バイナリーオプション攻略

バイナリーオプションを徹底解説

バイナリーオプションを徹底解説
基礎知識

バイナリーオプションの仕組みを分かりやすく徹底解説!海外業者と国内業者の違いとは?

基礎知識

バイナリーオプションの仕組みが分からない…。

バイナリーオプションって初心者でもできるの?

バイナリーオプションって本当に儲かる仕組みになっているの?

バイナリーオプションは、他の投資に比べると仕組み自体はそれほど難しいものではありません が、今まで投資に触れたことのない人からすると、難しいと思ってしまうのも仕方がないと思います。

そこで今回は、バイナリーオプション専業トレーダーである僕がどのサイトよりも分かりやすく「 バイナリーオプションの仕組み 」について解説していきたいと思います。

また、皆さんがバイナリーオプションの仕組みを理解する上で難しいと感じているであろう「国内業者と海外業者の仕組みの違い」についても詳しく解説していきますので、バイナリーオプションについて困っている方はぜひこの記事を参考にしてバイナリーオプショントレーダーとしての第一歩を踏み出してみてください。

  • バイナリーオプションの仕組みがわかる
  • 国内業者と海外業者別の仕組みと違いがわかる
  • バイナリーオプションとFXの違いがわかる
  • 1 バイナリーオプションとは?
    • 1.1 【ポイント】国内業者と海外業者で取引の仕組みが違う
    • 2.1 24時間取引が可能
    • 2.2 バイナリーオプションを徹底解説 取引には通貨ペアを利用する
    • 2.3 バイナリーオプションの利益とペイアウトの仕組み
    • 2.バイナリーオプションを徹底解説 4 バイナリーオプションの損失
    • 3.1 High &Low(ハイロー)取引の仕組み
    • 3.2 利益と損失の計算方法(ペイアウト率は固定)
    • 3.3 海外業者は短期取引ができる
    • 4.1 国内業者3つの取引方法
    • 4.2 利益と損失の計算方法(ペイアウト率は変動制)
    • 4.3 国内業者は短期取引ができない
    • 5.1 海外業者がおすすめ
    • 5.2 おすすめの海外業者
    • 5.3 どうしても国内業者が良い場合は?
    • 6.バイナリーオプションを徹底解説 1 【注意】バイナリーオプションはギャンブルではない
    • 7.1 まずは口座開設をする
    • 7.バイナリーオプションを徹底解説 2 テクニカル分析
    • 7.3 資金管理
    • 7.4 メンタル管理
    • 8.1 バイナリーオプションを徹底解説 バイナリーオプションとFXのどちらをやるべきか?
    • 10.1 バイナリーオプションは初心者でもできますか?
    • 10.2 バイナリーオプションは副業でもできますか?
    • 10.3 儲かった場合、税金はかかりますか?

    バイナリーオプションとは?

    ある通貨の価格が、現在より高く(High)なるか?低く(low)なるか?

    また、同じく外国為替取引の仕組みを利用した投資として「 FX 」があり、よくFXとバイナリーオプションの違いが分からないという人も多いです。

    【ポイント】国内業者と海外業者で取引の仕組みが違う

    ある通貨の価格が、現在より高く(High)なるか?低く(low)なるか?

    基本的な仕組みを理解できたら、次に皆さんに覚えておいて頂きたいことは「 国内バイナリーオプション業者 」と「 海外バイナリーオプション業者 」で違うということです。

    そこで当記事ではバイナリーオプションの仕組みについて「 共通の仕組み 」「 国内業者の仕組み 」「 海外業者の仕組み 」の3つに分けて解説をしていきます。

    【共通】バイナリーオプションの仕組み

    先ほどお話しした「 ある通貨の価格が、現在より高く(High)なるか?低く(low)なるか? 」というのは、「国内業者」「海外業者」問わず共通の仕組みなのですが、その他にも共通の仕組みとして以下の4つが挙げられます。

    • 24時間取引が可能
    • 取引には通貨ペアを利用する
    • バイナリーオプションの利益とペイアウトの仕組み
    • バイナリーオプションの損失

    24時間取引が可能

    取引には通貨ペアを利用する

    為替相場を利用した取引であるバイナリーオプションでは、売買する2ヵ国の通貨を組み合わせた「 通貨ペア 」を使って取引をおこないます。

    通貨ペアは、左側を「 基軸通貨 」右側を「 決済通貨 バイナリーオプションを徹底解説 」と呼びます。

    通貨ペア表示は、わかりやすく言うと 基軸通貨を決済通貨で交換する行為 を表しています。

    バイナリーオプションの利益とペイアウトの仕組み

    バイナリーオプションでは、 予測が当たった場合に利益が発生する仕組み になっており、いくら利益が発生するかは「 ペイアウト率 」によって決まります。

    掛け金 × ペイアウト率 = 払い戻し額

    (1)掛け金 × ペイアウト率 – 掛け金 = 利益

    ではペイアウト率はいくらなのか?という話になるのですが、このペイアウト率の仕組みが国内業者と海外業者で異なりますので、それぞれの項目で詳しく解説します。

    バイナリーオプションの損失

    バイナリーオプションでは 予測が外れた際に損失が発生する仕組み になっているのですが、損失は「 掛け金のみ 」です。

    そのため、 バイナリーオプションでは自分が掛けた金額以上の損失が発生することはありません。

    【海外業者】バイナリーオプションの仕組み

    High &Low(ハイロー)取引の仕組み

    海外業者で利用されているのは「 High &Low(ハイロー) 」という取引方法になります。

    High &Lowとは、冒頭で説明した通り「 ある通貨の価格が、現在より高く(High)なるか?低く(low)なるか? 」を予測する取引のことです。

    利益と損失の計算方法(ペイアウト率は固定)

    海外業者の場合は ペイアウト倍率が固定 されており、ペイアウト倍率は業者によって異なるのですが、約1.6倍〜2.0倍に設定されています。

    1,000円 x 1.85 = 1,850円が払い戻されますので

    海外業者は短期取引ができる

    バイナリーオプションでは、いつまでに上がるか下がるかを予測するわけですが、結果が出る時間のことを「 判定時間 バイナリーオプションを徹底解説 」と呼びます。

    そして、海外業者の判定時間は「 最短で30秒、最長で1日 」となっているので、自分の好みに合わせた取引をおこなうことができるようになっているんです。

    実は、後述する国内業者では、最短でも2時間取引しかすることができません。

    【国内業者】バイナリーオプションの仕組み

    国内業者3つの取引方法

    基本的に国内業者であったとしても、「 ある通貨の価格が、現在より高く(High)なるか?低く(low)なるか? 」という仕組みは変わりませんが、細かいところで仕組みが違っているんです。

    • ラダーオプション:判定時刻に目標レートよりも高いか低いかを予測
    • レンジオプション:判定時刻に目標のレンジ(価格帯)に入っているかどうかを予測
    • ワンタッチオプション:判定時刻までに一度でも目標価格に到達すれば利益を得る

    利益と損失の計算方法(ペイアウト率は変動制)

    国内業者の場合、判定時刻は最短で2時間毎となっており、ペイアウト倍率が変動する「 変動制 」となっています。

    ただし、 ペイアウト率自体が変動するわけではなく、目標レートにより、掛け金が変動することで自然とペイアウト率も変動する という仕組みなので計算が非常に難しくなります。

    • 判定時刻には目標価格である108.520円より低い価格(円高)のまま終了する可能性が低いため購入価格が高い(ペイアウト倍率が低い)
    • その反対に判定時に目標価格より円安になる可能性は低いため購入価格が安い(ペイアウト倍率が高い)

    国内業者は短期取引ができない

    海外業者と国内業者どちらがおすすめなのか?

    ここまでで海外業者と国内業者について解説してきましたが、皆さんが気になっているのは、「結局海外業者と国内業者のどちらを使えば良いのか?」ということではないでしょうか。

    結論から言うと「 海外業者一択 」です。

    海外業者がおすすめ

    国内業者の解説を読まれた方は「なぜ国内業者は海外業者と比べてこれほど仕組みが複雑なのか?」と疑問に思われたと思います。

    • 取引時間は最短で2時間
    • 購入価格は変動性(判定レートとの価格差によって決定)
    • このレート内なら没収という価格帯の設定を禁止
    • 「売り」と「買い」の価格を両方提示

    また、規制により、バイナリーオプションの特徴である「 短期間で大きく稼ぎやすい 」というメリットが失われてしまっているので、現在大半のトレーダーは海外のバイナリーオプション業者を利用しています。

    バイナリーオプションをやって本気で稼いでいきたいのであれば、海外バイナリーオプション業者を利用することを強くおすすめします。

    おすすめの海外業者

    本当に安全なのか?

    お金を預けても大丈夫なのか?

    ハイローオーストラリア(HighLow.com)

    僕がおすすめしているのは ハイローオーストラリア という海外バイナリーオプション業者です。

    ハイローオーストラリアは高いペイアウト率や入出金のスムーズさ、海外業者を利用する際に気になる安全性が非常に高いことで、 数あるバイナリーオプション業者の中でも人気No.1 となっています。

    この記事で得られる事ハイローオーストラリアのメリット・デメリットがわかる ハイローオーストラリアが口コミ・評判がわかる ハイローオーストラリアが安全な業者かわかるこんにちは松井です。バイナ[…]

    どうしても国内業者が良い場合は?

    GMOクリック証券

    GMOクリック証券株式会社は東証一部上場のGMOインターネットグループの子会社でFX取引高世界1位(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2018年12月)の実績を持つ非常に信頼性の高い業者です。

    バイナリーオプションは儲かる仕組みになっているのか?

    バイナリーオプションは本当に儲かるのか?と疑問に思っている方もいらっしゃるかと思いますが、結論から言うと「 バイナリーオプションで儲けるのは可能 」です。

    実際にバイナリーオプションでどれくらいの勝率を出せれば利益が出るのかを「 損益分岐点 」という考え方で確認していきましょう。

    損益分岐点(%) = 100 ÷ ペイアウト率

    損益分岐点 = 100 ÷ 1.85= 54.054054・・・%

    ペイアウト率が1.85倍の場合、54.05%以上の勝率を維持できれば利益が出る

    僕がおすすめしているハイローオーストラリアを使うのであれば、ペイアウト率は1.85倍程度で取引をすることになるので、 54.05%以上の勝率を維持できれば利益が出る ことになります。

    【注意】バイナリーオプションはギャンブルではない

    バイナリーオプションで儲けるために知っておきたいこと

    まずは口座開設をする

    なぜなら バイナリーオプションではペイアウト率により利益が決まるため、出来るだけ高いペイアウト率を提供している業者を選んだ方が有利 だからです。

    そして、僕のおすすめしているバイナリーオプション業者である「 ハイローオーストラリア 」は 全ての海外業者の中で最も高いペイアウト率を提供 しています。

    デモ取引でバイナリーオプションに慣れよう

    しかもハイローオーストラリアのデモ取引は実際の取引画面と実際の為替相場の値動きを利用しいるので、 リアル口座と全く同じ環境で取引の練習をすることができる んです。

    この記事で得られる事デモトレードの重要性がわかる バイナリーオプションを徹底解説 ハイローオーストラリアのデモトレードの始め方がわかる デモトレードができない場合の対処法がわかる ハイローオーストラリアのリアル口座とデモ口座の見分け方がわ[…]

    テクニカル分析

    バイナリーオプションで安定して勝ち続けていくためには「 テクニカル分析 」と呼ばれる分析方法を利用して、為替相場の値動きを予想していく必要があります。

    バイナリーオプションでテクニカル分析をするために必須となるのが「 チャート 」と呼ばれる過去の値動きをグラフ化したツールです。

    チャート上には、価格を表す「 ローソク足 」と価格を基に計算される「 インジケーター 」の2種類が表示されており、この2つを見ながら取引をおこなうのが基本的な考え方になります。

    このチャートは、「 MT4(メタトレーダー4/MetaTrader4) 」と呼ばれる無料のソフトを利用することで表示することができます。

    今後バイナリーオプション取引をおこなうのであれば 必須となってくるチャート分析ツール です。

    ローソク足

    MT4に表示されているグラフのことを「 ローソク足 」と呼びます。

    • 『始値』:最初に取引された価格
    • 『終値』:最後に取引された価格
    • バイナリーオプションを徹底解説
    • 『高値』:その時間の中で一番高い価格
    • 『安値』:その時間の中で一番安い価格

    そして上記の図の赤色のローソク足は、特定の時間において始値よりも終値が上昇した状態になっており、このような時のローソク足を「 陽線 」と呼んでいます。

    一方で、青色のローソク足は、特定の時間において始値の価格より下落した状態で終値をつけた状態になっており、このようなローソク足を「 陰線 」と呼びます。

    この記事で得られる事ローソク足の分析根拠がより高まる 相場全体の圧力や方向性を理解できる こんにちは、松井です。バイナリーオプションで、ローソク足という言葉を知っていてもチャー[…]

    【猿でもわかる!】バイナリーオプション取引の仕組みを徹底解説

    海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

    バイナリーオプション取引の仕組み(メインコンテンツ)

    バイナリーオプション取引の仕組みは、恐ろしいほどにシンプルかつ明快で、奥が深いものではありますが入口はとても広いという印象です。

    1.取引を行う通貨のペアを選ぶ(日本円と米国ドルなど)
    2.それぞれの為替相場を表すチャートと呼ばれる画面を見る
    3.指定した時間が経過した後のチャートが現在より上がっているか下がっているかを予想し、エントリー(投資)する
    4.予想した結果が当たっていれば、投資したお金が規定のペイアウト率で増えて返ってくる
    5.1に戻る

    レートの上下を予想する二者択一の投資

    しかしバイナリーオプションはこの部分が他の投資とは明らかに異なります。 つまり事前知識がなくとも、上がるか下がるかの二択ですから、とりあえずはトライする、という土俵への上がり方ができてしまうわけです。 ここを考えるなら、バイナリーオプションは最もハードルの低い投資の一つと言えるのではないでしょうか。

    取引所の口座開設が必要

    タイミングを見て自分でお金を自分の口座に戻すという手続きが必要になることは覚えておきましょう。

    バイナリーオプションをするにはお金のやり取りが発生するわけですが、自分の銀行口座を使って直接お金の出し入れをすることが物理的・システム的に煩雑となり、 自分の銀行預金口座を取引に直接使うのは、かなりコストが悪い行動となってしまうのです。 そのため、取引所に口座を開設する必要があるというわけです。

    デモ取引で練習できる

    バイナリーオプションは、デモ取引という機能を有しています。いわゆるお試し取引ですね。

    デモ取引はバイナリーオプション業者各社がこぞって提供しており、実際に使ってみることができます。

    取引通貨の種類が多い

    ほとんどの会社が提供している通貨ペアは、アメリカドル円とユーロ円、ユーロドルの3つの通貨ペアです。さらに、多くの会社が、ポンド円の通貨ペアも提供しています。

    ミニマム1万円〜投資できる

    しかし、バイナリーオプションは驚くなかれ、ミニマムでなんと1万円単位から投資をすることができます。 というのも、バイナリーオプションを始めるのに必要な初期費用は業者によって異なるのですが、一回あたりのエントリーつまり投資取引は、1000円など少ない金額で実行することが可能な業者もあります。

    ただ、最低入金額が低く設定されている業者を選んだ場合でも、最低取引額が1,000円からなど高めに設定されている場合は、短時間で資金が底をついてしまう可能性がないとは言い切れません。

    スマホOK!ハイローオーストラリアの口座開設の方法【登録手順・必要書類・審査時間まで詳しく解説】 バイナリーオプションを徹底解説 「ハイローオーストラリア(HighLow.com)」の口座開設は、スマホで5分もあれば完了します。 本記事では、口座開設に必要な書.

    取引方法や取引時間を選べる

    取引時間や取引方法を多彩な選択肢の中から選べるのもバイナリーオプション取引の醍醐味と言えるでしょう。24時間ほとんどの時間帯で、バイナリーオプション取引が可能となっています。

    スマホでも手軽に取引できる

    投資取引となると、モニターを何台も並べたような部屋の中で一日中張り付いてチャートを見ていなければならないというイメージがあるのではないでしょうか。バイナリーオプションはなんとスマホからでも手軽に取引できてしまいます。それほどまでにバイナリーオプション取引はシンプルかつ簡単な取引が可能となっており、隙間時間でも取引が可能なため、多くのトレーダーから人気を得ています。また、バイナリーオプションは取引の結果が最短で30秒後には判明しますので、どの公営ギャンブルよりも早く結果が出るという比較も可能です。また投資取引という部分で考えてもここまで素早く結果が見られるという取引は他に例を見ません。

    便利なサポートツールもある

    バイナリーオプション業者(取引所)の仕組み

    バイナリーオプション業者がしてくれることは、口座の開設と維持、入出金管理などお金に関すること、そして取引ができる環境の提供です。取引可能な銘柄や、ツールの使いやすさなどは業者によって異なるため、業者選びをする際には初回入金額や裁定取引額以外のポイントも、しっかり確認した上で最適な業者を選ぶようにすると良いでしょう。

    デメリット

    デメリットとしては万が一のトラブル発生時に日本の金融庁や消費生活センターなどの、いわゆる日本の公的機関からの支援が一切受けられないというポイントです。 一部の海外業者はお金が引き出せないなどの様々なトラブル報告もあり、ハイローオーストラリアなどをはじめとする諸外国の厳格な金融取引基準をきちんと遵守している業者以外は、あまり信頼度が高くないという特徴があります。

    仕組みを理解すれば利益を出せるようになるのか?

    バイナリーオプションは仕組みを理解すれば利益を出せるようになります。単純にギャンブルとして捉えているようであれば、利益を出すことはほぼ難しいと言ってよいでしょう。それでも運の良い人なら、バイナリーオプションギャンブル的に扱っても利益が出る可能性も十分に考えられます。

    ここでは、バイナリーオプションの仕組みなどに関する様々なご質問を頂いていますが、その中でも特によくいただく代表的なものを2つご紹介しておきます。

    【徹底解説】バイナリーオプションってなあに?仕組みがわかる簡単講座!

    【徹底解説】バイナリーオプションってなあに?仕組みがわかる簡単講座!

    バイナリーオプションとは?

    • バイナリーオプションの仕組みがまるっとわかる
    • 利益と損失の仕組みがわかる
    • 選択する取引業者の重要性がわかる
    • 始めるにあたって準備すべきもの・手順がわかる

    バイナリーオプションの正しい向き合い方を知り、そして適切な方法で活用することができれば、 「ギャンブルで危険な投資」という怪しい噂は真剣に取り組まなかった人が流布した戯言だったと理解できると思います 💡

    勝つための狙い方や手法について考える前に、もっと前にある 「バイナリーオプションを正しく知る」 バイナリーオプションを徹底解説 という大前提をまずは突破していただき、正しいスタートラインで取り組めるようこの記事をお役立て下さい😊

    バイナリーオプションとは?を仕組みを知って理解しよう!

    バイナリーオプションは 為替の値動きを予想してお金を賭けるオプション取引 です。
    調べると、“あらかじめ決めた価格で買ったり・売ったりする権利のこと”バイナリーオプションを徹底解説 なんて出てくると思いますが、

    初心者さん

    バイナリーオプションとFXの違い

    仕組みは簡単!取引〜決済までの一連の流れをご紹介!

    仕組みというか、取引手順というべきでしょうか😳
    勝てるかどうかは別として、これを知っておけば バイナリーオプションで取引することは可能になります ^^

    バイナリーの仕組みの全体像

    バイナリーの仕組み①

    バイナリーオプションの仕組み①

    私が使用しているバイナリーオプション業者は16銘柄もの通貨ペアから選べるので、その時に 勝ちやすい(予想が立てやすい)通貨ペアを選ぶことが肝心 です😊

    バイナリーの仕組み②

    バイナリーの仕組み②

    1. 取引する金額を設定する
    2. ①に応じて成功した時の報酬が表示される
      ※失敗時は全額損失!
    3. 取引時間(決済までの時間)を選択する
    4. 通貨ペアを選択する
    5. 為替レートが「上」に進むか「下」に進むか予想する

    バイナリーの仕組み③

    バイナリーの仕組み③

    これが簡単と言われる所以であり、そして 簡単=稼ぎやすいと勘違いされてしまうところ でもあります^^;

    今お伝えしているのはどのように取引を行うのか?という仕組みを解説しているだけなので、 この通りにやれば勝てるという訳ではありません。

    始めたばかりの人が常勝できるほど簡単なものではありませんので、そこはしっかり理解しておいて下さい😭

    バイナリーの仕組み④

    バイナリーの仕組み④

    バイナリーの仕組み⑤

    バイナリーの仕組み⑤

    取引で利益が出せたら、最後に出金申請をしてお財布にお金が届いて初めて “利益” となる

    よく口座のお金が増えた=お金が増えたと勘違いしてしまう方が多いですが、お金は使えるようになって初めて役に立つものです。

    取引業者の中にあるお金は、いわば 現金化する前の獲得権のようなもの。
    出金前に取引を行って失敗すれば当然口座のお金は減っていきますので、 出金して初めてお金を増やすことができたと考えましょう!

    以上がバイナリーオプションに於ける仕組みの部分。

    • バイナリーオプションは為替レートの浮き沈みを予測する投資である
    • FXは実際に通貨の売買を行い、バイナリーオプションはその売買によって変動する為替レートを予想する
    • 取引業者内にあるお金は現金化する前の獲得権のようなもの
    • 出金して初めてお金が増えたと考えるのがベター!

    利益と損失の仕組みはペイアウト率が要!国内業者と海外業者の違いも知ろう!

    ペイアウト率と利益率

    ただ予想に反して相場が進んでしまって取引に失敗した場合は、 どんなペイアウト率でも全額没収となってしまう ので「ペイアウト率が高い=稼げる」と安直に考えてしまうのはNGです🙅‍♀️

    例えばペイアウト率が1,8倍(180%)だった時の取引では、お金の増減は以下のようになります🔍

    ペイアウト率の仕組み

    この様に 『取引金額×ペイアウト率=利益額』 と覚えておけばペイアウト率の仕組みは“ほぼ”完璧です✨

    国内業者の損益の仕組みは分かりにくい

    国内業者の場合は どんな取引をしても払い戻しの金額が1,000円の固定 になっていて、その分購入金額がかなり低く設定されています💡

    国内業者の仕組み

    色々分かりにくいですが国内業者にしかない購入枚数という機能の他にも、取引できる時間や回数にも制限があるので海外業者のようには稼げません💦

    さらに追い打ちをかけるように、購入する時のレート(権利行使価格)も業者によって設定されていて 高い利益を求めると負けやすい仕組みになっているんです 😳

    • 勝ちやすいレート(権利行使価格)
      ↳購入金額が 高く 、利益率が 低い
    • 負けやすいレート(権利行使価格) バイナリーオプションを徹底解説
      ↳購入金額が 低く 、利益率が 高い

    国内業者の仕組みはこちら!

    ペイアウト率や損益の仕組みを理解することで資金管理もしやすくなりますし、何より 知った状態 と 知らない状態 という違いは結果を大きく変えていきます。

      バイナリーオプションを徹底解説
    • 国内業者は規制や制限が多いので海外業者の方が人気がある。
    • ペイアウト率や損益の仕組みを知っておくと利益率の高い業者を選べる。
    • 海外業者…『取引金額×ペイアウト率=利益額』
    • 国内業者…『払い戻し金額(1,000円の固定)-購入金額(権利行使価格)=利益額』
    • 取引で成功したらペイアウト率分だけ利益になり、予想を外してしまうと全額損失してしまう。

    取引業者選びは重要!悪徳業者に騙されない2つの視点

    男性

    考える女性

    悩む女性

    業者選びのコツ…と言いますか、 分からなかったらここを見て!という項目が2つ ありますので、よければご参考にしてください😊

    あっ私がおすすめしている業者はザオプションというバイナリーオプション業者なので、同じ業者に登録されたい方は下のボタンからどうぞ✨

    バイナリーオプション業者の選び方のコツ①:利益の高さ以外で魅力がある

    バイナリーオプションの場合は、先述でもお話した ペイアウト率 バイナリーオプションを徹底解説 がそれにあたります。

    確かにペイアウト率が高ければ高いほど、我々トレーダーが勝てた際に得られる利益が高くなるのでプラス査定にして良い要因です😊

    もし 勝ちにくい環境でトレードをさせられていたら… 負ける割合が増えるのでペイアウト率なんて高くても正直意味がありません💦

    私達が一番確認しなければいけないのは “負けにくくフェアな環境を提供してくれるかどうか” なので、目先の利益の高さに飛びつかず、他にも評価されている業者なのか確かめましょう💡

    例えば、先程ご紹介したザオプションは プラットフォームの軽快さ もオススメしている魅力の1つ^^

    約定が遅れるイメージ

    約定の速さは狙ったタイミングでエントリーできるかどうかに関わってきますし、 実際の勝敗に直結すると言っても過言ではない ため、プラットフォームの優秀さだけでも相当な価値があると私は考えています(*´∀`*)

    バイナリーオプション業者の選び方のコツ②:同値決済が負けにならない

    同値は業者の仕様で結果が変わる

    でも実際は同値の場合、 引き分けになる業者 と 負けになる業者 があるんです😳

    些細なことに感じるかもしれないけど、 同じ結果で資金が返ってくるのと返ってこないのではゆくゆく資金量に大きな差が生まれる ことは言うまでもありません^^✨
    ※(同値決済が引き分けになるのは「HIGH/LOW」という取引オプションに限ります。)

    バイナリーオプションで使える全8種類の手法・テクニック【まとめ】

    バイナリーオプション戦略とテクニック

    バイナリーオプション初心者入門

    一口にバイナリーオプションといっても、実に色々な戦略が存在します。
    こちらでは、 場面ごとに使えるバイナリーオプションの売買テクニックをご紹介 します。

    値動きが穏やかなときは高勝率狙いのローリターン戦略

    バイナリーオプションの高勝率戦略

    購入額ペイアウト利益
    780円1,000円220円

    購入額ペイアウト損失
    780円0円780円

    値動きが穏やかなときの両建て戦略

    バイナリーオプションの高勝率両建て戦略

    購入額ペイアウト利益
    550円+510円
    =1,060円
    2,000円940円

    判定時のレートが110.バイナリーオプションを徹底解説 00円より上の場合
    購入額ペイアウト利益損失損益合計
    550円+510円
    =1,060円
    1,000円490円550円−60円
    判定時のレートが109.85円より下の場合
    購入額ペイアウト利益損失損益合計
    550円+510円
    =1,060円
    1,000円450円610円−160円

    ある程度の変動を想定したミドルリターン戦略

    バイナリーオプションのミドルリターン戦略

    購入額ペイアウト利益
    300円1,000円700円

    購入額ペイアウト損失
    300円0円−300円

    大きな変動を狙ったハイリターン戦略

    バイナリーオプションの高ペイアウト戦略(上昇)

    バイナリーオプションの高ペイアウト戦略(下落)

    購入額ペイアウト利益
    50円1,000円950円

    購入額ペイアウト損失
    50円0円−50円

    両建てのハイリターン戦略

    バイナリーオプションの両建て高ペイアウト戦略

    購入額ペイアウト利益
    100円1,000円900円

    購入額ペイアウト損失
    100円0円−100円

    低価格オプションでFXのリスクヘッジ戦略

    バイナリーオプションのFXリスクヘッジ戦略

    1. FXで反対方向のオプションを購入すること
    2. その価格まで変動した場合、損失をヘッジできるLot数を購入すること

    購入額ペイアウト利益
    50円×6Lot
    =300円
    6,000円5,700円

    購入額ペイアウト損失
    50円×6Lot
    =300円
    0円−300円

    トレンドがあるときは一方向の積み重ね戦略

    バイナリーオプションの積み重ね戦略

    購入額ペイアウト利益
    550円+320円+
    130円=1,000円
    3,000円2,000円

    購入額ペイアウト損失
    550円+320円+
    130円=1,000円
    0円−1,000円

    判定時のレートが110.00円より下の場合
    購入額ペイアウト利益損失損益合計
    550円+320円+
    130円=1,000円
    1,000円450円450円0円
    判定時のレートが109.85円より下の場合
    購入額ペイアウト利益損失損益合計
    550円+320円+
    130円=1,000円
    2,000円450円+680円
    =1,130円
    130円−1,000円

    このアプリには通常のレート通知のほか、「レート変動幅通知」という機能が搭載されているのですが、 変動を感知する間隔は、業界最短の1分間 となっています。

    FXプライム byGMOのレート変動幅通知

    FXプライム byGMOの勝ち組BOトレーダーの会話

    画像引用元:FXプライム byGMO

    キリ番、重要レートの厚い壁を狙った反転狙い戦略

    キリ番など節目レートでの反転を狙ったバイナリーオプション戦略

    そのときのトレンドを見極めることが最重要

    なおバイナリーオプションは約2時間の取引ですから、 分析時は1時間足や日足で中長期のトレンドを把握しながら、5分足でチャート分析していくのがおすすめ です。

    バイナリーオプション

    バイナリーオプションの例

    引用元:GMOクリック証券

    英語だとBinary Optionなので、略してBOとも呼ばれています。

    そのため、利益と損失は購入した時点で決まっているので、 「利益も損失も自分で確実にコントロールできる」 バイナリーオプションを徹底解説 ことがバイナリーオプションの特徴です。

    バイナリーオプションの利益となる仕組み

    ハイロー(HIgh & Low)とは?FXとの違いも解説!

    外為オプションは取引ルールが明快!

    ラダーオプションの取引ルール

    ラダーオプションの取引ルール

    バイナリーオプションは途中で売却できる!

    金融庁のルールに基づいて、 日本国内の業者は必ず権利放棄ができる仕組み です。

    途中売却の仕組み

    各社バイナリーオプションの一覧表

    FX会社名取引タイプ通貨ペア最低
    購入額
    ペイアウト
    / 1Lot *1
    テクニカル
    指標
    スマホ
    対応 *3
    オプトレ! ラダー
    レンジ
    8
    通貨ペア
    40円〜
    990円
    1,000円
    固定

    *2
    外為オプション ラダー5
    通貨ペア
    約50〜
    999円
    1,000円
    固定

    1.3 13種類
    株価指数オプション バイナリーオプションを徹底解説 ラダー2
    銘柄
    約50〜
    999円
    1,000円
    固定

    1.3 13種類
    選べる外為オプション ラダー5
    通貨ペア
    約50〜
    999円
    1,000円
    固定

    1.3 13種類
    みんなのオプション ラダー
    レンジ
    5
    通貨ペア
    50〜
    990円
    1,000円
    固定

    *2
    外貨ネクストバイナリー ラダー6
    通貨ペア
    約40〜
    999円
    1,000円
    固定

    *2
    バイナリーオプション ラダー
    ワンタッチ
    7
    通貨ペア

    14銘柄
    約800円〜10,000円〜
    3.1 31種類
    らくオプ ラダー5
    通貨ペア
    約50〜
    999円
    1,000円
    固定

    *2
    LION BO ラダー5
    通貨ペア
    1〜
    1,000円
    1,000円
    固定
    ○ バイナリーオプションを徹底解説
    0.6 6種類
    *1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。
    *2 別途チャートの起動で分析が可能。
    *3 全業者スマートフォンのSafari、Google Chromeなどのブラウザで取引可能。
    • ラダー・・・判定時刻のとき、基準レートを超えればペイアウト。
    • レンジ・・・判定時刻のとき、一定の範囲に収まっていればペイアウト。

    どんな人がバイナリーオプションに向いている?

      バイナリーオプションを徹底解説 バイナリーオプションを徹底解説
    1. 予想外となったとき、購入額そのものが損失額となる。
    2. 取引する期間が決まっている。
    3. 利益率を考慮した売買ができる。
    • 取引ルールがわかりやすく、明快である
    • 購入額以上の損失をすることが絶対にない
    • 期限が決まっているので、精神的な負担が少ない
    • ストップロス(損切り)の設定をする必要がない
    • レバレッジを気にするを必要がない
    • 途中売却可能だが、決済タイミングの自由度はFXの方が上回る
    • 購入時点で、利益が限定されている
    • 決済のタイミングは自分自身の判断で決められる
    • 値動きが大きいほど、大きな利益の利益の追求ができる
    • 戦略を持ってトレードするには、多くの注文を覚える必要がある
    • 相場が反対方向に動くほど、損失が大きくなる
    • 含み損を抱える期間が長いほど、精神的に負担もかかる

    勝つために実践したいチャート分析術!

    外為オプションのラインチャート

    GMOクリック証券のプラチナチャート

    GMOクリック証券のプラチナチャート

    海外バイナリーオプションと自動売買ツールに注意

    これは海外BOに限らず海外FXでも同じことがいえるのですが、金融庁は海外の無登録業者からの勧誘に対し注意喚起しています。
    全国の消費生活センターに寄せられる相談でもっとも多いのが 「出金拒否」 です。

    せっかく利益を得たのに出金できないとなると、ただの詐欺業者です。
    無登録海外業者の場合、トラブルとなっても責任追及が極めて困難なのが現状 です。

    海外業者は出金拒否などのトラブルにより消費者センターへの相談も多いため、かならず 金融庁認可済みの国内全8業者の中から選ぶ ようにしてください。

    ハイロー(HIgh & Low)とは?FXとの違いも解説!

    • 2022年1月20日

    ハイロー(High & Low)とは?FXとの違いも解説!

    「ハイローに興味を持ったけど、一体どんな投資?」 「FXと比べて、どんな違いがあるの?」 今回はこんな悩みを解決しながら、ハイローを始めるにあたって押 […]

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる