基礎

FXトレードにおすすめの本はコレ

FXトレードにおすすめの本はコレ
ほとんどのプレイヤーにとってリミットを下げることは、リミットを上げるのが好きなのと同じ理由で嫌なものである。それは彼らにとって、ポーカーキャリアでの後戻りを意味する。自覚の有無にかかわらず、それは敗北や失敗を認めることであり、彼らの自尊心はそれを好まない。 自分が下のリミットでプレイするのを他人に見られ、上手くいっていないことがバレてしまえば、あなたの自尊心は恥ずかしいと思うかもしれない。しかし、ベストプレイヤーたちでさえも、時折リミットを嫌々下げていると聞いたら、少しは気が楽にならないだろうか。 賭けの考え方 勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣p269より引用

【21年最新】FX初心者にオススメ本15選!まず3万稼ぐために読むべき本を厳選!

株沢

☆4 オールカラーでFXの基礎を解説。

いくつある「FX」の基本書のひとつ。

オールカラーでイラストも使用しながらFX取引の基礎情報を説明してくれます。

株式取引の知識があれば理解がより早いかと思います。

本書でも再三述べられていますが、「FX」は株投資よりもギャンブル性が高く。

レバレッジを掛けることで最大25倍の資金を投資できますが、損も25倍になるので一気に資金を失う危険もあります。

要は自分の欲をいかにコントロールしていくかがポイントでもあるようです。

☆2 イラスト多用でわかりやすい。

FX初心者です。カラーイラストが多用してあって、読みやすくわかりやすいです。初めて手にとったFX本です。他にも複数冊初心者用の本を購入していますが、まずは、手軽に読めそうな、この本からスタートです。

1-2. 一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

・間違いだらけのFX 基本編
・間違いだらけのFX 応用編
・FXの秘密 ファンダメンタルズ編
・FXの秘密
・勝つ為に知っておきたいFXの真実
・ボクたちのFX!投資生活セキララ編報告
・FXのやり方 手取り足取り大図解

『カラー版 一番やさしいFXの教科書』に比べると、若干文字量が多いが、より詳しく学びたい初心者はこちらがオススメだ。

☆5 入門書として最適

FXを始めようと思うけれど、どうしたらいいのか分からない・・・

理屈は分かるんだけれど、どうしたらいいのか分からない・・・

そんなレベルのわたしが読むと頭の中にストーンと入ってきて良かったです!

FXに感じていた敷居の高さを少し解消してくれた感じ。

まず初めに読む1冊としてはオススメします。

この後は個人の努力とか力量とか才能とか、はたまた運とかになるのだろうと思います。

☆4 わかりやすいです!

FXの基礎が一通り、カラー図解入りで説明されていてわかりやすい。

基本的なことの一通りを理解するにはいいですが、これを見て即実践するのは難しいかもしれません。

FXを知る一冊目の本としては理解しやすくよいと思います。

☆2 基礎的

本当の初心者にはおススメです。基礎的なことしか書いてないのでやってる人には不必要です。

1-3. 新・女子高生株塾

FXトレードにおすすめの本はコレ FXトレードにおすすめの本はコレ
読みやすさ ★★★★★
発行 2011/9/29
Amazon評価 ☆4.4
Amazon価格 ・単行本:1760円
・Kindle:1267円

・Vol 1 利食が馬上の手下になった!? FXで儲かる仕組み
・Vol 2 デフレで上がる株とは? 日経平均とデフレの関係
・Vol 3 ナオが馬上に洗脳されたワケ 行動経済学を学ぶ
・Vol 4 投資に「気持ち」はいらない 経済学と投資の関係
・Vol 5 キャバ紙幣で夜の街を活性化する キャバクラで学ぶ経済学
・Vol 6 「いい企業の見つけ方」を教えます 決算短信のカンタンな読み方
・Vol 7 女子高生ミカがTVスターに! 配当利回りに着目した投資
・Vol FXトレードにおすすめの本はコレ 8 ミカとナオがTVで株対決!? 短期トレードは仕手に乗れ
・Vol 9 1週間の株対決がスタート! 出来高乖離率に注目せよ
・Vol 10 ミカ、怒涛の追上げを見せる ストップ安と全株一致
・Vol 11 松下ナオの圧勝って!? 整理銘柄と監理銘柄
・Vol 12 バラ色の未来が約束された国 ブラジル高成長のヒミツ FXトレードにおすすめの本はコレ
・Vol 13 中国で金の鉱脈が見つかった!? 史上最高値を記録した金価格
・Vol 14 700億円を2倍にする方法 中国と豪ドルの密接な関係
・Vol 15 中国の統計数字は人為的!? 人民元と中国経済
・Vol 16 中国で女性スパイになったケイコ 中国の統計発表の裏側
・Vol 17 ケイコ危機一髪! 日本は社会主義国か?
・Vol 18 馬上の700億円の行方 予想値と発表値の関係
・Vol 19 「おまかせで」できちゃう投資 パッシブ運用とインデックスファンド
・Vol 20 ナオの目が覚めた!? 量的緩和と円安

マンガなので、難しい文章が無く、ストーリーを通して楽しく学ぶことができる。

☆5 マネーゲームの裏舞台が垣間見える良作

株価や為替レートまで、お金の事について普遍的な事が書かれています。

1ドル80円など、書かれた時代を感じさせる箇所も多いですが、本質は今も昔も何も変わっていないのだな、と再認識できます。

絵柄にかなり癖がありますが、それもまた味と思えるなら入門書としてはとても読みやすい作品だと思います。

☆4 漫画なので理解できそうな気がする

全くの初心者なのですが、字列が並んでいるよりも取りつき易い。情報が若干古いような気もする。でも、基本的なことは勉強できる。

☆4 素晴らしい入門書

個人の金融商品全般の説明を劇画タッチで自然と知識が入っていきます。入門書としては群を抜いているレベルではないでしょうか。

2. テクニカル分析について学べる本2選

2-1. ずっと使えるFXチャート分析の基本

引用:amazon

読みやすさ ★★★★★
発行 2018/11/2
Amazon評価 ☆4
Amazon価格 ・単行本:1650円

・プロローグ 「運」や「予想」頼らない! 「値動き」からチャートを読む技術を身につける
・PART1 チャート分析の技術なくして利益は得られない
・PART2 チャートを正しく読み取るためのステップ
・PART3 相場の勝ち組に乗るチャートの読み方
・PART4 実際のチャートで値動きを追って取引する方法
・PART5 フォーメーション分析も値動き重視で確度が高まる

図解も豊富でわかりやすいので、初心者でも理解しやすい内容になっている。

☆5 手法は地味だが良書

FX歴1年半です。これまでもテクニカルに関する書籍は何冊も購入してきましたが、こちらに解説されていることが最も腑に落ちた気がします。

●よかった点
・テクニカル分析において最も基本的な「値動き」にフォーカスが当てられている。
・チャートがふんだんに使われている

●よくなかった点(あえて言うとすれば)
・後半部分は結構理解に時間がかかる
・地味

総合的に見てもキャッチ―さよりも実利にウエイトがあり、良い解説書だと思います。

・FXをはじめてみたけど、何から学んでよいかわからない
・色々テクニカル指標を試してみたけど余り結果につながらない
・ダウ理論をより深く理解したい
・稼ぐトレーダーの思考の基本部分を知りたい

これらに当てはまる人は一読の価値があるでしょう。

※一部抜粋

☆5 すべてのテクニカル分析に活かせる

ダウ理論や高値安値の見方など、10年以上前から知ってるつもりだったが、改めてこの本を読んで正確には理解してなかったことがわかって愕然。うーん、わかった気になっていて、何たる時間の無駄。それとレンジというと、もっと長めのものだけをイメージするが、この本のようにミクロの捉え方はわかりやすくて新鮮。先入観を捨てて、値動きとチャートをイチから勉強し直し。その上で自分の得意なテクニカルと組み合わせようと思います。

☆3 根拠があるエントリーの基本が学べます

ローソク足だけで相場の値動きを判断し、根拠があるエントリーができるようになるために、ローソク足の動きから相場を読む技術の基本が学べる本です。

ローソク足一本一本を細かく見ていくわけじゃなく高値安値を見ていくだけなので初学者向けです。

本書で説明していることは要するに水平線トレードとレンジブレイクによるトレンドフォローの順張りです。レンジ内での売買は避けレンジを抜けてからトレンドを追っかけて取っていく手法です。

ただ、相場を動かす多数派=勝ち組に乗る114頁というのは論理矛盾です。逆張りを何度も否定していますが、そもそも水平線トレードやブレイクからのトレンドフォローには弱点があり、そこに触れずに批判するのはフェアではありません。

悪くはないですけど、さほど得るものもなかったので星3つです。

2-2. 高勝率トレード学のススメ

読みやすさ ★★★★☆
発行 2006/9/14
Amazon評価 ☆4.2
Amazon価格 ・単行本:6380円
・Kindle:4730円

・第1章 トレーディングの授業料
・第2章 現実的な目標を設定しよう
・第3章 ハンディをなくせ
・第4章 ニュースでトレードする
・第5章 複数の時間枠でチャンスを広げよ
・第6章 トレンドでトレードする
・第7章 オシレーターを使う
・第8章 ブレイクアウトと反転 FXトレードにおすすめの本はコレ FXトレードにおすすめの本はコレ
・第9章 手仕舞いとストップ
・第10章 高確率トレーディング
・第11章 トレーディングプランとゲームプラン
・第12章 システムトレーディング
・第13章 バックテストについて
・第14章 マネーマネジメントプラン
・第15章 リスクパラメータの設定とマネーマネジメントプランの作成
・第16章 規律――成功へのカギ
・第17章 オーバートレーディングの危険性
・第18章 内面を鍛えよ――常に冷静であれ

基礎は知っているが、もう少し具体的な内容を理解したい人にオススメだ。

☆4 入門から3~4冊目に読めば価値は有りそうですが既に10冊読んだ人には復習的な感じかも

他の本を多数読んだ後だと発行が古い(12年前)こともあるのかあまり新鮮味は無いです。

初歩の初歩本当に証券口座の開き方とかが書いてある入門書から読み始めて→テクニカル→ファンダメンタルの基礎ときて3~4冊目にこの本を読んだらとても価値の有る内容だと思います。

ただ10冊以上既に読んでいる人だとどの本にも書かれているような感じの内容なので復習みたいな感じになると思います。

逆にこの本を最初の方で読んでおくと次からは一つの手法、心理、短期、長期の投資など分野に特化したような本を読んでいくのが良いのかな。次も総合的な内容の本を読もうとしているなら次の本の内容が復習になると思うので。

でも似かよった内容の本を読んで復習や相場の世界での常識感覚を身に付ける事も大事かもしれませんし★4にしました。

何冊も読んで同じような事が書いてあるのを確認できれば、読んだ人がその情報をどう取って使おうとも一応それが相場の世界における定説や常識である確率が高いわけなので知らないよりマシですし無駄ではないと思います。

☆4 入門書からのステップアップの一冊として

レビューで評価が高かった為入門書を読んだ後に購入しました。投資家に必要な知識である「テクニカル分析」「リスク管理」「メンタルコントロール」がバランス良く書かれている。

ページ数が500くらいありますが内容は比較的スラスラ読めました。テクニカル分析に関しては他の書籍と併用しないと厳しいのではないかと思います。基礎知識がある程度網羅されている為購入して損はなかったです。

☆3 繰り返し繰り返し、そして繰り返し

内容はその通りだなと思います。

ただ本当に繰り返しが多い。

大事なことなので10回言うぞって感じです。

心構えばかりなのでテクニカルや実践的なことを知りたい人は買わない方がいい。

これから初める方、大損したあとの方にはおすすめしますので星3です。

デイトレードのおすすめ本3選

むしろデイトレード手法なんてなくとも、勝つ為のメンタルを知り実践できればデイトレードで勝てる確率は大きく上がります 。そしてそのメンタルについては本から学べます。デイトレード本はこれまでにたくさん出版されていますが、本当に有益な本はごく一部。こちらの記事では 自分がデイトレードで勝てるきっかけになったおすすめの本3冊と、初心者でも真似しやすいデイトレード手法が書かれた本を1冊 ご紹介 FXトレードにおすすめの本はコレ します。デイトレードをするすべての人に必ず読んでほしい本です。

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

デイトレードをしている人で知らない人はいないといってもいいくらい有名な本 です。 デイトレードで成功する為の心構えを凝縮した一冊 FXトレードにおすすめの本はコレ となっています。同じことを言い方を変えて何度も何度も述べるので、はじめて読む人にとっては飽きたり眠たくなったりする本ではありますが、2回3回と読み返すことでどんどん理解が深まっていきます。正直1回だけで書かれている内容は中々頭に入ってきません。

自分もはじめて読んだ時は途中で飽きて読むのをやめてしまいました。数か月後にデイトレードでうまくいかない時に再度読んでみると、 自分がデイトレードで勝てない理由の答えが詰まっていることに気付き、一気に読破 しました。それから 自分はもう10回以上読んでいて、トレードでうまくいかないことがあったり少し気が抜けていたりした時、今でも読み返す ことがあります。買ってはみたけど途中で読むのを辞めた…というのをよく聞きますが、もう一度この機会にぜひ最後まで読んでみてください。

心に刺さった内容を紹介

「デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術」の内容を 動画で観たい方 はこちらをご覧ください。

①デイトレードより引用

株式を取引するのではなく、人を取引する

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術NO.351より引用

株を売買する時には必ず相手がいます。 自分が株を買う時は誰かが売っていて、自分が株を売る時は誰かが買っています。 考えるべきことは、どちらがより賢いかどうか 、です。デイトレードというのは弱肉強食の世界です。トレードでは割安で売ってくれる人から株を購入し、割高で買ってくれる人に株を売れば儲かります。言い方はとても悪いですが、 トレードで成功する能力とは馬鹿を探す能力 です。「デイトレード マーケットを勝ち続けるための発想術」を読めばその馬鹿にはならないで済むでしょう。

②デイトレードより引用

成功しているトレーダーの財産は彼の思考回路にあるのであって、彼のトレーディング手法にあるわけではない。 FXトレードにおすすめの本はコレ

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術NO.392より引用

デイトレードで勝っている人は何か特別な手法を使っていると思っている人は多いですが、実はデイトレードで勝ち続けている人の手法は単純なことが多い です。自分も当時は手法さえあればデイトレードで勝てると思い、本やブログ等でデイトレード手法を探し続けていました。そしていろいろな手法を試してみましたが、まったく勝てるようにはなりませんでした。

デイトレードで勝てるようになった今は手法ではなく思考回路、いわゆるメンタルが大切 だと理解しています。売買ルールの徹底、決めた価格まで下がれば損切り、エントリーチャンスがくるまでは株を買わない、ギャンブルではなく仕事として取り組む、資金管理とリスク管理を厳格にする。 当たり前のことを当たり前にやっていくだけで、損失は減っていき利益が積み上がっていきます。 デイトレード手法なんて単純でも問題ありません。 自分は板読みデイトレードを行っており、手法としてはとても単純です(↓記事で紹介しています)。 儲かるかどうかは別にして、自分の板読みデイトレード手法は誰でも簡単に実践できます。

③デイトレードより引用

確率の高い行動を追い求めることができれば、プロのトレーダーへの道は開けるだろう。確実を追い求めれば、失敗と失望と落胆に満ちた未来が待っている。確実ではなく、高い確率を模索すべきである。

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術NO.947より引用

デイトレードをはじめたばかりの人は必勝法を追い求めようとして、すべてのトレードで勝とうと考えます。しかしデイトレードに必勝法なんてものはありません。あるのは 確率の高いトレード手法 だけです。

デイトレードで生計を立てている人でも勝率は所詮6割程度 です。10回トレードすると4回は損切りします。目先のトレードだけで判断すると勝ったり負けたりが続くように感じますが、 トータルで見て利益を残すのが専業デイトレーダー です。すべてのトレードで勝つ必要なんてないですし、すべてのトレードで勝とうとすると逆に負けてしまいます。

自分がデイトレードで勝てるようになったのはこの言葉の意味を体で理解したからです。頭でわかっているだけでは、損切りになった時どうしても負けたことにいらいらしてしまいます。しかし、体で理解した今は損切りになっても何も感じません。 目先の1回じゃなく、10回20回とトータルのトレードで勝てばいいとわかっているので、目先の損切りなんて必要経費でしかない からです。 損切りする場面で素早い損切りをするからこそ、トータルで利益が残ります。損切りできない人はいくら利食いをしても、利食い額以上に損切り額が多いのでトータルで見ると損失の方が多い です。

④デイトレードより引用

何ひとつうまくいかず、すべての選択の結果に自らの未熟さを思い知らされた時に、自らが成長しているとは思えないかもしれないが、こうした困難から這い上がってくるたびに大きな成長を遂げているのである。困難から這い上がってくる能力自体がその証である。トレーダーとして成長するには、心底トレーディングをやめたくなるような日を耐え忍んで明日を迎える経験が不可欠である、勝つためには継続しなければならないということを決して忘れてはならない。

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術NO.1467より引用

これは苦しい時に何度も何度も読み返した言葉です。 証券ディーラーだった当時、自分は全然勝てなくて毎日悩んでいました。この業界は向いていないのか?投資をきっぱりやめて真っ当な仕事をして生きていくべきではないか?そんなことをずっと考えながらトレードをしていました。

当時は勝てなくて苦しんでいただけでまったく成長しているとは思えませんでしたが、今当時のことを振り返ると、トレードで負けて絶望的な気持ちになった時にもう一度だけ頑張ってみよう…と思い、新たな気持ちでまた相場に向き合う度に成長していたと思います。そういうのが何度も続くと不思議とどこかのタイミングで急に勝てるようになります。 FXトレードにおすすめの本はコレ 自分は2014/4から証券ディーラーをしていて、トレードで勝てるようになったのは2015/9と証券ディーラーをクビになり個人投資家になった時期 です。個人投資家になってからは月間収支でマイナスになったことは一回だけで、その一回以外は全ての月でプラス収支です。証券ディーラーをしている時は月間収支でプラスになった月はほとんどありませんでした。

⑤デイトレードより引用

人生で成功するには、どれだけ勝つかではなく、負けをどれだけコントロールできるかにかかっ ている。それはトレーディングにも当てはまる。長いことかかって、私は不思議なことに、勝利は自然についてくると認識するようになった。トレーダーであれば、たまたま勝てる機会に遭遇することもあるが、勝つことは問題ではないのである。同様に、負けること自体も問題ではない。むしろ、損失をコントロールできないことが問題なのである。

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術より引用

有名トレーダーテスタさんの名言に「負けなければおのずと勝ちになる」という言葉があります。 自分はデイトレードをする上でこの言葉をとても大切にしています。 デイトレードで勝ちたいなら、勝つことは考えずムダな負けをゼロにすることを考えねばなりません。

負けることは仕方ないのですが、ムダな負けはやってはいけません。売買ルールを守らずにトレードしたとか、損切り価格を守らずに損切りしなかったとか。 ムダな負けを減らしていけば損失額は減っていきます。そうすれば利益額が必然的に増えていきます。 自分はトレード中に稼ぐことは考えていません。自分がが決めたトレードルールを守れているかどうかだけを気にしています。ルールを守っていれば損切りすることはあっても、ムダな損失を計上することはありませんので、利益が積み上がっていきます。

賭けの考え方 カジノブックシリーズ

賭けの考え方はデイトレード本ではなく、ポーカーについて書かれた本です。ポーカーもデイトレードも人によってはギャンブルにもなるし仕事にもなります。この本では ポーカーを仕事として行っている勝ち組プレイヤーの思考法について学べます。

本を読むとわかりますが、ポーカーはデイトレード以上にシビアです。 FXトレードにおすすめの本はコレ デイトレードで安定して勝ち続ける人の勝率は約60%ですが、ポーカーのプロは51勝49敗を目指す そうです。ポーカーはたった一つのミスが、プロとアマを分ける差になるわけです。それだけシビアな世界でプロとして勝ち続けるには技術はもちろんのこと、メンタルがとても大切になってきます。

勝率はほとんど50%なので、下振れが続いてしまうと5連敗10連敗なんて頻繁に出てくるでしょう。そんな時でも、 負けを気にせずに長期的視野でプレイをする方法や正しい決断を下し続ける考え方、減り続けていくお金を気にせずプレイをするメンタルについてこちらの本で学べます。 デイトレードともリンクする箇所はたくさんあります。さきほど紹介した、「デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術」は読み物としては苦痛と感じる人も多いのですが、「賭けの考え方」に関しては読み物としてもおもしろいです。デイトレード初心者であってもさくさくと最後まで読み続けられるでしょう。 デイトレードとはまた違った勝ち負けの世界で生きている人の考え方をぜひ一度学んでみてください。

心に刺さった内容を紹介

「賭けの考え方 勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣」の内容を 動画で観たい方 はこちらをご覧ください。

①賭けの考え方より引用

あなたがもしポーカーで儲けたいと思っているのなら、長期的にプレイし、短期のリスクを受け入れるべきだ。~略~実際、あなたは精神的にも長期的視野でプレイしなければならない、なぜなら短期の結果にこだわっていては、期待値の低いプレイをしてしまう危険があるからだ。

賭けの考え方 勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣p27より引用

たとえば デイトレードで勝率を99%にするのって簡単 です。含み損になった場合はナンピンを何度もすれば、少しのリバウンドで含み益に変わるのでその時点で利食いをすればほとんどのトレードで負けません。しかし、100回中1回くらいはどれだけナンピンしてもまったくリバウンドせずに株価は下げ続け、大底で投げてしまうことがあります。その 100回中のたった1回で、99回で儲けた利益以上の損失を計上 してしまいます。

②賭けの考え方より引用

ある一定のレベルに達すると、自分のプレイと利益率に満足しそれ以上の上達を望まない、という姿勢のプレイヤーたちがいる。彼らは、後退という概念を全く分かっていない。
思い出してほしい。坂道を登るポンコツ車は、いったんアクセルから足を外してしまえば、止まってしまうだけでなく、坂を転がり落ちてしまう。同様に、もしポーカープレイやーが学ぶのをやめてしまえば、彼のプレイは、少なくとも相対的に後退するだろう。

賭けの考え方 勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣p61より引用

③賭けの考え方より引用

勝ち組プレイヤーたちが金を儲ける理由は、彼らが最も頻繁に最善のプレイをするからだ。言い換えれば、ほかのプレイヤーよりもミスが少ないからである。短期的結果が非常に不安定である反面、相手よりもミスを減らせば長期的には金を儲けられることが保証されている。

賭けの考え方 勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣p138より引用

誰もが一度は経験したことだと思います。勝ち組のデイトレーダーというのは常に最善を尽くします。短期的には負ける可能性もありますが、長期的に見れば必ず勝つトレードを継続して行っています。 勝つトレードというのは、いわば作業のようなもので、わくわくもドキドキもありません。工場での単純作業みたいに同じことを繰り返すだけ です。お金は増えていきますが、ギャンブルをしているような楽しみは一切ありません。デイトレードをする目的に、お金を増やしたいのか、ギャンブルをしているような興奮がほしいのか、どちらかを考えてみてください。興奮がほしい人はデイトレードだととてもお金のかかる趣味になってしまうので、他のギャンブルをした方がいいでしょう。

④賭けの考え方より引用

言い換えれば、あなたがセッション全体の55パーセントを勝ち越しているならば、ポーカーテーブルに座った時点で、およそ54回に1回は以後5連続でセッションを負け越し、271回に1回は7連敗することになる。

賭けの考え方 勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣p157より引用

長期的に見て勝てるデイトレード手法を構築したとしても、短期的にみると連敗は必ず起こります。いわゆる「下振れ」といった状態 ですね。自分のデイトレード勝率で最悪何連敗の可能性があるかを考えておいた方がいいでしょう。3連敗とか5連敗した時、すぐにデイトレードの売買ルールを変更してしまう人もいますが、確率的に起こり得ることだと知っているだけで気にならなくなるでしょう。

⑤賭けの考え方より引用

ほとんどのプレイヤーにとってリミットを下げることは、リミットを上げるのが好きなのと同じ理由で嫌なものである。それは彼らにとって、ポーカーキャリアでの後戻りを意味する。自覚の有無にかかわらず、それは敗北や失敗を認めることであり、彼らの自尊心はそれを好まない。

自分が下のリミットでプレイするのを他人に見られ、上手くいっていないことがバレてしまえば、あなたの自尊心は恥ずかしいと思うかもしれない。しかし、ベストプレイヤーたちでさえも、時折リミットを嫌々下げていると聞いたら、少しは気が楽にならないだろうか。

賭けの考え方 FXトレードにおすすめの本はコレ 勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣p269より引用

何かおかしい…と思った時に、今まで通りのロットでやってしまうとお金がどんどん溶けていってしまいます。 おかしいと思った時は少しロットを下げて様子見をしながらデイトレードをするべきです。そして問題がなければまたロットを戻せばいいだけですし、やっぱりおかしいとわかれば低ロットの状態で相場に合わせて手法の調整・改良をしていくべき です。多くのデイトレーダーはポーカープレイヤーと同じで一度上げたロットを減らすことを嫌がる傾向にありますが、時にはロットを下げるのが有効な場面もあるのです。自分もうまくいかない時はロットを下げてリスクの大きなトレードを減らし、確実にプラスを積み重ねる時だけ売買することを意識しています。

⑥賭けの考え方より引用

賭けの考え方のひとつを思い出してほしい。分析と改善のサイクルを継続的に繰り返す。上達の努力を怠り始めた途端、あなたのゲームは劣化する。そうなれば、あなたはダウンスイングを埋め合わせるだけの十分な金をアップスイングで稼げないという困った状況に追い込まれ、負け組プレイヤーへと転落してしまうだろう。

賭けの考え方 勝ち組ポーカープレイヤーの思考習慣p331より引用

儲かっているから勉強しなくていいや、となるのではなく、儲かっている時ほど勉強を継続しましょう。儲かっていない時は儲けるために誰もが必死になります。儲かっている時の行動がとても大切です。 トレードで勝つことは簡単ですが、勝ち続けることはとても難しい です。

【株とFX】どっちがいい?違いや勉強方法を徹底比較!

ヒロセ通商トップ画面

SBI FXトレードは1通貨単位から取引ができるので、例えば、米ドル円の場合、1ドル=110円だとすると約5円の証拠金でFX取引をすることができます。他のFX会社では1,000通貨単位や1万通貨単位が一般的なので、大きな資金で取引するのは怖いけど、少額からFXに慣れたいという方はSBI FXトレードに向いています。また、大手ネット証券で有名なSBIグループのFX会社なので、その点も信頼度が高いFX会社だと言えます。

条件別でFX会社を比較

初心者は最低取引単位で選ぶ

FXの最低取引単位は会社によって異なり、取引単位が小さいと少額で取引することができます。

  • 1通貨(FXトレードにおすすめの本はコレ FXトレードにおすすめの本はコレ ドル/円)→資金100円
  • 10000通貨(ドル/円)→資金45000円

少額取引ならリスクなく、FXの実践経験を積むことができます。

そこで、初心者の方にはMATUI FXをお勧めします。

MATUI FXは1通貨単位から取引することができるFX会社です。
手数料(スプレッド)も業界最狭水準に設定されていて、FXを始める方におすすめです。

初心者におすすめ

スプレッドが安い

キャッシュバック

FXはどんな人に向いていますか? FXは株に比べて少額の資金でスタートできるため、初心者でも始めやすいことが特徴です。
また、FXは24時間取引可能なため、サラリーマンなど取引に使える時間が限られている人でも隙間時間を使って投資ができます。 FXを始める場合、最低でどのくらいの資金が必要ですか? FX初心者におすすめの取引単位は1000通貨です。この場合、最低で約4000円程度から取引を行うことができます。
少額で取引を続ける場合は、取引にかかるコストを抑えることが重要です。そのため、FX会社を選ぶ際にはスプレッドの低い会社を選びましょう。 FXトレードにおすすめの本はコレ 株とFXのレバレッジにはどのような違いがありますか? 株の信用取引におけるレバレッジは最大3倍なのに対し、国内FXのレバレッジは最大25倍です。
レバレッジを利用すると少ない資金で効率的に投資を行えますが、ハイリスク・ハイリターンで大きな損失を出す可能性もあるので注意が必要です。

【FX】セシル脳心理学FXトレーダーがおすすめするトレード本 番外編あり【メンタル】

トレード本

簡単FX 毎日が給料日 簡単に稼げる 初心者でも稼げる

おすすめするトレード本

第4位 ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方

第3位 FXトレードにおすすめの本はコレ ゾーン 相場心理学入門

勝利の方程式は手法×メンタル×資金管理

『規律とトレーダー 相場心理分析入門』を書いたマーク・ダグラス待望の新刊! 恐怖心ゼロ、悩みゼロで、結果は気にせず、淡々と直感的に行動し、反応し、 ただその瞬間に「するだけ」の境地、つまり、「ゾーン」に達した者が勝つ投資家になる! さて、その方法とは?究極の相場心理を伝授する! マーケットについてよく知っている投資家はいるだろう。買い時、売り時、有望株を識別する優れた分析手法についてもよく知っている投資家はいるだろう。しかし自分自身についてよく知っている投資家はどれだけいるだろうか?

第2位 デイトレード

第1位 投資の聖杯 ~投資常識の嘘~

しかし、その頃読んだ本は「ミーハー投資本」と呼ぶ種類のゴミにしかならない本だったことに、当時の愚かな私は気づいていなかった

多くの相場師、トップトレーダーが言うように「努力する」初心者投資家が通る道は、ほんんど判で押したように同じである。

FXトレードにおすすめの本はコレ

私の通った道は、努力する初心者投資家の王道であった。

「誤った努力、間違った勉強」であり「その手の本を読むと、投資家の成績は余計悪くなる」と昔から相場で言われてるのだが、むろん当時の私はそんなこと知らないから、言われているとおりに成績はきっちりと悪くなった。

こちらの本も そして昔ではあり得なかったKindle Unlimited(980円/月で読み放題)のラインナップにもなっています

kindle unlimitedには投資に有益な本がたくさんあります

kindle unlimitedは30日の無料期間中に全て読みきればコスパ最強です (秘密ですよ)

私もこの kindleunilimited(980円/月で読み放題 )で沢山の本を読んできました。ここではカテゴリに関わらず投資に役立つ本を紹介

マーケットの魔術師

FX資金管理方程式

自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック

ゾーン ウィザード・ブックシリーズ Kindle版

稼ぎ続けるトレーダーが最初に取り除いた致命的な7つの習慣

番外編 西原理恵子の太腕繁盛記: FXでガチンコ勝負!編

フォロワーさん2000人超えました。
セシルのnote

詳細は画像をクリック↓

RECOMMEND

【FX】勉強どのくらいやれば勝てるようになるのか【おすすめの方法】

【FX】勝てるトレーダーになるために本で勉強は必要なのか【意味ない】

ABOUT US

プロフィール

脳科学と心理学を用いて勝ち続けているトレーダー 5年連続年利50%達成 Twitterで情報発信したところ1年でフォロワー2万人 よろしければTwitterのフォローもお願いします

ブログ読者限定オリジナルプレゼント企画
こちらをクリック↓(1万円相当の価値)


セシル×ヒロセ通商タイアップ企画が実現
口座開設+1万通貨以上取引で4000円キャッシュバック こちらをクリック↓


資金別手法別にセシルがおすすめするFX口座↓


セシルおすすめトレード本↓

貯金はリスク?投資を始めよう↓

FXのおすすめ本ランキング アマゾンで良書発掘の仕方

FX取引で役に立つ本TOP

「え? 誰?サンチャゴって?」という異色な本が1位に選ばれました。
しかも、キンドルでの自費出版で、値段も121円という破格の値段。怪しさ120%の本ですが、並みいる初心者本に比べてもダントツの高評価です。
ちなみに、著者のサンチャゴ氏は、調べたところブログを中心に活動しておりFX関連の商材を扱っています。しかし、通常、商材の宣伝のために書かれたものの場合、星5つと星1つが両極端にあらわれるC型のレビュー分布になるのですが、この本に関しての否定的レビューは「著者が商材を売っているから」という理由のレビューのみ。
実際、購入して読んでみたところ、初歩的なことが網羅されているのによく整理されていて、この書籍を自費で作ってしまう著者に、なみなみならない才能を感じます。
また、初心者本では、普通語られない「誰が相場を動かしているのか?」という点を中心に著述されていて、初心者が相場に対して肌で感じるギモンに、まじめに解答を出している良書といえます。

第2位 めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版

めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版

相場に触れたことのない全くの素人に対して作られた本で、基本用語などを、ていねいに解説しています。
レビュー評価も「わかりやすい!」という初心者本としては最高の評価を受けています。
低評価のレビューでは、内容の薄さを指摘する声があるものの、初心者向けである以上、仕方ない面もあります。

第3位 改訂 確実に稼げる FX 副業入門

改訂 確実に稼げる FX 副業入門

どちらかというと、トレードの手法寄りの本です。
帯には「1年で30%の利益を出し続ける法則」という景気のいい文言が並んでいますが、本の主題としては「負けない手法」を学ぶもの。レバレッジや資金管理についての記述も厚く、勘でトレードを始めてしまった初心者トレーダーには、リスク管理を学ぶオススメ教材という評価です。
しかし、実際にトレードの手法として、そっくり真似しても勝てないという低評価レビューもいくつか。

本のタイトルレビュー総数星レビュー平均レビュー分布型
一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版223.8C型
東大院生が考えたスマートフォンFX993.6C型
30年間勝ち続けたプロが教えるシンプルFX (SPA!BOOKS)483.6C型
FXらくらくトレード新入門204.1F型
羊飼い超ど素人が極めるFX353.3C型

○○が書いた~ ランキング

  1. 元メガバンク為替ディーラーが書いた~
  2. 1か月で○億円稼ぐトレーダーが書いた~
  3. 世界三大投資家の○○○が書いた~・・・etc

世紀の相場師 ジェシー・リバモア

世紀の相場師

タイトル世紀の相場師ジェシー・リバモア
著者/翻訳リチャード スミッテン/ 藤本 直翻訳
出版社角川書店
Amazon価格 ¥2,376
ジャンル○○が書いたFX本

ジェシー・リバモア本人が書いたわけではなく、伝記というスタイルでジェシー・リバモアの投資スタイルについて、彼の生涯とともに追った本です。
しかしながら、読む人にとっては強烈に印象に残る本のようで、「生涯トレーダーとして人生を全うするということがどういう意味か学んだ!」という軒並み高評価。
翻訳も評価が高く、読み物としても、トレーダーに示唆を与える教則本としても大変優れており、世間で名著と呼ばれるのにふさわしい星評価です。
一時期、Amazonが在庫切れでしたが、その時には、この本はプレミアがついたそうです。
低評価レビューは、「投資手法の本かと思ったら伝記だった」というレビューが中心なので、その点だけ注意すれば文句なしの良書といえるでしょう。

第2位 マーケットの魔術師

マーケットの魔術師

魔術師(ウィザード)とは、相場の用語で凄腕トレーダーを指し、わずかなお金から巨万の富を作り出す様が、まるで無から有を作り出す魔術師のようだということでついた呼び名です。
この本は、ジャック・シュワッガー氏が、そんな魔術師16人と1人の心理学者にインタビューをしていくという構成になっています。
実際に証券会社に勤めているようなディーラーにも評判がよく、相場の本質を教えてくれるというレビュー評価が多くありました。インタビュー集なので、はっきりとした評価はつけづらいですが、簡単な言葉に翻訳されて読み物としての評価も得ている点で、第2位に推薦します。
過去の大物トレーダーが「どのような心理状況で、どうやって利益を積み重ねていったか」を追体験することは、自分のトレードスタイルにも良い影響があるでしょう。
しかし、評価レビューにはいくつか難点もあげられており、やや古い本なので大物トレーダーが語ってる手法を実践することはできず、長々と自慢話を聞かされている気持ちになるという評価もありました。

第3位 反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

「ブラック・スワン」、「まぐれ」とヒット作を連発しているナシーム・ニコラス・タレブによる最新作である「反脆弱性(上)・(下)」。
「反脆弱性」とは著者の造語で、脆弱の反意語で頑健とはちがい、ストレスを与えれば与えるほど強くなる、という意味だそうです。「不確実な世界を生き延びる」には「反脆弱性」が必要だと著者は、さまざまな事例(FXトレードにおすすめの本はコレ FXトレードにおすすめの本はコレ ストーリー)を用いて繰り返し述べています。
アマゾンでの評価は非常に高いものの、書籍としては難解な印象。
しかし、レビューの中にある「ぐいぐいと惹き込まれるタレブ節に病みつきになる」という言葉を文字通りに受け止めれば、読み物として完成度の高さをうかがわせます。
翻訳者は、前々作、前作と同じ望月衛氏がつとめており、読むとハマりそうな本です。
ちなみに、星3以下の低評価はありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる