取引システム

ラインの引き方と売買の仕方

ラインの引き方と売買の仕方
指標の設定画面で、追加したい指標を「選択可能な指標」よりご選択いただき、中央の矢印ボタンを押下します。「選択中の指標」に表示がうつりますので、右下の「OK」ボタンを押してください。

ボリンジャーバンドの見方・使い方

ボリンジャーバンドのバンドが収縮すると、エネルギーを溜めた保ち合い状態になります。
その状態から株価がバンドの上限を上抜けると、大きく動き出すという特徴があります。これを利用して、急上昇する初期状態を判別して、買いタイミングを判断することができます。
また株価が上昇トレンドになると+1σに沿って上昇することがあり、これをバンドウォークと言います。この状態が確認できれば、持ち株を保有し続けて利益を伸ばすことができます。

バンドが収縮状態の際に、株価が+2σ(または+3σ)を上抜けると買いポイント、その後、バンドウォークを経て株価が+1σを下抜けると売りポイントとみます。

ボリンジャーバンドの確率を高めるコツ

ボリンジャーバンドは単体でも有効な指標ですが、MACDと組み合わせることによって、逆張りの際の底打ちの判断がより明確になります。 ボリンジャーバンドの下限まで株価が下がった後に、MACDの傾きで下げ止まりの判断をするとその後の上昇する確率が高まります。
また株価が-2σ付近の底値から、そのまま下落し続けてしまうという騙しの動きを、MACDと組み合わせることである程度防ぐことができます。

株価がボリンジャーバンドの-2σ付近まで下落し、その後にMACDが下向きから上向きに転換すると買いポイント株価が+2σに到達するか、またはMACDがデットクロスしたら売りポイントと判断します。

ボリンジャーバンドの注意点

ボリンジャーバンドの使用日数

日足 20日 25日 75日
週足 13週 26週
月足 9ヶ月 12ヶ月 24ヶ月

ボリンジャーバンドの実践的な活用法を動画でご紹介

◆執筆者紹介◆
伊藤正之
株式会社ストック・データバンク新宿事業所代表
手掛けた株価分析ソフト「株の達人」は、25年以上、延べ1万人以上の個人投資家の方々にご愛顧いただいています。(2021年1月現在)
同会員向けサイトでは、「日経平均株価の動き」等のチャート分析を活かした市況解説などでも会員の方々にご好評をいただいてます。

青木智
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)保持者
元・株式会社ストック・データバンク新宿事業所の投資コンテンツ担当。
現在はフリーランスで投資関連のコンテンツ等を手掛け、株の達人の会員サイト等にも動画や相場解説などのコンテンツを提供。
登録者数2.25万人以上(2021年1月現在)の株の達人Youtubeチャンネルの動画も手掛ける。

指標の見方・使い方

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

お問い合わせ

お問い合わせは
株式会社ストック・データバンク新宿事業所 まで
(営業時間:平日9:00~18:30 ラインの引き方と売買の仕方 土日祝休み)

kabunotatujinをフォローしましょう

©1997-2022 StockDataBank, Inc. All Rights Reserved
当ホームページで掲載されているチャートのデータはストックウェザー株式会社より提供されています。

水道(上水道・飲用水)の配管調査方法についてまとめた

水道(上水道・飲用水)の配管調査方法についてまとめた

不動産屋

“こくえい和田さん”

重要事項説明書に記載されている水道(飲用水)の調査項目

ここでの ラインの引き方と売買の仕方 水道とは、下水と区別して、飲用水・上水道をさします

水道調査(重要事項説明書)

直ちに利用可能な施設配管等の状況整備予定・負担金 の項目があります。

直ちに利用可能な施設

  1. 公営水道 :自治体または自治体に準ずる団体(水道事業団)等が運営している水道
  2. 私営水道 :公設の水道管がない地域(別荘など)に多く、数軒~数十軒で地下水などを利用、管理しているような水道
  3. 井戸 :自分の敷地に井戸を掘り、飲用水として利用している場合

配管等の状況

前面道路配管と引込管

配管等の状況の項目は重要で、調査が必要です。水道管については、対象物件の 敷地内配管 ・ 前面道路配管 を調査し、 配管の口径 を調査します。 敷地内配管とは 、前面道路配管から敷地内メーター類まで引き込まれている配管のことです。 水道局や役所で確認し、現地と照らし合わせます。

    ラインの引き方と売買の仕方
  • 公設管 (自治体が所有し、維持・管理する管)
  • 私設管 (個人で埋設したため個人が所有し、個人で維持・管理する管)

私設管を利用する場合、 ラインの引き方と売買の仕方 設置者の承諾 を得る必要があります。

整備予定金・負担金

イクラ不動産 不動産会社の皆さん、スマホで売主を集客しませんか? 従来の一括査定と全く異なる新しい売却集客サービスです。

水道管(配管)の調査方法

上水道管管理図面

配管の調査では、 水道管管理図面(上水道管管理図面) を取得し、次の調査ポイントを踏まえて、 前面道路配管の種類・口径・調査物件への引込管 を確認します。あわせて取得できる場合は、 宅内図面 も取得します。

①引込管の口径

昔は13mm管が主流でした。13mmの口径では水栓(蛇口)5つぐらいが目安です。 現在の戸建ては、蛇口の数が7〜8個あるのが一般的 なため、13mmでは容量不足となる可能性があります。水道局にもよりますが、再建築時に 最低20mmか25mmに増径するよう指導 (水道管を引き直すこと)されることが多く、その工事代は、通常自己負担となるため注意が必要です。

アパートの場合はなおさらです。 アパートには規模により40~50mm程度の口径が必要 で、従来の住宅を取り壊してアパートを建てる場合、口径が小さいため引き直すケースが多いです。

止水栓と水道メーターについて

止水栓と水道メーター

止水栓 (しすいせん)が 右側にある ため、 右から左へ水が流れている ことがわかります。

②引込管の材質

宅内図面③宅内図面の確認

水道管管理図面(上水道管管理図面)は、公設管の埋設状況を示す図面であり、敷地内への引込管の詳細については参考となる程度に過ぎません。そのため、 他人地利用・他人管埋設 については、必ず 宅内図面で確認 しなければなりません。 宅内図面 は個人情報なので、原則として 所有者の委任状(または、所有者の「媒介契約書」でもよい場合もある)が必要 です。

他人管埋設と他人地利用

他人管埋設・他人地利用

配管が他人の土地を通っており、その土地の所有者が変わって新たに使う場合に制限があったり、逆に他の土地への配管が地下を通っているため、建築に制限が生じる場合があります。

・Aの敷地から見ると、Bの管が「 他人管埋設(たにんかんまいせつ) 」している

・Bの敷地から見ると、Aの敷地に「 他人地利用(たにんちりよう) 」している

④1宅地1引込の原則

1つの宅地につき、1つの引込管が原則 ラインの引き方と売買の仕方 です。引込管が複数あると、再建築の際に撤去を求められ、費用がかかる場合があります。

行き止まり管⑤行き止まり管の場合

行き止まり管の場合は、使用軒数と口径の太さによって容量の限界がある ためで、個別に調査の上、確認しなければなりません。

⑥新たに管を引く場合や管を増径する場合

新たに宅内引込管を引く場合や、増径する場合には、水道局へ 加入金(局納金) が発生する場合があるので確認が必要です。もちろん、加入金とは別に引き込み工事代金が必要です。

⑦前面道路の配管が送水幹線の場合

前面道路の配管が 送水幹線(水を遠方地域に送るための大きな管) の場合、一般住宅へ引き込むための引込管と直接接続できないことがあるため、確認が必要です。例えば、東京都水道局では、350mm以下の水道管でないと引込管と接続できません。

スマホの不動産屋さん スマホ1つで、もっと気軽に家を売る前に相談をしましょう

私営水道や井戸の調査のポイント

公営水道ではなく、私営水道(組合水道など)の場合には、売主に供給先を確認し、公営水道の調査内容のほかに、 管の維持費使用者変更手続きの方法公営水道になる予定はないか などを確認します。

井戸水を使用している場合は、 飲み水として利用しているかどうか保健所などの定期的な水質検査の必要性と費用 などを確認します。なお、井戸水を飲用水として利用する場合は、基本的に無料ですが、公共下水で排水していると、水量メーターが付けられて下水料金の支払いを求められる場合もあります。

不動産屋

EMA (Exponential Moving Average) -- 指数平滑移動平均線 --

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

チャート機能

チャート画面

③

の設定ボタンから選択する、またはの各種編集ボタンからチャート表示設定ができます。
各項目の説明は下記をご確認ください。

設定可能機能

ラインの引き方と売買の仕方 ラインの引き方と売買の仕方 ラインの引き方と売買の仕方 ラインの引き方と売買の仕方 ラインの引き方と売買の仕方 ラインの引き方と売買の仕方 ラインの引き方と売買の仕方 ラインの引き方と売買の仕方 ラインの引き方と売買の仕方
期間 設定値 1分/2分/3分/5分/10分/15分/30分/60分/日/週/月/カスタム設定(分)
描画 ライン 始点と終点を指定するラインが自由に引けます。
トレンドライン 基準となる点を指定して直線を引きます。トレンドとなるラインを引くのに便利です。
垂直線 チャート上に垂直な線を引きます。時間軸を分けてチャートを見る場合に便利です。
水平線 チャート上に水平な線を引きます。高値・安値等の価格水準を見る場合に便利です。
フィボナッチリトレースメント フィボナッチ数列に基づく比率がチャートにも出現しやすいという考えを基に、フィボナッチ比率(61.8%,38.2%,50%など)に基づいた間隔で複数の水平線を一度に引きます。
トレンドの転換点の目安を予想する場合などに便利です。
指標 一目均衡表 基準線・転換線・先行スパンA・先行スパンB・遅行スパンの5つの線を利用し今後の相場の方向性やシグナルの強弱を判断する、日本で考案されたテクニカル指標です。
RSI 買われすぎか、売られすぎかを判断するためのテクニカル指標で、一般的に70~80%以上で買われすぎ、20~30%以下で売られすぎと判断されます。
モメンタム 相場の勢いや方向性を判断し、短期的な動きを判断するテクニカル指標です。
オンバランスボリューム 毎日の出来高をもとに相場の方向性を判断するテクニカル指標です。
プライスボリュームトレンド 前日終値の価格差と出来高の関係を数値化したテクニカル指標です。
出来高の全てではなく一部のみを加減算し、相場の行先を予測します。
ボリンジャーバンド 一定期間の値動きの標準偏差(シグマ=σ)を算出し、σ~3σでバンドを描画します。
値動きが激しくなるとバンド幅が拡大、値動きが小さくなるとバンド幅が縮小する傾向にあります。株価の勢いの変化や反転の目安、方向を見るテクニカル指標です。
変化率 現在の株価と何日か前の株価の差を比率で表わすテクニカル指標です。
ピボット(高値/安値) 基準となる日の前後3本の足を参照し、基準日の高値が最も高い価格(安値が最も安い価格)となる場合に、点を描画します。
トレンドの転換点を見るためのテクニカル指標です。
出来高平均 出来高の移動平均線です。
加重移動平均 期間の終値を単に平均しただけの単純移動平均線に対して、加重移動平均線は、直近の価格に比重を置いているテクニカル指標です。
移動平均線 一定期間における終値の平均値を線で繋げたものです。大まかな動きや現在のトレンド分析、売買タイミングの参考として役立つテクニカル指標です。
指数平滑移動平均 加重移動平均線よりももっと直近の株価に重きを置いて、素早く相場の変化を読み取ろうとする移動平均線です。
移動線形回帰 株価の散らばりの合計を最小化する回帰直線を引きます。移動平均線よりもトレンドの転換点の判断を重視する場合に使われることが多い指標です。
加重終値 加重終値は終値に加重をかけて高値・安値・終値を平均した値で線を描画します。移動平均線と加重終値の2つの線の交錯状況をもとに、相場の方向性を判断します。
VWAP VWAPは出来高加重平均価格で、期間内の約定価格で出来高の大きい価格に加重をかけて算出した平均価格をつなぐ線を描画します。
終値や単純な平均価格よりも実質的な取引価格の推移を見ることを目的に使われます。
MACD 短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用することで、相場の周期とタイミングを捉え、買いと売りを判断するテクニカル指標です。傾きからトレンドの方向性を見るといった活用方法にも使われます。
アルーンインジケーター一定期間中の高値・安値の更新頻度をもとに相場の方向性を判断するテクニカル指標です。
アルーンオシレーター トレンドの強弱を示すテクニカル指標です。数値はー100からプラス100の間を推移し、0を起点としてプラスに推移するほど上昇トレンドが強く、マイナスに推移するほど下落トレンドが強いと判断します。
ハル移動平均線 単純移動平均線で発生する遅延やダマシを少なくすることを目的にローソク足への追従を高める計算方法で算出した移動平均線です。
アルティメットオシレーター 3つの計算期間を用いて潜在的な売買の圧力を数値化し、相場の方向性を判断するテクニカル指標です。
%R オシレーター系指標の特徴である買われ過ぎ、売られすぎの水準をみるテクニカル指標です。
3/10オシレーター MACD指標の一種で、3/10オシレーターを反映した設定を使用したものです。
標準のMACDに3、10、16の数字を入力するだけで、3/10は単純な平均が使用されます。
ADX 相場のトレンドの強さを見るためのテクニカル指標です。上昇トレンドや下降トレンドであっても、トレンドが発生すれば上昇し、20~30を超えるとトレンドが強い状態を表します。相場が反転しトレンドが不明確な状態になると数値は低下します。
ATR 変動率(ボラティリティ)を表すテクニカル指標です。ATRが上昇することでボラティリティが高くなっていると判断し、ATRが下降することでボラティリティが低くなっていると判断します。
CCI 「相場には一定の周期がある」という考え方のもとに、上下動のサイクルを前提として、株価の売られすぎや買われすぎを判断するテクニカル指標です。
DMI 株価の方向性(トレンド)に着目し、ある一定期間内における値動きの方向性を数値で示すテクニカル指標です。
エンベロープ 移動平均線に対して一定の乖離を持つ伴線を引いて、バンド(帯域)を表示するテクニカル指標です。
オーサムオシレーター 「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を判断するための転換点を判断するテクニカル指標です。
ケルトナーチャネル 移動平均に対し、値幅平均値を加減して引く3本のラインで構成されます。株価が上下のラインを超えると上下方向のトレンドが発生しているシグナルとして判断します。
スローストキャス 「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断するためのテクニカル指標です。一般的には、「20%以下が買い」、「80%以上が売り」と言われています。
チャイキンオシレーター 出来高と価格の関係から、「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断するためのテクニカル指標です。
トレンド除去価格オシレーター(DPO) 価格からトレンドを取り除くために使用されます。サイクルの高安範囲や典型的な期間を測定する方法として、単純移動平均に対しての過去の価格を測定します。
ドンチャンチャネル 設定した期間内の最高値と最安値をラインで表示します。上昇・下降トレンドを見分ける場合に使われます。
パラボリックSAR チャートの上または下に放物線のラインを表示するテクニカル指標で、主に相場のトレンド転換点を探る時に有効です。
ファストストキャス 相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを判断する場合に使われるテクニカル指標です。相場の動きに素早く反応するため、短期売買向きです。
フロア・トレーダー・ピボット 日々の市場価格がある一定のポイント(P=ピボット値)を中心として上下に回転(振幅)するということを前提に、サポートやレジスタンスの値となる点を描画します。
プライスオシレーター 期間の異なる2つのEMA(指数平滑移動平均線)を差し引くことで算出されるテクニカル指標です。
ボリュームオシレーター 株価よりも出来高に注目したテクニカル指標です。株価が安値圏でボリュームオシレーターが上昇してきたら買いサインで、株価が高値圏になりながらボリュームオシレーターが下落してきたら売りサインとなります。
ポラライズド・フラクタル・エフィシェンシー 設定期間においてトレンドを判断するためのテクニカル指標です。
マネーフロー 株価と出来高の両方を用いた指標で、買われ過ぎ、売られ過ぎ相場を見極めるのに使われるテクニカル指標
出来高ベースオシレーター(EOM) 出来高と価格の関係に注目して買いシグナル、売りシグナルを判断するためのテクニカル指標です。
同時線 チャートのローソク足の胴体部分が横一文字になっているもののことで、始値と終値が同じ価格となったローソク足に点を描画します。
数量変化率選択した期間まで遡った以前の価格と現在値との比較を行います。現在値を以前の値で割り、パーセンテージで表示します。
セッション
(日本時間)
レギュラーセッションのみ 23:30~翌朝6:00
(サマータイム 22:30~翌朝5:00)
レギュラー+アフターマーケット 23:30~翌朝6:00, 6:00~10:00
(サマータイム 22:30~翌朝5:00, 5:00~9:00)
レギュラー+プレ・アフターマーケット22:00~23:30, 23:30~翌朝6:00, 6:00~10:00
(サマータイム 21:00~22:30, 22:30~翌朝5:00, 5:00~9:00)
レギュラー+プレマーケット 22:00~23:30, 23:30~翌朝6:00, 6:00~10:00
(サマータイム 21:00~22:30, 22:30~翌朝5:00)
チャート種別 4本値 始値、高値、安値、終値を一つの棒に表示
エリア 指定期間の終値をつなげた線の下部を塗りつぶしたもの
ライン指定期間の終値をつなげた線で表示
ローソク足 始値、高値、安値、終値をローソクの形で表示
画面拡大・縮小 「+」「-」ボタンで操作
スクロール 「」ボタンで操作

指標設定方法

指標の設定画面で、追加したい指標を「選択可能な指標」よりご選択いただき、中央の矢印ボタンを押下します。「選択中の指標」に表示がうつりますので、右下の「OK」ボタンを押してください。

チャート機能

チャートを大きく表示させたい場合、で銘柄セレクターを表示、で非表示にすることができます。

指数や為替も選択できます!

足種や表示期間を変更するには

2 表示期間

チャートの表示形式を変更するには

  • ミニチャートの例 : ホーム画面の右上部分、個別銘柄画面の左下部分、ランキングでの切替後のチャート、ザラバ4,5,7に表示されるチャートなど

チャートを操作するには

アイコンの見方

十字線

拡大

縮小

描画ツール

時価情報

凡例

凡例の上部の「最新足」ボタンを押して青色にすると、チャートを表示させている足種の最新4本値(始値、高値、安値、終値)と出来高を表示します。灰色にするとマウスの位置に対応した4本値と出来高を表示します。なお、最新日時を含まない過去期間のチャート表示を行っている場合はご利用できません。

マイチャート

サムネイルチャートの表示/非表示

その他設定

チャート印刷

複数のチャートを同時に表示するには

複数のチャートの銘柄を同時に切り替えることができます。

  • 銘柄同期機能を設定すると、同一画面のチャート以外の同じ同期グループの画面・パーツの銘柄情報も同期されます。

テクニカルチャートを表示するには

右クリック操作からもチャート設定画面を表示させることができます。

トレンドラインを描画するには

ボタンをクリックすると描画ツールが表示されます。

トレンドライン

メジャーライン

フィボナッチ3本

フィボナッチ5本

フィボナッチ・アーク(円弧)

フィボナッチ・ファン(扇)

フィボナッチ・タイムゾーン

ギャン・アングル

ペンタゴン

四角形

水平線

テキスト

アイコン

ひとつ戻る

コピー

ペースト

削除

全削除

チャート設定の保存と適用をするには(マイチャート機能)

マイチャートパネル

編集ボタン

登録ボタン

編集画面でマイチャート名の変更と、不要となったマイチャートの初期化が可能です。

ラインの引き方と売買の仕方

チャート上で指値価格を確認したり指値訂正するには

ラインの引き方と売買の仕方

指数化チャート・スプレッドチャートを表示するには

銘柄を指定するには

基準銘柄 基準となる銘柄を選択します。個別銘柄だけでなく、日経平均株価やTOPIXなどの株価指数や業種別指数を指定することができます。 比較銘柄1〜3 ラインの引き方と売買の仕方 基準銘柄と比較する銘柄を選択します。最大3銘柄まで指定することができます。

差分 基準銘柄と比較銘柄の差分を表示します。 相関分析 基準銘柄と比較銘柄の相関関係を表示します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる