仮想 通貨

実践で取引しました

実践で取引しました
悪い例として、会社の経営理念やビジョンを「そのまま」伝えてしまうことです。
メンバーが充分に自分事化するができません。
できるだけ以下のようにブレイクダウンし、メンバーが納得感を持てるように伝えましょう。

コーポレートPPA 実践ガイドブック企業が結ぶ自然エネルギーの電力購入契約

コーポレートPPA(Power Purchase Agreement、電力購入契約)は、世界各国の企業が自然エネルギーの電力を調達する手段として採用しています。太陽光や風力などの電力を発電事業者から長期に購入する契約で、新しい自然エネルギーの発電設備から電力を調達できるメリットがあります。既存の火力発電所の電力を減らすことができるため、持続可能な経営を目指す企業にとって効果的な気候変動対策になります。

<目次>
第1章:世界各国で拡大するコーポレートPPA
1-1 コーポレートPPAが拡大する3つの要因
1-2 追加性のある自然エネルギー電力調達手段
1-3 米国:風力発電と太陽光発電でコーポレートPPA
1-4 欧州:EU中心にコーポレートPPAが拡大中
1-5 日本:小売電気事業者を介してコーポレートPPA
1-6 中国:コーポレートPPAは省政府の認可が必要
第2章:コーポレートPPAの契約形態
2-1 電力と環境価値をセットで取引するフィジカルPPA
2-2 電力の取引を伴わないバーチャルPPA
2-3 日本で締結できるコーポレートPPA
2-4 米国で増加するグリーンタリフ
2-5 欧州で始まるクロスボーダーPPA
2-6 複数の企業による共同調達モデル
第3章:コーポレートPPAの契約手順と契約項目
3-1 実践で取引しました 契約締結までのプロセスと基本要件
3-2 コーポレートPPAの契約項目
3-3 日本の電力供給契約とコーポレートPPA
第4章:コーポレートPPAのメリットとリスク
4-1 メリット:経済性、持続可能性、ブランド価値
4-2 リスク:発電量、価格変動、性能低下など
4-3 米国で開発・導入が進むリスク軽減策

相場が不安定な今こそ、支出削減→投資財源を増やそう 月投資額を倍にした節約の実践例5つ

新型コロナウイルス蔓延による相場の乱高下がひと段落したかと思いきや、今度は米国の金融引き締め策により今年から再度軟調な相場入りをしております。 元記事で画像を全てみる そんな中、かねてから不安要素だったロシアとウクライナの関係が悪化、ついに軍事侵攻という事態に陥ってしまいました。 予想通りまたもや株式相場は急降下、多くの投資家の頭を悩ませていることと思います。 このような相場において、勝ち続けることは非常に困難です。 個別株式取引のみでなく、安定性が高いといわれている積立投資でさえ資産がマイナスになってしまっている方もいらっしゃるかと思います。 日々の値動きを見るたびに「不安いっぱい」といった方も多いでしょう。 実践で取引しました こんな時こそ目の前の相場に一喜一憂するのではなく、次の上昇相場に備えた戦略が必要となります。 筆者の提案は 「今より支出を削減し、投資の種銭を作る」 です。

投資の種銭作りには固定費の削減が最適!

支出削減の鉄則は、毎月かかり続ける「固定費」を削減することです。 実際に筆者が行った固定費削減を紹介したいと思います。 ■家賃 これまでは関西某府の中心部に住んでいましたが、思い切って郊外へと引っ越ししました。 間取り(3LDK)と駐車場があることは絶対条件だったので苦労するかと思いきや、意外と安い物件が多く、駐車場込みで月3.3万円の固定費削減に成功しました。 これだけで積立NISA1か月分に相当します。 収入で月3.3万円増を達成するなら、税金を加味すると4万円ほどの給与アップが必要です。 一般的なサラリーマンだと、数年かかってしまうレベルです。 引っ越しはかなり手間がかかりますが、その分、インパクトは大きいです。 もちろんさまざまな一時金が必要になりますが、工夫次第で初期費用を抑えることが可能です。 都市中心部に住んでいる方で、地域へのこだわりが必須でなければ郊外へ移住するのもアリです。 ちょっと中心部から外れるだけで家賃は安くなります。 自宅を購入している方については、住宅ローンの見直しをおすすめします。 もちろん全員が金利引き下げに成功するわけではありませんが、金利の相場を知る意味でも動いてみて損はないと考えます。 ■スマホ見直し スマホの見直しも必須です。 一昨年4月に大手キャリアから楽天モバイルへ切り替えし、初年度無料という恩恵を受けていました。 大手キャリアの時は月1万円ほど払っていましたが、今は2000円程度です。 月の金額で考えると大きいものではないかもしれませんが、毎月かかると考えるとその影響は小さくありません。 約8000円上乗せして投資ができると考えると、結構魅力的です。 ■保険やサブスクのスリム化 保険については最低限の医療、がん、死亡保障(合計月1万円程度)のみ。 サブスクについてはその必要性を再度吟味し、全て解約という結論に至りました。 どんなものに毎月お金を払っているか、意外と把握しきれていないものです。 1つ1つは小さい金額でも、まとまるとそれなりに大きな支出となってしまいます。 徹底的に必要性を再確認されることをおすすめします。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進

別ウィンドウで開く

  • 2019年7月に経済産業省が公開した「DX推進指標 」の普及啓発を行い、各企業の自己診断結果を収集しています。
  • DX推進指標ベンチマークデータ説明資料

ITシステムに特化した評価指標の策定(プラットフォームデジタル化指標)

「プラットフォームデジタル化指標(評価表)」は,広く活用していただけるように「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 パブリック・ライセンス」の条件のもとで公開します。
利用方法の詳細は、上記資料に記載の利用許諾を参照してください。

ITシステム構築のための手引書の作成(DX実践手引書 ITシステム構築編)

  • DXを推進する企業への実践的なガイドラインとして「DX実践手引書」を公開しています。
    DXを推進するための「あるべき姿」、それを実現するための「方法論」からなり、経済産業省のDXレポート2、2.1やIPAによるDX先進企業の調査結果を反映しています。
    本手引書案は、以下の章から構成されています。
    • 第1章:DXを実現するための考え方
    • 第2章:DXを継続的に進めるための考え方
    • 第3章:DXを実現するためのITシステムのあるべき姿
    • 第4章:あるべきITシステムとそれを実現する技術要素
    • DX実践手引書 実践で取引しました ITシステム構築編(暫定第2.0版)(PDF形式:5.82MB)
    • DX実践手引書 実践で取引しました ITシステム構築編 レガシーシステム刷新ハンドブック(PDF形式:2.4MB)
    • DX先進企業へのヒアリング調査 概要報告書(PDF形式:760KB)
    • DXの継続的な取り組み事例に関する調査 概要報告書(PDF形式:5.41MB)

    非競争領域における共通的なプラットフォームの検討

    • 製品やサービスの競争力に寄与しない非競争領域について、業界内外を含めて業務の共通化やシステムの共通化を図り、複数の企業が共同でシステムを構築することで、コストや失敗リスクを下げることを検討します。

    関連リンク

    DXってなんだ

    なぜ今デジタルトランスフォーメーション?

    本件に関するお問い合わせ先

    メールアドレス

    その他、ご意見・ご要望・ご質問などがございましたら、以下のメールアドレス宛にご連絡をお願いします。
    IPA 社会基盤センター
    DX推進部 運営・経営DX推進グループ
    E-mail:

    【終了しました】やおプレミアムお買いものキャンペーンの期間を12月24日まで延長します!!

    「やおプレミアムお買いものキャンペーン」の事業効果などについて、調査を行うため、キャンペーンをご利用いただいた皆さまの、率直なご意見、現状をお聞きしたくアンケートを実施させていただいております。
    アンケートにご協力いただいた方の中から抽選で100名の方に、八尾のアンテナショップ「みせるばマルシェ」の素敵な商品をプレゼントいたします。
    ※アンケート回答期間は、令和3年12月31日(金)で終了しております。

    利用者アンケートスケジュール

    (1) 当選のお知らせ
    当選された方には、令和4年1月14日(金)までに、アンケート回答の際にご登録いただきましたメールアドレスに当選のお知らせを送信させていただきます。(落選の方には、お知らせは送信いたしません。)
    (2) 商品の受取り
    当選のメールを受け取られた方は、令和4年1月15日(土)から1月31日(月)までの間に商品をお受け取りください。
    【受取場所】
    みせるばやお (LINOAS(リノアス)八尾8階:八尾市光町2丁目60)
    【受取期間】
    令和4年1月15日(土)から1月31日(月) 午前10時00分から午後6時00分
    ※毎週火曜日は、「みせるばやお」休館日のため、商品のお受け取りができませんのでご注意ください。

    【注意事項】
    ・商品お受け取りの際は、アンケートの際にご登録頂いたメールアドレス及び本人確認書類が必要になります。
    ※メールアドレスがわかる当選のお知らせ受信メール画面または当選メールを印刷したもの及び本人確認書類をお持ちください。
    ・商品は複数の中からお選びいただけますが、数に限りがあります。
    ・先着順のお渡しとなるため、ご希望の商品が品切れとなっているケースがございますのでご了承ください。
    プレゼント商品は、「やおプレミアムお買いものキャンペーン専用サイト」 (別ウインドウで開く) からご覧ください。

    部下・メンバーにやる気を出させる!明日から実践できる3つの行動

    やる気がない職場

    まさに「やる気がない職場」の典型といえる様相でした。

    • 自分たちに重要な仕事を任せてもらえない
    • 上司から信頼されていない
    • 仕事にやりがいがない

    やる気がアップする職場

    そこから試行錯誤の結果、本記事でご紹介する行動にたどり着き、実践することでチームの状況は以下のように変わっていきました。

    成長を実感し、やる気がアップする5つのタイミング

      実践で取引しました
    • できないことができるようになったとき
    • 難しい課題・仕事をこなせるようになったとき
    • 上司、先輩からほめられたとき
    • 責任ある仕事を任されたとき

    (1)できないことができるようになったとき

    (2)難しい課題・仕事をこなせるようになったとき

    (3)上司、先輩からほめられたとき

    (4)責任ある仕事を任されたとき

    明日からできる!メンバーにやる気を出させるための3つの行動

    行動(1)メンバーの達成動機をチェックする

    達成動機の強さは人によってさまざま

    • 達成動機の強いタイプ:頑張ればなんとか達成できるような難易度の仕事
    • 達成動機の弱いタイプ:本人の実力があれば充分こなせる仕事
    達成動機の強いタイプの傾向
    達成動機の弱いタイプの傾向

    重要なのは「失敗を恐れない」仕組み作り

    • 人生で大きな業績を残すことが何より大切だ
    • 仕事で大きな成果を出したときに安心と自信が得られる
    • 無理な計画を立て、その達成に向けて努力するほうだ
    • 将来を夢みるより、目の前の仕事に全力で打ち込むほうだ
    • 切羽詰まってくると、自分のことに集中するあまり他人への配慮がおろそかになることがある
    • 価値のある仕事を成し遂げたときに、はじめて安心できる
    • 何かにつけ競争心が刺激されるほうだ
    • たえず努力を続けている
    • 何かにつけ納得のいく結果が得られるまで頑張り続けるほうだ
    • 仕事も遊びと同じように楽しいと思える

    行動(2)仕事の意義=社会的使命感を共有する

    注意点:表面的な理念・ビジョンの共有にとどまらないこと

    会社のビジョンのブレイクダウン

    悪い例として、会社の経営理念やビジョンを「そのまま」伝えてしまうことです。
    メンバーが充分に自分事化するができません。
    できるだけ以下のようにブレイクダウンし、メンバーが納得感を持てるように伝えましょう。

    行動(3)正しくほめる:効果的なほめ方と注意点

    • 失敗したとしても、チャレンジしたこと自体を評価し表彰する
    • 好成績をあげた人を皆の前で表彰する
    1. 注意するのはほめることがある程度たまってから
    2. 人を介してほめる
    3. 皆の前でほめる
    4. プロセスをほめる

    (1)注意するのはほめることがある程度たまってから

    • 取引先に対して緊急性の高いミスや仕事漏れをしている場合
    • メンバーに対して不快な思いをさせている場合
    • そのときに言ってくださいよ
    • (他人へ与えた心理的影響など)今言われてもピンとこない

    (2)人を介してほめる

    (3)皆の前でほめる

    (4)プロセスをほめる

    • あそこで●●をしたのが良かったよね
    • その資料を作ったから、相手に響いたんだと思うよ

    注意点:ほめることがマイナスになる場合

    • 簡単な課題を達成したときにほめる
    • 根拠なしにほめる
    • 具体的でないほめ方をする
    • 操作的なほめ方をする
    簡単な課題を達成したときにほめる
    • 自分の実力はそんなに低くみられているのか
    • とりあえずほめればいいと思っている
    根拠なしにほめる
    • 何か裏があるのではないか
    • とりあえずほめておけばいいと思われている
    具体的でないほめ方をする
    • あなたは本当にすごい人だね
    • 一生懸命このミッションに取り組んでいたね
    操作的なほめ方をする
      実践で取引しました
    • あなたは本当に頑張って、良い成績を残している
    • だから、次の課題を一緒にやってくれないか
    1. メンバーの達成動機をチェックする:メンバーにどのような仕事を渡せばよいか分かる
    2. 仕事の意義=社会的使命感を共有する:個人のやる気の範囲を超えてしまった際に支えてくれる
    3. 正しくほめる:やる気を直接的に出させることができる

    やる気がアップする職場

    ぜひこれらの行動を実践し、以下のようにやる気の好循環が生まれるチームへと
    変革していっていただきたいと思います。

    150%以上の売り上げUPに成功
    社員のやる気を引き出すインセンティブ・ポイント

    優秀な人材が辞めてしまう…
    営業のモチベーションが上がらない…
    職場に活気がなく生産性が上がらない…

    社員のやる気を引き出すオリジナルのポイント制度”インセンティブ・ポイント”は、
    ・多様なニーズに合わせて、約20,000点から好きなアイテムと交換できる
    ・コミュニケーションが活性化され、社内環境の改善につながる
    ・導入により150%の売り上げUPに成功した例も。確実な導入効果を実感できる

    すでに業界トップシェアを誇る484社が導入、324万人の社員が利用 しています。
    ぜひこの機会に、社員のやる気を引き出すオリジナルのポイント制度を検討してみましょう。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる