高金利通貨でのFX

FX取引の規制について Regulation

FX取引の規制について Regulation
  1. 販売する製品は単一ブランドに限られる。
  2. 販売製品のブランド名は、製品に対して国際的に使用しているブランド名と同一でなければならない。
  3. 単一ブランドの小売業で扱う製品は、その製造過程でブランド名を付けられた製品のみとする。
  4. 非居住者の企業・企業体が単一ブランドの所有者か、否かにかかわらず、インド国内での単一ブランドの小売業を営むことができる。
    投資を実行する者とブランド所有者が異なる場合には、ブランド所有者との法的な同意に基づいていることが求められるため、その証明として、ライセンス供与やフランチャイズなどの合意書の提出が必要。
  5. 出資比率51%超の場合、製品調達額の30%について、インド国内からの調達が求められる。

JFSA – Public Comment on Margin Regulations

A summary of what became clear in the public comments for Margin regulation on Dec. 11 th , 2015 is as follows:

1. Entities subject to regulation are:

VM: Financial institutions holding 300billion yen average balance of OTC derivatives. (Cabinet Office Ordinance on FX取引の規制について Regulation Financial Instruments Business, etc. article 123 (10)

IM: Entities subject to VM regulation and holding 1.1 trillion yen average balance of OTC derivatives in the group. (FX取引の規制について Regulation Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (11))

2. You can include other derivative products (e.g. FX forward etc.) which are not subject to FX取引の規制について Regulation regulation at this time, if both counterparties agree, in margin calculation for products which are subject to regulation. Thanks to this, it is not needed to prepare another CSA for the new products. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (7))

3. Weather derivatives, catastrophe derivatives, etc. are included in the regulation. (FX取引の規制について Regulation Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1))

4. Internal trades in the same group are excluded from the calculation of notional amount of derivative products held to check if the financial institution is subject to the IM FX取引の規制について Regulation regulation. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (11 ) )

5. VM should be managed daily. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)XXI)

6. IM should be calculated at least monthly unless there is a material change, such as rules on the rights and duties. (Cabinet Office Ordinance on FX取引の規制について Regulation Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)XXI)

7. Minimum Transfer Amount is 70 million yen or less calculated by sum of the margin needed both for IM and VM. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1))FX取引の規制について Regulation

8. Threshold is 7 billion yen or less calculated by sum of the margin FX取引の規制について Regulation FX取引の規制について Regulation in the same group. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (1)

9. Assets you can use as collateral for both VM and IM FX取引の規制について Regulation are authorised by JFSA as follows; (You cannot use gold.)

  • Cash
  • Notes issued by Government, Central bank, BIS, IMF, ECB, EU, IDB, etc. or Japanese local public FX取引の規制について Regulation body, etc. with the rate of 1-4 or higher in credit risk category regulated FX取引の規制について Regulation by Capital Adequacy Notice
  • Notes issued by entities other than above with the rate of 2-2, 4-3, 5-3 or higher in credit risk category regulated by Capital FX取引の規制について Regulation Adequacy Notice
  • Stocks used for primary Index in the countries designated by JFSA
  • Others

(Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article 123 (8) and JFSA Notice)

  • 現金
  • 中央政府、中央銀行、国際決済銀行、IMF、EU、国際開発銀行他、または地方公共団体によって発行された債券
  • 上記以外の発行体で、銀行自己資本告示の定める信用リスク区分が2-2、4-3、5-3以上のものが発行する債券他
  • 指定国の主要な株価指数を構成する株式等
  • その他

10. There are two kinds of hair-cut. One is related to the type of the collateral asset. The other is if the collateral is in a different currency to the margin exposure (8%). For example, if FX取引の規制について Regulation you use an asset as collateral with 4% hair-cut and it is different currency with the derivative, then the total hair-cut is 12%. If you use cash for VM the latter is 0. (Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc. article FX取引の規制について Regulation 123 (9))

JFSA-PC-1

JFSA-PC-2

11. Financial institutions that are not subject to “Cabinet Office Ordinance on Financial Instruments Business, etc.”, such as small banks. still have to do the FX取引の規制について Regulation followings;

  • Calculation of MTM for their position of OTC derivatives
  • Delivery of VM with adequate frequency in accordance with trade volume, risk, or etc. (Guideline for supervision)

12. You have to consider diversification for illiquid securities in collateral management. (Guideline FX取引の規制について Regulation for supervision)

Summary for IM Calculation Method

Calculation method for “Estimation of Potential Loss Etc.” is as follows (JFSA Notice)

The calculation methods are (1) Method by using quantitative FX取引の規制について Regulation model and (2) Method by using standard table.

Method by using quantitative model:

  • Using 99% one tail confidence level with holding period 10 days. Or using its holding period if less than 10days.
  • Estimation of Potential Loss is calculated FX取引の規制について Regulation by the following categories, which are the main reasons for the fluctuation of PV;
    • Change of credit condition of transferee
    • Change of price of the product
    • Change FX取引の規制について Regulation FX取引の規制について Regulation of price of the stock
    • Change of foreign exchange rate or interest rate
    • Other FX取引の規制について Regulation changes
    1. The period is more than 1 year and less than 5 year
    2. The period includes the stress period
    3. The period includes the most recent market data
    4. At least yearly updated
    5. Others

    Method by using standard table:

    • Using the following formula;FX取引の規制について Regulation

    IM = 0.4 * Gross IM + 0.6 * NGR * Gross FX取引の規制について Regulation IM

    IM: Estimation of Potential Loss Etc.

    NGR: Net current exposure / Gross current exposure, which if Gross current exposure is 0, then NGR =1

    Net current exposure: NPV of FX取引の規制について Regulation the derivatives (if NPV is less than 0, then 0)

    Gross current exposure: Total of PV of the derivatives (if PV of the derivatives is less than FX取引の規制について Regulation 0, then the PV is 0)

    auカブコム FX 取引ルール

    【テクニカル指標】
    単純移動平均、指数平滑移動平均、多重移動平均、加重移動平均、一目均衡表、回帰トレンド、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーン、ボリンジャーバンド、パラボリック、移動平均エンベロープ、ピボット、ピークボトム、HLバンド、ケルトナーチャンネル、二重指数移動平均、カオスアリゲーター、MACD、モメンタム、ACオシレーター、オーサムオシレーター、ブルパワー、ベアパワー、RSI、ストキャスティクス、サイコロジカルライン、ADX、DMI、強弱レシオ、移動平均乖離率、RCI、ROC、CCI、Aroon、バランスオブパワー、デマーカー、RVI、ATR、ウィリアムズ%R、Ultimate Oscillator、標準偏差、ボラティリティレシオ、Detrended Price Oscillator、陰陽サイコロジカル

    2. auカブコム FX取引の規制について Regulation FX取引口座の開設基準

    • (1) すでに当社に証券口座を開設していること
    • (2) インターネットを利用できる環境にあること
    • (3) 電子メールアドレスをお持ちであること
    • (4) 常時連絡が取れる連絡先を登録されていること
    • (5) 十分な年収があること、かつ十分な金融資産を保有していること
    • (6) お客さま基本情報のご投資目的(方針)が「収益性重視」または「安定性・収益性重視」であること
    • (7) 株式(現物・信用)・先物・オプション・CFD・外国為替証拠金取引のいずれかのご経験があり、かつ本取引に関する知識があること
    • (8) 18歳以上であること
    • ※ 年齢80歳以上または勤務先が金融機関の場合、申込を制限させていただく場合がございます。制限対象となった方が、口座開設を希望される場合は当社へコールセンターへご連絡いただいた後に個別審査をおこなわせていただきます。
    • (1) インターネットを利用できる環境を有していること
    • (2) 電子メールアドレスをお持ちであること
    • (3) 常時連絡が取れる連絡先を登録されていること
    • (4) 当社に証券口座を開設していること
    • FX取引の規制について Regulation
    • (5) 法人番号の登録が完了していること
    • (6) 電磁的方法を利用した取引口座開設手続き、契約締結前交付書面の交付、発注および取引報告書等の交付にご同意いただけること
    • (7) ご登録のご投資目的(方針)が収益性重視または安定性・収益性重視であること
    • (8) 店頭外国為替証拠金取引の運用資金として十分な資力を有すること
    • (9) 取引担当者の方が株式(現物・信用)・先物・オプション・CFD・外国為替証拠金取引のいずれかのご経験があり、かつ本取引に関する知識があること

    3. 取引手数料

    4. 取引通貨ペア

    5. 取引単位、上限

    FX取引の規制について Regulation
    種別 取引単位 新規注文1回あたりの上限
    ミニ 1,000通貨(南アフリカランド/円は1万) 9,000通貨(南アフリカランド/円は9万)
    通常 1万通貨(南アフリカランド/円は10万) 100万通貨(南アフリカランド/円は300万)
    大口 10万通貨 300万通貨

    6. 取引時間

    • ※ ログイン不可(システムメンテナンス)時間や、注文の種類によっては注文の受付時間に制限があります。
    • ※ 米国夏時間(サマータイム)の適用期間は、原則として3月第2日曜日から11月第1日曜日までとなります。
    • ※ クリスマスおよび年末年始の取引時間は、当社が別途定めるものとします。

    7. 取引価格の決定方法

    8. 為替リスクの管理

    9. 注文の種類

      無制限
    • スリッページについて詳しくは別紙「スリッページについて」をご確認ください。

    10. 注文の有効期限

    FX取引の規制について Regulation FX取引の規制について Regulation
    取消するまで お客さまが取消されるまで有効な注文です。
    期日指定お客様が指定された日のニューヨーク時間午後5時(日本時間翌朝)まで有効な注文となります。
    当日限り 注文を出した日のニューヨーク時間午後5時(日本時間翌朝)まで有効な注文です。

    11. 証拠金

    auカブコム FXのお取引にあたり、あらかじめ証拠金を差し入れる必要があります。
    個人のお客様の必要証拠金額は、新規建玉の建値の4%です。 法人口座のお客様の必要証拠金額は、新規建玉の建値に、金融先物取引業協会が公表する通貨ペア毎の法人用証拠金率 (※1) をかけた金額です。
    但し非対円取引の場合には最新の米ドル/円レートで円転し必要額を算出します。
    必要証拠金額のうち両建ての場合には、同一通貨の組合せで売建玉と買建玉の証拠金額をそれぞれ計算し、金額が多い方の建玉の証拠金額を証拠金必要額とします(取引単位の異なる通貨ペア(通常、大口、ミニ)はそれぞれ別通貨ペアとして計算します)。
    証拠金は、円貨または有価証券での差し入れとなり、外貨による差し入れはできません。

    規則・規定・制度要綱等

    規則等の英文参考訳をご希望の方はRules&Regulationsをご覧ください。
    For English translation of Rules & Regulations, please refer to Rules & Regulations.

    SPAN®は、CME(Chicago Mercantile Exchange)の登録商標です。SPAN®に関する全ての権利は、CMEが所有しており、東京金融取引所(金融取)は、その使用許可を受けています。いかなるもののSPAN®の使用に関しても、CMEは一切その責任を負うものではありません。

    FX取引の規制について Regulation FX取引の規制について Regulation FX取引の規制について Regulation
    No 規則名 ファイル形式 更新日
    s-01 ユーロ円3ヵ月金利先物取引制度要綱 PDF形式 286KB2018.2.26
    s-02 ユーロ円3ヵ月金利先物オプション取引制度要綱 PDF形式 285KB 2017.7.24
    s-03 ユーロ円LIBOR6ヵ月金利先物取引制度要綱 PDF形式 263KB 2014.4.1
    s-04 無担保コールオーバーナイト金利先物取引制度要綱 PDF形式 279KB 2015.12.24
    s-05 金利先物等取引に係る証拠金制度要綱 PDF形式 263KB 2014.3.20
    s-06 ブロック取引制度要綱 PDF形式 186KB 2014.2.3
    s-07 金利先物等取引の次期システム導入に係る制度要綱 PDF形式 596KB 2014.2.19
    s-08 取引所為替証拠金取引制度要綱 PDF形式 FX取引の規制について Regulation 415KB 2017.6.26
    s-09 非個人用為替証拠金基準額の算出方法に関する制度要綱 PDF形式 231KB 2017.2.27
    s-10 取引所株価指数証拠金取引制度要綱 PDF形式 1,604KB 2022.2.28
    s-11 証拠金清算参加者の要件に関する制度要綱 PDF形式 256KB 2017.2.FX取引の規制について Regulation 27
    s-12 金利先物等清算資格に係る預託及び損失補填制度に関する制度要綱 PDF形式 390KB 2017.2.27
    s-13 証拠金清算資格に係る清算預託金及び損失補填制度に関する制度要綱 PDF形式 89KB 2018.1.22
    s-14 為替取引証拠金と株価指数取引証拠金の一体管理に関する制度要綱 PDF形式 243KB 2017.6.26
    s-15取引所為替証拠金取引におけるブロック取引制度要綱 PDF形式 216KB 2019.11.18
    s-16 FXクリアリング取引に関する制度要綱 PDF形式 868KB 2021.4.12

    SPAN®は、CME(Chicago Mercantile Exchange)の登録商標です。SPAN®に関する全ての権利は、CMEが所有しており、東京金融取引所(金融取)は、その使用許可を受けています。いかなるもののSPAN®の使用に関しても、CMEは一切その責任を負うものではありません。

    外資に関する規制

    保険規制開発庁( Insurance Regulatory & Development Authority :IRDA)からのライセンス取得および〔1938年保険法〕の遵守を条件に、規定された保険事業では、49%を上限に自動認可ルートで出資が可能。保険ブローカー、再保険ブローカー、保険コンサルタント、法人代理店、第三者管理人、調査員、損害査定員、またはIRDAが随時通知するその他の団体を含む、仲介業者または保険仲介業者による外国投資は、自動認可ルートで100%まで出資が許可されている。

    民間航空業〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.9.2〕

    Directorate General of Civil Aviation からの認可を必要とする不定期便またはヘリコプター便、水上機サービスの場合、100%まで自動認可ルートで出資可能。

    1. インドで登記されており国内に主たる営業所を有する
    2. 会長および取締役の少なくとも3分の2はインド国民である
    3. 実質的な所有権および支配権はインド国民に帰属する
    空港〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.9.1、項目5.2.9.3〕
    1. エア・インディア社に対する外国からの投資(外国航空会社からの投資を含む)は、直接的、間接的いずれの場合にも49%を超えてはならない。ただし、インド国民であるNRIについては、自動認可ルートで100%まで外国投資が許可されている。
    2. エア・インディア社の実質的な所有権および支配権は、1937年航空機規則に定めるところにより、引き続きインド国民に帰属する。
    通信サービス業〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.14〕

    固定電話、携帯電話、関連付加サービス等への外資出資は100%まで可能。ただし、49%以下の出資は自動認可とし、49%超の出資は政府による個別認可取得が条件。
    また、自動認可ルートで100%まで外資出資が認められる「その他のサービス提供者」を除き、通信セクターにおけるFDIは、情報通信省( Department of Telecommunications :DoT)から随時通知される投資家およびライセンシーによるライセンスおよびセキュリティ条件を遵守する必要がある。

    石油(精製以外)〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.4.1〕
    石油精製および天然ガス〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.4.2〕
    建設開発:タウンシップ、ハウジング、インフラ整備建設〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.10〕
    石炭・褐炭〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.3.2〕
    商業〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.15.1〕
    電子商取引分野〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.15.2〕
    防衛機器産業〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.6〕

    自動承認ルートで74%を上限に出資が可能。なお、当該投資実施により、防衛産業に最新式・先端の技術が導入されていることや、その他に規定される目的を達成することを条件に、政府承認ルートで74%超の投資も可能。
    小型武器弾薬の生産を含む外国直接投資については、ライセンス取得と防衛省によるガイドライン遵守が条件。
    新規産業許可を求める企業には、自動認可ルートで74%まで出資が認められる。

    農業、畜産業、プランテーションセクター〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.1、項目5.2.2〕
    1. 花卉、園芸、調節条件下で行われる野菜、キノコの耕作
    2. 種苗
    3. 家畜、養魚、養殖、養蜂
    4. 農業および関連分野に関するサービス
    印刷出版業〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.8〕
    放送業〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.7〕

    ニュース・時事を扱うTVチャンネルのアップリンキング事業については政府認可ルートで49%、それ以外のニュース・時事を扱わないTVチャンネルのアップリンキング事業およびテレビチャンネルのダウンリンキング事業については、自動認可ルートで100%まで出資が可能。
    FMラジオは政府認可ルートで49%を上限に可能〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.7.2〕。
    デジタルメディアを介したニュースおよび時事問題のアップロード/ストリーミングについては政府承認ルートで26%まで可能。

    1. 通信ネットワーク拠点(テレポート)(アップリンキングハブ・テレポートの設置)
    2. 家庭向け直接放送(DTH)
    3. ケーブル・ネットワーク(国、州または地方レベルで運営し、デジタル化に向けたネットワークおよびアドレス指定能力のアップグレードを請け負うマルチ・システム・オペレーター)
    4. モバイルテレビ
    5. ヘッドエンド・イン・ザ・スカイ放送事業(HITS)
    6. ケーブル・ネットワーク(デジタル化に向けたネットワークおよびアドレス指定能力のアップグレードを請け負わないマルチ・システム・オペレーターならびにローカル・ケーブル・オペレーター)
    薬品・医薬品〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.27〕

    薬品・医薬品については、未開発プロジェクト( Greenfield Project )において自動認可ルートで100%まで出資が可能。
    開発済みプロジェクト( Brownfield Project )では、74%以下の出資は自動認可ルートで、74%超の出資は〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.27〕の条件付き政府認可ルートで、外資が認められる。

    医療機器の製造については、未開発プロジェクト( Greenfield Project )、開発済みプロジェクト( Brownfield Project )、いずれも自動認可ルートで100%出資が可能。

    鉱業〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.3〕

    〔1957年鉱業および鉱物(開発・規制)法( Mines and Minerals (Development and regulation) Act, 1957 )〕の規定を条件に、ダイヤモンド、金、銀、貴金鉱石を含む(チタン関係鉱石を除く)各種金属・非金属鉱石の探鉱・採鉱は100%まで自動認可。
    しかし、チタン関係鉱石・鉱物の探鉱および鉱石の分離、加工については、〔1957年鉱業および鉱物(開発・規制)法〕の規定およびその他に規定されたルールに従うことを条件に、政府認可により100%まで出資が可能。

    1. 販売する製品は単一ブランドに限られる。
    2. FX取引の規制について Regulation
    3. 販売製品のブランド名は、製品に対して国際的に使用しているブランド名と同一でなければならない。
    4. 単一ブランドの小売業で扱う製品は、その製造過程でブランド名を付けられた製品のみとする。
    5. 非居住者の企業・企業体が単一ブランドの所有者か、否かにかかわらず、インド国内での単一ブランドの小売業を営むことができる。
      投資を実行する者とブランド所有者が異なる場合には、ブランド所有者との法的な同意に基づいていることが求められるため、その証明として、ライセンス供与やフランチャイズなどの合意書の提出が必要。
    6. 出資比率51%超の場合、製品調達額の30%について、インド国内からの調達が求められる。

    1. 果物、野菜、花、穀物、豆類、生きた家禽(かきん)類・魚介類、その他肉製品を含む農水産品は、固有のブランド名がないものとする。
    2. 最低投資額は1億ドルとする。
    3. 1億ドルの投資のうち、最初に実施する外国直接投資額の少なくとも50%は、3年以内にバックエンドインフラストラクチャーに投資されなければならない。
      バックエンドインフラストラクチャーには、フロントエンドのユニット等に対する投資を除き、全活動に対する投資、例えば、加工、製造、流通、設計改良、品質管理、梱包、物流、保管、倉庫、農業市場生産インフラ等に対する投資を含む。土地の購入や賃貸費用は、バックエンドインフラストラクチャーのための投資には含まれない。
    4. 製品調達額の30%をインド国内の小規模産業(工場、設備への投資額が200万ドル以下)から調達する。
      当該要求は第一義的には、最初に外国直接投資が行われた日の属する年の4月1日から起算して5年間で、平均的な製品・加工品の購買価格において満たされていなければならない。その後毎年達成する必要がある。
    5. 前項2. 3. 4.の条件を満たしていることの確認は、法定監査人の承認を受けた自己証明とする。
    6. 店舗は人口100万人以上(2011年国勢調査に基づく)の都市、あるいは、当該州の政府に決められた都市とする。 店舗の立地は、それら都市の市街地から10キロ以内でも可能。
    7. 農産物の調達は、政府が優先権を有する。
    8. 複数ブランド小売業の外資開放決定は、制度上それを可能にしたいという政策にすぎず、実際の施行については、各州や連邦直轄地の判断に任せられている。

    免税品店〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.15.5〕
    電力取引所〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.24〕

    Central Electricity Regulatory Commission(Power Market) FX取引の規制について Regulation Regulations, 2010 への登録を条件として、電力取引所については、49%まで自動認可で外資出資可能。

    年金業〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.23〕

    外資はFDI政策の条件を満たし、かつインドで年金基金資産運用管理活動の従事に関して、 Pension Fund Regulatory and Development Authority への必要な登録を行う場合には、49%を上限に自動認可ルートで可能。

    製造〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.5〕
    White FX取引の規制について Regulation Labelled ATM (WLA)〔2020年統合版FDI政策、項目5.2.25〕

    WLAの運用について、最新の監査済み財務諸表において10億ルピー以上の純資産を持つ海外のNBFC( Non Banking Financial Company )は、自動認可ルートで100%まで出資が可能。
    なお、WLA運用への投資については、NDI規則ではまだ通知されておらず、2020年統合版FDI政策とNDI規則には矛盾が生じている。そのため、この分野への投資にはNDI規則も存在することになり、RBIからの明確化が必要となる。

    FX取引の規制について Regulation

    意味例文 (6件)

    単語を追加

    日英・英日専門用語辞書での「regulation of margin trading」の意味

    regulation of margin trading

    「regulation of margin trading」の部分一致の例文検索結果

    For the sound development of FX trading in Japan, I believe that it is important to protect investors and enhance the soundness of FX trading based on the new margin regulation .発音を聞く 例文帳に追加

    Regarding FX trading , the margin regulation was strengthened, with the maximum FX取引の規制について Regulation allowable leverage reduced from 50 times to 25 times.Around 10 days have passed since the strengthened regulation was introduced at the beginning of this month. Over this period, there have been significant movements in exchange rates.How do you evaluate the impact of the strengthening of the regulation ?発音を聞く 例文帳に追加

    The margin regulation in FX取引の規制について Regulation the form of limits on leveraging was strengthened on August 1 as you mentioned, to ban FX trading using a leverage of more than 25 times.発音を聞く 例文帳に追加

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる