初心者向けFX入門講座

信用取引とは

信用取引とは
(1) 信用取引の売買手数料が0円!

【信用取引入門:第1回】
なぜ2013年から信用取引の売買が増えたのか
信用取引と現物取引、何が違う?

facebook-share

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき? 信用取引とは
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

信用取引とは? わかりやすく解説

新語時事用語辞典

信用取引(しんようとりひき、英: margin trading )とは、金融用語の一つで、株取引において、現金や金融商品を委託保証金(いたくほしょうきん、英: margin )と呼ばれる担保として差し入れて、証券会社より借り入れて株の売買を行う投資手法のこと。英語読みのまま、マージンとも呼ばれる。現物取引と対比して使われることが多い。デリバティブ取引では、英語では区別しないが日本語では区別し、証拠金(英: margin )と呼ぶ。

  1. ^ 買い方の借入の金利は受渡日ベースでの両端入れ計算。
  2. ^ 利息計算の民法第140条本文の初日不算入問題については、最高裁昭和33年6月6日判決民集12巻9号1373頁で初日算入が認められている。
  3. ^ 見分け方として、新聞の証券欄で社名(銘柄)の左側に「●」(黒い丸印)が付いている。
  1. ^ 証券会社より「配当調整金」として配当金相当の金額を受け取る。
  2. ^ 売り方が支払う貸株料は受渡日ベースでの両端入れ計算
  3. ^ 受渡日ベースで初日不算入の片端入れの計算
  4. ^追証はなぜ支払わなければならない? 信用取引と保証金の仕組み ZUUオンライン 2018年5月1日
  5. ^ いずれも、受渡日ベースでの両端入れでの計算
  6. ^ 最高裁昭和33年6月6日判決民集12巻9号1373頁参照
  7. ^株の信用取引、夜間も 17年にも証取外で解禁 金融庁検討(日経電子版 2016年8月26日1:12配信 2017年1月24日確認)
  8. ^ “第2回「東京国際金融センターの推進に関する懇談会」議事次第”. 日本証券業協会. 2015年1月15日 閲覧。
  9. ^PTS における信用取引の解禁 金融審市場WG報告(大和総研 金融調査部 主任研究員 横山淳著 2017年1月26日公開) 2017年1月27日閲覧
  • 1 信用取引とは

Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)

出典:『Wiktionary』 (信用取引とは 2021/08/12 23:19 UTC 版)

Weblio日本語例文用例辞書

「信用取引」の例文・使い方・用例

「信用取引」に関係したコラム

株式の信用取引における三市場残高とは、東京証券取引所(東証)、大阪証券取引所(大証)、名古屋証券取引所(名証)の3つの証券取引所の発表する信用取引残高をまとめたものです。ここでは、株式の信用取引におけ.

株365の日経225証拠金取引と信用残とはどのような関係にあるでしょうか。そもそも信用残とは何でしょうか。信用残とは、信用取引における売り残と買い残の総称です。売り残は、信用取引における売り方の取引残.

CFDの株式取引と、証券会社を通じた現物株取引や信用取引とはどこが違うのでしょうか。ここでは、東京証券取引所(東証)に上場している銘柄の取引を行った場合のそれぞれの違いについて解説をします。外国株式で.

株式の信用取引における日々公表銘柄とは、証券取引所が投資家に注意を促すために、個別の銘柄について毎日の信用取引残高を公表する銘柄のことです。日々公表銘柄の公表は、投資家の過度の信用取引の利用を防止する.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる