国内バイナリーオプション

エリオット波動とは何か

エリオット波動とは何か


http://www.fxtechnical.net/img2015/2015-11.png

FXエリオット波動とは?分析に役立つメリット3つと活用するステップ3つ

エリオット波動の使い方を解説

初心者にも嬉しいメリット3つ

エリオット波動を使うと以下の3つのメリットがあります。

  1. 相場の局面を理解可能
  2. 利確や損切りのタイミングになる
  3. どの時間軸でも使える

メリット1:相場の局面を理解できる

  1. 上昇波を見つける
  2. 上昇第5波がくるまで待つ
  3. 上昇5波がきたら、次下降第1波がくるタイミングに注意してポジションを変える

このように、相場の展開がある程度予測可能だと、 これから起こりそうな相場の変化に事前に準備して対応 できます。

メリット2:利確や損切りのタイミングになる

それによって利確でき、万が一想定していたラインを超えてしまった場合には、エリオット波動に当てはまらない可能性もでてくるので、 すばやく損切り できます。

メリット3:どの時間軸でも使える

なぜなら、どんな時間足でも 波が上下しながら相場を形成 しているからです。

【注意】エリオット波動だけのFXトレードは止めよう

他のテクニカル分析と併用しよう

たとえ上昇第1波らしきものがあっても、それが上昇第2波になるとは限りません

すべての波がエリオット波動とはならないので、必ず いくつかのテクニカル分析を使って相場を分析 するようにしましょう。

FXでエリオット波動を使うコツ3つ

エリオット波動で利益をだすコツ3つ

ここからは、エリオット波動を効果的に使うためのコツ3つをみていきましょう。

  1. テクニカル分析のベースにする
  2. フィボナッチと組み合わせる
  3. 3波目を狙う

コツ1:テクニカル分析のベースにする

エリオット波動は、相場の展開を予測するための1つの方法であって、 それだけでトレードで勝つのは難しい です。

コツ2:フィボナッチと組み合わせる

エリオット波動によって、このあと上昇するか・下降するかをある程度の予測はできますが、どのタイミングになるかはわかりません

コツ3:3波目を狙う

エリオット波動の第3波は、ダウ理論の追随期にあたり、 大きく上下する場合が多い です。

なるべく第1波や第2波でエリオット波動に気づけると、その後大きく利益を伸ばせるので、第3波目を狙うのをオススメします。

【8波の中の小波動】FX エリオット波動の中の6つの小波動

エリオット波動の6つの波

この6つのパターンを覚えておくと、 ほとんどのチャートの動きが網羅可能 なので、覚えておきましょう。

I波動
単純な上昇・下降の波動パターン
V波動上昇からの下落、下落からの上昇の波動パターン
Y波動上下動を繰り返し、その落差がだんだん広がるパターン
P波動上下動を繰り返し、その落差がだんだん縮まる波動パターン
N波動I波動とV波動の合体した波動パターン
S波動急激な上昇・下落したときの波動パターン

6つの小波動の説明

エリオット波動には、トレンド転換型とトレンド回帰型の2つがあります。


この2つに5つのパターン があり、これを理解するとエントリーポイントなどがより理解しやすくなります。

FXのエントリーに活用!エリオット波動6つのチャートパターン2つ

チャートパターンは2種類ある

  1. トレンド転換型
  2. トレンド回帰型

これを覚えると適切なエントリーポイントを探すのに役立ちますよ。

チャートの種類1:トレンド転換型

トレンド転換型は、高確率で トレンドが終了する点 を示唆してくれます。

  1. ヘッドアンドショルダー(三尊)
  2. ダブルトップ・ダブルボトム

パターン1:ヘッドアンドショルダー(三尊)

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーはトレンド転換型のパターンとして、とても 有力なトレードサイン です。

パターン2:ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップ・ダブルボトム

そうなると一気に下降が始まるサインになります。

チャートの種類2:トレンド回帰型

トレンド回帰型は、トレンドが 一段落したときに休憩 のようなものです。

その休憩がおわるとまた前回のトレンドが継続されるので、トレンドが回帰する前にポジションを持ちたいところです。

こちらのパターンは細かく覚える必要はないのですが、トレンドが継続するのか転換してしまうのか判断するときの1つの材料として覚えておくとよいでしょう。

FX エリオット波動を使う3ステップ

エリオット波動活用の3ステップ

エリオット波動を使うときには効果的な3ステップがあります。

  1. ステップ1:8つの波を確認する
  2. ステップ2:6つの小波動を確認する
  3. ステップ3:小波動のチャートパターンを見る

ステップ1:8つの波を確認する

それをもとに相場をみていき、そのパターンに該当しそうであればエリオット波動とみなし、次の波に備えてくださいね。

ステップ2:6つの小波動を確認する

最初は判別が難しいので、パターンを確認しつつ、チャートを分析する必要があります。

ステップ3:小波動のチャートパターンを見る

確認した小波動が、トレンド転換型か回帰型かどちらなのかを確認しましょう。

ただし、小動きに収まる場合もあるのでムリにエントリーせず、大きな波を待つのも重要です。

【イグジットに活用】FX エリオット波動の値幅予測

値幅を予測することも可能

エリオット波動の値幅に注目すると、どのくらいまで相場が変化するかを予測できます。


利確・損切りの目安 になるため、他のテクニカルも確認しながら、上下の値動きとどのくらい動くのかをチェックしましょう。

エリオット波動論再入門 58 修正波26 複合型1 ダブルスリーとは何か 【FX・株のテクニカル分析入門 第446号】



http://www.fxtechnical.net/img2015/2015-11.png

2015-11






※日経平均CFDを売買できるFX会社・証券会社

DMM.com証券、手数料無料、日経CFDスプレッド7、レバレッジ10倍
http://www.fxtechnical.net/url/r.cgi?dmm-cfd

GMOクリック証券、手数料無料、日経CFDスプレッド2~9変動、レバレッジ10倍
http://www.fxtechnical.net/url/r.cgi?gmo-cfd

IG証券、手数料無料、日経CFDスプレッド8、レバレッジ10倍
http://www.fxtechnical.net/url/r.cgi?ig-shoken-cfd







のことです。

一見して真面目そうな方です。



エリオットはレストランと鉄道を専門とする会計士で、

メキシコや中央アメリカの鉄道会社、政府機関などを転々とした後、

重病に罹り、58歳で退職。


その後数年間、カリフォルニアの自宅で療養生活を送りますが、

その間に、株式市場に関する独自の理論を構築したと言われています。

その後1938年(第二次世界大戦直前)、

エリオットが書いた論文をまとめた

「The Wave Principle(エリオット波動原理)」
(Charles J. Collinsとの共著)

が出版されました。



現在広く知られているエリオット波動理論は、

この「The Wave Principle」に基づいています。






2015-11

■はいはい、で、ダブルスリーってなんやねん?


「エリオットは横ばいの複合型パターンのうち、

2つから成る修正パターンを「ダブルスリー」、

3つから成る修正パターンを「トリプルスリー」

と呼んでいる 。


シングルのスリーはジグザグやフラットであるが、

トライアングルはそうした複合型修正パターンの許容される

最後の部分であり、

こうしたコンテクストから「スリー」とも呼ばれる 。

(※引用者注:コンテクストとは「文脈」の意)



複合型は、ジグザグ、フラットやトライアングルを含む

より単純な修正のタイプで構成されている 。


それらが出現するのは、延長された横ばいの動きによる

フラットな修正局面であるようだ。

ダブルジグザグとトリプルジグザグについては、

単純な修正パターンの部分はW、Y、Zと表記される 。


(中略) エリオット波動とは何か


典型的なダブルスリーでは

フラットの次にトライアングルが続く形となる。


(中略)


一般に複合型はその性質から水平となる 。」 エリオット波動とは何か



以上、『エリオット波動入門』より引用
http://www.fxtechnical.net/url/r.cgi?elliot2014

http://www.fxtechnical.net/img2015/2015-11.png





2015-11



(※トライアングルは三波動構成ではありませんが、

慣例として「スリー」の派生系として扱うようです。)


そして、a-b-cの修正三波動を結合する波動には、

W-Xとラベリングをして、

ダブルスリーの終点に、Yとラベリングするのが慣例のようです。

http://www.fxtechnical.net/img2015/2015-11.png

2015-11






なお、WやXなどのラベリングは、以前このメルマガでも

「ダブル・ジグザグ」「トリプル・ジグザグ」 でご紹介しました。

http://www.fxtechnical.net/img2015/zigzag.png



エリオット波動論再入門 36 修正波4 ダブル・ジグザグ
http://www.エリオット波動とは何か fxtechnical.net/2015/07/_36_4_fx_424.html



「ダブル・スリー」と「ダブル・ジグザグ」は何が違うのか ご説明します。


「ダブル・ジグザグ」はその名のとおり、

「ジグザグ 」を二つ連結したもので、

比較的大きな値幅の深い調整となるようです。




一方、「ダブル・スリー」は ジグザグに限らず、

「フラット」「トライアングル」など様々な調整波を

複合的に連結したもの
で、

一般には、フラット+トライアングルのパターンが多いようです。

また、 調整の値幅については比較的浅く、

フラットな調整になることが多い
ようです。





なお、チャートにつきまして、

エリオット波動理論では終値を重視します。

この点、為替の日足分析で注意すべき点として、

為替は24時間地球上のどこかで取引が可能なため、

本質的に日足の始値、終値という概念がありません。


そこで便宜上、世界の金融センター、ニューヨークの終値を

日足の終値にするのが良いとされています。


この点、

FXプライム byGMO
http://www.fxtechnical.net/url/r.cgi?prime

DMM.com証券
http://www.エリオット波動とは何か fxtechnical.net/url/r.cgi?dmmfx

みんなのFX
http://www.fxtechnical.net/url/r.エリオット波動とは何か cgi?pan

マネーパートナーズ
http://www.fxtechnical.net/url/r.cgi?4
(以上、すべて無料で使えます)

などは、日足の終値がニューヨーク終値なので

ローソク足確認用におすすめです。





以上、少しでもご参考になりましたら幸いです。





【エリオット波動】「修正波ABCが1つの波となる」を理解できるとカウントが簡単に見分けられる|4波のパターン別フラクタル構造図解

【エリオット波動】「修正波ABCが1つの波となる」を理解できるとカウントが簡単に見分けられる

エリオット波動

Instagramバナー

Twitterバナー

それは今回の内容である エリオット波動とは何か 「修正波ABC」を1つの波とみなすことができる を理解すると
面白いほどカウントが今まで以上に簡単に見分けられるようになります。

エリオット波動の基本

エリオット波動の基本

エリオット波動修正波の基本

エリオット波動のフラクタル構造

エリオット波動の基本|フラクタル

先ほどのベースとなる青ラインのエリオット波動の1サイクルは上図のようになり
「推進波5波+修正波3波の計8波動=1サイクル」 がベースになります。

修正波A-B-Cで1つの波となる

それは何かというと、 「修正波はA波-B波-C波」で1つの波となる ことです。

エリオット波動の基本|フラクタル

先ほどと同じ画像ですが、2波、4波、B波に注目してください。
青文字「a-b-c」 が修正波で1波となっている箇所です。

4波のパターン別エリオット波動構造

エリオット波動の基本|4波のパターンとその副次波

図の上からフラット型、フラット型から上または上下に行って戻ってくる拡大フラット型、
上に出てからボックスの中に戻り、その中心付近から反発するランニングフラット型 ※上図には載せてません
トライアングル(収束型or拡大型) ※拡大型は図に載せてません 、ジグザグ型の 大きく分けて4つの型があります。

フラット型パターン

エリオット波動の基本|フラットパターン構成

A波(図では (a) ) ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
B波(図では (b) ) ・・・ 3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
C波(図では (c) ) ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
Cからの推進波 ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進3波)4(修正3波)5(推進5波)

拡大フラット型パターン

エリオット波動の基本|拡大フラットパターン構成

エリオット波動の基本|パターン構成

A波(図では (a) ) ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
B波(図では (b) ) ・・・ 3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
※B波はA波の1.236倍 or 1.382倍
C波(図では (c) ) ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
C波からの推進波 ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

ランニングフラット型パターン

エリオット波動の基本|ランニングフラットパターン構成

A波(図では (a) ) ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
B波(図では (b) ) ・・・ 3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
※B波はA波の1.236倍 or 1.382倍
C波(図では (c) ) ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
※C波はA波の1.618倍
C波からの推進波 ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

トライアングル型パターン(収束型P波、拡大型Y波)

エリオット波動の基本|収束型(P波)、拡大型(Y波)

A波(図では (a) ) ・・・ 3波a-b-c
B波(図では (b) ) ・・・ エリオット波動とは何か 3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
C波(図では (c) ) ・・・ 3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
D波(図では (d) ) ・・・ 3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
E波(図では (e) ) エリオット波動とは何か ・・・ 3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
E波からの推進波 ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

ジグザグ型パターン

エリオット波動の基本|ジグザグパターン構成

A波(図では (a) ) ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
B波(図では (b) ) ・・・ 3波a-b-c 内訳:a(推進5波)b(修正3波)c(推進5波)
C波(図では (c) ) ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)
C波からの推進波 ・・・ 5波1-2-3-4-5
内訳:1(推進5波)2(修正3波)3(推進5波)4(修正3波)5(推進5波)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる