仮想通貨で儲ける方法は

オシレーター後編

オシレーター後編
赤枠 をクリックして表示されるメニューから、ワープモードを選択。

オシレーター後編

前回オシレーターの中でどんな波形があるかを紹介させて頂きました。
今回は実際にシンセでオシレーターをどうやって操作していくのかを今回はLogic Pro Xに搭載されているRetro Synthを使って説明していきます。オシレーター部分が分かると一気に見えてくるものがあります!難しいかも知れませんがついてきてください!!

ポイントは3つ!

osc2_01

さて今回オシレーター部分説明するのは実はこの3カ所のみです!

これらを機能別に分けると5つに分類できます。

オシレーターはシンセに複数搭載されている

それぞれで設定した波形や音の高さを混ぜ、調整して音を作っていく。それがオシレーターです。

Shape1(オシレータ−1

osc2_02


この3種類の波形が選べるようになっています。ノイズがオシレーター1でのみ出せる波形なのがポイントですね。
前回のブログでも触れましたがこのツマミで、パルス波のDuty比を調節する事が出来ます。

Shape2(オシレーター2)

osc2_03

オシレーター後編
このようなデザインです。

①ノコギリ波×ノコギリ波

②ノコギリ波×三角波

③ノコギリ波×矩形波(パルス波)

④矩形波 (パルス波)×三角波

⑤ノイズ×ノコギリ波

ピッチ調節

osc2_07


オシレーターでは音程の調節が出来ると先に書きました。しかしRetro Synthでピッチ調節出来るのはオシレーター2のみです。片方が調節出来れば充分調節出来るということなのでしょう。もちろんシンセによってはどのオシレーターでもピッチを調節できるものもあります。そして周波数の異なるオシレーター1と2を重ねる事で、様々な音を作る事が出来ます。
(例:オクターブユニゾン、5度ユニゾン、デチューン、etc.)

セミトーン/コースチューン(Coarse Tune)


Retro SynthではSemitoneと表記されていますが、他のシンセではコースチューン(Coarse Tune)と表記されるものもあります。こちらは半音単位で音程を調節する事が出来ます。ツマミを右の回せば半音ずつ上がり、左に回すと半音ずつ下がります。上下に2オクターブ調節出来ます。

センツ/ファインチューン(Fine Tune)


こちらはセミトーンよりさらに細かい単位で調節出来るツマミになります。右に目一杯回すと50と表記され、半音上がります。左に目一杯回すと50と表記され半音下がります。つまり半音を50分割して音を細かく調節出来きます。ここで微妙に変化させた音を混ぜるととても不思議な音になるんです。このように狙った音を確実に出せる装置としてシンセは生楽器にはない優れた機能を持ち合わせています。

オクターブユニゾン

5度ユニゾン


完全5度は半音で数えると7個になります。5度ユニゾンを作るにはセミトーンのノブを+7に合わせてみましょう。
こちらも面白いですよね。音がとても分厚くなります。ただ厳密に言うと楽曲の調性を無視して完全5度の音色を奏でてしまうので気をつけて音を選ばないと違和感が出る場合もあります。
※対策としてはペンタトニックスケール等を使ったフレーズだとぶつからないのでオススメです。

デチューン

・波形を選ぶ
オシレーター後編 ・ピッチを選択・調節する
・混ぜ具合を決める

オシレータ・RSIって何? 横ばい相場でも収益をねらおう

オシレータ・RSIの基本から覚えましょう。計算式やチャートの見かたをご紹介。横ばい相場でもタイミングをとらえて収益を積み上げていきましょう。

オシレータとは?

テキストによっては、この「オシレータ」のことを相場の勢いを推し量るという意味から、「モメンタム」とも呼ばれますが、この連載では「オシレータ」で統一します。

オシレータの使いどころ

RSI(相対力指数)とは?

「RSI」とはRelative Strength Indexの略で、「相対力指数」と呼びます。

J.Wells.ワイルダー.Jr.の著書「New Concepts in Technical Trading Systems」(1978年)などにより、広く紹介されてきました。
彼が考案したRSI(相対力指数)、DMI(方向性指数)、パラボリックは優れた分析ツールとして、現在でのオシレータ分析の基本となっています。

定数のN(=期間)を14日と仮定します。
14日間の終値ベースでの上昇幅合計を同期間の終値ベースでの下落幅合計で割ったものがRSになります。そのRSを上にある算式に入れたものがRSIです。


上記の式で得られたRSI(単位=%)の水準によって買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するのが一般的な活用法です。上のような計算をいちいち自分でしなくても、証券会社の提供するトレードツールでRSIは簡単に確認することができると思いますのでぜひ探してみてください。

見かたとしては、0%~100%をY軸(株価と同じ縦軸)にとり、株価チャートと見比べてみます。

RSIの弱点

横ばい相場ではなくなったとき…つまりトレンドが発生したときには、株価と指標の逆行現象が起こることを「ダイバージェンス」、「コンバージェンス」と呼びます。

逆行現象…誤ったシグナルとトレンド転換のサイン

横ばい相場であれば、①のように首尾よく逆張り指標として機能します。
(※オシレータ系指標のパラメータ(時間軸=期間N)と相場のサイクルに合わせることがポイント!)

実際のチャートで覚えよう


80%水準を買われ過ぎ、20%水準を売られ過ぎとして売買タイミングを推し量っています。
株価がほぼ横ばいのボックス相場であるため、RSIが首尾よく逆張り指標として機能し、売買シグナルを発しています。

次は、オシレータ系指標が逆行現象となるケースです。
こちらもRSIは14日ベースを用いています。

オシレータ系指標をカスタマイズする

①パラメータ(時間軸)の調整
マーケットの状況により、パラメータ(時間軸)を変化させる方法があります。
RSI考案者のワイルダーが、いろいろなものごとに28日の周期があると信じていたため、その半分の14日間という数字を重視したことで、パラメータは14日間で設定することが多いです。しかしながらチャートでは、ボラティリティが大きくなればなるほど、より直近のデータが現在価格に与える影響が強くなります。このコンセプトを基に、取り得るパラメータを調整することも必要な局面も出てきます。

②エッジバンド幅の調整
エッジバンド幅の調整とは、買いシグナル30%、売りシグナル70%としていたラインを拡大・縮小させることです。パラメータ(時間軸)に合わせて変化させるものと、ボラティリティの大小により変化させるものがあります。
前者は日数が長くなればなるほどバンド幅を狭く、後者はボラティリティが大きくなればなるほど幅を拡げるのが一般的といわれています。

③出来高の反映
出来高をボラティリティの1要素とし、調整する方法もあります。例えば、当日の出来高を過去の一定期間の平均と比べ、その数値が大きければマーケットの加速因子となります。一方で、出来高が小さければ上下ともに動きやすいマーケットであると仮定し、前述の②のようにエッジバンド幅を拡げて調整する方法もあります。

【Xfer Records】Serumの使い方②(オシレーターセクション前編)


オシレーターセクションは、上の画像のような構成になっています。

赤枠 にはメインとなる2つのオシレーター(OSC A , OSC B)。

そして 緑枠 はSubオシレーター。

それぞれの機能は ピンク枠 をクリックして、On、Offできます。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

メインオシレーター

赤枠 をクリックすると、ウェーブテーブルのプリセットをロードできます。

すると 赤枠 のようにウェーブテーブル全体が3D表示されました。

ウェーブテーブルには 赤矢印 のように手前から奥に向かって256個のサブテーブルが配置されています。

ちなみに 緑枠 は現在選択されているサブテーブルの番号。

次に 赤枠 でウェーブテーブルプリセットをロードしてみます。

すると 緑枠 にウェーブテーブルが表示されます。

先ほどとは違い、各サブテーブルにそれぞれフレームが配置されていて、 水色枠 のWT POSノブで、演奏に用いるサブテーブルを選択。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

赤枠 では、まずUnisonを設定。

オシレーター後編 赤枠 をクリックして表示されるメニューから、ワープモードを選択。

ここで選択したモードによって様々な波形変化がもたらされ、その程度は 緑枠 のノブで調整します。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

次回はオシレーターセクションの残りについて解説していきます。

【Xfer Records】Serumの使い方①(基本的な機能) Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumの基本的な機能について解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。.

【Xfer Records】Serumの使い方③(オシレーターセクション後編) Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのオシレーターセクション(後編)について解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。.

【Xfer Records】Serumの使い方④(FX前編) Xfer オシレーター後編 RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのFXについて基本的な部分を解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。.

【Xfer オシレーター後編 Records】Serumの使い方⑤(FX後編) Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのFXセクションにおける各エフェクトについて解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。.

【Xfer Records】Serumの使い方⑥(Modulation Matrix, Global) Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのModulation Matrix, Global画面について解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。.

【Xfer Records】Serumの使い方⑦(Envelope, LFO, その他) Xfer RecordsからリリースされているSerumの使い方を知りたいですか?この記事ではSerumのEnvelope、LFO、Mod・Macroコントロールなどについて解説しています。この記事を手始めにSerumの使い方をマスターしていきましょう。.

【Xfer Records】Serumの使い方③(オシレーターセクション後編)


赤枠 で波形を選択。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ノイズオシレーター


赤枠 からプリセットを選択。

緑枠 をOnにすると、ノイズがOne Shotで再生されるようになります(ループ再生解除)。

フィルター


赤枠 からフィルタータイプを選択。

AOSC A
BOSC B
NNoiseオシレーター
SSubオシレーター

また 赤枠 のディスプレイをクリックすると、位相表示に変わります。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

ウェーブテーブルエディター

赤枠 をクリックすると、ウェーブテーブルエディターを表示できます。


このウェーブテーブルエディターではウェーブテーブルの作成や編集を行えます。

見えにくいですが ピンク枠部分 にスクロールバーがあり、これをドラッグして全サブテーブルを参照可能。

ピンク矢印 のようにクリックすることでサブテーブルの選択ができ、 オレンジ矢印 のようにドラッグして順番を入れ替えることもできます。

赤枠 から波形を選択した後、 赤矢印 のように編集したいグリッドをクリックして編集を実行。

緑枠 はそれぞれ横軸・縦軸方向のグリッド数を変更するもので、左下にある方の 緑枠 の値を変更すると、 水色矢印方向 のグリッド数が変化します。

そして ピンク枠 を選択した状態で波形編集を行うと、編集をミラーリング(交差した ピンク線 を軸とした左右・上下対称位置にも反映)することが可能です。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

赤枠 で編集するサブテーブルを選択。

小次郎レポート

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

★[小次郎講師]★
そもそもは地震の震度計のように、振幅を測るもの。
通常0から100とか-100から+100までを推移するものが多い。

★[小次郎講師]★
一般的には買われすぎ・売られすぎを示す指標と言われるが、これは正直騙しが多い。
もうすこしそこら辺を詳しく説明したい。

【1、買われすぎ売られすぎを示す指標?】

★[小次郎講師]★
一般的には70以上が買われすぎ(=売りサイン)、30以下が売られすぎ(=買いサイン)と言われるがそのことが間違いであることは前回説明した。
70以上というのは買いに勢いがある状態で、上昇トレンドでは70以上をしばしば付ける。
但し、買われすぎではなく、さらにどんどん上昇していくことが多い。

★[小次郎講師]★
下降トレンドも同様に、30以下をしばしば付ける。
売られすぎではなく、さらにどんどん下降していく。

★[小次郎講師]★
では30以下が売られすぎ、70以上が買われすぎとして働くのはどんなときかと言うと、もみあい相場の時である。
しかし、上記図を見てもらえばわかるように、もみあい相場中に70以上、30以下を付けることは滅多にない。
とすると、この70以上は買われすぎ、30以下は買われすぎということを有効活用出来ない。

【2、トレンドがあるときのRSIの使い方】

★[小次郎講師]★
近年、コンスタンス・ブラウンという名のプロフェッショナルトレーダーが、こう見抜いた。
RSIは0から100を動くわけではないと。

小次郎レポート

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて オシレーター後編

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

オシレーター後編
金融商品取引業者 関東財務局長(オシレーター後編 金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる