オプション取引方法

関連株って儲かる

関連株って儲かる

「インフレになると儲かる日本株&米国株」を紹介!海外の金利上昇でも儲かる「三菱UFJFG」、海外旅行が増えると利息収入が増える「マスターカード」に注目!

世界的に加速する「インフレ」局面に強い日米を代表する株を紹介! 日本代表は「三菱UFJフィナンシャル・グループ」、米国代表は「マスターカード」! 【詳細画像または表】 ●世界規模で物価が上昇し、欧米の主要国はインフレ警戒モードに! 投資するなら金融や資源関連など、インフレに強い株を選ぼう! 欧米の主要国では、2021年の年末から物価上昇が加速。当初は一時的なものと思われていたが、今やすっかり本格的なインフレ警戒モードに突入している。例えば英国は、2021年の年末時点で、主要国の中では先陣をきって利上げに踏み切った。 EUの中央銀行であるECBのラガルド総裁も、2021年10月の段階では「現在のインフレが持続する可能性は低い」と発言していたが、2022年1月になって「インフレ見通しに上振れリスクがある」と見方を切り替えている。ただ、対策が消極的だと批判が殺到しており、口先だけではない対応を迫られている状況だ。 米国も似たような経過をたどっている。米国のバイデン大統領は2021年7月時点で、インフレを一過性のものと見なしていたが、今年に入って「インフレ改善が私の最優先課題」と発言するに至っている。米国では、2021年12月の消費者物価指数の上昇率(前年同月比)が7%に達するなど、インフレが国民生活を直撃するレベルになったためだ。FRB(米国の中央銀行)も、2022年中に複数回の利上げを予告せざるを得なくなった。 デフレの泥沼にどっぷり浸かった日本人には、あまりインフレというものがピンと来ないかもしれない。しかし、インフレとそれに伴う金利上昇に備えた資産配分については、しっかり意識したほうがいいだろう。今後、実際に米国で金利上昇が始まると「インフレや金利上昇に強い銘柄を探せ」といった投資テーマが熱を帯びる可能性も高い。 インフレや金利上昇に強い業種や銘柄とは、たとえば「金融」「資源関連」「値上げできる会社」「好財務の会社」などだ。 金融業界は、金利の上昇がストレートに影響し、利ザヤ拡大や運用益が増大して収益が増える構造。メガバンクはもちろん、超低金利で運用に悩んでいた保険会社や金利収入が低迷していたクレジット会社も、収益改善のチャンス。低迷している地銀株も、割安放置から見直される可能性がある。 資源関連は、資源価格の上昇がそのままプラスになるので、油田や鉱山の権益など上流でビジネスをしている企業ほど恩恵が大きい。海外の資源の権益を保有する総合商社も有望だが、取引価格に連動する手数料が増える金属商社や鉱山機械のメーカーも、過去の資源価格の上昇時には収益が増大している。 値上げできる会社とは、値上げしても顧客が離れないブランド力の強い製品を持つ会社のこと。原料価格や人件費等が上昇しても、そのまま価格転嫁できる。寡占市場の製品や、独占的な商品を持つ企業も同様だ。合併や再編で競争がない市場の企業も狙い目。便乗値上げで利益率をアップすることもできる。 最後に好財務の会社も狙い目だ。インフレに伴う金利上昇の局面では、借金の金利負担が重たくなるため、借金過多=財務内容の悪い会社は、利息負担が収益を圧迫する。一方、現預金など金融資産が多い会社は、金利収入が増加。財務格差が開発力やマーケティング力の差にも影響し、企業格差の拡大を加速させることになるだろう。 ●米国の利上げの恩恵が大きい三菱UFJフィナンシャル・グループや アフターコロナ銘柄でもあるマスターカードに注目! 関連株って儲かる インフレになると、上で挙げたような業種や企業にとって追い風となるのは、日本でも米国でも同じだ。そこで、ここからは「インフレに強い株」の日本代表「三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)」と、米国代表「マスターカード(MA)」について、詳しく解説していこう! (※株価と業績は2月3日時点。PER、ROE、配当利回りは予想ベース。PBRは実績ベース。米国株の業績データは「QUICK・ファクトセット」。最低購入額は1ドル=115円で計算)。 「インフレに強い株」の日本代表は、メガバンクの一角として知られる三菱UFJフィナンシャル・グループだ。 前述のように、金利上昇局面になると、金融業界はシンプルに利ザヤ拡大などのメリットを得られる。とはいえ、日本国内の金利上昇の時期は不透明だ。三菱UFJフィナンシャル・グループの場合、海外展開が進んでおり、持分法会社であるモルガンスタンレーを筆頭に、日本よりも利上げが濃厚な海外事業の収益が先に伸びそうで、業績はメガバンクの中でも突出することが期待される。ちなみに、金利は預金金利よりも貸出金利のほうが先に上がるので、金利上昇局面では収益機会が増えやすいだろう。 PBRが0.5倍、配当利回りも3%台後半という水準だが、旧態依然とした組織のイメージなどが反映されて、株価は割安に放置されている。配当利回り3%台後半なら、高配当株として長期保有もアリだろう。ちなみに、同行の1年定期預金の金利は年利0.002%となっている。 続いて「インフレに強い株」の米国代表は、世界最大級のクレジットカード会社のマスターカードだ。 マスターカードはVISAと並び、クレジットカード業界の2大巨頭の一つ。金利上昇は金融業界全体を潤すが、モノの値段が上がることによるカード利用額の増加や、米国の利上げが招くドル高を背景とした海外旅行の増加期待など、クレジットカード会社にもたらされる恩恵は大きい。 海外のクレジットカード利用シーンでは、利息の発生する分割払いやキャッシングが多く、金利上昇は利息収入の増加に直結する。マスターカードの海外比率は64%と、VISAの54%より高く、コロナ収束後に海外旅行が復活すれば、株価の強い反発が期待される。

【画像付き】株の仕組みを世界一わかりやすく解説!超初心者も理解できる

株,仕組み

株はどこで買えるのですか? 株(株式)は「証券会社」で売買することができます。証券会社には、実際に株の売買が行われる市場である証券取引所と、株を売買したい投資家をつなぐ役割があります。株の取引をするためには、専用の口座となる証券会社の口座を開設しなければなりません。口座開設は無料ででき、多くはネット(スマホ・パソコン)から口座開設ができます。実際の取引もスマホやパソコンから行うため、株式投資に興味がある人はチャレンジしてみるとよいでしょう。

いくらから株式投資を始められますか? 株式投資はわずか数百円からスタートすることが可能です。数十万円など高額な資金が必要というイメージがあるかもしれませんが、実際は数百円程度で細かく株を売買できるため、多くの元手がないという人でも安心してチャレンジできます。
価格の高い株を購入する際には資金が必要になるものの、少ない資金で投資を始められるのが株式投資の大きな魅力と言えます。まず、初心者は低価格帯の株式を売買し、取引に慣れるところから始めるとよいでしょう。

株は1株でも買えますか? 株は1株からでも購入できます。通常、株の単位は1単元(100株)とされていますが、100株未満の株「単元未満株」を売買すれば、1株ずつ売買可能です。
ただし、すべての証券会社で単元未満株を取り扱っているわけではありません。マネックス証券やauカブコム証券、LINE証券など、単元未満株を扱っている証券会社で口座開設をしましょう。単元未満株は、株式投資デビューや少額投資におすすめのほか、人気の高額株を少しずつ購入するのにも役立ちます。
ちなみに、単元未満株を少しずつ買い足して100株になれば単元株として扱われ、株主優待や配当金を受け取る権利も持てるようになります。

投資した金額以上に損してしまうことはありますか? 株式投資では、原則として、投資した金額以上に損失が出ることはありません
株価が購入時より大きく下がってしまった場合には、購入時の金額との差額が損失になりますが、これ以上追加で支払う必要はありません。たとえば、1株500円の株を100株購入したとします。その株が1株300円に値下がりすると、1株あたり200円の損失、全体では2万円の損失になりますが、それ以上の損失はありません。
しかし、「信用取引」をしている場合は追加の支払い、つまり負債が発生する可能性があります。取引に慣れるまでは信用取引ではなく、通常の現物取引を行いましょう。

株価チャートの確認はするべきですか? 株価を見ていると、値動きの様子をチェックできる「チャート」を表示できます。株価チャートは必ずしも確認する必要はありませんが、チャートを読めるようになると、売買のタイミングをつかめるようになります。
チャートを読むのであれば、縦線が並ぶ「ローソク足」のチャートがおすすめです。ローソク足チャートは、1分ごとの動き、1日ごと、1ヵ月ごとなどの価格推移を表示でき、今後価格が上下する可能性を見極められるようになります。

昼間は仕事をしていても株の取引はできますか? 株式を売買できる時間帯は決まっており、基本的にはその時間帯に取引をする必要があります。
平日の9時から11時30分、12時30分から15時までの間で、この間に出した注文が成立(約定・やくじょう)します。ただ、注文自体はいつでも出せるため、昼間に仕事をしている人でも夜間や休日に注文を出しておけば株取引は可能です。
また、時間外取引ができる「PTS市場」を利用すれば、市場が閉まっている時間帯にも取引ができます。
PTSとはProproetary Trading Systemの略で、時間外取引を指します。一部時間を除く朝8時20分から23時59分まで取引できるのが特徴です。
ほかにも、日中は売買をするのではなくスマホなどで株取引の情報収集時間に充てるのもおすすめです。

株式投資にはどういったコストが必要ですか? 株取引は基本的に、売買が成立したときにかかる「約定代金」をベースにして取引手数料が計算されます。1日に何度も細かく売買をする人や、中長期にわたる長い目線で売買をする人など、人によって売買のスタイルが異なるため、取引コストをよりお得にできるよう設定した証券会社も多く見られます。 関連株って儲かる
たとえば、1回約定(売買成立)するごとに手数料がかかるプランや、1日に約定した代金の合計額で手数料が決まるプランなどがあるため、自分の取引スタイルに合ったプランを選びましょう
また、証券会社によって各手数料は異なるほか、日本株、アメリカ株など売買する商品によってもコストは異なります。証券会社で口座開設をする前に、取引コストがどれくらいかかるのかを確認しておくとよいでしょう。

利益が出た場合の税金

  • 配当金…「配当所得」にあたり、20.315%の税金がかかります
  • 売却益(譲渡益)…「上場株式等の譲渡所得等」にあたり、20.315%の税金がかかります

株はどんな優先順位で売買されるのですか? 株は多くの人が売買をしているため、自分の出した注文がすぐ、なおかつ希望どおりに約定するとは限りません
たとえば、株を売ろうとして注文を出している人が多い場合、その中でもより低く(安く)している人の注文が優先されますし、反対に株を買いたい人の注文では、より高く買おうとしている人の注文が優先されます。
同じ注文内容でも、より早く注文を出しているほうが優先されますし、売買できる値段に条件をつけた指値注文よりも、条件のない成行注文のほうが早く売買できます。このように、株の売買にはそれぞれ優先順位があり、必ずしも希望どおりに売買できるわけではありません。

企業が株を発行するメリットはなんですか? 企業が株を発行すると、多くの投資家から出資してもらえます。事業を拡大する、新しい設備を導入するなど資金が必要になる際、銀行からお金を借りる選択肢もありますが、果たして本当に返済できるかどうかはわかりません。
株を発行して投資家から出資してもらえば、そのお金は返済する必要もなく、資金調達が可能です。投資家は企業が成長した際に少しずつ利益を還元してもらえるメリットがあり、企業側は低いリスクの中で資金調達ができるというメリットがあります。

関連株って儲かる

パワー半導体とは

日本企業がEV(電気自動車)向けのパワー半導体分野で存在感を増してきています。
パワー半導体とは、モータや照明などの制御や電力の変換を行う半導体のことです。
交流を直流にしたり、電圧を変換するなどして、モータを駆動したり、バッテリーを充電したりするために使われます。
また、メモリやCPU(中央演算処理装置)などのLSI(大規模集積回路)を動作させるなど、電源(電力)の制御や供給を行うことにも用いられます。
高い電圧、大きな電流に対しても壊れない構造を有することでパワー半導体と呼ばれる所以です。
エアコンやテレビなどにも使われています。
EV(電気自動車)ではモータを低速から高速まで精度よく回すことで性能を上げ、また、効率よく動かすことで省エネ・省電力化に貢献します。
一般的に取り上げられるのは、半導体は演算(ロジック)、記憶(メモリ)を行う半導体です。

画像01

脱炭素社会に向け、需要が高まるパワー半導体

大手調査機関によれば、パワー半導体の世界シェアトップは独インフィニオン・テクノロジーズで約2割だそうです。
以下は大差なく、日本企業もベストテンに三菱電機、東芝、富士電機、ルネサスエレクトロニクス、ロームが入っているとのことです。
半導体ではほぼ淘汰されていしまった日本ですが、パワー半導体では存在感は大きいといえます。

現在のパワー半導体の主力はSi(シリコン)ウエハを用いたもので、大半を占めます。
EV(電気自動車)ではSiよりも物質特性に優れる炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)などのウエハ材料を使った次世代のパワー半導体開発が進みつつあります。
日本企業は特に有望なSiCに強みを有するとされているようです。

日本政府は2050年までに温暖化ガス排出量をゼロにする方針を掲げています。
その中でパワー半導体など脱炭素化の効果が高い製品の生産設備に対する投資減税が検討されています。
世界では脱ガソリン車へのシフトが急速に進む中で、日本や海外でEV(電気自動車)向けを軸とするパワー半導体の需要が今後、一層高まることが想定されます。

パワー半導体関連5銘柄を紹介

三菱電機(6503)

ハイブリッド車やEV用モータの駆動に用いるパワー半導体モジュール(複合部品)を手掛けています。
パワー半導体チップに端子を直付けする独自の内部配線構造により、製品寿命を延ばして高い信頼性を確保。
パワー半導体の一種である「IGBTモジュール」で世界シェア2位。
IGBTモジュールは高速スイッチング性能と高電圧・大電流処理能力を併せ持った半導体素子です。
シャープから福山工場の一部を買い取り、パワー半導体工場を新設。
21年11月に稼働し22年度内に生産能力19年度比で2倍にするそうです。

三菱電機(6503)

ローム(6963)

Siに比べて省エネ性能の高いSiCの開発で先行しています。
SiCパワー半導体では市場シェア約2割と、世界でも有数とみられます。

今後5年間で600億円を投じて、生産能力を高めシェアアップを図ると報道されています。
SiCパワー半導体では材料であるウエハの外販も行い、デバイス、モジュールも含め全方位での拡大を目指しています。
2010年のSiCトランジスタの世界初量産を開始して以来、現在に至るまでSiCデバイスの技術と製品で業界をリードしています。
一貫生産体制に強みがあります。

ローム(6963)

富士電機(6504)

山梨県の工場でウエハを作る工程の生産能力を今年度内に3割高めるとの報道。
マレーシアなどの海外工場でも、生産能力の増強を検討。
車載向けモデルの開発で先行。
パワー半導体に占める自動車向け売上高を35%から23年度に50%に高める方針と。
IGBTモジュール、SiCデバイスも手がける。
SiCを適用したパワー半導体は大幅な省エネと搭載製品の小型・軽量化を実現できる。

富士電機(6504)

ルネサスエレクトロニクス(6723)

車載システムの制御用半導体に送る電圧を適切な電圧に引き下げるパワー半導体を開発しています。
電圧を制御する際に消費する電力が従来製品よりも少なくて済み、機器全体の省エネ設計がしやすくなるとのこと。
自動運転など「CASE」と呼ばれる次世代技術の開発が進む中、自動車向け半導体の高機能化に対応していく方針です。
同社ではSiCも手がけています。

ルネサスエレクトロニクス(6723)

東芝(6502)

2019年度~23年度の5年間でパワー半導体の増産に1000億円を投じ、23年度の生産能力は18年度比で5割増との報道が。
石川県能美市の既存工場を増設し、ウエハの生産能力を現在の月産15万枚から20万枚程度に拡充するとのことです。
EV向けの開拓を急ぎ、パワー半導体を中心とする事業の売上高を約1500億円から2000億円に引き上げるとの観測も浮上しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる