証券取引

FXを始める前にすべき3つの事前準備

FXを始める前にすべき3つの事前準備
FX

効果ある集客方法とは?集客ツール・アイデア・イベントまとめ

2022.03.09 FXを始める前にすべき3つの事前準備 2022.04.06 マーケティング 集客方法・ノウハウ Tsuyoshi M Tsuyoshi M

効果ある集客方法とは?集客ツール・アイデア・イベントまとめ

集客は店舗や企業の経営において最も大切な要素の一つと考えられていますが、実際はどのように取り組んだらいいのかわからず、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、そもそも集客とはなんなのか、集客に対する考え方を整理しながら、 すぐに役立つ魅力ある方法のアイデアや便利なツール・集客イベントを多数ご紹介しています。

  • 効果のある集客方法を探している方。
  • さまざまな集客方法があり、どれを選んだらいいかわからない方。


>>集客・販促のノウハウ集を一括ダウンロード!<<

集客とは、単にお客様を集めることだけを表すのではありません。

集客=お客様を集めることだけではない

集客というと、読んで字のごとく「お客様を集めること」だけだと考えてしまいがちですが、本来の意味は、お客様を集めることだけにとどまりません。

企業にとって最も大切なことは、 お客様を惹きつける ということなのです。

集客方法は長いスパンで考えよう

集客を考えるとき、つい短期的な結果を求めてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、すぐに商品を購入してくれる、すぐにお店に来てくれるという人は実はそれほど多くありません。

現代の顧客は情報をたくさん入手できるため、用心深く、多くの情報を吟味して信用してからでないと購入に至らない傾向があります。そのため、 FXを始める前にすべき3つの事前準備 短期的に集客するだけではなく、良い口コミや評判が広がることが顧客を増やすきっかけになる 重要なポイントだと言えます。

FX初心者が口座開設する前に考慮すべき10つのポイント

FX初心者が口座開設する前に考慮すべき10つのポイント

一方、海外FXの大部分は取引ツールとしてメタトレーダー(Meta Trader)を採用しています。MT4、MT5という言葉はFXを始めようとしているトレーダーは一度は聞いたことがあるかもしれません。このツールは MetaQuotes Software社(メタクォーツ社)によって開発された、FX・CFD用の取引ツールで、世界中で最も多く利用されているチャートソフトです。現在はMT5も使われていますが、プロトレーダーも含め、MT4が一般的には流通しています。

株価指数CFD

国名(市場)- 株価指数の名称

  • 日本 – 日経平均株価指数、ジャスダック指数
  • 香港 – 香港ハンセン指数(HIS)
  • 中国 – 中国A50種指数(FTSE China A50)
  • シンガポール – シンガポール ブルーチップ
  • アメリカ – ニューヨークダウ平均指数(Dow Jones)、ナスダック総合指数(NASDAQ)、S&P 500種指数(S&P500)
  • ユーロ圏 – ユーロストックス50種指数(Euro Stoxx 50)
  • フランス – フランス40種指数(CAC40)
  • ドイツ – ドイツ30種指数(DAX30)
  • イタリア – イタリア40種指数(ITALY40)
  • オランダ – オランダ25種指数(NETH25)
  • スイス FXを始める前にすべき3つの事前準備 – スイス20種指数(FSMI)
  • スペイン – スペイン35種指数(IBEX35)
  • イギリス – FXを始める前にすべき3つの事前準備 イギリス100種指数(FTSE100)
  • オーストラリア – オーストラリア200種指数(ASX200)

5. FX業者の取引方式を理解する必要がある

では、これらすべての用語とはどういう意味でしょうか?

FX業者には、DD・DD方式(Dealing Desk)またはマーケットメイク方式(マーケットメイカー制)」とNDD方式「Non-Dealing Desk(ノンディーリングデスク)」の主要な2種類があります。

「DD方式」または「マーケットメイク方式」とは

「NDD方式」とは

NDD方式とは、「No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)」の略で、顧客の注文を流動性プロバイダー(LP)に直接送信することにより、カバー先の提示するインターバンク市場において為替レート(インターバンク・レート)への直接アクセスを提供するFX業者によって採用されている取引方式です。

「ECN方式」とは

ECNとは、「Electronic Communications Network(電子通信ネットワーク)」の略で、金融市場の市場参加者の可能な限り最良の価格を表示し、買い注文と売り注文を自動的に照合するコンピューター化されたシステムです。

FXトレーダーが取引プラットフォームで「ASK(買)」を押すと、FXブローカーは自動的に売り注文を可能な限り最良の価格で照合し、取引を完了します。取引注文はFX業者のコンピューターシステムで自動的に処理され、電子通信ネットワーク(ECN)を介して送信されます。これが「No dealing desk(ノーディーリングデスク)」という用語の由来です。

「STP方式」とは

STPとは、「Straight Through Processing(ストレート・スルー・プロセッシング)」の略で、マーケットメイク(MM)のディーリングデスクによって実行するためにFX業者が取引注文を銀行間市場(インターバンク市場)に直接流する取引方式を指します。この場合は、STP方式(ストレートスループロセッシング)のFX業者として知られています。

FXの練習方法は?デモトレードにおすすめのアプリや注意点を紹介

FX

FXのレバレッジとは?おすすめのかけ方や計算方法を解説

FX

LINE FXの口コミ評判やキャンペーンを初心者に簡単解説!

FX

FX初心者におすすめの15口座を徹底比較!通貨ペアや取引手法も紹介

FX

外為どっとコムの評判や口コミは?手数料やキャンペーン紹介

FX

LIGHT FXはスワップポイントの高さが魅力!評判や口コミは?

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。 FXを始める前にすべき3つの事前準備
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

初心者でもFXで月5万は稼げる!プロ直伝の完全攻略法

初心者でもFXで月5万は稼げる!プロ直伝の完全攻略法

東大院生が考えたスマートフォンFX


– 2015/2/17, 田畑 昇人 (著)

<プロが教えるFXの実践的な手法まで学べる本>

岡安盛男の稼ぐFX 実戦の極意

– 2013/10/10, 岡安 盛男 (著)

②用語について学ぶ

FXを始める前に知っておきたい用語9選

チャートを読み解くために知っておきたい用語8選

ニュースでよく使われる用語6選

③チャートについて学ぶ

<チャートの定番『ローソク足』の見方>

チャートの定番「ローソク足」の見方

3つのトレンドサイン

定番チャートパターン6つ

④重要指標について学ぶ

⑤無料セミナーで学ぶ

FXセミナーの種類

2. 月5万稼ぐための有効な手法

  • 移動平均線を使ってエントリーを見極める手法
  • 一目均衡表の「雲」を活用してトレンド変換を掴む手法
  • トレンド分析から売買のタイミングまで万能なボリンジャーバンドを使う手法

2-1. 移動平均線を使ってエントリーを見極める手法

移動平均線のイメージ

2-2. 一目均衡表の「雲」を活用してトレンド変換を掴む手法

一目均衡表の「雲」のイメージ

2-3.トレンド分析から売買のタイミングまで万能なボリンジャーバンドを使う手法

トレンド分析から売買のタイミングまで万能なボリンジャーバンドを使う手法

3. 月5万稼ぐためのおすすめ口座7選

3-1. 勝ち組トレーダーがFX業者を選ぶ際に重視している8つのポイント

FXを始める前にすべき3つの事前準備
勝ち組トレーダーがFX業者を選ぶ際に重視しているポイント
安全性 自己資本規制比率、証拠金の信託先、決算公開の有無、上場の有無。ツール 注文方法・画面設定の種類、機能の使いやすさ。
スプレッド 取引の際に必ず発生する売買価格差。 スワップポイント 金利差の金額。
約定力 指定通りの価格で成約する精度。 サポート サポート時間や対応。
情報量 情報コンテンツの多さ、速報性など。 通貨ペア 2通貨の組み合わせの種類。

どのFX業者を選ぶかでトレード環境が大きく異なり、トレード成績にも大きな差が生まれる可能性があるためFX業者は慎重に選ぶべきですが、正直、すべての項目が満点の業者は存在しておらず、ニーズやレベルに合わせて使い分ける必要があります。

実際、勝ち組トレーダーは用途に合わせて3〜5つ程度の業者を使い分けている傾向があり、筆者も「デイトレード用」「資産形成向け中長期等レード用」「情報収集用」と3つの業者を使い分けていますが、その使い分けを判断する際に基準にしている項目が上記の8項目になります。

逆にいうと、上記8項目以外の項目はダイレクトにトレード成績に大きな影響を与える項目ではないため特に重視していないということです。

3-2. 月5万稼ぐためのおすすめFX口座7選

ここでは上記の重視している8ポイントの中から、初心者が勝つために最も重要な下記の4点にフォーカスして、初心者におすすめのFX業者をご紹介します。

4つのポイントを満たした上で、それぞれ強み・特徴のある業者で、場面やニーズに合わせて使い分けできるため、正直「全ての口座を持っていても損はない」と言えるような業者ばかりです。

投資信託で大損してしまうパターン5選と大損を回避する5つの方法

(2022/5/24更新)

そもそも投資信託で大損する可能性ってどれくらい?

投資信託は比較的リスクが分散された商品

資産運用のプロによって管理されている

元本保証はないが、価格が0円になることは考えにくい

「繰り上げ償還」による強制的な償還の仕組みがある

投資信託には「繰り上げ償還」という仕組みがあります。
「償還」とは、投資信託の運用期間が終わる際に信託財産の清算を行い、投資家に対し保有口数に応じて償還金を返還すること。
そして「繰り上げ償還」とは「運用成果が思わしくない」「純資産総額が減ってきた」などの理由で効率的な運用ができないと判断された場合に、もともと設定されていた期限を繰り上げて償還することです。

過去に投資信託が大暴落したタイミング

2000年以降の株式市場暴落のタイミングを参考にすると、
2000年 ITバブル崩壊
2001年 同時多発テロ(ITバブル崩壊と同時多発テロ両方で約45%の下落)
2007年 リーマンショック(約50%の下落)
2020年 コロナショック(約20%の下落)
などが挙げられます。
ただし、いずれもその後数年で回復。全体としては右肩上がりで上昇が続いています。
REIT(リート)も株式と比較的似たような動きです。

投資信託で大損してしまうよくある5つのパターン

新興国ファンドへの投資で大損

株価急落時の狼狽売りで大損

価格暴落をチャンスと捉え買い増ししたものの、繰り上げ償還で大損

毎月分配型の投資信託で大損

分配金には以下の2種類があります。
【普通分配金】……運用益から支払われる分配金。課税対象であるため利益率が下がる
【元本払戻金(特別分配金)】……元本を切り崩して支払われる分配金。非課税となるものの個別元本が減る。

レバレッジを効かせた投資信託で大損

投資信託での大損を回避する5つのポイント

投資信託は長期運用を前提とする

分散投資を意識する


参照:金融庁「NISA特設ウェブサイト 投資の基本」

初心者がハイリターンタイプの投資信託を狙うのは危険

投資信託には、より大きなパフォーマンスを狙った商品があります。
【アクティブ型】……対象とするインデックスを上回る運用を目指した投資信託
【ブルファンド】……対象とするインデックスに連動し、2倍・3倍といった目標倍の値動きをするレバレッジファンド。株価の上昇局面でハイリターンが期待できる。
【ベアファンド】……対象とするインデックスと「逆の」値動きで、2倍・3倍といった目標倍の値動きをするレバレッジファンド。株価の下落局面でハイリターンが期待できる。

【インデックス型】……対象とするインデックスに連動することを目指した投資信託
【バランス型】……国内外の株式や債券など、複数の地域、資産を組み合わせた投資信託
など、リスクが分散されていて比較的大損の可能性が低いと思われる投資信託が初心者向きといえるでしょう。

NISAを活用して利益率を上げる

投資前に自分でしっかり知識と情報を身に付ける

投資信託に限らず、すべての投資商品を活用するうえで最も重要なことは、購入しようとする商品についてしっかりと知識・情報を身に付けることです。
正しい知識があれば、リスクをよく理解せず営業担当者に言われるがまま購入してしまうことによる大損を防いだり、安全性の高い投資信託の組み合わせを自分で判断したりすることができます。
過去の株価急落時の値動きのパターンを知っておくことで、狼狽売りによる大損を防ぐこともできるでしょう。

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部

LIFULL HOME'S 不動産投資は、不動産投資・収益物件の検索から不動産投資セミナーやイベント運営を実施。
不動産投資にまつわる新鮮な情報、トレンドを発信。
LIFULL HOME'S 不動産投資には不動産投資の知識・アイディア・ヒントが盛りだくさん。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる