検索で振り返る

先述した左のサイドバーの「Years in Search:検索で振り返る」をクリックすると、2016年からの急上昇ワードが表示されます。

Googleトレンドの活用方法

関連するキーワードがわかる

キーワードを検索すると、画面の一番下に「関連トピック」と「関連キーワード」が表示されます。これが 入力したキーワードと一緒に検索されることの多い単語 です。

期間を指定できる

検索推移のグラフの上にある 「直近12か月」の欄をクリックすると、調査期間が変更できます。 「過去1時間」から「2004-現在」まで選べ、さらに「期間を指定」で日にちの指定もできます。

英語での trend の意味

to be one of the words, subjects, or names that is being mentioned most often on a social media website or a news website at a トレンドの定義 particular time:

  • acquire
  • an acquired taste idiom
  • anti-popular
  • be the new rock and roll idiom
  • be welcome to idiom
  • cult
  • golden boy
  • golden girl
  • in sb's good/bad books idiom
  • killer app
  • limb
  • lose ground idiom
  • Marmite
  • popularize
  • resurge
  • rock and roll
  • sought after
  • top-rated
  • unappreciated
  • viral

trend | アメリカ英語辞典

Your browser doesn't support HTML5 audio

trend | トレンドの定義 ビジネス英語

Your browser doesn't support HTML5 audio

Your browser doesn't support HTML5 audio

consumer/industry/market trends Goods on the Retail Price Index have to be updated to accurately represent consumer trends.

trend の 例

The intention of a quick perusal of such a table トレンドの定義 is to observe trends, not トレンドの定義 attempt to produce statistical evidence.

We conclude that a purely statistical analysis of the trend properties of economic time series is トレンドの定義 not sufficient.

Furthermore, earlier marriage トレンドの定義 reinforces this trend, because graduates will be spending a greater proportion トレンドの定義 of their childbearing years in トレンドの定義 marriage.

This trend was never observed in the data, and トレンドの定義 addition of a bipolar cell coupling parameter to the equations reinforced this a priori notion.

If anything, during the past few years the trend has been towards the recentralisation of wage fixing.

Opposing trends stressing macrohistory, historical regularities and a larger トレンドの定義 geographical frame of reference can also be observed.

Instead, the story トレンドの定義 is of group elites and long-term trends, with a different focus and different tempo.

However, even in this context, patrician トレンドの定義 fathers were dismayed to see トレンドの定義 トレンドの定義 the lengths to which their sons トレンドの定義 took this trend.

These substantially different concepts were chosen to show a variety of trends in cost and performance.

We attempted to classify the trajectories of individual parents' change in communication over time categorically to assess how the group trends related to individuals' behaviours.

The predicted stable stage distributions present the same trends (within savanna types, and during the two yearly transitions) in comparison to the observed distributions.

トレンド転換・継続サインの見極め方は押し安値と戻り高値の更新

トレンド転換の見極め方 ダウ理論

お悩みトレーダー

エイク

メンター

それでは、今日は手法以上に大切な、 トレンド転換の見極め方 についてお話をしましょう。

それは、 トレンド転換の見極め方 です。

そこで、今回は、 トレード本には載っていない、勝ち組トレーダーが当たり前のように行っている、トレンド転換・継続の見極め方を解説 していきます。

トレンド転換の詳しい見極め方を知れば利益は伸びる

トレンドフォローをする上で、勝てるトレーダーと負けるトレーダーの大きな違いは、 【トレンドの転換】の理解度 です。

トレンドの応用的な考え方とは、 【トレンドの転換】【トレンドの継続】 です。

それは、正確なトレンド転換を知らなければ、買ってはいけないポイントで買いエントリーしてしまい、売ってはいけないポイントで売りエントリーをしてしまうからです。

トレンド転換シグナルとダウ理論①

お悩みトレーダー

エイク

メンター

『勝てるトレーダーは、どちらもエントリーを見送ります。』

トレンド継続 のサインが確認できないから、買えない。

トレンド転換 のサインが確認できないから、売れない。

買うのか?売るのか?静観するのか?

そして、目線の固定された方向に、あなたの手法を当てはめていけば、勝率と収益率は、自然と上がっていきます。

エイク

なるほど!!!

それでは、トレンド継続のサインと、トレンド転換のサインとは一体どのようなサインなのでしょうか?

重要な安値と高値とは?|押し安値と戻り高値

なぜか初心者本には掲載されていない、 トレンドの継続と転換の『基準(起点)』になる、重要な安値と高値。

【押し安値】と【戻り高値】 です。

【押し安値】【戻り高値】と普通の高値・安値の定義

【普通の安値】の定義・・・押し安値ではない安値

【普通の高値】の定義・・・戻り高値ではない高値

押し安値と戻り高値の説明

もう一度確認してみましょう。

直近の最高値を更新した直前の安値・・・押し安値ですね。

直近の最安値を更新した直前の高値・・・戻り高値ですね。

【押し安値】【戻り高値】の更新

それでは、 トレンド転換の肝となる、【押し安値】と【戻り高値】の更新 について解説をしていきます。

押し安値・戻り高値の更新

押し安値Dが定義付けされるのは、高値Cの更新ではなく最高値(ピンク点線)を更新したときです。

高値と戻り高値、安値と押し安値、トレンド転換ラインを表示してくれるインジケーターは【高値と戻り高値・安値と押し安値・明確なトレンド転換を表示してくれるMT4インジケーター】で解説していますので、参考にしてください。

トレンド転換とトレンド継続を見極める方法

それでは、 本題の『トレンド転換』と『トレンド継続』を見極める方法について解説 をしていきます。

トレンド転換・継続の定義

※買いの場合のみ解説

トレンド転換・継続の見極めで重要なポイント

押し安値と戻り高値の相場解説

メンター

【ここから重要】
③-1
高値と安値を切下げて、ダウントレンドを形成。いったんは アップトレンドは終了。
③-2
売り目線に切り替えたいが、直近の 押し安値Bをまだ割っていないので、まだ買い目線は継続 する。
③-3
だからといって、買い目線だから買っていけるか?というと、そうでもない。 ここは静観です。 この場面こそ、勝てるトレーダーと負けるトレーダーの差でしょう。
③-4
買い目線だが、アップトレンドが確定するのは、押し安値が作った高値(赤点線④)を超えてきたとき。ここまで待つべき場面。それまでは、 レンジの可能性を考えるのがベター。

④押し安値Bが起点となって作った最高値をブレイクしたので、 ここではじめてアップトレンド の認識ができる。

⑤新高値が更新されたので、このときただの安値だった 安値Dは、押し安値Dになり、押し安値は更新される。

⑥ 最後に更新された押し安値Dを割ってきたので、ここではじめて売り目線に切り替えることができる。

実際のチャートでトレンド転換を確認してみる

トレンドの定義 トレンド転換シグナルとダウ理論

トレンド転換シグナルとダウ理論③

『もしかすると、機関投資家など大口トレーダーが、利益確定しているかもしれない。』

『もしかすると、トレンドが転換して相場が売りに傾くかもしれない。』

『買いはいったん見送りだな!』

裁量や予測とは、そういうものです。

トレンド転換の見極め方を知る事で、勝てるようになるまでとは言わなくとも、無駄な負けトレードは随分と減るはずです。

なぜ押し安値と戻し高値が重要なのか?

トレンド転換と継続まとめ

(左図)Bの押し安値は、買い方が売り方に勝ったポイント。CやDの売り方がBをブレイクしない限り買い方優勢と判断できる。
重要な押し安値を守れた事実(買い方の勝ち) ⇒ まだ買いポジション(建玉)の方が多い=買い目線継続

(右図)Bの押し安値は、買い方が売り方に勝ったポイント。その後、Cの売り方がBをブレイクしたことで売り方が優勢と判断できる。
重要な押し安値を突破された事実(買い方の負け) ⇒ 売りポジション(建玉)の方が多い=売り目線に転換

エイク

メンター

ダウ理論のトレンドの定義と目線を切り替えるポイントとは?

言葉だと少しわかりにくいですが、画像でみればカンタンです。

押し安値・戻り高値】の考え方はお分かりいただけたでしょうか。

ダウ理論では、この 【押し安値・戻り高値】を目線の切り替えポイント にします。

高値1を更新することで、押し安値Aができました。
同じように高値2を更新することで押し安値Bができています。
この動きで、押し安値はA→Bに移動しています。

次の安値では高値を更新することができませんでした。
つまり、高値が更新できなかった『ただの安値』です。
そして青マルのポイントで、高値も切り下げ『ただの安値』も下に抜けてしまいました。

答えは『NO』です。

もう一度押し安値の条件を思い出してみてください。
押し安値とは直近の最高値を更新した直前の安値でしたよね。
青マルのポイントの段階では、押し安値Bを下に抜けるまでは買い目線で固定です。
『ただの安値』を下に抜けても目線の切り替えとはなりません 。

もちろん、短期的な下降トレンドを築いてるので、下がりやすいといえるでしょう。
しかしながら、押し安値を抜けてない限りは、上昇トレンドは続いていると考えられます。
(この時間足での話)
不用意にショートポジションを持って、バィーンと急上昇にやられるのはこういう局面。

あくまでも 目線の切り替えポイントは『押し安値・戻り高値』 と覚えておきましょう。

実際のチャートでも見てみます。

ちなみチャートに表示させているのは 『SwingHL-mesen』という有料ツール。
高値と安値、ダウ理論で大切な『押し安値・戻り高値』を表示してくれるので、ダウ理論をトレードに取り入れたい方にはオススメです。

レンジの定義と目線の切り替えポイント

トレンド以外の状態のこと を、 レンジ と定義します。

相場が常にトレンドであれば、何も言うことはありません。
でも残念ながら、実際の相場は都合よくトレンドがでているとは限りません。
というより、トレンドではない(レンジ)ことがほとんどです。

①高値・安値ともに更新できない

トレンドの定義

②安値は切り上げたが、高値は切り上げない

Bの安値をDに切り上げたが、Cの高値は切り下げたケース。
本格的なトレンドが発生するには、高値Cを上に抜けるか、Bの安値を下に抜ける必要があります。
高値E、安値Dを抜けても短期的なトレンドが発生しますが、あくまでも安値B・高値Cのハラミのなかだという認識が必要です。

Bの安値をDに切り上げたが、Aの高値は同値となったケース。
トレンドが発生するためには、高値Aを上に抜けるか、Bの安値を下に抜ける必要があります。
上図と同じく、安値Dを抜けても短期的なトレンドが発生しますが、あくまでも高値A・安値Bのハラミのなかだという認識が必要です。

左側のケースはシンプルですが、右側のケースは少し難しいケース。
高値Aと高値Cは同値、そして安値Bを下に抜けることでダブルトップが完成となります。
相場の反転シグナルとしてもかなり有効ですし、多くのトレーダーたちが狙っています。
ボクもよくトレードで利用しますが、押し安値がまだ抜けていないと反撃される可能性もあるので注意しときましょう。

③高値を切り上げたが、安値も切り下げた

レンジが発生しやすい条件とは

レンジは、レンジになる時間足より大きな時間足の高安値の確定時や、押し目・戻り目の確定時によく発生します。
要するに、『 上位足の波の転換ポイント 』ですね。

波が転換する際は、小さな時間足から順番にレンジ になります。
大きな時間足で波を意識し、エントリーをするときに小さな時間を利用する場合、
この考え方はとくに大切です。

また、見ている時間足でレンジとなった場合、上の時間足が影響しているのでは?
と想定することもできます。
このように波を複合的にとらえることで、どちらの方向に向かう確率が高いか見極めることができます。

ダウ理論で目線を固定することで、目先の値動きに惑わされず相場に臨むことができます。
ただし、レンジ相場では目線の固定が難しく感じるかもしれません。
ですから、安定して勝てるようになるまでは、まずはトレンドが発生するのをしっかりと待つようにしましょう。
代表的なレンジと、トレンドが発生するポイントは本記事で紹介しましたので、参考になれば幸いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる